チラシを手配りポスティングする
3つのメリットとは?

チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。

 

そこまで費用をかけたチラシですから、1件でも多くの反響を生みたいですよね。配り方は、ポスティングや新聞折り込みなど、様々あります。

 

しかし、あえて一番手間と時間がかかる「自分で手配り」をするメリットについてお伝えします。

 

【目次】

1.チラシを手配りポスティングする3つのメリット

2.チラシを配るときの注意点

3.まとめ

チラシを手配りポスティングする3つのメリット

新聞折り込みや業者によるポスティングを利用せずに、あえてチラシを手配りするメリットは以下の3つです。

 

===========================================
1.お店周辺の住民特性が、よ~く分かる
2.ターゲットを絞り込んで配れる
3.手渡しできれば、反応がわかる
===========================================

 

1.お店周辺の住民特性が、よ~く分かる

 

店舗を構えていると、お店から駐車場や駅までの導線以外の街並みを見る機会はあまりありません。いつもの出勤ルートとは別の方向にある住宅街へ行くと、「意外と主婦が多いな」「古い家が多くて、住人の年齢層は高めだな」など、新たな発見がたくさんあるでしょう。

 

ポスティングをすれば、店舗周辺の住民特性を肌で感じることができます。

その結果、それらに合わせて、チラシの内容を変更することも可能です。

 

さらにはサービス内容も近隣住民の顔を思い浮かべながら考えられるので、「どうすればこの前すれ違ったあの人が来てくれるだろう」など、いろいろなアイデアが生まれるきっかけにもなるでしょう。

 

2.ターゲットを絞り込んで配れる

 

チラシを自分で配ることで、自社のターゲットが住んでいそうな家に絞って配ることができます。高齢者を狙っているのであれば、昼間から自宅に高齢の人がいるお宅にだけチラシを配り、新築の新婚夫婦が住んでいそうなところは避ける、という方法をとることができます。

 

また、ポストにチラシを入れることだけにこだわらず、ターゲット層の人を見かけたら、直接手渡しをすることもできます。

 

美容サロンのチラシであれば、自店のお客様になりそうな人がいたら、「近くで美容サロンのお店を開きました。キャンペーン中ですので、ぜひ一度お試しください」という一言を添えて、チラシを手渡すことができます。

 

せっかくつくったチラシですので、ターゲットになる人を絞って1枚でも多く届けるには、手配りポスティングがおススメです。

 

3.手渡しできれば反応がわかる

 

道行く人にチラシを手渡しできれば、直接その感想を聞くこともできます。実際にチラシを渡した時の反応をしっかり観察して、お客様の言葉に耳を傾けましょう。

 

「このチラシのここは、どういうこと?」のような質問を直接聞ければ、その部分がわかりづらいということに気付けるので、次回のチラシ作成時に改善することができます。

 

自分では作ったチラシのサービス内容を分かっていますが、客観的に分かりやすいチラシができたかどうかを判断することは、大変難しいです。

 

サービス内容を全く知らない人の反応を知ることは、新規の客に自社サービスをどう伝えればいいのかを学ぶ絶好の機会になるでしょう。

 

チラシを配るときの注意点

チラシを自分で配るとき、特に注意しなければならないことがあります。

 

それは、「チラシを断った人のリストを作ること」です。世間にはチラシを望んでいる方がいる一方で、チラシの投函をとても嫌がる方もいます。

 

チラシ投函を嫌がる方に、再度チラシを入れてしまえば、お店の信用を一気に落としてしまうことになるでしょう。その過ちがきっかけで、近隣住民の間に悪い噂が流れてしまったら一大事です。

 

チラシ配布お断りの連絡を受けた場合は、住所・名前のリストを作成し、地図上に「×」を付けておきましょう。特に、スタッフ何名かで手分けして配る場合は、必須の作業になります。

 

しかし、1人でポスティングしていたとしても、忘れてしまったときのリスクは大きいので、必ず配布不可リストを持って配りましょう。また、配布お断りの要望をいただいた場合は、丁寧に相手の気持ちを思いやって対応することが一番大切です。

 

「チラシくらい入れたっていいじゃん」という自分本位の考え方はやめましょう。

 

まとめ

チラシは業者に任せて配るのが、一番効率的です。

 

しかし、店舗周辺のチラシ配りを定期的に行うことで、発見することもたくさんあるでしょう。

 

店長だけでなくスタッフにも手配りをさせてみて、お店周辺の住民特性を学んだり、変化をいち早く察知できる体制を作ったりしてみてはいかがでしょうか。

 

なによりも、自分のお店周辺の変化や情報に強くなれば、接客時の話題にも広がって一石二鳥です。

 

地域密着のお店を目指すために、まずは肌で町の現状や変化を感じてみませんか。

 

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
計画が売上を上げる!2018年の年間販促計画を作るワークショップ
日程:2017年12月14日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
1年分の販促計画をしっかり立てて、2018年の売上アップを目指しませんか?年間9,000社の広告や販促をサポートする地域新聞社と、WEBマーケティング支援企業のベストエフォートマーケティングによる共同ワークショップセミナーです。参加者同士で意見を出し合いながら、共に来年の販促計画をつくりましょう。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • あなたのお店の広告は大丈夫?
    「広告の法律」景…
    前回は「広告の法律」景品表示法の優良誤認についてご説明しました。景品表示法の不当表示については、優良誤認とセットで覚えるべきものがあります。それが不当表示の「有利誤認」です。優良誤認と並んで、消費者庁などの処分を受けやすい不当表示であり、消費者とのトラブルにもつながりやすいものですので、確実に理解して予防していきましょう!
  • 広告デザインや広告制作に役立つ!
    参考にした…
    読者に分かりやすく伝えることができる、広告デザインのポイントをご紹介します。
  • 店舗型ビジネスにとって「売上げをあげる看板」とは?
    店舗型ビジネスにとって売上げをあげるのに欠かせないのが、新規顧客の獲得です。常連客だけで成り立っている店舗もありますが、新規顧客を獲得できなければ、売上げは現状維持か下落する一方です。では、新規顧客を獲得するには、どうすればいいのでしょうか?
  • チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?
    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、よくできてるんじゃない」「どうだろう、読まれてないのかなー」なんて、はっきりしない言葉しか返ってこない。こんな状況だと、どこから改善していけばいいんだろうと暗中模索…なんてことになります。
  • 7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
PAGE TOP