広告でありコンテンツ!広告漫画の3大効果 | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

広告でありコンテンツ!広告漫画の3大効果

公開

日本が世界に誇るエンターテインメント『漫画』。その存在は娯楽としての消費にとどまらず、日常の様々な場面で活用されています。『広告漫画』もその一つ。

 

広告漫画にはどんなメリットがあり、どのように利用すればより効果を発揮することができるのか。

 

元広告営業で、現在は広告漫画を中心に漫画の企画・制作を行っている漫画家が、事例を交えて広告漫画の魅力をお伝えするシリーズです。

 

【目次】

1.そもそも広告漫画って?

2.効果その1 広告漫画は目立つ!

3.効果その2 広告漫画はわかりやすい!

4.効果その3 広告漫画はおもしろい!

5.まとめ

 

 

そもそも広告漫画って?

現代の日本に生まれ育って、一度も漫画に触れることなく大人になった人はいないでしょう。そんな皆が慣れ親しんだ漫画を、広告に利用したもの──それが広告漫画です。

 

といっても、広告用語としてそういう決まった言葉があるわけではないんですけどね。やっていることは同じでも、『漫画広告』と呼ばれることもあるし、漫画の表記も『マンガ』だったり『まんが』だったり、さまざまです。(一応私はプロの広告漫画家として「漫画の形式を取った広告」ではなく、「広告機能のある漫画」の制作を心がけておりますので、本記事では『広告漫画』と表記を統一させていただきますね)

 

様々な企業が広告漫画を利用していますが、広告である以上そこに継続性が求められることはあまりありません。なので「広告漫画といえばコレ!」とイメージしていただける作品はなかなか無いのですが、私がよく例として挙げるのは進研ゼミ(株式会社ベネッセコーポレーション)のDMに同封される漫画小冊子です。あとは現在3、40代で青春時代に少女漫画誌を読んでいた方は、日本ペン習字研究会の『日ペンの美子ちゃん』なんかもご存知かもしれませんね。

  

一口に広告漫画といっても、掲載媒体やスペースにより、その形態はさまざまです。けれど適切に使われていれば、どんな状態でもつい読んでしまうのが漫画の魅力。そこで語られる商品・サービスの内容に関わらず、「漫画である」というだけで見た人に訴求できるコンテンツが広告漫画なのです。

 

そんな広告漫画にはメリットがたくさんありますが、とにかくこの3つは外せない!という3大効果をご紹介します。

 

 (ちなみに日ペンの美子ちゃんは現在ちょっぴり辛口にリバイバルしています!公式サイトはこちら

 

効果その1 広告漫画は目立つ!

絵とせりふで読む人を一瞬で引き込むことができる漫画のインパクトは絶大です。どんなにいい内容の広告でも、お客様の目に留まらなければ訴求力は発揮できません。その最も重要なファーストステップを、漫画はあっさりとクリアすることができるのです。

 

また広告漫画自体はそれほど目新しい手法ではありませんが、どこの広告代理店・制作会社でも提案できる方法というわけではありません。他がやっていないところに広告漫画が掲載されれば、より目立って注目を集めることができます。

 

 

効果その2 広告漫画はわかりやすい!

言葉による説明だけではよくわからなかったことが、絵や図で見ると理解できるということはよくあります。そのために一般の広告でも写真やイラストを利用するわけですが、漫画はビジュアルで見せるのと「同時に」せりふという文章でも伝えられるので、より伝える力が強いのです。

 

また「比喩表現」や「物のキャラクター化」など、漫画ならではのアプローチで興味を持ってもらう方法もあります。

 

 

効果その3 広告漫画はおもしろい!

漫画にはストーリーがあります。キャラクター同士の掛け合いや、起承転結がある展開を通してテーマを伝えていくので、文章だけで説明するよりも楽しく読んでもらうことができます。また「笑い」「ユーモア」という意味でのおもしろさも漫画の得意分野なので、ぜひ取り入れましょう。

 

 おもしろさは広告として伝えたい情報と共に相手に印象付けられます。コマ割りや吹き出しで「漫画っぽく」するだけではなく、読み物としておもしろいものを目指して制作することが重要です。

 

 

まとめ

目立つ、わかりやすい、おもしろい。
このように広告漫画には、他の広告手法にはないメリットがあり効果が期待できます。ただし強力なコンテンツゆえに、「とりあえず広告漫画で」と安易に使うと思わぬ失敗が起こることも。展開する際はぜひ信頼できる広告漫画のパートナーを見つけることをオススメします。 

 

 
 

The following two tabs change content below.
百万友輝
百万 友輝(ひゃくまん ゆうき) 漫画家。広告漫画企画室百漫画代表。1980年生まれ。販促の大学サムネイラスト担当。加賀百万石の石川育ち、さいたま市盆栽村在住。漫画家になる夢に挫折したときに広告漫画に出合う。雑誌連載に依存しない道もあるなら自分でもやれるかもしれないと、再度その道で漫画家を目指すことを決意。広告代理店に営業として入社し経験を積んだのち、派遣社員と兼業で開業。広告営業としての「売る側の視点」と漫画家としての「おもしろさの追求」を併せ持ち、企画からの提案を得意とする。 サイトにてブログ更新中。 百漫画 http://hyakumanga.com

■おすすめの関連コラム

  1. 広告漫画って実際どうなの?制作事例&お客様の声

    広告とは難儀なもので、お客様(広告主)が欲しいのは集客増などの目に見える結果なのに対し、私たちが...
  2. 広告漫画をやりたい!そんなときまずはここをチェック!

    ここまで5回にわたって広告漫画の特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしてきました。今回は、実際...
  3. 実在、創作、どっちにする?キャラクターは漫画の命

    どんな漫画であっても必ずキャラクターが登場し、そこからストーリーが始まります。それは広告漫画も同...
  4. 漫画制作の裏側!広告漫画ができるまで

    広告漫画が効果的なことは分かったけれど、漫画ってどうやって頼んだらいいの?広告漫画の依頼から納品...
  5. こんなときは漫画じゃダメ!?広告漫画のデメリット

    前回、前々回と広告漫画のメリットや効果的な使い方をお伝えしてきたこのシリーズ。なんと今回はまさか...
  6. チラシ、パンフレット、WEB・・・広告漫画はどう使う?

    広告漫画にはどのようなメリットがあり、どう利用すればより効果を発揮することができるのか。元広告営...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • セールイメージ
    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落…
    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に導入され、徐々に成果を上げつつあります。 本記事では、ブラックフライデーの時期や由来、参加するメリットなどを紹介。 2018年の実績を振り返りながら、2019年に役立つ販促の方法を解説します。
  • Web広告とは? 自社の商品・サービスにぴったりの配…
    かつて大きな効果を発揮する広告といえば、テレビ・新聞・雑誌などのマス広告でした。 しかしマス広告に出稿するには多額の予算が必要であり、中小企業にはおいそれとは手を出せませんでした。 そこに登場したのがWeb広告。 Web広告であれば、低予算で、興味のあるユーザーに効率的に広告を配信できます。
  • 2018年8月の販促計画を立てるときのポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の教養娯楽費は年間第1位。食料費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。花火大会・夏祭りなどの夏ならではのイベントはもちろん、旅行・プール・山・海などのレジャーが活発になる時期でもあります。夏休みを利用して家族で外出する機会が増えるので、家族で楽しめるイベントを企画した集客がおすすめです。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!
    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介するのは新たな方法や革新的な手法ではありません。 むしろ「THE販促手法」ともいえるような代表的な手法ばかりです。 世の中にはさまざまな販促の手法がありますが、新しいから、ユニークだからといって必ず効果が出るわけではありません。 定番の手法こそが手軽かつ効果的だというケースはたくさんあるのです。 今回の記事は、新しいアイデアを探るためというよりも、これまでなんとなく聞いたことはあっても試していなかった手法を、再発見してもらうことを目指しています。 ご自身のお店や会社の商品・サービスをお客様に伝えるために、ここで紹介するメディアやツールをぜひご活用ください。
  • 2018年2月の販促計画を立てる時のポイント
    寒さがピークを迎える2月。しかし、立春の頃から徐々に春の気配が感じられるようになります。節分の豆まきや恵方巻き、バレンタインデーなど、イベントの多い月です。モノが売れないニッパチといわれる月ではありますが、イベントに合わせて上手く販促を行えば、集客できる可能性があがるでしょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP