色が持つイメージや心理的効果を
広告やチラシのデザインに活かしてみよう

私たちの日常生活には、たくさんの色が溢れています。

 

それぞれの色には特有のイメージや心理的効果があり、これらをコーポレートカラーや商品のイメージ戦略などに活用することで、人の感覚や感情に影響を与えることができるといわれています。

 

それぞれの色が持つイメージや効果についてまとめましたので、商品告知やチラシ作成の際にぜひご活用ください。

 

【目次】
1.それぞれの色が持つイメージと使い方について
2.年齢や性別によって変わる色の好みについて
3.まとめ

それぞれの色が持つイメージと使い方について

色は、人の感覚や感情に影響を与えることができるといわれています。ここでは、代表的な11色のイメージと心理的効果について説明いたします。

 

① 赤

【一般的なイメージ】

熱い、強い、危険、闘争、怖い、派手な、情熱的、明るい、活動的な、興奮、エネルギー、緊張、怒り、嫉妬 など
【心理的効果】

赤は血液や太陽、炎など生命に直結するイメージが強いことから、エネルギーの象徴といわれています。スポーツで赤を身に着けることが多いのは、自己を鼓舞したりや相手を威圧したりするのに効果的だからです。

 

 

② ピンク

【一般的なイメージ】

かわいい、やさしい、甘い、若い、幸せ、ロマンチックな、意地悪な、女らしい、優美な など
【心理的効果】

ピンクは刺激が少なく、かわいらしさや健康を連想させます。また、花の甘い香りにピンクをイメージする人が多く、幸福感を与えることもできます。

 

 

③ オレンジ色

【一般的なイメージ】

暖かい、明るい、元気、健康的、かわいい、楽しい、親しみやすい、安っぽい など
【心理的効果】

近年の調査で、色の中で最も暖かいと感じられる色はオレンジ色という結果が出ています。赤よりも強さが薄れ、暖かみを感じさせることから親しみやすさを与えることができます。

 

 

④ 茶色

【一般的なイメージ】

自然な、落ち着いた、堅実な、古い、安心する、堅い、地味な、保守的な、マイルドな、渋い、おとなしい など
【心理的効果】

茶色は植物を育む大地の色であるため、人間にとっても支えの色であるといわれています。そのため、落ち着きや安心感、温もりを感じさせます。

 

⑤ 黄色

【一般的なイメージ】

明朗、希望、喜び、暖かさ、幸福、躍動、賑やか、幼稚、注意、軽率、騒がしい など
【心理的効果】

太陽の光や穀物の実りの色が黄色であることから、明るさ、普遍性、エネルギーを感じさせ、喜びや希望、幸福などポジティブなイメージを与えることができます。また、警戒色としても効果があるため、道路標識で使用されることも多いです。

 

⑥ 緑

【一般的なイメージ】

自然な、安らぎ、落ち着き、癒やし、若さ、爽やか、新鮮、安全、平和、健康、公平、平凡 など
【心理的効果】

緑は自然そのものを指すことから、安らぎや安心感を与えます。そのため、癒やしを与えたり、興奮を抑えたりする効果もあります。

 

⑦ 青

【一般的なイメージ】

冷たい、冷静、神秘的、孤独、静か、知的、爽やか、信頼、自由、平和、誠実、憂鬱 など
【心理的効果】

青は水や空を連想させることから、冷たく、神秘的なイメージを与えます。また空や海の広大さから孤独感やクールダウン効果もあります。

 

⑧ 紫

【一般的なイメージ】

高貴な、高級な、神秘的な、正式な、不思議、やさしさ、女性的、和風、大人、古典的 など
【心理的効果】

昔、紫の染料は貴重であったため、その名残で高貴、高級というイメージを与えることができます。また夕焼けや朝焼けの空が、美しく紫に染まることから、神秘的な印象を与えることもできます。

 

⑨ 白

【一般的なイメージ】

純粋、神聖、清潔、無垢、明るい、平和、自由、善、潔白、無、緊張、未来 など
【心理的効果】

白は光によって明るくなった環境を表す色であることから、純粋で清潔なイメージを与えることができます。また、穢れのない白は神の象徴でもあるので、神聖さも与えてくれます。

 

⑩ 灰色

【一般的なイメージ】

曖昧、陰気、不安、落ち着き、控えめ、汚れた、疑惑、不正、悲しみ、シック など
【心理的効果】

原始の時代に、雨や嵐の前兆である灰色の空を見上げた時の不安な気持ちが灰色のイメージとなっています。白でも黒でもないはっきりとしない色で、不安を感じさせ、陰気なイメージを与えます。しかし、そのソフトな色合いで落ち着きや控えめな印象を与えることもできます。

 

⑪ 黒

【一般的なイメージ】

強さ、恐怖、孤独、反抗、暗さ、クール、威圧的、邪悪、不吉、悲しき、高級感、シック など
【心理的効果】

光の白と対する黒は闇の象徴であり、恐怖感や孤独を感じさせる色です。しかし、業界によっては、強さやかっこよさの象徴であり、おしゃれでクールな印象を与えることもできます。

年齢や性別によって変わる色の好みついて

年齢や性別によって変わる色の好みついて

一般に幼児は、彩度が高い純色を好む傾向にあります。その中でも男児は青や緑を好み、女児は赤系の色を好みます。男女共通で好まれる色としては、黄色、オレンジ色などがあげられます。

 

成長とともに男女の差は小さくなり、50歳前後では、純色よりも明るく淡い色を好む人が増えます。

 

年齢が上がるにつれて、刺激の少ない色を求めていくようです。

 

一般にいわれる幼児と成人の好きな色の順位

幼児
1位 黄色
2位 白
3位 ピンク

 

成人
1位 青
2位 赤
3位 緑

 

次に性別の特徴を見てみましょう。
一般に女性は明るく淡い色を好み、男性は暗く濃い色を好む傾向にあります。

 

これは、人類が進化する過程で男性は狩猟、女性が果実などを採取することから、女性は果実の色に似ている色に反応したのではないかといわれています。

 

このように年齢や性別によって、色の好みや傾向は変わります。訴求したいターゲットに合わせて使用する色を変えることで、商品の良さやメリットが伝わりやすくなるでしょう。

 

まとめ

色が人の心にどのような影響や印象を与えるかは、科学的に十分に解明されていないのが実情です。

しかしさまざまな研究によって報告されている色の持つイメージや心理的効果は、店舗の内装や広告デザインなど様々な場面で活用されています。

 

それらをうまく取り入れることで、商品や会社の持つイメージが伝わりやすくなるでしょう。見る側にどのように思われたいのか、商品を打ち出したいターゲット層は誰なのかを意識して、色を活用しましょう。

 

店内POPやチラシ、広告デザインなどで色が与えるイメージや印象の効果を取り入れてみてはいかがですか。

 

参考:山脇惠子『色彩心理のすべてがわかる本』株式会社ナツメ社

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. かっこいい広告デザインを目指すな。
    「40-40-20」の法則の大切さとは

    デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!...
  2. 世代ごとの特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう

    バブル世代やさとり(ゆとり)世代などといった、大まかな世代カテゴリーがある事は、みなさんご存知だ...
  3. マーケティング4.0の時代へ。売り方の方針を考える

    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0...
  4. いまこそ重要。脳に響く紙メディア広告の活用方法

    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。...
  5. 広告・集客効果がアップする心理術7選

    集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。広告や販売促進の企画をする際に、これ...
  6. 【初級編】広告の費用対効果に関する考え方
    広告は徹底して2種類の「CPA」で選べ

    広告の手法はWEB、紙媒体、TVCM、看板、チラシなど、選択肢が多すぎて悩んでしまったご経験はご...
  7. 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える基本法則①

    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な...
  8. レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊

    レスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますの...
  9. AIDMAとAIDAの使い分け

    消費者が広告を見てからものを買うまでのプロセスとして有名な「AIDMAの法則」。それによく似た「...
  10. セールスコピーは、
    「顧客利益」から始めなければ伝わらない

    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうた...
  11. イメージ広告とレスポンス広告を使い分けて売上アップ

    お店の認知度・評判を上げるために、かっこいい広告、おしゃれな広告を作りたいと思ったことはありませ...
  12. 具体的な販売促進に動く前に
    考えなくてはいけないこととは?

    販売促進とはなんでしょうか?まずは定義を整理しましょう。...

PAGE NAVI

続きを読む
セミナー開催情報
中途採用を成功に導くノウハウ公開セミナー
日程:2018年7月26日(木)
時間:15時~17時
定員:30名
「中途採用って、意外と難しい」とお考えの採用担当者様向けのセミナーです。「なぜ貴社の中途採用はうまくいかないのか-中途採用成功のポイントを理解する-」をテーマに、中途採用を増やすための方法やノウハウをお伝えします。
  • チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方
    ちょっとの工夫で差別化し、今まで以上に見てもらえるチラシを作ってみませんか。
  • 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法
    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませているという方々は多いのではないでしょうか。
  • マーケティング4.0の時代へ。売り方の方針を考える
    マーケティングの大家、フィリップ・コトラーが2017年ごろから提唱している「マーケティング4.0」。マーケティングにはいろいろな意味がありますが、「売れる仕組み」や「売り方」を示すといって良いでしょう。マーケティング4.0とはつまり、「マーケティング=売り方」が第4段階に突入しているということです。時代に合った「売り方」を把握し、自社の販売方針を考えてみてはいかがでしょうか。
  • あなたのお店の広告は大丈夫?
    「広告の法律」景…
    前回は「広告の法律」景品表示法の有利誤認についてご説明しました。景品表示法は広告などの「表示」だけでなく「景品」についても、その提供の仕方によって最高額や総額などを規制しています。代表的な景品規制の内容をご紹介しますので、しっかりと理解をして法令に則った販促活動をしていきましょう!
  • 2017年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP