メールマーケティングのススメ

公開

メルマガとは「メールマガジン」の略称で、電子メールを用い、企業や個人などが特定の読者に向けて定期的に情報を配信するものです。受け手はメルマガの購読リストに登録をすると、配信を受け取れるようになります。
メルマガは、電子メールで届ける雑誌や新聞ともいえます。

メルマガの概要

メルマガはブログやTwitter、Facebookなどと違って明確な統計データがないために、どのくらいの種類・配信数があるのかなどははっきりしません。

メルマガは、個人の利用が中心の「まぐまぐ!」や「melma!」などの無料配信スタンドから配信されるものと、個人や企業が独自の配信システムを使って配信されるものに分類されます。

メルマガは2000年頃から増え始め、現在では政治家や政党、省庁、自治体、NGO、警察なども配信するようになっています。

 

「メルマガ=スパムメール」だと思っている人もいるくらいメルマガの流通量は増え、その結果メルマガは嫌われるようになり、効果が落ちつつあるといわれています。

しかし、メルマガはウェブサイトやブログ、TwitterやFacebookなどの「待ち」のメディアとは根本的に異なり、発信者側が情報を直接届けられる、インターネット上では「攻め」のマーケティングができる数少ないメディアです。

 

仕事をしている人なら、毎日一度はメールチェックをするでしょう。そのため一定の効果が出続けており、メルマガが無くなることは当分なさそうです。

時代に合った使い方をしていけば、まだまだメルマガの恩恵を受けることができるでしょう。

 

大企業だけではなく、資金力も人も少ない中小企業や個人事業主こそ、メルマガは営業力をアップする夢のツールといえます。

メルマガを利用する8つのメリット

メルマガのメリットを簡単にご紹介します。

 

1.コストがかからない

リアル・マーケティングで使用されるダイレクトメール(DM)を発送する場合、通常では1通あたりハガキで62円、封書は82円がかかります。

それに対してメルマガのコストは、運用経費はかかりますが、郵便と比べれば非常に低額で何百・何千通という配信が可能になります。

 

2.配信するまでの時間が早い

発送が伴うダイレクトメールなどでは、相手が受け取るタイミングをコントロールすることはできません。

しかし、メルマガは送信者が送るタイミング(日時)をコントロールすることができます。

今すぐ告知をしたいという場合でも、原稿を書いて送信するだけで、すみやかに相手に届けることが可能です。紙媒体の場合は制作・印刷・発送などによるタイムロスが生じることは不可避です。

 

3.制作後の変更、更新がフレキシブル

ダイレクトメールなどの紙媒体の場合は、制作後に修正や追加が発生した場合、その制作・印刷などに時間と費用がかかります。

一方、メルマガはデジタル媒体のため、どのような修正や追加であっても、何度でも迅速かつ簡単に対応することが可能です。

 

4.顧客との関係を維持できる

メルマガのメリットとして見逃してはいけないことの一つに、読者との関係性があります。

基本的にメルマガ読者は、見込み客や既存客です。顧客との接点を持ち続けて関係性を維持しフォローすることで、さらなる販売促進の糸口をつかむことができます。

 

5.情報の二次元利用、三次元利用が容易

メルマガはデジタル媒体のため、ウェブサイトやブログなどの、ネット上の他の媒体への連携や転用がとても簡単にできます。

更には、このデジタル媒体を利用して、ダイレクトメールやパンフレットなどのアナログ媒体へ展開することも容易です。

 

6.他の商品・サービスへの誘導が可能

メルマガを利用することで、メルマガ⇒ウェブサイトというスムーズな誘導導線を作ることができ、シームレスな商品・サービスの販売への流れを作り出すことができます。

 

7.テストマーケティングができる

紙媒体では時間と費用がかかるABテストが、メルマガとインターネットを使うことにより、比較的安易に実現できます。

商品・サービスをさまざまな観点から分析して、どの方法が効果的かを測るテストマーケティングを容易に行えます。

 

8.個人(会社)のブランド化につながる

読者への情報提供によって「○○の専門家」「○○の情報をいつも届けてくれる人」という位置づけが生まれ、良いイメージ構築につながり、固定のファンが生まれることもあります。

 

まとめ

・メルマガは情報を直接届ける「攻め」のメディア
・時代に合った使い方をすれば、まだまだメルマガの恩恵を受けることができる

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事
ビジネス実践塾 主宰
1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。2004年、アイ・コミュニケーション設立。ビジネスメール教育の専門家。得意とする分野は、メールコミュニケーション効率化や時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。
著書は『誰も教えてくれなかったビジネスメールの書き方・送り方』(あさ出版)、『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』(文響社)、『仕事を高速化する「時間割」の作り方』(プレジデント社)など合計26冊(他、翻訳本2冊)がある
ホームページ : http://www.sc-p.jp/

平野 友朗の最新記事 (記事一覧を見る)

■おすすめの関連コラム

  1. メルマガイメージ

    配信したメルマガの開封率を上げる方法!

    メールアドレスを登録してくれた人にお得な情報を届けるメルマガ。 配信側は読者にとって有益な情報...
  2. メルマガをはじめる前に

    メールマガジンを発行することに興味をお持ちのあなたに!前回記事「メールマーケティングのススメ」で...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる6つの…
    「チラシを使った販促をしているが、売上にちっともつながらない・・・」そう悩んでいる方はいませんか?「紙のチラシ」はあなどれません。使い方によっては、Web広告よりもずっと効果的な販促ツールとなります。問題は「届け方」。デザインやキャッチも大切ですが、「お客様へどうやって届けるか?」はもっと大切です。今回は、チラシを効果的に届けるための「コツ」を、わかりやすく解説します。
  • 中小企業のブランド戦略・パート3
    顧客は誰か?「ペルソナについて」情報もモノも溢れている時代だからこそ意識したいこと。ブランドづくりについて、特にエンドユーザーに商品やサービスを提供するお店や会社などは、頭を悩ませることが多くなっています。例えば、年齢一つとっても、私は46歳になるのですが、自分の過去を振り返って考えてみても価値観の変化に気づくことがあります。SNSやユーチューブなどはもちろんありませんでしたので、仮に今私が10代だったとしても、過去の自分とは違った価値観になるのは想像できます。更に、同じ40代でも41歳と49歳では全く違う価値観と言うことも言えますし、同じ年齢だったとしても置かれている立場や状況によっても価値観は違うものです。
  • 2018年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 紙媒体広告だからこそ出来る!紙媒体広告の活用方法・メ…
    「もう紙メディアの広告は古い」と思われる方も多いでしょう。しかし本当にそうでしょうか。
  • 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの…
    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP