業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の平均

公開

各業種・業界の一般的な売上に対する広告宣伝費(販売促進費)の割合をご紹介します。

 

業種別・業界別の広告宣伝費(販売促進費)は、自社の商品・サービスの売上をあげるために必要不可欠なコストです。

売上が目標通りにあがっていないような状況では、広告宣伝に多くの予算を割くことはできません。

 

効果的な広告予算の立て方がわからず、むやみやたらにあれこれと試していませんか?

 

広告宣伝や販売促進は、ただお金をかければ効果が出る、というものではありません。

広告宣伝費(販売促進費)にどのくらい予算を割けばよいのか。さらにもっとも簡単な広告予算の立て方についても業種も考慮しながらご説明します。

 

 

【目次】

1.広告宣伝費(販売促進費)とは? その種類は?

2.広告宣伝費(販売促進費)の予算の立て方とは?

3.売上に対する広告宣伝費(販売促進費)の比率・割合

4.まとめ

広告宣伝費(販売促進費)とは? その種類は?

広告宣伝費(販売促進費)などは、売り手がその業界で積極的にブランドイメージを構築し、商品の価値を消費者にわかりやすく伝えるためのコストです。

 

自社の商品やサービスがどんなにすぐれていても、お客様に認知されなければ販売にはつながりません。

 

広告の種類としては、テレビのコマーシャルをはじめ、新聞・雑誌・フリーペーパーの広告・チラシ配布・インターネット広告・ホームページなどがあります。

 

広告宣伝費(販売促進費)は、自社の商品・サービスの売上をあげるために必要不可欠なコストです。しかしながら売上があまりあがっていないような状況では、広告宣伝に多くの予算を割くことはできません。

 

では、どのように広告宣伝費(販売促進費)の予算を立てればいいのでしょうか?

 

広告宣伝費(販売促進費)の予算の立て方とは?

多額の広告宣伝費(販売促進費)をかけても、売上があがるという保証はありません。

 

しかし、広告宣伝をしなくては、売上を大きくあげることは難しく、現状維持もしくは減少していく可能性も出てきます。

そのため、広告宣伝費(販売促進費)の予算は、うまくコントロールして立てる必要があります。

 

広告予算を決める方法はいくつかありますが、そのひとつが

 

売上×一定の比率・割合=広告宣伝費(販売促進費)

 

という方法です。

 

 

予算を立てるイメージ

 

この方法のメリットは、前年度の売上もしくは今年度の予想売上に、ある一定の比率・割合(%)をかけるだけですから、比較的に容易に広告予算を立てることができます。

 

とくに、美容室、治療院、飲食店など常時広告宣伝をする必要がある業種・業態に効果的です。

 

業種や業界、企業の規模にもよりますが、年度予算が決まっていて広告宣伝費(販売促進費)の予算を使い切ることができない場合は、余った広告予算で新規の広告媒体をトライアル的に使用してみるのもいいでしょう。

 

売上に対する広告宣伝費(販売促進費)の比率・割合

各業種・業界の一般的な売上に対する広告宣伝費(販売促進費)の比率・割合をご紹介します。

業界や業種によって商品の単価が著しく違うので、ここで表示されている売り上げに対する比率・割合は参考値であることをお断りしておきます。

 

業界や業種により広告宣伝費の額は変わってきますので、東洋経済ONLINE(2017年9月10日付)の記事「『広告宣伝費』が多いトップ300社ランキング」をご覧になり、自社の業界の広告宣伝費の実額を調べるとさらによくわかります。

 

 

業界・業種名

売上に対する広告宣伝費の

比率・割合

 外食・関連サービス 5%
 化粧品・健康食品会社 10%
 不動産 4%
 教育 3%
 通販・サービス業 15~20%
 化粧品業  15~20%
 流通業 1~3%
 自動車業界 1~2%
 飲料業界 5%
 金融業界 1~5%

 

 

美容室、治療院、飲食店など常時広告を出す必要がある業種・業態は、シーズン毎のイベントなど普段よりも多くの広告宣伝費(販売促進費)をかけたいときに思い通りに実施できるよう、少し余裕を持たせたほうがよい場合もあります。

 

広告宣伝費(販売促進費)の予算を立てるうえで大事なことは、かけた広告予算に対していくらの利益が出たのかという効果測定です。

効果測定の結果をもとに実施した広告や販促の検証を行い、さらに改善を加えて再度実行し、また効果測定をする。これを繰り返し続けることです。

 

広告宣伝費(販売促進費)の売上に対する利益の効果測定を繰り返すことで、広告・販促の確度が高まり、自社にあった最適な広告宣伝・販促方法を確立することができます。

 

まとめ

◆広告宣伝費(販売促進費)とは、自社のブランドを積極的に構築し、消費者にわかりやすく伝えるためのコスト。

テレビのコマーシャルをはじめ、新聞広告・雑誌・フリーペーパーの広告、チラシ配布、インターネット広告、ホームページなどが含まれます。

 

◆広告宣伝費(販売促進費)の最も簡単な決め方は、「売上×一定の比率・割合=広告宣伝費」。

この方法は特に、美容室、治療院、飲食店など、常時広告宣伝をする必要がある業種・業態に適しています。

 

◆広告宣伝費(販売促進費)の売上に対する一定の比率・割合(%)は業種・業態によって異なります。

業種・業態の平均値を参考に、自社の割合を決めましょう。

 

◆ただ広告宣伝費(販売促進費)をかければ効果が出るというわけではありません。

企画(P)→実行(D)→効果測定(C)→改善(A)のサイクルを回し続けることで、自社にとって最適な広告宣伝方法を見つけましょう。

 

 

 

立てた広告予算を使った広告宣伝(販売促進)の具体的な方法については、こちらのコラムをご覧ください。

儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(広告宣伝の手段編)

 

結果を出す広告戦略について知りたい方はこちらもご覧ください。

儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(ストーリー性のある広告戦略編)

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 2019年4月の販促計画を立てる時のポイント

    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、教...
  2. 2019年3月の販促計画を立てる時のポイント

    3月は学年末、年度末の節目の月。 学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活...
  3. 2019年2月の販促計画を立てる時のポイント

    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆...
  4. 2019年1月の販促計画を立てるときのポイント

    1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大...
  5. 2018年12月の販促計画を立てる時のポイント

    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お...
  6. 2018年11月の販促計画を立てるときのポイント

    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、...
  7. 2018年10月の販促計画を立てるときのポイント

    10月は爽やかで過ごしやすい日も増え、運動や味覚狩りなどにぴったりの月。中旬から下旬にかけては、...
  8. 2018年9月の販促計画を立てるときのポイント

    朝晩の気温が下がり始め、徐々に過ごしやすくなる時季です。「食欲の秋」といわれるように、食欲の回復...
  9. 2018年8月の販促計画を立てるときのポイント

    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期と...
  10. 2018年7月の販促計画を立てるときのポイント

    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。また、総務省統計局の調査によると「家具・家...
  11. 業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の平均(広告宣伝の手段編)

    広告宣伝費・販売促進費の予算を効率よく立てていますか。広告宣伝費・販売促進費の賢い使い方を知って...
  12. 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(ストーリー性のある広告戦略編)

    「業種別・業界別広告宣伝費(販促費)の売上比率・割合の平均」(https://hansokuno...
  13. 2018年6月の販促計画を立てる時のポイント

    6月は梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に...
  14. 2018年5月の販促計画を立てる時のポイント

    5月はゴールデンウィークで娯楽需要が高まる月。 また、総務省統計局の調査によると、「被服及...
  15. 2018年4月の販促計画を立てる時のポイント

    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、交...
  16. 2018年3月の販促計画を立てる時のポイント

    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で...
  17. 2018年2月の販促計画を立てる時のポイント

    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆...
  18. 2018年1月の販促計画を立てる時のポイント

    1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大...
  19. 2017年12月の販促計画を立てる時のポイント

    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お...
  20. 2017年11月の販促計画を立てる時のポイント

    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、...
  21. 2017年10月の販促計画を立てる時のポイント

    暑さが和らぎ、衣替えの時季を迎える10月。飲食店では温かいメニューが求められるようになり、新メニ...
  22. 年間販促計画の立て方が簡単に!販促カレンダーテンプレート2019年版

    販促効果をアップされるには、計画的に準備をすすめることが大切。 常に1年先の販売計画を立て...
  23. 2017年9月の販促計画を立てる時のポイント

    朝晩の気温が下がり始め、徐々に過ごしやすくなる時季です。また、「食欲の秋」といわれるように、食欲...
  24. 2017年8月の販促計画を立てる時のポイント

    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期と...
  25. 2017年7月の販促計画を立てるときのポイント

    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アク...
  26. クーポン回収数を「費用対効果の目安表」を使って効果測定してみよう!

    チラシや情報誌などにクーポンを付けたが、何枚回収できれば費用対効果が出たといえるのかがいまいち分...
  27. 2017年6月の販促計画を立てる時のポイント

    梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に関心が...
  28. 2017年5月の販促計画を立てる時のポイント

    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新...
  29. 2017年4月の販促計画を立てる時のポイント

    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費...
  30. 2017年3月の販促計画を立てる時のポイント

    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で...
  31. 儲かっている会社の、年間販促スケジュールの立て方

    販促をしていますか?そう質問を投げかける、と大なり小なり「している」と回答される方が多いと思いま...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

セミナー開催情報
第10回 船橋ビジネス交流会
日程:2019年5月23日(木)
時間:18時30分~20時30分 (18時10分から受付開始)
参加費:2,000円(税込) ※軽食・ドリンク付き
対象者:経営者、個人事業主、決裁権のある役職の方
定員:先着30名
2017年11月より「ビジネス交流会 in 船橋」を地域新聞社主催にて開催しております。ビジネスの発展・成功には幅広いネットワークが欠かせません。人脈作りや情報共有、ビジネスチャンス拡大の場としてぜひ参加してみませんか?
  • 2018年1月の販促計画を立てる時のポイント
    1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大きな買い物や春の新生活に向けた消費が活発になる月です。中旬以降は、体調を整えるための風邪予防や寒さ対策への需要が高まります。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広…
    広告の手法はWEB、紙媒体、TVCM、看板、チラシなど、選択肢が多すぎて悩んでしまったご経験はございませんか。 正直なところ、お店のサービスや商品によって、効果的な広告手法はそれぞれちがいます。
  • 2019年2月の販促計画を立てる時のポイント
    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆まきや恵方巻き、バレンタインデーなど、イベントの多い月です。モノが売れないニッパチといわれる月ではありますが、イベントに合わせて上手く販促を行えば、集客できる可能性があがるでしょう。2019年は、平成最後のイベントとして盛り上がりが増すので、企画を早めに立てて、集客につなげましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • てがきチラシの保存率が高い理由
    てがきチラシはなぜ保存したくなるのか、なぜか捨てられず取っておきたくなるのか。実際に何年も前のチラシをファイリングして持ってくる方もいます。
  • かっこいい広告デザインを目指すな。
    「40-4…
    デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!」と思ったことありませんか?今回の結論を先にいうと、かっこよさは、チラシやDMの反響には大きく影響しません。大切なのはデザインではなく、「ターゲット」と「商品価値」です。自分でチラシを作るときも、プロのデザイナーに依頼する時でも同じこと。今回は販促物を作るときに覚えておきたい「40-40-20の法則」をお教えします。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP