2018年1月の販促計画を立てる時のポイント

1月は新年を迎え、家族がそろっておめでたい気分に包まれる月です。

世代を超えて家族が集まるので、大きな買い物や春の新生活に向けた消費が活発になる月です。

中旬以降は、体調を整えるための風邪予防や寒さ対策への需要が高まります。

 

月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。


【目次】

1.【1月】主な4つの販促キーワード
2.日々の「記念日」一覧を集客に活用しよう!
3.販促計画を立てよう!

日々の「記念日」一覧を集客に活用しよう!

キャンペーンを考えるときに、ほぼ毎日ある「記念日」を活用してみてはいかがでしょうか? 

お正月や成人式以外にも、自社商品に合わせてイベント化できる日がいろいろあります。

ぜひ「何の日一覧」を参考に、販促計画を立ててみてください。

 ■何の日一覧
1日(月) 元日
2日(火) 皇室一般参賀
3日(水)瞳の日
4日(木)官庁御用始
5日(金)囲碁の日
6日(土)色の日
7日(日)春の七草
8日(月)成人の日
9日(火)とんちの日
10日(水)110番の日
11日(木)鏡開き
12日(金)スキーの日
13日(土) 初虚空蔵
14日(日)いい予感の日
15日(月)小正月
16日(火)初閻魔
17日(水)おむすびの日
18日(木)118番の日
19日(金)空気清浄機の日
20日(土)血栓予防の日
21日(日)冬の土用の丑
22日(月)ジャズの日
23日(火)花粉対策の日
24日(水)初地蔵
25日(木)初天神
26日(金)文化財防火デー
27日(土) 国旗制定記念日
28日(日)データ・プライバシーの日
29日(月)タウン情報の日
30日(火) 孝明天皇祭
31日(水)愛妻の日

 

販促計画を立てよう!

新年が始まり、一年の計画や新しいことへの挑戦を考える1月。家族で集まって大きな買い物について話し合う機会も多いので、計画的に販促スケジュールを立てましょう。

1月の販促計画を立てられるシートをご用意しましたので、ぜひご活用ください。

↓↓↓下記画像をクリックしてダウンロードできます↓↓

 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
中小企業のブランディングセミナー
日程:2018年1月25日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
自社のお店や商品のブランド力を高めて、売上を伸ばしてみませんか?そもそもブランディングって何か分からない方や、ブランド力を高める方法を探している方向けのセミナーです。ワークショップを通して、ブランド力の強化や、他社との差別化によって売り上げる方法をご説明します。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?
    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、よくできてるんじゃない」「どうだろう、読まれてないのかなー」なんて、はっきりしない言葉しか返ってこない。こんな状況だと、どこから改善していけばいいんだろうと暗中模索…なんてことになります。
  • 「品質を訴える時」にすぐに使える
    キャッチコピ…
    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサービスのアピールを考えることが苦手な方必見!場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレートをご用意しました。
  • チラシ配布の反響を上げる3つのコツとは?
    せっかく作ったチラシの反響をさらに上げるために、3つの大切なポイントをお伝えします。
  • 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.2
    1日の乗降人員が5万人を超える京成勝田台駅。南口を出ると目の前にあるパチンコ店のビルの4階にその店はある。 毎日15時から元気いっぱいに客を迎えてくれる、八千代市民の憩いの場・さかなや道場勝田台駅前店だ。 店を切り盛りするオーナーの山田さんは15歳から飲食店で働き始め、その道一筋。飲食というサービスを生業とし、探究し続けた山田さんの考え方を伺った。
  • 2018年2月の販促計画を立てる時のポイント
    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆まきや恵方巻き、バレンタインデーなど、イベントの多い月です。モノが売れないニッパチといわれる月ではありますが、イベントに合わせて上手く販促を行えば、集客できる可能性があがるでしょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
PAGE TOP