広告でありコンテンツ!広告漫画の3大効果

日本が世界に誇るエンターテインメント『漫画』。その存在は娯楽としての消費にとどまらず、日常の様々な場面で活用されています。『広告漫画』もその一つ。

 

広告漫画にはどんなメリットがあり、どのように利用すればより効果を発揮することができるのか。

 

元広告営業で、現在は広告漫画を中心に漫画の企画・制作を行っている漫画家が、事例を交えて広告漫画の魅力をお伝えするシリーズです。

 

【目次】

1.そもそも広告漫画って?

2.効果その1 広告漫画は目立つ!

3.効果その2 広告漫画はわかりやすい!

4.効果その3 広告漫画はおもしろい!

5.まとめ

 

 

そもそも広告漫画って?

現代の日本に生まれ育って、一度も漫画に触れることなく大人になった人はいないでしょう。そんな皆が慣れ親しんだ漫画を、広告に利用したもの──それが広告漫画です。

 

といっても、広告用語としてそういう決まった言葉があるわけではないんですけどね。やっていることは同じでも、『漫画広告』と呼ばれることもあるし、漫画の表記も『マンガ』だったり『まんが』だったり、さまざまです。(一応私はプロの広告漫画家として「漫画の形式を取った広告」ではなく、「広告機能のある漫画」の制作を心がけておりますので、本記事では『広告漫画』と表記を統一させていただきますね)

 

様々な企業が広告漫画を利用していますが、広告である以上そこに継続性が求められることはあまりありません。なので「広告漫画といえばコレ!」とイメージしていただける作品はなかなか無いのですが、私がよく例として挙げるのは進研ゼミ(株式会社ベネッセコーポレーション)のDMに同封される漫画小冊子です。あとは現在3、40代で青春時代に少女漫画誌を読んでいた方は、日本ペン習字研究会の『日ペンの美子ちゃん』なんかもご存知かもしれませんね。

  

一口に広告漫画といっても、掲載媒体やスペースにより、その形態はさまざまです。けれど適切に使われていれば、どんな状態でもつい読んでしまうのが漫画の魅力。そこで語られる商品・サービスの内容に関わらず、「漫画である」というだけで見た人に訴求できるコンテンツが広告漫画なのです。

 

そんな広告漫画にはメリットがたくさんありますが、とにかくこの3つは外せない!という3大効果をご紹介します。

 

 (ちなみに日ペンの美子ちゃんは現在ちょっぴり辛口にリバイバルしています!公式サイトはこちら

 

効果その1 広告漫画は目立つ!

絵とせりふで読む人を一瞬で引き込むことができる漫画のインパクトは絶大です。どんなにいい内容の広告でも、お客様の目に留まらなければ訴求力は発揮できません。その最も重要なファーストステップを、漫画はあっさりとクリアすることができるのです。

 

また広告漫画自体はそれほど目新しい手法ではありませんが、どこの広告代理店・制作会社でも提案できる方法というわけではありません。他がやっていないところに広告漫画が掲載されれば、より目立って注目を集めることができます。

 

 

効果その2 広告漫画はわかりやすい!

言葉による説明だけではよくわからなかったことが、絵や図で見ると理解できるということはよくあります。そのために一般の広告でも写真やイラストを利用するわけですが、漫画はビジュアルで見せるのと「同時に」せりふという文章でも伝えられるので、より伝える力が強いのです。

 

また「比喩表現」や「物のキャラクター化」など、漫画ならではのアプローチで興味を持ってもらう方法もあります。

 

 

効果その3 広告漫画はおもしろい!

漫画にはストーリーがあります。キャラクター同士の掛け合いや、起承転結がある展開を通してテーマを伝えていくので、文章だけで説明するよりも楽しく読んでもらうことができます。また「笑い」「ユーモア」という意味でのおもしろさも漫画の得意分野なので、ぜひ取り入れましょう。

 

 おもしろさは広告として伝えたい情報と共に相手に印象付けられます。コマ割りや吹き出しで「漫画っぽく」するだけではなく、読み物としておもしろいものを目指して制作することが重要です。

 

 

まとめ

目立つ、わかりやすい、おもしろい。
このように広告漫画には、他の広告手法にはないメリットがあり効果が期待できます。ただし強力なコンテンツゆえに、「とりあえず広告漫画で」と安易に使うと思わぬ失敗が起こることも。展開する際はぜひ信頼できる広告漫画のパートナーを見つけることをオススメします。 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
百万友輝
百万 友輝(ひゃくまん ゆうき) 漫画家。広告漫画企画室百漫画代表。1980年生まれ。販促の大学サムネイラスト担当。加賀百万石の石川育ち、さいたま市盆栽村在住。漫画家になる夢に挫折したときに広告漫画に出合う。雑誌連載に依存しない道もあるなら自分でもやれるかもしれないと、再度その道で漫画家を目指すことを決意。広告代理店に営業として入社し経験を積んだのち、派遣社員と兼業で開業。広告営業としての「売る側の視点」と漫画家としての「おもしろさの追求」を併せ持ち、企画からの提案を得意とする。 サイトにてブログ更新中。 百漫画 http://hyakumanga.com

続きを読む
セミナー開催情報
中途採用を成功に導くノウハウ公開セミナー
日程:2018年7月26日(木)
時間:15時~17時
定員:30名
「中途採用って、意外と難しい」とお考えの採用担当者様向けのセミナーです。「なぜ貴社の中途採用はうまくいかないのか-中途採用成功のポイントを理解する-」をテーマに、中途採用を増やすための方法やノウハウをお伝えします。
  • 著作権を守り、独創性のある広告を作ろう!
    本文・キャッチコピー・キャプション・写真・イラスト・映像…広告を構成する要素はさまざまです。そして、それらの多くは「著作物」であり「著作権」のあるものです。当然、広告それ自体も「著作物」であり、広告づくりにおいては「著作権法」を意識する必要があります。著作権の知識を身に付け、独創性のある広告づくりを心掛けましょう!
  • 2018年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方
    ちょっとの工夫で差別化し、今まで以上に見てもらえるチラシを作ってみませんか。
  • 【集客のコツ】入り口周りと外観に気を配ってみる
    オシャレな外観、でもパッと見、何のお店か分かりづらい。入り口がどこか分かりづらい。街を歩いていると、たまにそんなお店を見かけます。せっかく外観が良くても、そこがなんのお店か分からなければ、初めてのお客様はなかなか入りづらいものです。
  • 店舗周辺からご近所の新規顧客 集客方法
    店舗商売の基本は、近隣のお客様を集めること。「近くにあるから」という理由だけでリピーターになってくれる、近所の方を逃してはいけません。売上の多くを支えてくれる店舗近隣の新規顧客を獲得し、リピーター化するための手法を、まとめて紹介します。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP