10月の販促計画を立てる時のポイント

暑さが和らぎ、衣替えの時季を迎える10月。

 

飲食店では温かいメニューが求められるようになり、新メニューが受け入れられやすくなります。レジャーやスポーツで外出する機会も多くなるため、そうしたイベントによる集客が期待できます。

 

また、ハロウィンや学校の文化祭、運動会など家族や仲間と楽しめるイベントもたくさんあるので、行事に合わせた販促を企画してみましょう。

 

月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。

 

【目次】
1.【10月】主な4つの販促キーワード
2.日々の「記念日」一覧を集客に活用しよう!
3.販促計画を立てよう!

【10月】主な4つの販促キーワード

1.衣替え
衣類を夏物から冬物に切り替える季節。学校や官公庁、銀行などの制服を変える日として定められています。クリーニングの需要が高まる時季でもあります。

 

2. ハロウィン
仮装をして町に出てハロウィンを楽しむ人もいますが、自宅などでハロウィンにちなんだ料理やスイーツを楽しむ層も増えているようです。お店を楽しげに飾り付けて、子どもの集客につながる企画を行うとよいでしょう。

 

3. 体育の日
運動会以外にも、たとえば町のスポーツ大会などが増える時季。飲食店は団体客を獲得するチャンスです。お疲れさま会など家族や団体を集客する企画を事前に打ち出しておきましょう。

 

4. オクトーバーフェスト
ドイツ発祥のビールフェスティバル。各地でビール祭が開催されますが、お店でもドイツビールを提供することで、集客をしてみてはいかがですか。

日々の「記念日」一覧を集客に活用しよう!

キャンペーンを考える時に、ほぼ毎日ある「記念日」を活用してみてはいかがでしょうか?

 

体育の日やハロウィン以外にも、自社商品に合わせてイベント化できる日がいろいろあります。

ぜひ「何の日一覧」を参考に、販促計画を立ててみてください。

 

■何の日一覧

1日(日)コーヒーの日  乳がん検診の日

2日(月)豆腐の日

3日(火)飲むオリーブオイルの日

4日(水)十五夜 陶器の日

5日(木)デコの日

6日(金)天むすの日

7日(土)盗難防止の日

8日(日)角ハイボールの日

9日(月)体育の日

10日(火)ふとんの日 トマトの日

11日(水)レーシックの日

12日(木)豆乳の日

13日(金)豆の日

14日(土)焼きうどんの日 鉄道の日

15日(日)孫の日

16日(月)世界食糧デー

17日(火)沖縄そばの日

18日(水)冷凍食品の日 木造住宅の日

19日(木)イクメンの日

20日(金)新聞広告の日

21日(土)あかりの日

22日(日)パラシュートの日

23日(月)津軽弁の日

24日(火)マーガリンの日

25日(水)新潟米の日

26日(木)柿の日

27日(金)文字・活字文化の日

28日(土)群馬県民の日

29日(日)国産とり肉の日

30日(月)マナーの日 卵かけご飯の日

31日(火)ハロウィン

 

販促計画を立てよう!

10月の販促計画を立てられるシートをご用意しましたので、ぜひご活用ください。

 

↓↓↓下記画像をクリックしてダウンロードできます↓↓

 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
計画が売上を上げる!2018年の年間販促計画を作るワークショップ
日程:2017年12月14日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
1年分の販促計画をしっかり立てて、2018年の売上アップを目指しませんか?年間9,000社の広告や販促をサポートする地域新聞社と、WEBマーケティング支援企業のベストエフォートマーケティングによる共同ワークショップセミナーです。参加者同士で意見を出し合いながら、共に来年の販促計画をつくりましょう。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。総合的な月間消費支出も年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人が多いので、認知度向上のために、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 広告デザインや広告制作に役立つ!
    参考にした…
    読者に分かりやすく伝えることができる、広告デザインのポイントをご紹介します。
  • セールスコピーは、
    「顧客利益」から始めなけれ…
    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうためには、読み手にとっての利益を一瞬で伝える工夫が大切です。
  • 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法
    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになってくれる、近所の方を逃してはいけません。売上の多くを支えてくれる店舗近隣の新規顧客を獲得し、リピーター化するための手法を、まとめて紹介します。
  • 11月の販促計画を立てる時のポイント
    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、「七五三」「文化の日」などの行事も多いため、それらに合わせたキャンペーンやサービスを企画しましょう。また、11月が終わる頃には、冬のボーナスやお歳暮シーズンが到来、クリスマスや年末年始の準備も始まるので、早めの販促計画が重要になってきます。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
PAGE TOP