効果を引き出すクーポン事例ストーリーvol.4
~アイデアクーポン編~

公開

広告にはクーポンが付いているのが当たり前となった昨今、世の中にはさまざまな種類のクーポンが出回っています。

 

今回は弊社発行の『ちいき新聞』に実際に掲載されたアイデアクーポンの事例を紹介させて頂きますので、参考にしていただければ幸いです。

【目次】
1.アイデアクーポンその①お得感が伝わりやすい『写真付き一品サービスクーポン』
2.アイデアクーポンその② あえてターゲットを絞る『人を限定したクーポン』
3.アイデアクーポンその③ アイドルタイムを無くす『時間を限定したクーポン』
4.アイデアクーポンその④ 直接的な関係はなくて良い『お土産プレゼントクーポン』
5.まとめ

 

クーポン事例ストーリーvol.1~飲食・ラーメン編~

クーポン事例ストーリーvol.2~飲食・カフェ編~

クーポン事例ストーリーvol.3~活用方法編~

アイデアクーポンその①
お得感が伝わりやすい『写真付き一品サービスクーポン』

皆さんにはこんな経験、ありませんか?

 

飲食店などで『〇〇一品サービスクーポン』を利用したら、期待していたような品ではなかったという経験。サイズが小さめだったり、思っていたものとは違ったり・・・なんてこと、よくありますよね。

 

これではお客様に悪い印象を持たれてしまいます。どうしてそんな不一致が起こるのでしょうか?それは広告内に“一品”の説明が足りないからです。

 

そこでおすすめしたいのが『写真付き一品サービスクーポン』

 

活字のみのクーポンよりも圧倒的にイメージしやすいのでお得感を感じさせやすいですし、「想像と違った」という不満を少なくすることもできます。

 

飲食店であれば、美味しそうな写真で目を引くこともできるので一石三鳥。

 

広告の内容とクーポンを連動させることはもちろんですが、一品サービスの場合は必ず広告内にその写真を入れるようにしましょう。

アイデアクーポンその②
あえてターゲットを絞る『人を限定したクーポン』

クーポンをつけるからには、できるだけ多くの方に利用してもらいたい。そう考えるのは当然のことです。

 

しかし、お店のコンセプトに共感してくれる、来てほしいと考えるお客様にちゃんと来てもらうことも、とても重要なことです。

 

なぜなら、そのようなお客様はリピーターになってくれる可能性が高いですし、口コミで店のことを広め、他のお客様を連れてきてくれるからです。

 

具体的には「ママ友限定」「親子で来店したら」「夫婦で来店したら」「60歳以上の方が1人でもいたら」「3人以上の来店で」などの条件をクーポンにつけることで、人を限定したクーポンになります。

 

どんな人に来てもらいたいのか、今来ていただいているお客様の中でもっともお店の売上に貢献してくれているのはどんなお客様なのか、それを今一度考えてみましょう。

 

そして、そんなお客様を増やすために『人を限定したクーポン』をつけるのです。お客様を選ぶわけですから、いつもより良い特典をつけても、どうしても回収枚数は落ちます。

 

しかし、お店の売上UPに大きな効果があることは前述の通りです。

アイデアクーポンその③
アイドルタイムを無くす『時間を限定したクーポン』

1日の営業時間の中では、どうしても暇な時間と混雑する時間が生まれてしまいます。

 

来店時間はお客様が決めるものですし、お客様が来店したいと思う時間は重なりやすいので当然です。そこで使えるのが『時間を限定したクーポン』

 

これを使えば、ある程度はお店側がお客様の来店時間をコントロールすることができます。

 

飲食店であれば17時~19時(ランチから通し営業の場合は15時~18時)が一般的にはアイドルタイムとなりますが、その時間帯に来店してくれた方に限定したクーポンをつけるのです。

 

もちろん、もともと来店したいという人が少ない時間帯に集客するわけですから、特別な特典が必要になります。

 

また、ランチは混んでいるがディナーがさっぱりという飲食店であればディナー限定のクーポンをつけたり、ランチに来て頂いたお客様にクーポンを手渡ししたりする方法をあります。

 

今は弊社でも取り扱っているLINE@のようなリピーター集客向けの販促手段もあるので、ランチで来たお客様にLINE@のお友だち登録をしてもらうことができれば、その日のお店の状況に合わせてタイムリーに『時間を限定したクーポン』を発行することも可能なのです。

アイデアクーポンその④
直接的な関係はなくて良い『お土産プレゼントクーポン』

クーポンといえば「サービスが割引になる」「一品サービス」「時間延長」など、お店での体験がお得になるものがほとんどですが、必ずしもそうでなければならないわけではありません。

 

実はちいき新聞では『お土産クーポン』、つまり、サービスを利用するとお土産がもらえるというクーポンの反響がとっても良いのです。

 

例えば、自家農園で野菜を育てているカフェの「新鮮野菜の詰め合わせプレゼントクーポン」や、たこ焼き屋さんが出した『生卵プレゼント』など、たとえそのお店のサービスとは直接的な関係はなくても、もらって嬉しいお土産がもらえるなら来店してくれるのです。

 

お土産をもらったら人に言いたくなり、家族や友人にも伝わり・・・と、口コミ効果も絶大です。

 

中には美容室の『玉ねぎプレゼント』クーポン、珈琲屋さんの『宝石プレゼント』クーポンなど、ちょっと目を疑うものも存在します。

 

それでもお客様に喜んでいただきたいという気持ちでつけたクーポンなら、本業とは関係ないクーポンでも魅力的に見えるかもしれません。

まとめ

いろいろなクーポンのお話をしましたが、クーポンを使った販促を考えるに当たって重要なのは“何のためにクーポンをつけるのか”を明確にすることです。

 

ここが決まらなければ、効果の出るクーポンの内容が決まりません。

 

・とにかく誰でもいいから多くの人に来てほしいのか。

・人数は少なくてもいいから来てほしい人だけを呼びたいのか。

・アイドルタイムを無くしたいのか。

・気持ち良く帰っていただき、口コミ効果を狙いたいのか。

 

1回のクーポンによって未来永劫お店が繁盛していくわけではないので、クーポンによって集客したその先を考えることも重要です。

 

誰に何を伝えて、どう行動してほしいのか。それを明確にした上で販促を考えるべきです。

 
 

The following two tabs change content below.
根本圭佑
株式会社地域新聞社 効果向上支援室 室長(社内での名称は“向上長”)2006年に入社。広告企画営業として本社第一営業部(現:八千代支社)に配属となり八千代市エリアを4年半担当した後、2010年9月より千葉支社に異動。市原市エリアを2年半担当し、2013年3月より新設された市原支社の初代支社長に就任。

■おすすめの関連コラム

  1. 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて

    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス...
  2. 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは

    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよ...
  3. 【サロン向け】〜美容商品が売れるサロンの秘密〜

    美容商品の売り上げを上げるためには?世の中にたくさんある美容商品。「これは良い商品だから、ぜひ使...
  4. 【飲食店向け】時流に乗った飲食店の傾向と対策

    大手チェーン店も乗り出している「現在の飲食店事情」がどのようなものか、ご存じでしょうか?現在、飲...
  5. 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.2

    1日の乗降人員が5万人を超える京成勝田台駅。南口を出ると目の前にあるパチンコ店のビルの4階にその...
  6. 集客に効果的なクーポン事例ストーリーvol.3
    ~活用方法編~

    集客にクーポンを効果的に活用したい!と思っているお店や企業のマーケティング担当の方は多いでしょう...
  7. 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1

    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポステ...
  8. 販促の工夫事例~美容室編~
    繁盛美容室の顧客リスト活用法

    顧客リストを有効活用していますか。 美容室の顧客リストはお客様のカルテでもありますが、情報の確...
  9. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.2
    ~飲食・カフェ編~

    女子会やママ友と利用しやすいカフェは、弊社が発行する『ちいき新聞』の読者アンケートでも、常に「欲...
  10. リピート率を向上させる店内インテリアとは~美容室・サロンの場合

    お店を出せばお客様が足を運んでくれ、リピーターになってくれると思っていませんか?...
  11. 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.1
    ~飲食・ラーメン編~

    世間に溢れている広告の中でも、つい心動かされてしまうのが飲食店の広告ではないでしょうか。 ...
  12. 店舗販促成功事例ストーリーvol.1
    ~塗装・リフォーム編~

    皆さんは『ザイアンスの法則』をご存知でしょうか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
  • 世代別の特徴を押さえて、消費のツボを見定めよう
    団塊世代やバブル世代といった世代別のカテゴリーは、実はマーケティングにとっても重要であることをご存知ですか?消費行動には個人の価値観が強く反映されるので、「世代論」だけで消費傾向を分析できるわけではありません。しかし、「バブルを謳歌した50代」と「不況の中で育った20代」に対して同じ販促活動をするのは、決して合理的とはいえません。そこで今回は、世代を6つに分類して解説する『世代論の教科書』(東洋経済新報社)を参考にしながら、各世代別の価値観や消費傾向を踏まえた効果的な販促活動について考えてみましょう。
  • 印象(イメージ)を決める配色のコツ!3色の組み合わせ…
    チラシやHPなどのデザインをする際、配色のパターンによって相手に与える印象は大きく変わります。配色の作用を理解しておけば、デザイナーでなくても表現力が上がり、販促効果を高めることができるでしょう。色の効果の基本については、「色の持つイメージが与える効果と心理的効果のあるチラシデザインとは」で色相別に紹介させていただきました。今回は、色の組み合わせ、つまり「配色」によってどのような印象を与えるのかを例を使いながらお伝えします。
  • 2017年7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 2019年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の月。 学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が増えます。 総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で2番目に高くなるのが3月です。 2019年は平成最後の卒業式や春休みがあります。 子供の節目に合わせた重要なイベントが増えるので、企画を早めに立てて、集客につなげましょう。 消費需要が高い時期です。遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。 【目次】 1.【3月】家計支出の特徴は? 2.【3月】主な4つの販促キーワード 3.日々の「記念日」一覧を集客に活用しよう! 4.販促計画を立てよう!
  • 儲かっている会社の、年間販促スケジュールの立て方
    販促をしていますか?そう質問を投げかける、と大なり小なり「している」と回答される方が多いと思います。しかし、継続的で適切な販促が出来ているのかというと…皆様、必ずしもうまくいっていない部分があるかもしれません。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP