販促カレンダー | 年間計画作成を簡単にするテンプレート
★2018年分を追加しました!

販促効果をアップされるには、計画的に準備をすすめることが大切。

 

常に1年先の販売計画を立てているほうがいいのはわかっていても、なにから手を付ければいいのかがわからない方のために、販促カレンダーのテンプレートをご用意しました。販促計画を考える時に押さえておくべきポイントをまとめたので、参考にしてください。

 

【目次】
1.販促計画は少なくとも週単位で決めよう
2.チェックが大切。必ず目標設定と効果チェックをしよう
3.まとめ

販促計画は少なくとも週単位で決めよう

年間を通した販促計画を立てるときは、まずは週単位でスケジュールを考えましょう。

 

月単位では大ざっぱすぎますし、日単位では細かすぎです。もちろん日単位で計画できればそれに越したことはないのですが、考えるのも大変ですし、管理しきれないおそれがあります。

 

まずは週単位で、どのような販売促進にトライするかをまとめてみましょう。

 

※参考記事:販促のおススメ図書「売れる販促ツールのつくり方・使い方」

※参考記事:販促のおススメ図書「リピーターになる時期は予測できる顧客が倍増する“リピート曲線”の秘密」

チェックが大切。必ず目標設定と効果チェックをしよう

販促計画を立てる前に必ず考えなければならないのが、集客目標と売上目標。まずはいくらの売上を達成したいのか決めましょう。

 

その上で、何人の集客をしたいのかを考えます。いくら売るために、何人集めたいのか、ということが決まって、はじめて、「どうやって売るのか」が決まってきます。

 

そしてなにより大切なのは、効果チェック

 

周年記念でチラシを配布したり、ネット広告を使ったりと、販促の方法は様々。お店にとってどの方法があっているかは、やってみてみなければわからないこともあります。どの方法が適しているのかを確認するためにも、必ず効果測定をし、「集客数」と「売上」を記録に残しましょう。

 

この記録を1年間取り続けることが大切。

 

前年に実施した販促結果を見れば、どの季節にどの販促方法をとればいいのかが見えてきます。

 

まとめ

1年先までの計画がしっかりと立っていれば、準備にもしっかりと時間がとれます。

ばたばたと翌月の販促方法を決めて、なんとなくチラシを配ったりするのは、効率の良いやり方とは言えません。落ち着いて販促内容を考えることができれば、きっと集客効果も高まっていくでしょう。

 

計画と記録。

 

これを繰り返すことで、販促のスキルや感覚を磨いていただければと思います。どのように作ればいいかわからない方は、2017年と、2018年の販促カレンダーテンプレートがございますので、ぜひご活用ください。

↓↓↓下記サンプル画像をクリックして、ダウンロードしてください。↓↓↓

■2018年1月~12月分はこちら
306

 各月の「販促ポイント」「一般行事」「展開フェア」「季節のキーワード」付ですので、ぜひ販促企画を考える際の参考としてご活用ください。

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 2018年7月の販促計画を立てるときのポイント

    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。また、総務省統計局の調査によると「家具・家...
  2. 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(広告宣伝の手段編)

    皆さんは広告宣伝費の予算を効率よく立てていますか。 そして広告宣伝費の使い方を知っていますか。...
  3. 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?(ストーリー性のある広告戦略編)

    「儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?」(https://hansokunodaiga...
  4. 2018年6月の販促計画を立てる時のポイント

    6月は梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に...
  5. 2018年5月の販促計画を立てる時のポイント

    5月はゴールデンウィークで娯楽需要が高まる月。 また、総務省統計局の調査によると、「被服及...
  6. 2018年4月の販促計画を立てる時のポイント

    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、交...
  7. 2018年3月の販促計画を立てる時のポイント

    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で...
  8. 2018年2月の販促計画を立てる時のポイント

    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆...
  9. 2018年1月の販促計画を立てる時のポイント

    1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。世代を超えて家族が集まるので、大...
  10. 2017年12月の販促計画を立てる時のポイント

    12月は年間を通して最も昼が短い時期。寒さもいよいよ本格的になります。冬のボーナスが支給され、お...
  11. 2017年11月の販促計画を立てる時のポイント

    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、...
  12. 2017年10月の販促計画を立てる時のポイント

    暑さが和らぎ、衣替えの時季を迎える10月。飲食店では温かいメニューが求められるようになり、新メニ...
  13. 2017年9月の販促計画を立てる時のポイント

    朝晩の気温が下がり始め、徐々に過ごしやすくなる時季です。また、「食欲の秋」といわれるように、食欲...
  14. 2017年8月の販促計画を立てる時のポイント

    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期と...
  15. 2017年7月の販促計画を立てるときのポイント

    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アク...
  16. 「費用対効果の目安表」でクーポン回収数の目安を知ろう

    チラシや情報誌などにクーポンを付けたが、何枚回収できれば費用対効果が出たといえるのかがいまいち分...
  17. 2017年6月の販促計画を立てる時のポイント

    梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に関心が...
  18. 2017年5月の販促計画を立てる時のポイント

    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新...
  19. 2017年4月の販促計画を立てる時のポイント

    4月は入園、入学、入社、部署異動など、新生活が始まる月。また、総務省統計局の調査によると、教育費...
  20. 2017年3月の販促計画を立てる時のポイント

    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で...
  21. 儲かっている会社の広告宣伝費って、売上の何%?

    皆さんは広告宣伝費の予算を立てていますか。予算の立て方がわからず、むやみやたらにあれこれと試して...
  22. 儲かっている会社の、年間販促スケジュールの立て方

    販促をしていますか?そう質問を投げかける、と大なり小なり「している」と回答される方が多いと思いま...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
中途採用を成功に導くノウハウ公開セミナー
日程:2018年7月26日(木)
時間:15時~17時
定員:30名
「中途採用って、意外と難しい」とお考えの採用担当者様向けのセミナーです。「なぜ貴社の中途採用はうまくいかないのか-中途採用成功のポイントを理解する-」をテーマに、中途採用を増やすための方法やノウハウをお伝えします。
  • あなたのお店の広告は大丈夫?
    「広告の法律」景…
    前回は「広告の法律」景品表示法の優良誤認についてご説明しました。景品表示法の不当表示については、優良誤認とセットで覚えるべきものがあります。それが不当表示の「有利誤認」です。優良誤認と並んで、消費者庁などの処分を受けやすい不当表示であり、消費者とのトラブルにもつながりやすいものですので、確実に理解して予防していきましょう!
  • セールスコピーは、
    「顧客利益」から始めなけれ…
    人が1つの広告に関心を向ける時間は1秒あるかないか。短い時間であなたの商品の良さを知ってもらうためには、読み手にとっての利益を一瞬で伝える工夫が大切です。
  • 2017年11月の販促計画を立てる時のポイント
    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、「七五三」「文化の日」などの行事も多いため、それらに合わせたキャンペーンやサービスを企画しましょう。また、11月が終わる頃には、冬のボーナスやお歳暮シーズンが到来、クリスマスや年末年始の準備も始まるので、早めの販促計画が重要になってきます。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 2018年4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、交通費・教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。 2018年の4月は「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」が佳境に入るころで、みんなに愛されるジャンプキャラクターで盛り上がる可能性もあります。マンガのキャラクターやストーリーと関連した企画などはいかがでしょうか。 総合的な月間消費支出は年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人も増えるので、認知度向上のチャンス。遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • いまこそ重要。脳に響く紙メディア広告の活用方法
    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP