集客力を高めよう!入りやすいお店の外観と入り口のデザインとは?

公開

オシャレな外観、でもパッと見、何のお店か分かりづらい。入り口がどこか分かりづらい。

街を歩いていると、たまにそんなお店を見かけます。

せっかく外観が良くても、そこがなんのお店か分からなければ、初めてのお客様はなかなか入りづらいものです。

初めてのお店に行くきっかけは、知人の紹介、ネット検索、チラシやフリーペーパーなどさまざまですが、「日経レストラン」の調べによれば、“偶然通りかかり、気になった”が40%を占めている、そうです(もちろん業種業態によって結果は違います)。

 

【目次】

1.そこで、偶然通りかかった人に、気になってもらうためには…。
2.まとめ

そこで、偶然通りかかった人に、気になってもらうためには…。

「通りがかりに気になるお店」には、どんな特徴があるのでしょうか。
通りがかりですから、第一印象は大事です。

清潔感があり、活気あふれる様子
が分かれば、お客様は興味を持ってくれるでしょう。開店前にスタッフ総出で店周辺の清掃をしているお店や会社もありますね。

そういったことを踏まえて、入り口と外観について三つのポイントを考えてみます。

 

① 看板・外観で差をつける

ここでのポイントは二つ。一つ目は「見つけてもらうこと」。
通りがかりの人にも、“ここにお店があるのね”と認知してもらえるようなデザインを心がけましょう。

周囲の店舗と同系色や似た書体だとなかなか見分けがつかないものですから、周りに埋もれないようにしましょう。とはいえ、あまりどぎついものだと逆効果になる可能性も。何ごともバランスが大切です。

二つ目は「選んでもらうこと」。“気になるお店”になれるよう、看板や外観はお店のコンセプトを反映したデザインにしましょう。

それらがうまくいけば、お店の雰囲気をお客様に伝えるのに効果を発揮します。

 

② 明るく分かりやすく

入り口はお客様を迎える場所。入り口は業種を問わず明るく、分かりやすくしたいものです。

お店の雰囲気に合わせて照明の色や明るさを調節するなど工夫も一手。昼間は目立つけど、暗くなると分かりにくい、というのはもったいないですよね。ファサード照明やダウンライトなどを効果的に使用している店舗を参考にしてみてはいかがでしょうか。

入り口は広い方が気に留めてもらいやすいと思います。しかし物理的に難しいお店も中にはあるでしょう。例えば雑居ビルで階段を上がっていかなくてはいけない店舗などは、誘導看板を使用するのが効果的です。「入口はこちら→」などの矢印付き看板は、意外に効果を発揮します。うまく活用すればお客様も増えるでしょう。

当然ですが、入り口周りをきれいに保つのは必須。余計なものは置かず、店外ディスプレイは通行の邪魔にならない場所に置きましょう。

 

③ 上手に告知しよう

店外ディスプレイの置く向きを考えているお店はどのくらいあるでしょうか?

お客様は主にどの方向から来るのか。駅へ向かう人が多く来店するお店なのか、または駅から出てきた人が多いのか。時間帯によって変わるのか。ディスプレイの文字はちゃんと歩く人の視線の高さに合っているか。など、いろいろ観察してみるのもよいでしょう。ちょっとの違いかもしれませんが、そうした工夫が後々効いてくるはずです。

また、店外ディスプレイに、あれもこれもメニューを書きたくなる気持ち、よーくわかります。しかし、通りすがりの人たちがメニュー看板を見るのはほんの一瞬。その一瞬をモノにするために、まずは“お店の一番の売り”をシンプルに伝えることをお勧めします。

キーワードは、「お得」「楽しい」「安い」「品揃え」「ここにしかない」などが効果的です。
外からお店の様子が分かるようでしたら、活気ある雰囲気を演出するのもいいでしょう。飲食店が窓際の席からお客様をご案内するのは、外から見てにぎわっている、繁盛している、ということを視覚に訴える効果を狙っています。

来店されたお客様に満足していただけるようサービスを行うのは当然ですが、まずは集客数UPのため「来店していただく」というプロセスにも気を配ってみましょう。

ちょっとした工夫の積み重ね、大切ですよね。

まとめ

通りがかりの人にとっての“気になるお店”になるために

・店舗周りを清潔に保つ
・看板や外観は「見つけてもらう」と「選んでもらう」を意識したデザインに
・看板や外観はお店のコンセプトを伝える手段として活用
・入り口は広く明るく
・入り口が狭い場合は誘導看板などで工夫

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  2. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  3. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  4. リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活用術

    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」で...
  5. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  6. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  7. 販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ご自身のお店や...
  8. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  9. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  10. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  11. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  12. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  13. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  14. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  15. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  16. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 広告キャッチコピーテンプレート・例文「限定する時」
    広告原稿を考える際、キャッチコピーがなかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?期間限定、数量限定などの「限定する時」用のキャッチコピーのテンプレート・例文をご用意しました。場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレートですので、お客様に「ほしい!」と思わせ、すぐに行動に移してもらいたい時に、ぜひご活用ください。広告キャッチコピーやキャンペーンpopなどの販促物に使う「限定の表現」を考えることが苦手な方必見! 最初はキャッチコピーのテンプレートを見ながら言葉の引き出しを増やしてみてはいかがでしょうか。ご自身の商品やサービスに合わせたキャッチコピーを考えてみてください。
  • SNSで潜在顧客を発掘
    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信や広告・宣伝、マーケティングツールとしてもすっかり定着したSNS。あなたはどのような使い方をされていますか?プライベートな利用のみという方は、この記事を参考にして、ぜひビジネスへの活用にも挑戦してみてください。今回はSNSの種類や使い方、向き・不向きについてご説明します。
  • チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~
    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届ける方法があることをご存知でしょうか。実は戸別配布されている地域情報誌やフリーペーパーの中には、チラシを折り込んで配布するサービスを行っている地域メディアもあります。近年、新聞購読者数は減少しています。今回はチラシを届ける手段として、チラシ折込ができるフリーペーパーをご紹介します。
  • 商品キャッチコピー(フレーズ)の作り方 考え方の手順…
    お店や商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品キャッチコピー」。商品の特長を表す大事な要素ですが、これを考えるのに苦心することはありませんか?売れる商品コピーをすぐに作れる天才は、多くいるわけではありません。ただ、私のような普通の人でも、そこそこ良いコピーを作るための「手順」や「技術」はあります。今回はキャッチコピーの質を高めるのに大切な「手順」と6つの「技術」をお伝えします。
  • 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対…
    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。 7割以上がスマホユーザーということですね。 あなたのサイトはスマホに対応していますか?
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP