2018年2月の販促計画を立てる時のポイント

寒さがピークを迎える2月。
しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。

 

節分の豆まきや恵方巻き、バレンタインデーなど、イベントの多い月です。モノが売れないニッパチといわれる月ではありますが、イベントに合わせて上手く販促を行えば、集客できる可能性があがるでしょう。

 

月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

 

【目次】
1.【2月】主な4つの販促キーワード
2.日々の「記念日」一覧を集客に活用しよう!
3.販促計画を立てよう!

【2月】主な4つの販促キーワード

1.節分
実は節分は年に4回あるのですが、昔は立春が一年の始まりとされたことから、その前日の節分が広く知られるようになりました。この日は邪気を払うために、豆まきなどを行います。福を呼ぶ込むような販促やキャンペーンを打つといいでしょう。

 


2.バレンタインデー

恋人や夫婦がギフトを送り合う日。最近では、女性同士でチョコレートを交換したり、自分用のチョコを購入するなど、楽しみ方の幅が広がっています。チョコや恋人に絡めた集客イベントを実施すると効果的です。

 

3.旧正月
中国など、海外では現在も盛大にお祝いをする旧正月。中国では水餃子、韓国はチャプチェやトック、シンガポールはローヘイなど、それぞれの国の風習に合わせた行事食があります。海外の旧正月に合わせたキャンペーンは集客につなげるチャンスです。

 

4.新学期・新生活準備
4月から始まる新生活に向けて、家を探したり、入学準備をするなど、さまざまな準備に迫られる月。大きな買い物が発生する時期ですので、新生活応援キャンペーンなど、お客様を呼び込む企画を打ち出しましょう。

日々の「記念日」一覧を集客に活用しよう!

キャンペーンを考えるときに、ほぼ毎日ある「記念日」を活用してみてはいかがでしょうか?

 

節分やバレンタインデー以外にも、自社商品に合わせてイベント化できる日がいろいろあります。

 

個人的(川上)には、バレンタインデーに「ふんどしの日」を設定した日本ふんどし協会の企画力に脱帽しています。

 

ぜひ「何の日一覧」を参考に、販促計画を立ててみてください。

 

■何の日一覧

 

1日(木) 琉球王国建国記念の日
2日(金) 世界湿地の日
3日(土)節分
4日(日)ビートルズの日
5日(月) プロ野球の日
6日(火)海苔の日
7日(水)ふるさとの日
8日(木)スパの日
9日(金)服の日
10日(土)ニットの日
11日(日)建国記念の日
12日(月)黄ニラ記念日
13日(火)シュローブチューズデー
14日(水)バレンタインデー ふんどしの日
15日(木) 春一番名附けの日
16日(金)寒天の日
17日(土) 千切り大根(切干大根)の日
18日(日) 嫌煙運動の日
19日(月)信州・まつもと鍋の日
20日(火)旅券の日
21日(水)国際母語デー
22日(木)猫の日 おでんの日
23日(金)富士山の日
24日(土) クロスカントリーの日
25日(日) 夕刊紙の日
26日(月)フロリダグレープフルーツの日
27日(火) 女性雑誌の日
28日(水)ビスケットの日

販促計画を立てよう!

イベントが盛りだくさんな上、4月からの新生活に向けた準備が始まり、何かと忙しい2月。

 

新生活に向けて、大きな買い物をする機会も多いので、計画的に販促スケジュールを立てましょう。

2月の販促計画を立てられるシートをご用意しましたので、ぜひご活用ください。

 

↓↓↓下記画像をクリックしてダウンロードできます↓↓

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
中小企業のブランディングセミナー
日程:2018年1月25日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
自社のお店や商品のブランド力を高めて、売上を伸ばしてみませんか?そもそもブランディングって何か分からない方や、ブランド力を高める方法を探している方向けのセミナーです。ワークショップを通して、ブランド力の強化や、他社との差別化によって売り上げる方法をご説明します。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 2017年7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法
    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませているという方々は多いのではないでしょうか。
  • こんな時代だからこそ「紙orWEB」ではなく「紙&W…
    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホが生活インフラとして無くてはならない存在となり、販促の中心もWEB販促になってきているのは事実です。しかしながら、だからこそ今、逆に紙販促の使い方が問われているといっても過言ではありません。紙販促・ポスティング型生活情報紙『ちいき新聞』を展開している弊社だからこそお伝えできる、WEB時代ならではの紙販促活用法をご紹介します。
  • 2017年8月の販促計画を立てる時のポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の家計消費額は年間第5位。食費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。家族で楽しめるイベントを企画して集客をしてみてはいかがでしょうか。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 広告・集客効果がアップする心理術7選
    集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。広告や販売促進の企画をする際に、これらをできるだけ盛り込んでみてください。
PAGE TOP