自動車業界の方必見!自動車業界の課題と解決方法とは!?

公開

自動車業界は「CASE」という用語に象徴されるように、大きな変化の渦中にあり、多くの課題も存在します。

自動車関連のビジネスを行う事業者は、まずは自社が取り組むべき課題を整理し明確にした上で、今後の事業の方針を見定めなければなりません。

本記事では自動車業界の主な課題と、その解決策について紹介します。

 

【目次】

1.自動車業界の課題とは?

2.自動車業界の課題への解決策とは?

3.まとめ

 

【無料ダウンロード】自動車業界など 読み手に伝わる!色の特徴を活かしたデザイン事例集

(参考記事)

自動車業界の課題とは?

自動車業界は社会全体との関わりが大きく、環境政策や技術発展などの影響を大きく受けます。
自動車関連のビジネスを行う事業者は、業界の内外の動向を踏まえた課題を知っておかなければなりません。
ここでは、3つの自動車業界の課題について解説します。

 

【参考】「自動車業界の方必見!自動車業界のトレンドと今後の動向に迫る!

 

◆新トレンドへの対応
1つ目は、新しいトレンドへの対応です。

自動車業界には、「CASE」という用語に象徴されるように、さまざまなトレンドがあります。
CASEとは「コネクテッド(Connected)」「自動化(Autonomous/Automated)」「シェアリング(Shared)」「電動化(Electric)」の4つの頭文字を取った言葉です。

 

例えば、自動車が常時インターネットに接続されるようになれば、外部からいつでも車の状況を把握できることによる利便性や快適性の高いサービスが提供されるようになるでしょう。
自動車業界は、こうした新しい動きに対応する必要があります。

 

◆多様化するニーズへの備え
2つ目は、多様化するニーズへの備えです。

CASEのひとつ、「電動化」というテーマの中にも、ハイブリッドか、プラグインハイブリッドか、完全電気自動車など、さまざまな形態の自動車があります。
また、「シェアリング」にも、カーシェアリングとライドシェアリングがあり、それぞれ異なる仕組みになっています。

 

このようにCASEはさまざまな可能性を含んでおり、自動車関連の事業者は消費者のニーズが多様化することに備えておく必要があります。

 

◆業績の維持
3つ目は、業績の維持です。

CASEをはじめ自動車業界は大きな変革期を迎えており、過去のビジネスモデルや生産体制に縛られていると収益を上げ続けることが困難になり、赤字に転落してしまう可能性があります。
自動車関連の事業者は、変化の中でも収益基盤をしっかりと確保するための対策が必要です。

 

自動車業界の課題への解決策とは?

ここまで自動車業界の課題を3つ紹介しましたが、販売台数の落ち込みへの対策やwithコロナなど、他にもさまざまな課題があります。
こういった数多くの課題を克服してビジネスを継続するには、解決策を考えておくことが大切です。
ここでは自動車業界の課題に取り組む際に役立つ、2つの考え方を紹介します。

 

◆独創的なサービスの提供
まず、独創的なサービスを提供することが大切です。
CASEによって自動車を巡るニーズが多様化・複雑化する中で、あれもこれも対応しようとするのは、大手の事業者であってもそう簡単なことではありません。
例えばシェアリングに関しては、経営資源を費やして個性的なサービスを提供するなど、強みを伸ばす戦略が大切です。

 

◆利用体験の質の向上
また、顧客の利用体験の質を高めることも重要です。

例えばCASEについては、ネット接続で車の異常を検知したり、緊急時に保険会社に自動で通知したりするサービスが実現できるようになります。
他にも完全自動運転が実用化されれば、自動車に乗る時間は単なる移動ではなく、くつろぎや創作の時間になる可能性もあります。
技術的に可能なことが増え、顧客がより便利かつ快適にカーライフを送れるようなサービスがますます求められるようになるでしょう。

 

まとめ

自動車業界はCASEをはじめとした大きな変化の渦中にあります。

関連ビジネスを扱う事業者は、新しいトレンドに対応して多様化するニーズに備え、業績を維持するための態勢を整えなければなりません。
まずは新しい動向を知り自社の課題を洗い出すことで、今後のビジネスの方針を整理しましょう。

 

【無料ダウンロード】自動車業界など 読み手に伝わる!色の特徴を活かしたデザイン事例集

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. ウィズコロナ時代!販促の見直しポイントとは?

    新型コロナ感染症の影響によりマーケットもお客様の意識も大きく変わりました。 企業の広報担当者・...
  2. 自動車業界の方必見!自動車業界のトレンドと今後の動向に迫る!

    自動車業界には「CASE」をはじめさまざまな変化が起きています。 自動車業界はメーカーだけでな...
  3. 【withコロナ】テイクアウト・デリバリーを活用して選ばれる店になる!

    withコロナの影響で、店内での飲食が避けられるようになったため、飲食店の活路としてデリバリーや...
  4. 飲食店の敵、閑散期の「ニッパチ」を乗り切る集客方法とは?

    飲食業界に限った話ではありませんが、2月と8月は「ニッパチ」と呼ばれ、他の月と比べると客足が落ち...
  5. 住宅・不動産・リフォーム業界の方必見!販売促進や集客方法をまとめてご紹介

    住宅・不動産・リフォーム業界は、商品・サービスが高額であり、ライバル企業が多いということもあるの...
  6. ゴールデンウイーク対策!集客にオススメのイベントやサービスをご紹介

    ゴールデンウイークは多くの店舗にとって売上を伸ばすチャンスです。集客に向けて、イベントなどに力を...
  7. 新規顧客獲得にも! 飲食店で導入できる宅配・デリバリーサービスのメリット

    飲食店の宅配・デリバリー市場は拡大を続けており、後押しするように店舗の出前をサポートするデリバリ...
  8. 暑すぎて客足が遠のく…客足を増やす3つの対策とは!?

    猛暑は暑さ対策の商品・サービスにとっては追い風になる一方、暑すぎると人々は外出を控えるので、一部...
  9. 商談イメージ

    ビジネスパーソンは“見た目”“見え方”などの第一印象が重要です。

    ビジネスを展開していく上で、ビジネスパーソンが“見た目”“見え方”を意識するのは非常に重要なこと...
  10. 営業 契約のイメージ画像

    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役割の違いについて

    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? ...
  11. “メリット”と“ベネフィット”の違いを理解して
    訴求力のあるセールストークをつくりましょう。

    セールスをする際、商品・サービスの“メリット”だけでなく、お客様にとっての“ベネフィット”をきち...
  12. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法(実践活用編)

    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」に...
  13. 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約率を高める方法

    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BA...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 【業界研究】飲食業界のトレンド情報
    〜2018…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、飲食業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 中小企業のブランド戦略・パート4
    自社の独自性…
    自社の独自性や優位性「ポジショニングについて」 中小企業だからこそ狭く深く ポジショニングとは簡単に言うと“「ペルソナ」(見込み客)の心の中の立ち位置”ということになります。あなたのブランド(商品・サービス・会社)はペルソナの心の中でどのような位置を占めるのか?をビジュアル化したものがポジショニングマップとなるのです。
  • 中小企業のブランド戦略・パート3
    顧客は誰か?「ペルソナについて」情報もモノも溢れている時代だからこそ意識したいこと。ブランドづくりについて、特にエンドユーザーに商品やサービスを提供するお店や会社などは、頭を悩ませることが多くなっています。例えば、年齢一つとっても、私は46歳になるのですが、自分の過去を振り返って考えてみても価値観の変化に気づくことがあります。SNSやユーチューブなどはもちろんありませんでしたので、仮に今私が10代だったとしても、過去の自分とは違った価値観になるのは想像できます。更に、同じ40代でも41歳と49歳では全く違う価値観と言うことも言えますし、同じ年齢だったとしても置かれている立場や状況によっても価値観は違うものです。
  • 自店のポジショニングを確認して、他店との競争で優位に…
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金…
    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、国や都道府県から補助金・助成金と呼ばれる経費補助を受けることができる制度です。 こうした補助金・助成金を活用している企業は、実はけっして少なくはありません。制度を知っている企業だけが、恩恵を受けているのです。今回は、特に多くの企業が利用している代表的な制度に絞ってご紹介します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP