子育てママ(30代・40代・50代)にアプローチできる広告デザインのポイントとは?

公開

ビジネスにおいて子育てママ(30代・40代・50代)をターゲットにした広告を実施する企業や店舗は多いと思います。
子育てママは、子どもの教育に関わる習い事や塾、ママ友の女子会ランチに使う飲食店、自分磨きのエステ、家族で出かけるレジャー施設など、多くのビジネスのターゲットになります。

広告デザインを作成する時には、まずターゲットに好まれるデザインにすることが大事になります。
子育てママが好みそうなデザインにしていくことで、より効果の出る広告を作成できるようになります。
そこで今回は子育てママ向けのデザインのポイントを3つご紹介します。
ぜひ、広告作成する際にお役立てください。

【無料DL】ターゲット別(シニア・ママ向け)の広告デザイン作成のポイント

【目次】

  1. 子育てママ向け広告デザイン3つのポイント
  2. イメージに沿った配色
  3. アクセントになる書体
  4. イラストや写真、背景
  5. まとめ

子育てママ向け広告デザイン3つのポイント

子育てママ向け広告デザインのポイントは以下の3点になります。 

  • イメージに沿った配色
  • アクセントになる書体
  • イラストや背景

イメージに沿った配色

世界175ヶ国で100万以上のネットショップを運営する世界最大のECプラットフォーム「Shopify」の調査によると、人がものを購入する際には約9割の人がビジュアルで判断し、約8割の人が色を判断基準の第一の理由にしていました。
さらに、6割から9割の人が、無意識に色を基準として90秒以内に購買の判断を決定しているという結果でした。

このように色が購入判断に大きな影響を及ぼしているわけですから、広告も同様に色に注意を払わなければなりません。

ターゲットに、「購入したい」「来店したい」と思わせる最適な色を広告に使うことは、販促において最も重要な課題といえるでしょう。

※色の特徴を活かしたデザインについては以下から無料で資料がダウンロードできます。

【無料DL】読み手に伝わる!色の特徴を活かしたデザイン事例集

ターゲットに合った色選びをするとともに、下記の点も考慮して統一感のある色、トーンを選びましょう。

  • お店の業種
  • 業態
  • 価格帯
  • 広告を出す時期
  • なりたいイメージ
  • コンセプト

また継続して広告を実施していく場合は、色の軸をぶらさず、ある程度継続して使用しましょう。

コーポレートカラーや店舗のイメージカラーとして決まった色を継続して使用すると、消費者に企業や店舗のイメージカラーが定着して販促効果が高まります。

色のイメージは、下記の3つの要素によって決まってきます。

◆色味
色自体が持つイメージによって、広告で取扱う商品やサービス、店舗のイメージを表現することができます。また、ターゲットに合った色味を選ぶことで、自然に広告を読む気持ちを高めることができます。
一方で、ターゲットがあまり好まないとされる色味を広告に使うと、初見で敬遠されてしまい、広告の中身が読まれない可能性があります。

◆明度
明るさは文字の読みやすさ(視認性)に大きく関わる要素です。

◆彩度
彩度が高いと派手な印象に、彩度の低い色は地味な印象になります。

子育てママ向けと一言で言っても企業カラーや商品・掲載内容によって、色のイメージは異なります。
一般的には、子育てママ世代に好まれる色は明度が高く彩度がライトな比較的落ち着いた色だといわれています。
ビビットのような彩度が高くコントラストの強い色は敬遠されやすいので、避けた方がいいかもしれません。

色の持つイメージは下記の3つに分けられます。

◆暖色

暖色は、赤、橙、黄などのように暖かそうな色で、交感神経に作用し興奮度を高めるため、元気で楽しそうなイメージを出したいときに向いています。

◆寒色

寒色は、青緑、青、青紫など冷たさを感じさせる色で、副交感神経に作用し鎮静効果をもたらすため、落ち着いて静かなイメージを出したいときに向いています。

◆中間色

中間色は温度を感じない、黄緑、緑、紫、無彩色になります。

ママ向け広告では、ライトな色であれば、暖色、寒色、中間色いずれを使用しても問題ありません。
広告で取扱う商品やサービスのイメージに合った色を選ぶようにしましょう。

広告では使用する色だけでなく配色(色のバランス)が重要です。
配色にはルールがあってルールに則れば綺麗な配色を作ることが出来ます。
配色は以下の3つのカラーで構成します。

  • イメージを決定づける色(メインカラー)
  • イメージのベースとなる色(ベースカラー)
  • ポイントで強調したい色(アクセントカラー)

配色は以下の順番で決めるのが一般的です。

それぞれの配色の面積比を 3:6:1にするだけで綺麗な配色になります。

3色で物足りない時は、このバランスを保ったまま各要素を分割して色数を増やすと良いですが、色数が増えるほど、色のバランスを取ることやイメージを伝えることが難しくなり、ごちゃついた印象の広告になりやすいため、注意が必要です

それでは、配色を意識した子育てママ向け広告デザインの事例を紹介します。

子育てママに敬遠されやすい配色の広告

 

こちらの広告の事例ではイメージのベースとなるベースカラーに彩度が高いピンクのビビットカラーが使用されています。ビビットカラーは、派手で強い印象を与えすぎるため子育てママには敬遠されやすくなります。

子育てママに合った配色の広告①

イメージのベースとなるベースカラーに彩度が中間で明るいライトなピンクを使うことで子育てママに合った配色の広告になっています。 

子育てママに合った配色の広告②

自然の空、水、緑を連想させる白、水色、黄緑をベースに、元気・太陽・にぎやかなイメージのオレンジと、同じトーン内のピンクでお得情報を強調しています。 高明度、高彩度の色使いでポップな印象を感じさせます。

子育てママに合った配色の広告③

 

メインカラーにライトなピンク、ベースカラーに白と淡いグレー、アクセントカラーにベージュを採用して、配色の面積比を 3:6:1で構成したバランスの取れた綺麗な配色です。

白とグレーを基調にし、やわらかい印象を演出して、少し落ち着いた中明度のライトなピンクで大人の女性をイメージさせています。
広告全体を明度が高く彩度がライトな比較的落ち着いた色でまとめ、まとまりあるデザインに仕上がっています。

アクセントになる書体

使う書体やフォントによっても、デザインのイメージは大きく変化します。
色や画像の使い方で子育てママ向けのデザインをつくることもできますが、どんなフォントを使うかも重要になります。

フォントに注目して女性向けの広告を見てみると、デザイン性の高いフォントが使われていることに気づくはずです。

女性向け広告のフォントには下記のような特徴がみられます。

・ポップ体や手書きフォントと呼ばれる、デザイン性の高いデザイン書体を使って「遊び心」や「面白さ」を表現している

・現代的・都会的・洗練・女性的な印象を与える細いフォントを使ってスタイリッシュでおしゃれなイメージを表現している

子育てママ向けには手書き風のフォントや少し崩した書体などが柔らかいイメージを表現できるのでおすすめです。
ただし、小さい文字や注釈などで使用すると読みにくくなるので、キャッチコピーやタイトルで使用するのが効果的です。

それでは、子育てママに敬遠されやすいフォントの広告と子育てママに合ったフォントの広告を紹介します。

子育てママに敬遠されやすいフォントの広告

ゴシック体は、縦横の太さが均等で、装飾性がないため視認性が高く、文字が判別しやすい書体ですが、男性的で力強いイメージがあり女性向とはいえないでしょう。

 

子育てママに合ったフォントの広告

子育てママ世代向けには、デザイン書体を使って楽しいイメージが強い広告が多くみられます。
事例の広告では、初見で目を引きたい最上部の文字にマジックで書いたような手書き風のデザイン書体を使ってインパクトアップを計っています。

イラストや写真、背景

ちょっとしたイラストや写真、背景を入れることで、デザインの印象が華やかになります。
イラストや写真は視覚に訴え消費者に強いインパクトを与えますので、ターゲットに合ったものを採用しましょう。
ターゲットとマッチしていないイラストや写真を載せてしまうと初見で敬遠されてしまう可能性がありますので注意が必要です。

イラストや写真には流行があるので、流行を押さえておくのが大事になります。
また、リボンやフレームなどをワンポイントで使うと、ポップ感やキュート感などを演出できます。

参考にイラストや写真を入れたテーマパークの広告事例を見てみましょう。

子育てママ世代は、夏休みに子供とどこに出かけようか悩むところです。
事例の広告では、フィールドアスレチックとプールの写真を入れて楽しく遊ぶ子供の姿を想像させます。

このようにイラストや写真、背景は、子育てママ世代の広告には重要な要素です。

それでは子育てママにマッチしていないイラスト事例と子育てママにマッチするイラスト事例を紹介しましょう。

子育てママにマッチしていないイラスト事例

事例のイラストは、シニア世代の男性なので、子育てママ世代にはマッチしないでしょう。ターゲットにマッチしていないイラストを採用すると、広告をジブンゴトととらえにくくなります。
イラストはインパクトがあるので初見で広告が読まれない可能性が高くなってしまいます。

子育てママにマッチするイラスト事例

広告のテーマが自転車事故に備えた自転車保険加入のおすすめですので、子育てママをターゲットとして考えると、子どもの自転車走行が大きな心配事になるでしょう。
そのため、イラストは子供を採用して、よそ見をして大人の女性にぶつかりそうな場面を表現しています。

他にも小さな自転車のイラストやリボンをワンポイントで使うなどちょっとしたあしらいを細部まですることで、子育てママ層が好む可愛らしいイメージが演出できます。

まとめ

広告デザインを作成する時には、ターゲットに好まれるデザインにすることが大事になります。
年齢・性別によって好むデザインは変わってきます。
今回は子育てママ向けのポイントを3つ解説させて頂きました。子育てママ向けは、配色・フォント・装飾を意識して細部にまでアプローチすることが大事になります。
今回解説したポイントを踏まえて広告デザインを作成していくと、よりターゲット層に刺さる広告が作成できると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 「チラシ」「折込」「ポスティング」で広告・販売促進の効果を上げる!お客様のデータ分析方法とは?

    地域での広告・販売促進の効果を上げるための手段として、折込やポスティングを検討している店舗や企業...
  2. 3倍の効果がでる体験型広告とは?親しみやすいアプローチの成功事例をご紹介

    WEB広告だけではなく、折込チラシやポスティング、フリーペーパーや新聞などの紙媒体への掲載による...
  3. シニア世代(60代・70代・80代)にアプローチできる広告デザインのポイントとは?

    高齢化がすすむ日本においてシニア層(60代・70代・80代)は魅力的な市場です。 シニア層向け...
  4. 折込チラシの配布枚数はどれくらい?業種別平均折込枚数を公開!

    集客や販促を考えていて、色々な販促手法がある中で、折込チラシの活用を考えたときに「妥当な配布部数...
  5. 【千葉】おすすめの地域密着型のポスティング会社5選

    地元客を集客するにはポスティングを使った地域密着型の販促が効果的だといわれています。 ポスティ...
  6. フォントによってイメージが変わる!初心者でもわかるフォントの選び方とは ?

    ポスターやチラシ、WEBサイトなどで、使うフォントによって印象が違ってくることはよく知られていま...
  7. スクール(学習塾・習い事)の効果的な集客のポイントと閑散期対策をご紹介

    スクール(学習塾・習い事)は消費者のニーズが高いため、地域に競合が多いケースがみられます。 そ...
  8. 折込チラシとは?料金相場・効果的なデザイン・サイズまでプロが解説

    折り込みチラシとは、効果が期待できる広告として、広く活用されている方法です。 専門の折込チラシ...
  9. 生徒数アップ!学習塾の販促に効果的なチラシ作りと配布方法

    学習塾・スクールの新規生徒を獲得するための販促に効果的なチラシ作りと配布方法について解説します。...
  10. チラシ折込媒体 新聞折込・ポスティング・フリーペーパー折込徹底比較!チラシ配布方法も解説

    チラシポスティングをはじめとする紙を使った販促は、ローカル市場をターゲットとしている店舗や会社に...
  11. 折込チラシの効果的な配り方を分かりやすく解説
    ~適切な商圏とは?~

    折込チラシは地域に密着しているため効果が期待できるのではないかという想定のもと、集客や求人のため...
  12. 【飲食店向け】広告やチラシで新規顧客を獲得後、リピート率をアップさせる方法とは!?

    飲食店は、リピート客が多ければ経営が安定し、販促にかかる費用や労力を減らせるため、リピート客の獲...
  13. 印象に残るてがきチラシ作成の基本

    てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さ...
  14. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  15. 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖...
  16. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  17. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  18. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  19. お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費...
  20. 販促チラシはこうして作ると反響がある!集客できるチラシ販促のコツ

    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、...
  21. チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる6つのコツとは?

    「チラシを使った販促をしているが、売上にちっともつながらない・・・」そう悩んでいる方はいませんか...
  22. 折込チラシ・フライヤーにおすすめのサイズと紙質は?効果別の選び方で『見てもらえる』チラシに!

    折込チラシやフライヤーを作るとき、きちんと「サイズ」と「紙質」について考えていますか?安いからと...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 店舗販促成功事例ストーリーvol.1
    ~塗装…
    皆さんは『ザイアンスの法則』をご存知でしょうか?
  • 2020年9月の販促計画を立てるときのポイント
    日中はまだ暑いですが、朝夕は涼しさを感じるようになる9月。サンマやキノコ、ブドウや梨など秋の味覚も出回り始めます。2020年7月の豪雨災害は、全国各地で甚大な被害をもたらしました。近年全国各地で大規模な災害が発生しています。災害に対して、お客様や従業員の命を守り、被害を最小限にとどめるための事前準備は、どの業種でも今や必要不可欠です。今年の敬老の日と秋分の日は4連休になり、秋の行楽シーズンを迎えます。新型コロナウイルス感染症対策について、お客様向けの情報発信を積極的に行っていきましょう。また祖父母と会うのを控えるご家族も多いでしょう。シニア向けのオンライン環境の整備は今後も需要が見込まれます。マイナポイントは9月1日からポイント付与が始まります。各店舗で準備を進めていきましょう。現在総務省では「統一QR「JPQR」普及事業」を行っています。9月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前からゆっくり販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • ランディングページを作ってみよう
    最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネットにアクセスする率は既にパソコンを上回っており、何かを探したり、情報収集したりするのに欠かせない存在となってきました。将来的に見ても、WebやSNSを使った集客や販売の重要度はさらに増していくと思われます。今回はWeb集客やWeb販売を始めるにあたって必要となるWebサイトの一つ『ランディングページ』についてお伝えします。
  • 動画マーケティング
    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編…
    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティング、いわゆる動画マーケティングについて説明します。 関連記事:動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)
  • SEOイメージ
    今さら聞けないSEO対策の基本!SEOを意識したライ…
    自社のWEBサイトへのアクセスを増やすためには、「まずSEO対策をしましょう」といわれます。では具体的には何をすればいいのでしょうか。 今回は、SEO対策の基本についてお話しします。
PAGE TOP