儲かっている会社の、年間販促スケジュールの立て方

販促をしていますか?

 

そう質問を投げかける、と大なり小なり「している」と回答される方が多いと思います。

 

しかし、継続的で適切な販促が出来ているのかというと…皆様、必ずしもうまくいっていない部分があるかもしれません。

 

そういった方に少しでもヒントになればと思い、年間販促スケジュールの計画の立て方のヒントをちょっとだけ公開します。

 

【目次】
1.販促のゴールを見つける
2.年間スケジュールを立てる
3.まとめ

販促のゴールを見つける

販促をするということは、集客をするということです。

 

それがゴールになっていない販促は不要です。

 

その上で、2種類の販促があります。

 

・見込み顧客の数を増やす販促
・従来顧客の来店を促す販促

 

たとえば新メニューに特化した販促であれば、従来の顧客に対して「新しいメニューができたので来てください」なんて話になります。

 

見込み顧客を増やすということについては、それまでは利用されなかった方を迎え入れるわけですから、来店のハードルを低くする必要があります。

 

そのためには、料金的なハードルを下げてみたり、お客様の声を利用してターゲット属性にマッチしていることをアピールしたり。

 

飲食店であれば、宴会等に利用できるなど、利用シーンをアピールしたり。

 

それまで来店しなかった理由を考えたり、これがあれば来店するという理由を考えたり。

 

そういうふうにして、ポイントを明確にして打ち出していくことが大切です。

 

私のお店では、こうした仕掛けをする時には「焼き鳥1本50円」などのDMを作ったりして、客単価を下げてでも集客します。

 

ただ、居酒屋業態に関して言うと、フードやドリンクの片方を下げてももう片方がある程度補填してくれたり、他の商品を抱き合わせで売ることで商品単価を下げたりすることで、客単価をあげることに成功する場合もあります。

 

年間スケジュールを立てる

その上で年間のスケジュールを立てていきます。

 

「今月は見込み客を増やす新規集客」「来月は従来顧客を増やす集客」
などというようにわけるよりは、イベントごとに考えていく方がいいと思います。

 

例えば9月ならお月見。

10月は体育の日。

11月は寒くなってきた晩秋。

 

誰でも理解しやすい言葉や表現を使うことで、DM等の販促物に感情移入がしやすくなり、必然的に読まれる率が高くなっていきます。

 

その上で年間の販促スケジュールを立ててみてください。もし年間が難しければ、まずは先3ヶ月でも大丈夫です。

 

この先3ヶ月はどんなことがあるのか、ぜひ考えてみてください。

 

もし、それでも思いつかないという場合には、販促カレンダーを参考に作ってみるのもいいかと思います。

 

まとめ

適切な販促を実施していくことで、お客様に訴求するポイントが変わります。

 

「行ってみたい」と頭の片隅ででも思っているお客様には、明確なポイントや言葉が入っているだけで、ダイレクトに来店につながったりするものです。

 

とはいえ、なかなかパッとは思いつきませんから、数ヶ月先を見越した販促を考えておいて、それを順次実施していく。そんな流れがいいのかなと思います。

 

行き当たりばったりにならないために、ぜひ販促スケジュールを立ててみてください。

 

The following two tabs change content below.
砂田 悟郎
都内に焼き鳥居酒屋・イタリアンバル等5店舗を経営する、株式会社エスフードプランニング代表取締役。 飲食店の顧客リスト構築とアプローチを代行する、店舗集客サポート協会代表理事。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年9月21日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
  • 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.3…
    これまで「ラーメン」「カフェ」のクーポン事例についてご説明しましたが、今回はいったん原点に立ち戻り、「そもそもクーポンとは」「クーポンの効果的な活用方法とは」というような、クーポン販促を考える上での基本的な考え方を説明したいと思います。今回も弊社発行の『ちいき新聞』の広告やクーポン特集の効果データをもとに解説しますので、参考にしてください。
  • 5月の販促計画を立てる時のポイント
    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新生活による環境の変化などで、心身共に疲れが出やすい頃でもあります。体をいたわるメニューや癒しをテーマにした商品などがヒットする可能性が高いので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
  • 世代ごとの特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう
    バブル世代やさとり(ゆとり)世代などといった、大まかな世代カテゴリーがある事は、みなさんご存知だと思います。しかし、それぞれが育った時代背景を把握し、消費のツボを押さえた販促をしている人は少ないのではないでしょうか。今回は、『世代論の教科書』(東洋経済新報社)を参考にしながら、メイン消費世代を6つに分けてご紹介。それぞれの世代の消費のツボを押さえた販促をしていきましょう。
  • 4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。総合的な月間消費支出も年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人が多いので、認知度向上のために、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 具体的な販売促進に動く前に
    考えなくてはいけな…
    販売促進とはなんでしょうか?まずは定義を整理しましょう。
PAGE TOP