集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.2
~飲食・カフェ編~

前回は『ラーメン店のクーポン』についてご説明しました。今回は『カフェのクーポン』です。

 

女子会やママ友と利用しやすいカフェは、弊社が発行する『ちいき新聞』の読者アンケートでも、常に「欲しい情報」の上位。

 

その反面、広告効果に差が出やすい業種でもあります。

 

どんなクーポンをつけたら、どんなことを伝えたら、上手に集客することができるのでしょうか。『ちいき新聞』のクーポン特集で得られたクーポン回収データを分析した結果、わかったことをご紹介いたします。

女性がついつい行きたくなってしまうカフェの広告とは?

最も集客に繋がった、おすすめクーポンはコレだ。

回収データを分析した結果、もっとも集客に繋がったクーポンは・・・

 

 

やっぱり値引クーポンでした。

 

 

当然ですよね。少しでも節約をしたいと考えるのが、家計を守るママの気持ちですから。

 

細かくお伝えすると、回収枚数

 

第1位『合計金額より20%OFF』

第2位『合計金額より10%OFF』

 

と、値引クーポンが上位を独占する結果となりました。

 

ここまでは当然ですが、注目して頂きたいのは第3位。

 

それは『ドリンク一杯サービス』のクーポンです。

 

 

この『ドリンク一杯サービス』は、カフェ以外のお店でも用いられることが多いクーポンです。例えば居酒屋さんの『生ビール一杯サービス』やイタリア料理屋さんの『乾杯ワイン一杯サービス』のような感じですね。

 

しかし、実は居酒屋さんや洋食屋さんでは、『ドリンク一杯サービス』はあまり集客できていませんでした。にもかかわらず、カフェの場合はこのクーポンでも集客できている。これはなぜなのでしょうか。

 

それは「一杯の価値の違い」です。

 

カフェは喫茶店と呼ばれたり「お茶をする」と言うように、お客様は「ドリンク一杯」を必ず注文します。しかし生ビールや乾杯ワインは、必ず注文するものではありません。

 

それらが嫌いな人やお酒が飲めない人には、関係のないクーポンになってしまいます。クーポンをつける時はどの業種でもそうですが、関係のない人を作らないことが重要なのです。また、1回の来店で飲む量にも大きな違いがあります。

 

カフェの場合、1回の来店でほとんど1杯だけなのに対し、居酒屋などでは飲む人は2杯以上飲むでしょう。

 

つまり同じ『ドリンク一杯サービス』でも、カフェの場合は1回の来店で飲むドリンクが”全部”無料という意味になり、居酒屋の場合は1杯”のみ”無料という印象になってしまうのです。

 

どちらが魅力的に感じるかは当然前者。それがクーポンの回収結果にも表れているのです。

『カフェ』の広告においてクーポンよりも重要なこと

それはいかに●●をイメージさせられるか。

ここまではクーポン内容についてお伝えしてきましたが、カフェの広告の場合、実はクーポン以上に重要な要素があります。

 

それは広告を見てくれた方、特に女性に「幸せな体験」をイメージしてもらえるかどうかです。

 

「幸せな体験」とは簡単に言うと、

 

 

「カワイイ!ママ友もきっと喜ぶから教えてあげたい」

「オシャレ!こんな空間なら子連れでもゆったりと過ごせそう」

「美味しそう!たまには頑張っている自分にご褒美あげたい」

 

などこのお店に行ったら自分にどんな良いことが起こるのかを具体的にイメージさせられるかどうかが来店に繋がるか繋がらないかの分かれ道であり、最大のポイントなのです。

 

女性の中でカフェはご飯を食べる場所、美味しいドリンク・スイーツを楽しむ場所、そして大切な人と、もしくは1人で素敵な時間を過ごす場所なので、自分の中での「幸せな体験」が叶うかどうかを見ているのです。

 

それをイメージしてもらうのに重要なのは「写真」。

 

1000円前後のランチメニューはもちろんですが、お店の雰囲気が伝わる写真、「カワイイ!」「オシャレ!」「ステキ!」が伝わるデザインを心がけましょう。

 

HPがあるなら写真をたくさん掲載し、広告には必ずHPへ誘導する仕掛けをしましょう

 

実際に回収が良かった広告にはそれらの要素が入っており、逆に回収が少なかった広告は写真よりも文字が多い印象だったり、料理写真を一品だけ大きく掲載し、一見レストランかと思ってしまうものが多かったです。

 

ママ友をターゲットにするなら、駐車場の有無や席数、お子様メニューの詳細なども伝え、子連れでも安心して来店できるイメージを持ってもらえるように工夫しましょう。

 

クーポンの利用可能人数も、1枚で1グループ全員にした方が利用してもらいやすくなります。

オープン1年間が勝負

広告で新規顧客を獲得し、いかにリピートしてもらうか

効果の出やすいクーポンや広告表現についてお伝えしてきましたが、中には「広告なんてしない」「口コミだけでお客様は来る」と思っている方もいると思います。

 

確かに立地が抜群だったり、有名店だったりするのなら何もしなくても噂が広まるかもしれませんが、それ以外のお店ならたくさんのお客様に来店してもらわないことには口コミも広がりません。

 

カフェに限らず大抵のお店はオープン後少なくても1年間は広告が必要だと考えます

 

その1年間でどれだけのお客様に来店いただき、気に入っていただき、リピーターになっていただけるか。そしてファンとなって他のお客様を連れてきてくれるか。

 

それによってその後の商売が決まってしまうと言っても過言ではありません。オープン告知は一生に一度の大切な広告。

 

その際は是非上記のことを思い出していただければ嬉しいです。

 

※クーポンの回収枚数の傾向等は、地域情報紙『ちいき新聞』のクーポン特集データ調べ

The following two tabs change content below.
根本圭佑
株式会社地域新聞社 効果向上支援室 室長(社内での名称は“向上長”)2006年に入社。広告企画営業として本社第一営業部(現:八千代支社)に配属となり八千代市エリアを4年半担当した後、2010年9月より千葉支社に異動。市原市エリアを2年半担当し、2013年3月より新設された市原支社の初代支社長に就任。

続きを読む
セミナー開催情報
計画が売上を上げる!2018年の年間販促計画を作るワークショップ
日程:2017年12月14日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
1年分の販促計画をしっかり立てて、2018年の売上アップを目指しませんか?年間9,000社の広告や販促をサポートする地域新聞社と、WEBマーケティング支援企業のベストエフォートマーケティングによる共同ワークショップセミナーです。参加者同士で意見を出し合いながら、共に来年の販促計画をつくりましょう。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 8月の販促計画を立てる時のポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の家計消費額は年間第5位。食費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。家族で楽しめるイベントを企画して集客をしてみてはいかがでしょうか。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • あなたのお店の広告は大丈夫?
    「広告の法律」景…
    前回は「広告の法律」景品表示法の優良誤認についてご説明しました。景品表示法の不当表示については、優良誤認とセットで覚えるべきものがあります。それが不当表示の「有利誤認」です。優良誤認と並んで、消費者庁などの処分を受けやすい不当表示であり、消費者とのトラブルにもつながりやすいものですので、確実に理解して予防していきましょう!
  • 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.1…
    世間に溢れている広告の中でも、つい心動かされてしまうのが飲食店の広告ではないでしょうか。
  • 全国放送のTVに出演する方法
    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もTVに出たいな」と考えた事はないでしょうか。そもそもTVにはどうすれば出ることができるのでしょう。お金を払えば出る事が出来るのでしょうか。
  • 商品キャッチコピー作成の手順と6つの技術
    お店や商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品コピー」。商品の特長を表す大事な要素ですが、これを考えるのに苦心することはありませんか?売れる商品コピーをすぐに作れる天才は、多くいるわけではありません。ただ、私のような普通の人でも、そこそこ良いコピーを作るための「手順」や「技術」はあります。今回はキャッチコピーの質を高めるのに大切な「手順」と6つの「技術」をお伝えします。
PAGE TOP