入りやすい店とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザイン | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

入りやすい店とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザイン

公開

入りやすいお店とは?

 

オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。
入り口がどこかわかりづらい。街を歩いていると、たまにそんなお店を見かけます。

 

はじめてのお店に行くきっかけは、知人の紹介、ネット検索、チラシやフリーペーパーなどさまざまですが、雑誌『日経レストラン』の調べによれば、“偶然通りかかり気になった”が40%を占めているそうです(もちろん業種業態によって結果は違います)。

 

「気になった」を「実際に店を利用した」にするためには、「入りやすい店」であることが必要不可欠。
その鍵となるのが「入り口」と「外観」です。
そして、入り口と外観について特に注意が必要なのは、「清潔感」「情報開示」「親近感」の3つです。

これらについて、本記事では具体例をあげながらわかりやすく解説します。

 

【目次】

1. 偶然通りかかった人の注意を引くためには
2. 入りやすい店のポイントは「清潔感」「情報開示」「親近感」
3. 入りやすい店の「入り口」とは?
4. 入りやすい店の「外観」とは?
5. より集客効果を高める外観のために意識すべきポイント
6. まとめ

 

 

≪無料ダウンロード≫消費者の目に留まる商品キャッチコピー作成のポイント

 

 

 

 

偶然通りかかった人の注意を引くためには

ここでのポイントは2つ。

 

【一つ目は「見つけてもらう」こと】

通りがかりの人に“ここにお店があるのね”、と認知してもらえるような看板や外観のデザインを心がけましょう。
周囲の店舗と同系の色や似た書体だとなかなか見分けがつかないものですから、周りに埋もれないようにしましょう。
とはいえ、あまりどぎついものだと逆効果になる可能性も。
何ごともバランスが大切です。

 

入り口は広い方が気に留めてもらいやすいと思います。
しかし物理的に難しいお店も中にはあるでしょう。
雑居ビルで階段を上がっていかなくてはいけない店舗などは、誘導看板を使用するのが効果的です。
「入口はこちら→」などの矢印付き看板は、意外に効果を発揮します。
うまく活用すればお客様も増えるでしょう。

 

店外ディスプレイを使った告知も重要です。
店外ディスプレイを設置する際は、以下のポイントに気をつけるとより効果を発揮します。
・お客様は主にどの方向から来るのか。
・駅へ向かう人が多く来店するお店なのか、または駅から出てきた人が多いのか。
・人の流れは時間帯によって変わるのか。
・ディスプレイの文字はきちんと歩く人の視線の高さに合っているか。
など。
少しの違いかもしれませんが、そうした工夫が後々効いてくるはずです。

 

また、店外ディスプレイに、あれもこれもメニューを書きたくなる気持ち、よくわかります。
しかし、通りすがりの人たちがメニュー看板を見るのはほんの一瞬。
その一瞬をモノにするために、まずは“お店の一番の売り”をシンプルに伝えることをお勧めします。
キーワードは、「お得」「楽しい」「安い」「品揃え」「ここにしかない」などが効果的です。

 

【2つ目は「選んでもらう」こと】
「気になるお店」になれるよう、看板や外観はお店のコンセプトを反映したデザインにしましょう。
それらがうまくいけば、お店の雰囲気をお客様に的確に伝えることができます。

 

お店の雰囲気に合わせて照明の色や明るさを調節するなどの工夫も一手。
昼間は目立つけど、暗くなるとわかりにくい、というのはもったいないですよね。
ファサード照明やダウンライトなどを効果的に使用している店舗を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

外から店内の様子がわかるようでしたら、活気ある様子を演出するのもいいでしょう。
飲食店が窓際の席からお客様をご案内するのは、外から見てにぎわっている、繁盛している、ということを視覚に訴える効果を狙っています。

次のステップである「店舗への集客力を高める」ためには、「入りやすい店」であることが必要不可欠です。

 

入りやすい店のポイントは「清潔感」「情報開示」「親近感」

「入りやすい店」をつくるためには、まずはその条件を定義する必要があります。
入りやすい店の条件を考えるためには、「入りにくい理由」を探るのが近道でしょう。

 

(株)地域新聞社が飲食店を利用した方を対象に行ったアンケート調査の結果が下のグラフです。

参考:飲食店経営者様必見!はじめてのお店を選ぶポイントとは?

 

 

はじめての店に対して「入りにくい」と感じる原因は5つあります。
1価格帯がわからない
2高級そう
3清潔感がなさそう
4店内がわからない
5常連客が多そう

 

これら5つのうち、「価格帯がわからない」と「店内がわからない」は情報開示、「高級そう」と「常連客が多そう」は親近感に分類できます。
残りの「清潔感がなさそう」は情報開示や親近感以前の問題です。

 

以上より「清潔感がある」「情報を開示している」「親近感がある」の3つが入りやすい店の条件だと言えるでしょう。
これらを念頭に置いて、入りやすい店づくりに効果的な入り口・外観について考えてみます。

 

入りやすい店の「入り口」とは?

入り口はお客様を迎える大切な場所。
業種を問わず、明るくてわかりやすいものにしたいものです。

 

 

入りやすい店の入り口について、「清潔感」「情報開示」「親近感」の視点で説明します。

〈清潔感〉
・掃除を欠かさない
入り口付近にゴミが落ちていると、店の印象は台無しになります。
開店前や閉店後だけでなく、昼休みなどの隙間時間を利用して、こまめにチェックと掃除をしましょう。
ドアの取っ手や玄関マット、アプローチなどの細部の破損もチェックしましょう。
お客様は意外と細かいところまで見ているので、小さな汚れや破損も見逃してはいけません。

 

・余計なものを置かない
余計なものは置かず、店外ディスプレイは通行の邪魔にならないように気を付けましょう。

 

〈情報開示〉
・看板などで商品や価格を積極的にPR
先のアンケートによると、はじめての飲食店で「入りづらい」と感じる理由で一番多かったのが「価格帯がわからない」。
実に8割近い方がそう答えています。
看板などを使って店の商品・サービスと価格帯を示すことで、入りづらさのハードルを大きく下げることができます。

 

すべての商品の価格をPRする必要はありません。
カフェなら定番のランチメニューやブレンドコーヒーなどの価格がわかれば十分です。
定番商品の価格がわかれば、それ以外の商品の価格についてもイメージできるからです。

 

ブラックボードや電子看板、商品サンプルの陳列など、商品と価格の情報開示をするためのツールにはさまざまな種類があるので、予算と相談しながら積極的に活用しましょう。

 

〈親近感〉
・ドアは「明るさ」「温かみ」を感じさせるデザインにする
金属製の暗く冷たい印象のドアと、木やガラスを使った明るく温かな印象のドア。
初来店のお客様にとって、どちらが親近感をおぼえるかは言うまでもありません。

 

・気軽に利用してもらえるよう一言添える
たとえば同じカフェでも、コーヒーを専門的に追究する自家焙煎コーヒー店と、カフェ飯を売りにしたカジュアルな店とでは、お客様に注文してもらいたいメニューも大きく異なります。

 

はじめての店で何も情報がない状態だと、「コーヒー1杯飲むだけでもいいのかな…」と不安に思い、入店をためらってしまうお客様もいるはずです。
そのようなお客様の心理的なハードルを下げるために、入り口に設置した看板に「ドリンクのみの利用も歓迎!」などのコメントを添えると良いでしょう。

 

入りやすい店の「外観」とは?

入りやすい店の外観についても、「清潔感」「情報開示」「親近感」の視点で説明します。

 

〈清潔感〉

・外壁の汚損を放置しない

店構えを見た時に、外壁の塗装が大きくはげていたり、汚れていたり、落書きなどがあったりすると、店の第一印象に悪影響を与えます。

 

 

〈情報開示〉

・外から店内の様子や商品が見えるようにする

アンケートの結果からも明らかなように、「店内がわからない」ということは、店に入りづらいと感じさせる大きな原因になります。

「路面の壁をガラス張りにする」「大きな窓を設置する」など、外からでも店内の様子が見えるようにしましょう。

 

外から店内の様子がわかると、

「どんな商品を売っているのか」

「どんな人が働いているのか」

といったお客様が知りたい情報を開示することができるので、入りづらさが緩和されます。

 

 

〈親近感〉

・外壁の配色(※)を工夫する

テナントの場合、店舗の構造的なデザインを大胆に変えることは難しいでしょう。

しかし外壁の塗装に手を加えるだけなら、家主との交渉次第で可能になります。

オレンジ色などの明るい色味に塗装することで、初来店のお客様にも親近感を与えることができます。

 

ただし、外観は店の印象に大きな影響を与えるので、コンセプトとあまりにかけ離れた塗装は避ける必要があります。何ごともバランスが大切です。

 

※配色によってお客様に与える印象は大きく変わります。

店舗の外観だけでなく、チラシやHPのデザインにおいても配色は重要です。詳しくは印象(イメージ)を決める配色のコツ!3色の組み合わせパターンをご参照ください。

 

より集客効果を高める外観のために意識すべきポイント

ここまで、入りやすい店にするためには清潔感・情報開示・親近感のポイントに気をつけながら入り口や外観を工夫することが大切だと説明してきました。

ここからは、それに関連して、入りやすい入り口や外観を作る際に基本となる考え方を解説します。

 

◆顧客目線の徹底

外観や入り口のデザインを検討する際は、顧客の目線で考えることが大切です。

ありがちな間違いとして、オーナーや経営者の好みや感性だけに従ってデザインを決めてしまい、顧客が置き去りになってしまうというケースが挙げられます。

 

もちろん、店側の考え方で店構えを決めることそのものが悪いわけではありません。

店主のこだわりが他店との差別化に繋がることは頻繁にありますし、そのような他とは違う雰囲気を求める顧客も存在します。

 

しかし、外観を見てお店に入ろうか判断する顧客が一定数存在する以上、顧客目線を意識した方が集客効果に繋がりやすいのは事実です。

そのため、外観を活用して集客力を高めたいのであれば、一度店側の既成観念を取り払い、顧客の立場で一歩引いてデザインを考えてみましょう。

 

この時、外観を見る人は男性なのか女性なのか、1人なのかグループなのか、どのようなシチュエーションで店を利用したいと思っているのかといったターゲット像を設定することも効果的です。

 

◆競合店との比較

競合店舗と比較してみることも大切です。

 

外観によって集客を促すには、まず注目を獲得しなければなりません。

そのためには、近隣に店舗がある中でも自分の店舗が存在感を発揮している必要があります。

 

外観のデザインにこだわっても、それが他店と同じようなものであればそれほど効果を発揮しないでしょう。

外観や入り口のデザインは単独で考えるのではなく、近隣の店舗や景観も考慮に入れながら、道行く潜在顧客にとってどのように見えるのかを意識することが大切なのです。

 

◆集客効果の測定

外観の集客効果を測定する取り組みも役立ちます。

たとえば、看板やポスターにそれを見た人限定の割引情報を載せれば、どれくらいの顧客がその情報を見て来店したのかがわかりやすくなるでしょう。

このような方法は、顧客がどこに注目しており、何が喜ばれるのか探るためのヒントにもなります。

このように効果を測る取り組みを繰り返せば、訴求すればよいポイントがわかり、より効果的なアピールができるようになるでしょう。

まとめ

・新規のお客様に来店してもらうためには、通りがかりの人に「気になる店」だと思ってもらうこと、そして「入りやすい店」であることが重要

 

・「気になる店」になるためのポイントは「見つけてもらう」「選んでもらう」

 

・「入りやすい店」のポイントは「清潔感」「情報開示」「親近感」の3つ

 

・ポイントをおさえた入り口・外観で集客力を高めましょう

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. モバイルファーストインデックスとは?SEOにおける対応方法

    “モバイルファーストインデックス”という言葉を聞いたことはありますか? これは2018年3月に...
  2. クローラビリティとは? クローラビリティを上げるSEOを伝授!

    クローラビリティという言葉を聞いたことはありますか? クローラビリティは、SEO対策をする上で...
  3. 新生活応援!早めのキャンペーンで売上アップ

    新生活の準備をする時期は消費が活発になり、企業としては売上を伸ばすチャンスです。ニーズを取り込み...
  4. 2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやすいお店になる

    近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらな...
  5. 年末商戦イメージ

    2019年のお歳暮・クリスマス商戦はいつから?早割・先得キャンペーンで先手を打つ!

    年末商戦といえばお歳暮とクリスマス。売上の増加が見込めるこの時期に向けて、どこも販促に力を入れて...
  6. セールイメージ

    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落ち込む時期の売上・集客対策

    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に...
  7. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  8. 秋の行楽イベントイメージ

    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹介

    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客...
  9. キャッシュレス決済イメージ

    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシュレス決済のポイント還元で集客・売上アップ!

    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大...
  10. 消費税イメージ

    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオススメの販促はコレ!

    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるために...
  11. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  12. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  13. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  14. リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活用術

    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」で...
  15. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  16. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  17. 販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介する...
  18. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  19. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  20. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  21. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  22. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  23. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  24. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  25. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  26. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 2020年5月の販促計画を立てるときのポイント
    5月は穏やかな日が多く、一年の中でも快適な季節。夏日の日数も各地で増加していきます。新生活が始まって一カ月、少しずつ生活が落ち着いてきた方も多いことでしょう。本来であればゴールデンウィークのレジャーを楽しみ、運動会や遠足など様々な学校行事が行われ、人々が活発に行動するこの時季。しかし、2020年4月1日現在、新型コロナウイルス感染症の流行は拡大を続けています。政府や各地方自治体からは不要不急の外出自粛要請が出され、企業活動や日常生活にも大きな影響が出ています。「コロナ疲れ」という言葉に象徴されるように、いつ自分や家族が感染するか分からない恐怖感と、先行き不透明な不安感を常に持ち続けている状況は、人々を疲弊させています。5月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 2017年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重…
    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェキ!」で簡単に確認してみませんか。GoogleやYahoo!などの検索サイトで「サービス名」を入力して検索をしている人は、そのサービスを「いま」「すごく欲しい」人です。「冷蔵庫 回収」と調べている人は、きっと壊れた冷蔵庫が自宅にあったり、引っ越しのために不要になったりした人です。そんな人がピッタリ合うホームページを見つけられば、すぐに契約となる可能性はとても高いでしょう。また、近所のお店やサービスを探している人は、「東船橋駅 整骨院」など、最寄駅や地域名を入れて検索します。決まった地域・商圏内で商売をされているお店にとって、「近所の地域名」と「自社のサービス名」で検索されることは、近所に住む「今すぐ欲しい人」を獲得しるための重要な要素です。今回は、自社のホームページが検索結果の上位に表示されているかをどうかチェックする方法をお伝えします。
  • 秋の行楽イベントイメージ
    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹…
    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客につなげる施策を打ちやすい時季ですが、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。 本記事では秋の行楽やイベントをまとめ、業界別にできる販促の施策を紹介します。
  • 年間販促計画が簡単に!販促カレンダーで販促効果アップ…
    どのように年間販促計画を立てればよいか、ご存知ですか?販促計画の立て方がわからないと困っていませんか?販促の効果をアップさせるには、販促カレンダーを作成して計画的に準備を進めることが大切です。簡単に年間販促計画を立てられるエクセルのテンプレート「年間販促カレンダー 2020年版&2021年版」をご用意しました。月や週ごとに「販促ポイント」「一般行事」「展開フェア」「季節のキーワード」が一目でわかるようになっているので、販促の企画を考える際に役立ちます。また、もう1つの特徴として集客目標や売上目標、費用といった管理項目も用意。これを利用すれば、販促計画はもちろん、収支計画も一緒に立てられます。なお、「年間販促カレンダー 2020年版&2021年版」は無料でダウンロードが可能です。販促計画を考えるときに押さえておくべきポイントを紹介した資料もご用意しました。「年間販促カレンダー 2020年版&2021年版」を使って、年間販促計画を立てましょう。
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP