チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?

チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。

 

社内からも「まあ、よくできてるんじゃない」「どうだろう、読まれてないのかなー」なんて、はっきりしない言葉しか返ってこない。

 

こんな状況だと、どこから改善していけばいいんだろうと暗中模索…なんてことになります。

 

【目次】
1.読みたい気分はレイアウトが作り出す
2.視線の動きを踏まえて見出しの位置を決める
3.写真や文字は大きめがいい
4.色数を抑える。自然界にある色の組み合わせを使う
5.馴染みのあるデザインの方が読んでもらえる
6.まとめ

読みたい気分はレイアウトが作り出す

ちょっと思い出してほしいのですが、たとえば面白そうだと思って買ってきた雑誌が、ページを開いたとたんに急に変わってなんとなく読みたくなくなった…そんな経験はありませんか。

 

じつはその「読みたくない気分」は、レイアウトから作っているのです。

 

社内からもあいまいな反応しか返ってこないような時は、レイアウトを見直してみましょう。

 

1.視線の動き

2.写真や文字の大きさ

3.色の数と組み合わせ

4.デザイン

 

など。

 

そういった視点で消費者にとって読みやすくできているかどうかを考えてみましょう。

 

視線の動きを踏まえて見出しの位置を決める

まず、レイアウトで一番大切なのは視線の動きを考えることです。

 

縦書き原稿なら右上から左下へ、横書き原稿なら左上から右下へ。

 

新聞はその動きを考慮して、一つの記事を読み終わったところに次の見出しを入れて、読者にスムーズに読んでもらえるようにしています。

 

視線の動きを無視して、見出しを縦に並ぶようにしてしまうと、何だか文字ばかりのような紙面に見えてきて、単調なレイアウトという印象を与えてしまいます。

 

まずは、視線の動きに沿っているかに気を配りましょう。

 

写真や文字は大きめがいい

次は写真や文字の大きさです。

 

これは原稿のボリューム次第かもしれませんが、あらかじめ字数を指定するか編集するかして、ある程度は記事のボリュームをコントロールした方がいいでしょう。

 

紙面の20%〜30%くらいは写真に当てましょう。写真は上の方に配置することで、読み手を記事へと誘ってくれます。

 

逆に、下に写真を配置すると文字ばかりのところから読み始めることになるので、読みづらくなります。文字の大きさは写真のキャプションでせいぜい8ポイントくらい、本文は11ポイントくらいはないと読みにくいと思います。

 

超高齢社会ですから、文章量を減らしてでも文字は大きくした方が読みやすいです。

 

色数を抑える。自然界にある色の組み合わせを使う

チラシの関しては、使う色数は少なくした方がベター。多すぎると目がチカチカします。

 

コーナータイトルや罫線などに色を使うときは、なるべく自然界にある色の組み合わせに。

 

木々の緑と茶色、花の黄色と緑、海と空の青と白など、自然の中にある組み合わせを選んでみてください。やはり、誰にとってもなじみのある色合いがいいです。

 

馴染みのあるデザインの方が読んでもらえる

最後に、デザインのセンスですが、あまり前衛的だったりラグジュアリーだったりするのは控えましょう。

 

賞をとった広告だとか、いままでのデザインのタブーを破った意欲作だとかのまねをしても、それが自分のお客様にとって身近に感じられるものでなければ意味がありません。

 

こういったデザインは、特定のターゲットには効果があるかもしれませんが、一般のお客様にとっては手に取らないチラシになってしまう可能性があります。お客様にとって身近に感じられるデザインを心掛けましょう。

 

まとめ

お客様にとって読みやすいチラシにするためのポイントは4つです!

 

今回のポイントはお客さんにとって読みやすいチラシにするために、

 

1.視線の動きを踏まえて、読みやすく
2.写真や文字の大きさはご高齢の方でも読めるように
3.色数は少なめ、色の組み合わせは自然界にあるもので
4.デザインは馴染みやすいものに。前衛的なもの、ラグジュアリーなものは控える

 

まずは今お使いのチラシを、上記の4つを意識して見直してみてはいかがですか?

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 印象に残るてがきチラシ作成の基本

    てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さ...
  2. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  3. 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖...
  4. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  5. チラシ折込ができるフリーペーパー2選 ~関西編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。また、以前に「チラシ折込ができ...
  6. チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届...
  7. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  8. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  9. お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費...
  10. チラシ配布の反響を上げる3つのコツとは?

    せっかく作ったチラシの反響をさらに上げるために、3つの大切なポイントをお伝えします。...
  11. チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方

    ちょっとの工夫で差別化し、今まで以上に見てもらえるチラシを作ってみませんか。...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
中島達之介
1971年生まれ。大学卒業後、書籍雑誌卸に就職。東北地方の書店に、都内書店の売れ筋やセット構成などを手書きのファクスチラシにして情報提供していたのが、チラシ作りの始まり。

続きを読む
セミナー開催情報
働き方改革関連法の対策セミナー
日程:2018年8月28日(火)
時間:15時~17時
定員:30名
ついに「働き方改革関連法」が6月末に成立しました。対策を怠ると、自社にどのような不利益がまっているかご存知でしょうか。「社員の流出」「未払い残業代請求の増加」「残業時間を超えた場合の罰則」など、1~2年後に迫った法律の施行までに対策をしていないと、会社の存亡に関わる可能性もあります。そこで今回は、働き方改革関連法案の対策と、いまから準備すべきことを、人事評価のプロの視点で株式会社あしたチームよりご説明いたします。
  • お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣
    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費用・時間のムダ」と感じている方も多いかと思います。 確かに、明確なターゲット層を定めることもなく、ただなんとなく「見栄えがいい」チラシを配布しているだけでは効果は上がりません。 では、どのようなチラシを配布すれば集客につながるのでしょうか?  具体的に例を挙げて説明しましょう。
  • 2018年1月の販促計画を立てる時のポイント
    1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大きな買い物や春の新生活に向けた消費が活発になる月です。中旬以降は、体調を整えるための風邪予防や寒さ対策への需要が高まります。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法
    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになってくれる、近所の方を逃してはいけません。売上の多くを支えてくれる店舗近隣の新規顧客を獲得し、リピーター化するための手法を、まとめて紹介します。
  • 2018年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 販促のプロに聞く!セールスコピーのヒント
    ~リ…
    チラシやダイレクトメールを見た人に、購入や来店などの意欲を持ってもらうために使われるセールスコピー。限られたスペースの中で、読み手の興味を惹く文章を用意できるどうかが重要です。興味を持ってもらうことで、次のアクションにつながります。商品の良さを伝えるよりも、読み手とってその商品がどれだけ価値あるものなのかを簡潔に伝えることが大切です。販売・制作・お客様の販促支援と幅広い業務を担う、いわば“販促のプロ”が考えたセールスコピーをご紹介します。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP