「費用対効果の目安表」でクーポン回収数の目安を知ろう

 

チラシや情報誌などにクーポンを付けたが、何枚回収できれば費用対効果が出たといえるのかがいまいち分からない…そんなことはありませんか?

 

広告費やクーポンの回収目標を考える時に使える「費用対効果の目安表」を作成しましたので、目標設定の指標としてご活用ください。

 

【目次】
1.費用対効果を考える時に大切な、“年間”で見る「期待効果」とは
2.費用対効果の目安表の使い方
3.まとめ

費用対効果の考える時に大切な、“年間”で見る「期待効果」とは

クーポン付広告の費用対効果を考える時に、まず把握しなければならないのは、そのクーポンを持ってきた人の数と、その結果得られた売り上げです。

 

つまり、まずは「クーポン1枚あたりの売上」がいくらになるかを把握することが大切になります。クーポン1枚あたりの売上を決める要素は「平均客単価」と「平均1組人数」の2つです。

 

例えば、「平均客単価800円」「平均1組人数1.5人」の場合は、

クーポン1枚あたりの売上 = 800×1.5 = 1,200円です。

 

もしクーポンを30枚回収できたのであれば、直接的には

36,000円の売上につながります。

 

 

しかし、クーポンの効果を直接的な売上だけで測ろうとすると、本当の効果は見えてきません。

 

お客様の中には、クーポンをきっかけに初めて来店してくれた「新規顧客」がいます。クーポン付広告をやらなければ来てくれなかった人の数と、その後リピーターになってくれた場合の効果を合せて考えることが大切です。

 

例えば、30枚のクーポン回収のうち10%がリピーターになってくれた場合、獲得ファン数は3名です。

 

お客様の「平均来店頻度」が月2回であれば、その新しいファンの年間の来店数は24回。クーポンを使った初回の1回を引いても、あと23回来てくれる計算になります。

 

その「新規ファン3名」×「+23回分の売上」をしっかり確認することが大切です。もし新規ファンが1名で来店してたとしても、単価800円なので、

 

平均単価800円 ×3名 × 23回 = 55,200円

 

つまり、年間で考えたときの「期待効果」として、55,200円が見込まれる計算です。

 

クーポンを30枚回収した時の期待効果55,200円と、直接的な売上効果である36,000円を足し、合計で91,200円の売上効果があったという計算になります。

 

 

【クーポンを30枚回収した場合の費用対効果】

・平均客単価 800円

・平均1組人数 1.5人

・平均来店頻度 月2回(年間24回)

①直接効果 = 36,000円(直接)

②期待効果 = 55,200円(年間)

総合効果(①+②) = 91,200円

 

費用対効果の目安表の使い方

費用対効果を考えるのは大変なので、記入式の「費用対効果の目安表」を作成しました。

 

※イメージ

使い方はいたって簡単、黄色の枠に数字を入れるだけです。

 

記入が必要な黄色い枠は7か所。

①平均客単価

②平均1組人数

③平均来店頻度

④原価率

⑤広告費

⑥回収枚数(●●枚回収した場合)

⑦利用者の新規ファン化率(利用者の●●%が新規でお店のファンになった場合)

 

これだけで、下記のように「直接効果」と年間で考えたときの「期待効果」が算出されます。

 

 

また、上段の広告費の横に万単位で広告費を入れることで、直接効果のみ、売上効果の下に直接的な費用回収額が表示されます。

 

あくまでも目安ですが、クーポン付広告を出す際の費用対効果目標を考える際に、ぜひお使いください。

 

 

↓↓↓ダウンロードはこちら↓↓↓

https://chiikinews.smktg.jp/public/file/document/download/103

 

※エクセルで作成しているので、その他の業種の方も使いやすいようにフォーマットを変更してご活用いただければと思います。

 

 

まとめ

費用対効果を考えるときには、直接的な効果だけではなく、年間の売上に影響する「期待効果」まで合わせて考えて目標設定をするようにしましょう。

 

年間で見ても広告効果が無いと判断できれば、その手法や伝え方を改めましょう。もし効果があるようであれば、しっかり効果測定を行いながら続けていきましょう。

 

その際に大切なのは「クーポン利用者の何%が新規ファンになってくれたか」です。

 

期待効果を高めるためにも、クーポン回収枚数を増やすだけではなく、初めて来店してくれたお客様に「また来たい!」と思ってもらえるサービスを提供するようにしましょう。

 

 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 2018年9月の販促計画を立てるときのポイント

    朝晩の気温が下がり始め、徐々に過ごしやすくなる時季です。「食欲の秋」といわれるように、食欲の回復...
  2. 2018年8月の販促計画を立てるときのポイント

    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期と...
  3. 2018年7月の販促計画を立てるときのポイント

    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。また、総務省統計局の調査によると「家具・家...
  4. 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(広告宣伝の手段編)

    皆さんは広告宣伝費の予算を効率よく立てていますか。 そして広告宣伝費の使い方を知っていますか。...
  5. 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(ストーリー性のある広告戦略編)

    「儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?」(https://hansokunodaiga...
  6. 2018年6月の販促計画を立てる時のポイント

    6月は梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に...
  7. 2018年5月の販促計画を立てる時のポイント

    5月はゴールデンウィークで娯楽需要が高まる月。 また、総務省統計局の調査によると、「被服及...
  8. 2018年4月の販促計画を立てる時のポイント

    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、交...
  9. 2018年3月の販促計画を立てる時のポイント

    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で...
  10. 2018年2月の販促計画を立てる時のポイント

    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆...
  11. 2018年1月の販促計画を立てる時のポイント

    1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大...
  12. 2017年12月の販促計画を立てる時のポイント

    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お...
  13. 2017年11月の販促計画を立てる時のポイント

    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、...
  14. 2017年10月の販促計画を立てる時のポイント

    暑さが和らぎ、衣替えの時季を迎える10月。飲食店では温かいメニューが求められるようになり、新メニ...
  15. 販促カレンダー | 年間計画作成を簡単にするテンプレート
    ★2019年分を追加しました!

    販促効果をアップされるには、計画的に準備をすすめることが大切。 常に1年先の販売計画を立て...
  16. 2017年9月の販促計画を立てる時のポイント

    朝晩の気温が下がり始め、徐々に過ごしやすくなる時季です。また、「食欲の秋」といわれるように、食欲...
  17. 2017年8月の販促計画を立てる時のポイント

    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期と...
  18. 2017年7月の販促計画を立てるときのポイント

    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アク...
  19. 2017年6月の販促計画を立てる時のポイント

    梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に関心が...
  20. 2017年5月の販促計画を立てる時のポイント

    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新...
  21. 2017年4月の販促計画を立てる時のポイント

    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費...
  22. 2017年3月の販促計画を立てる時のポイント

    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で...
  23. 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上比率(割合)は?

    広告宣伝予算(販促費予算)を立てていますか。広告宣伝費の予算の立て方がわからず、むやみやたらにあ...
  24. 儲かっている会社の、年間販促スケジュールの立て方

    販促をしていますか?そう質問を投げかける、と大なり小なり「している」と回答される方が多いと思いま...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
働き方改革関連法の対策セミナー
日程:2018年8月28日(火)
時間:15時~17時
定員:30名
ついに「働き方改革関連法」が6月末に成立しました。対策を怠ると、自社にどのような不利益がまっているかご存知でしょうか。「社員の流出」「未払い残業代請求の増加」「残業時間を超えた場合の罰則」など、1~2年後に迫った法律の施行までに対策をしていないと、会社の存亡に関わる可能性もあります。そこで今回は、働き方改革関連法案の対策と、いまから準備すべきことを、人事評価のプロの視点で株式会社あしたチームよりご説明いたします。
  • 中小企業のためのブランド戦略とは
    「ブランドって何?」と問われたときに、明確に答えられる人はどれだけいるのでしょうか。「ブランド」という言葉は誰でも聞いたことがあるはずですが、私は言葉だけが一人歩きしてしまっているように感じています。このサイトをご覧の皆様がブランドに関する正しい知識を持ち、ビジネスの発展に役立てていただけるよう、解説をさせていただきます。
  • 思わず見てしまう!お客様の心をつかむ店内POP術
    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心理状態になっていたのでしょうか?
  • 2017年12月の販促計画を立てる時のポイント
    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お歳暮、クリスマス、新年の準備などで消費支出が最も増える月なので、キーワードに合わせた販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • クレームは命取り!注意すべき広告の表現とは?①
    「クレーム」「炎上」「苦情」という言葉がニュースを賑わせて久しくなりました。それらは広告マーケティングにおいても無関係ではなく、むしろ、最大限注意しなければならない問題です。クレームが発生しやすいと思われる広告の表現をタイプ別にまとめてご紹介します。しっかりと確認し公平・誠実な広告づくりを心掛けましょう!
  • お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣
    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費用・時間のムダ」と感じている方も多いかと思います。 確かに、明確なターゲット層を定めることもなく、ただなんとなく「見栄えがいい」チラシを配布しているだけでは効果は上がりません。 では、どのようなチラシを配布すれば集客につながるのでしょうか?  具体的に例を挙げて説明しましょう。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP