11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落ち込む時期の売上・集客対策

公開
セールイメージ

小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に導入され、徐々に成果を上げつつあります。

 

本記事では、ブラックフライデーの時期や由来、参加するメリットなどを紹介。
2018年の実績を振り返りながら、2019年に役立つ販促の方法を解説します。

 

 

【目次】
1.ブラックフライデーとは?時期や由来を紹介
2.売上・集客対策にも?ブラックフライデーを活用するメリット
3.実績から考える!ブラックフライデーで販促する方法
4.まとめ

 

ブラックフライデーとは?時期や由来を紹介

ブラックフライデーとは、毎年11月の第4金曜日近辺に開催される、小売業界の大規模なセールのことです。
米国では例年、消費者がお店に殺到しており、1年の中でもっとも繁盛する期間とされています。

 

 

ブラックフライデーは1961年ごろに米国フィラデルフィアで始まり、1970年代に普及したといわれています。
名称の由来は、道路にセール客があふれかえって警察の仕事が増えたこととされ、その後「黒字の」という解釈が加わって定着しました。

 

 

日本でも2016年にイオンが実施し、イトーヨーカドー、楽天市場といった大手小売企業も追随しています。

大きなイベントが少ない11月に消費喚起をする目的で活用され、年末商戦に向けてさらなる消費心理を高める効果が期待されます。

 

【参考】ネタとぴ:「イオン最強のネットセール「サイバーウィーク」が11月25日から開催!~店舗では「ブラックフライデー」も日本に導入 」
【参考】財経新聞:「ブラックフライデーは日本に定着するか 」

 

売上・集客対策にも?ブラックフライデーを活用するメリット

ブラックフライデーを活用するメリットは何でしょうか。

 

イベントの勢いを利用すれば、売上や集客が落ち込みやすい時期でも、販促効果が期待できます。
11月は売上や集客が伸び悩みしやすい時期です。経済産業省の「商業動態統計」(2018年)によれば、月別商業販売額は以下のような実績です。

 

- 10月:40兆1,890億円
- 11月:40兆2,510億円
- 12月:43兆6,540億円

 

【参考】経済産業省:「2018年 商業動態統計年報-第1部-商業販売-第1表 業種別商業販売額及び前年(度、同期、同月)比増減率 」

 

10月は下半期の開始月であり、またハロウィーンなどのイベントもあるため、工夫次第では小売、飲食、エンターテインメント系の業態は集客を伸ばすチャンスが潜んでいます。
また、12月にはクリスマスや忘年会、正月商戦など消費活動が活発になりやすい時期です。

一方、11月には大きなイベントがありません。

 

そこで、ブラックフライデーのような業界全体を巻き込む一大セールを活用すれば、集客効果が見込める可能性があります。

 

実績から考える!ブラックフライデーで販促する方法

日本では2016年から始まったばかりのブラックフライデーは、まだまだ普及途中ですが、売上アップなどの成果を収めているケースもあります。
ここでは2018年の成功事例から、2019年の販促に役立つ情報を紹介しましょう。

 

各企業の実績を見ると、先駆けのイオングループや家電量販店のノジマは2017年のセール期間実績に比べ、それぞれ1〜2割程度の売上高の伸びを達成しました。
セール内容としては、3〜5割引きといった大胆な値下げをしたことに加え、セールの認知度自体が向上したことも成功の要因となっています。
また、別の企業では、福袋を販売したりセール期間を延長したりしたことが成功につながったようです。

 

【参考】日経メッセ:「ブラックフライデー拡大、イオンなど、売上高で昨年超え。」

 

2018年のあるアンケート調査では、9割近くの消費者が予算を3万円以内と考え、もっとも多かったのは、5,000円〜1万円と答えた29%の階層でした。
購入したい商品は日常的な食料品が多く、続いてファッション、家電となっています。

買い物は「自分のため」が87%を占めており、個人的な楽しみとして、手軽に購入できる物をブラックフライデーに期待しているということがわかります。

 

つまり「普段自分が使うアイテムを、インパクトのある割安価格で買う」という消費者が多いようで、各店舗はいかにお得感を演出できるかが販促につながると言えるでしょう。

 

【参考】日本経済新聞:「日本版ブラックフライデー6割認識 予算は3万円以内、凸版印刷調べ 」

 

まとめ

・ブラックフライデーは日本でも徐々に認知度が上がってきており、先行企業はセール期間の延長や大胆値下げで、着実に成果を上げつつあります。

 

・消費者は「個人的で日常的な物をお得買いする」という楽しみ方が多く、いかにインパクトのあるお得感を出せるかが勝負と言えるでしょう。

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 年末商戦イメージ

    2019年のお歳暮・クリスマス商戦はいつから?早割・先得キャンペーンで先手を打つ!

    年末商戦といえばお歳暮とクリスマス。売上の増加が見込めるこの時期に向けて、どこも販促に力を入れて...
  2. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  3. 秋の行楽イベントイメージ

    業種別!秋の行楽やイベントにオススメの販促方法をご紹介

    秋は暑さも落ち着き、祝日も多く、行楽やイベントを楽しみやすいシーズンです。 店舗にとっては集客...
  4. キャッシュレス決済イメージ

    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシュレス決済のポイント還元で集客・売上アップ!

    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大...
  5. 消費税イメージ

    2019年消費増税前のまとめ買い・駆け込み需要にオススメの販促はコレ!

    2019年10月に消費税率が10%に引き上げられますが、集客・販売の落ち込みの影響を避けるために...
  6. 成果報酬型は損しない?
    優れた「成果報酬型」販促のポイント!

    「広告費がムダになるかもしれない」。多くの販促担当者が対面するこの苦しみは、成果報酬型広告で解決...
  7. 必見! はじめて販促イベントを開催する人はココに気をつけろ!

    自社のサービスや商品を効率よく紹介・販売するために、あなたはどのような活動をしていますか? ...
  8. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~東北編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  9. リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活用術

    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」で...
  10. 入りやすい店とは?店舗の集客力を高める入り口と外観のデザイン

    入りやすいお店とは? オシャレな外観、でもパッと見、何のお店かわかりづらい。入り口がどこかわか...
  11. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関西編~

    地域密着で商売をされているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重...
  12. ご近所集客に使える
    戸別配布型のフリーペーパー ~関東編~

    地域密着で商売されているお店にとって、ご近所への広告活動は、リピーターを増やすためにもとても重要...
  13. 販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!

    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ご自身のお店や...
  14. 「WEB販促×紙媒体販促」メリットの掛け合わせで広告効果を最大に!

    紙販促の時代は終わった。今はWEB販促だ。そんな声をよく耳にします。確かにインターネットやスマホ...
  15. 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?

    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょ...
  16. 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客方法とは?

    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやす...
  17. 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデアとは?

    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心...
  18. 全国放送のTVに出演する方法

    あなたの知人、または尊敬している社長などが、TVに出演した事はありませんか?それを見て「自分もT...
  19. 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法

    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませていると...
  20. 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?

    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っ...
  21. 店内販促物の作り方 ポイントカード編

    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 ...
  22. 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの使い分け

    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法
    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになってくれる、近所の方を逃してはいけません。売上の多くを支えてくれる店舗近隣の新規顧客を獲得し、リピーター化するための手法を、まとめて紹介します。
  • キャッシュレス決済イメージ
    【中小店舗向け】増税後の消費の冷え込み対策 キャッシ…
    消費増税は消費の冷え込み要因になるため、店舗は早急に対策を打つ必要があります。今回の増税では最大5%のポイント還元制度があり、その対象となる中小事業者にとっては集客・売上アップのチャンスです。本記事では中小店舗の担当者向けに、キャッシュレス決済によるポイント還元制度を簡単にご説明し、販促のポイントについても併せてご紹介します。
  • 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.2
    1日の乗降人員が5万人を超える京成勝田台駅。南口を出ると目の前にあるパチンコ店のビルの4階にその店はある。 毎日15時から元気いっぱいに客を迎えてくれる、八千代市民の憩いの場・さかなや道場勝田台駅前店だ。 店を切り盛りするオーナーの山田さんは15歳から飲食店で働き始め、その道一筋。飲食というサービスを生業とし、探究し続けた山田さんの考え方を伺った。
  • 中小企業のためのブランド戦略とは
    「ブランドって何?」と問われたときに、明確に答えられる人はどれだけいるのでしょうか。「ブランド」という言葉は誰でも聞いたことがあるはずですが、私は言葉だけが一人歩きしてしまっているように感じています。このサイトをご覧の皆様がブランドに関する正しい知識を持ち、ビジネスの発展に役立てていただけるよう、解説をさせていただきます。
  • 2018年5月の販促計画を立てる時のポイント
    5月はゴールデンウィークで娯楽需要が高まる月。 また、総務省統計局の調査によると、「被服及び履物」の支出が年間で一番高くなるのが5月です。 2018年の5月は「西郷どん」の流行で、西郷隆盛ゆかりの地への巡礼がにぎわう可能性があります。西郷さんや明治維新の有名人を用いた企画で、集客を狙ってみてはいかがでしょうか。 総合的な月間消費支出は年間で第5位。過ごしやすい気温の日々が続き、お出かけする人も増えるので、新規来店を呼び込むチャンス。遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP