コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

公開
コンテンツイメージ

“コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。

 

コンテンツマーケティングとは、簡単に言うと「潜在顧客に役立つコンテンツを提供することで自社のファンになってもらい、商品・サービスを利用してもらう」というマーケティング手法です。

 

では、コンテンツマーケティングには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
これからコンテンツマーケティングを始めようとお考えの方は、本記事を読んで、メリット・デメリットを理解した上で、最適なマーケティング施策を行ってください。

 

 

【目次】
1.コンテンツマーケティングの3つのメリット
2.コンテンツマーケティングの1つのデメリット
3.まとめ

 

コンテンツマーケティングの3つのメリット

1. コンテンツを接したユーザーがお客さまになってくれる可能性がある

 

コンテンツマーケティングを始める人の目的の多くは“売上アップ”ではないでしょうか。
これまで企業は商品を売るために、テレビや雑誌などの媒体に広告を出稿していました。
しかし、最近の消費者はテレビCMや雑誌広告などの影響はあまり受けずに、商品を購入しています。

では、どのようにして商品を選んでいるのでしょうか。
その一つが、インターネットの活用です。

 

① インターネットで、商品に関する情報を収集する。

② 集めた情報を基に、最も良いと思われる商品を選ぶ。

 

このようなプロセスを経て、商品を購入しているのです。

つまり、商品を買ってもらうには、“情報”の発信が必要ということです。
そして、その“情報”を発信することこそが、コンテンツマーケティングなのです。

 

例えば「香り付き洗剤の3つの効果」という記事を読んだユーザーは、「今まで香り付きなんて意識したことがなかったけれども、こんなメリットがあるのなら買ってみようかな」と思ってくれるかもしれません。

このように、自社の商品の購入につながるような情報を積極的に配信することで、売上アップを目指していきます。

 

 

2.集客ができる

 

コンテンツマーケティングは集客にも効果的です。
例えば、“SEO対策セミナー”を実施するとします。
これが、名前も会社名も知れていない講師だった場合。
プロフィールや肩書はすごいけど、本当にセミナーの受講料や時間を割くのに値する人物なのか。
これを判断するのは、難しいのではないでしょうか。

しかし、その講師が日頃からコンテンツマーケティングを通じて、コツコツと情報発信をしていれば、ユーザーは「こんなことを知っているなんてすごい」「先生に会って直接質問してみたい」などと思うようになるでしょう。
このように日々の情報発信を通じて信頼度を上げることで、セミナーやイベントの集客にも効果を発揮します。

 

 

3.初期費用が大してかからない

 

コンテンツマーケティングはテレビや雑誌媒体に広告を出稿するよりも、はるかに費用対効果が高い方法です。
テレビや雑誌などにお金を払って広告を出稿する、いわゆるペイドメディアを行うと、数十万円から数百万円単位のお金がかかることがあります。
コンテンツマーケティングは、オウンドメディアを構築しても良いですが、既存のSNSやブログなどの媒体を使用してもかまいません。

SNSやブログであれば、初期費用は0円。
人件費以外、ほとんど費用をかけることなく手軽に始めることができます。

 

コンテンツマーケティングの1つのデメリット

1.効果が出るまでに時間がかかる

 

コンテンツマーケティングのデメリットは、すぐさまに効果が出るものではないということでしょう。
ブログを1記事、SNSを1投稿すれば、何万ものアクセスや「いいね」がついて、一気に人気者になれる…というわけではありません。
最初のうちは数人しか見てくれなかったり、反応をもらえなかったりすることも、たびたびでしょう。
お金を払って広告を出稿した方がよっぽど効果的なのではないか、と思われても仕方がありません。

 

 

しかし、コンテンツマーケティングは、時間をかけて、良質なコンテンツを配信し続けることで、確固たるファンを獲得し、堅固な土台を築き上げることができます。
ですから、「すぐ効果が出るもの」とは思わずに、数カ月、数年スパンで目標を立て、日々、ユーザーに喜んでもらえるような有益な情報を提供し続けていきましょう。

 

まとめ

・コンテンツマーケティングには、“コンテンツに接したユーザーがお客様になってくれる可能性がある”、“集客ができる”、“初期費用が大してかからない”という3つのメリットがある。

・しかし、コンテンツマーケティングには、“効果が出るまでに時間がかかる”というデメリットもある。

・メリット、デメリットの双方を理解した上で、最適だと思うコンテンツマーケティングを行うことが大切。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. Facebookでお得に広告を出そう②

    The following two tabs change content below. この記...
  2. Facebookでお得に広告を出そう①

    皆さんはどのように集客をされていますか?チラシを作ったり、広告を掲載したりと、いろいろな方法を試...
  3. ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサイトとは?

    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう...
  4. ホームページをリニューアルする際に気を付けるべきこと

    ホームページをリニューアルしたいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、自社にWEB担当ス...
  5. 目的別ホームページ活用のススメ

    今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちた...
  6. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  7. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  8. SEOイメージ

    検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

    “検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか? “検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的に...
  9. コンテンツ

    コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

    SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている...
  10. SEO

    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマー...
  11. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  12. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  13. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  14. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  15. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  16. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  17. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  18. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。7割以上がスマホユーザーということですね。...
  19. 4大SNSの特徴と使い分けから考える、
    目的別のSNS活用方法とは?

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。スマホの...
  20. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  21. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  22. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  23. LINE公式アカウント販促とは?集客アップにつながる必須ツールを活用しよう

    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウント...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
ProFuture株式会社

ProFuture株式会社(詳しいプロフィールを見る)

2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
キャッチコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 印象(イメージ)を決める配色のコツ!3色の組み合わせ…
    チラシやHPなどのデザインをする際、配色のパターンによって相手に与える印象は大きく変わります。配色の作用を理解しておけば、デザイナーでなくても表現力が上がり、販促効果を高めることができるでしょう。色の効果の基本については、「色の持つイメージが与える効果と心理的効果のあるチラシデザインとは」で色相別に紹介させていただきました。今回は、色の組み合わせ、つまり「配色」によってどのような印象を与えるのかを例を使いながらお伝えします。
  • 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広…
    費用対効果の高い広告って何だろう?広告を出したらお客さんが増えたけど、かかった費用に見合っているのかな?そんな悩みをお持ちの方にオススメの、広告費を効果的に使うために必要な考え方をご紹介します。広告の費用対効果=「かけた費用に対して、いくら儲かったか」だと思っていませんか?間違ってはいませんが、それだけでは大きな判断ミスを起こす可能性があります。広告の費用対効果を考えるためには、「何に対しての」費用対効果が高いのかをしっかりと見極める必要があります。広告の費用対効果を測りながら、お店や会社に合った広告媒体や手法を探しましょう。
  • 予算をたてるイメージ
    ログイン者専用テスト記事
    この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
  • SNSで潜在顧客を発掘
    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信や広告・宣伝、マーケティングツールとしてもすっかり定着したSNS。あなたはどのような使い方をされていますか?プライベートな利用のみという方は、この記事を参考にして、ぜひビジネスへの活用にも挑戦してみてください。今回はSNSの種類や使い方、向き・不向きについてご説明します。
  • 2018年7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。また、総務省統計局の調査によると「家具・家事用品」への支出が年間で一番高くなるのが7月です。冷房器具や、涼しさを感じるインテリアへの模様替えの需要が高いといえるでしょう。 2018年は、西郷隆盛ブームや、週刊少年ジャンプ創刊50周年など、イベントが盛りだくさんです。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP