決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご紹介

公開

店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。

この機会を効果的に活用するには、決算セールを行う理由を明確にし、決算期の特性を把握しておくことが欠かせません。

 

今回は、決算セールを行うメリットとデメリットを紹介し、成果につなげるポイントを解説します。

 

【目次】

1.決算セールを行う3つのメリット

2.決算セールで注意すべき2つのデメリット

3.決算セールを効果的に活用するために意識すべきこと

4.まとめ

決算セールを行う3つのメリット

決算セールを行う際は、メリットをしっかり意識するとセールの効果を最大化できるでしょう。

ここでは3つのメリットを紹介します。

 

◆販促につながる

決算セールには、販促効果があります。

一般的に、決算セールは「余った在庫を処分する」という意味合いが強いものです。

消費者も同じ認識をしているのが普通で、商品を定価よりも割安で手に入れられるチャンスだと考えています。

 

普段から来店している顧客だけでなく、あまり店に足を運ばない潜在顧客にも訴求する効果が期待できるでしょう。

 

◆在庫が圧縮できる

決算セールには在庫を一掃できるという利点があります。

日用品や雑貨であれば在庫として保存しておき、翌決算期まで繰り越すことが可能ですが、賞味期限がある食料品やトレンドがある衣料品の場合は、繰り越しても収益化ができません。

売れ残った在庫を店舗が処分する場合は、管理や物流などにコストが発生してしまいます。

決算期末に在庫を商品として販売すれば、そのような処分にかかる費用を抑えられるほか、売上高として収益に組み入れることも可能です。

 

◆節税効果がある

決算セールには節税メリットもあります。

税法の仕組みで、まだ販売が実現していない在庫は売上原価ではなく利益として計算され、課税対象になってしまいます。

 

企業としては仕入れ代金を支払っており、なおかつ売上としてキャッシュが手元に入っていないのに税金を支払うのは負担でしょう。

しかし、多少値引きをしたとしても販売さえすれば、売上原価として計上できるので税負担を軽減できます。

決算セールで注意すべき2つのデメリット

決算セールにはメリットばかりでなく、デメリットもあります。

決算セールを実施するかどうかを検討する際は、悪影響にも注意しながら決めることが大切です。

 

◆セール狙いが習慣化する

決算セールなどのセールを頻繁に行うと、顧客がセール狙いになり、平常時の集客が難しくなる可能性があります。

店舗運営では、閑散期や繁忙期などで月々の収益に差はありますが、毎月一定の固定費は発生しているものです。

 

財務状況を良好に保つためには、少なくとも損益分岐点を超えるような収益が毎月発生していることが望ましいでしょう。

決算セールは集客の起爆剤にはなりますが、収益がセール頼みになってしまうのは好ましい店舗運営とはいえません。

 

◆利幅が薄くなる

利幅が薄くなってしまうことも決算セールのデメリットです。

決算セールでは在庫を売り切るために、かなり思い切った値下げに踏み切ることもあるでしょう。

 

時には仕入れ値ギリギリ、あるいは商品によっては原価割れするケースも考えられます。

目玉商品としてサプライズも必要ですが、過度な安売りは自らの首を絞める結果につながりかねません。

決算セールを効果的に活用するために意識すべきこと

決算セールは「売れればそれでよい」という単純なものではありません。

先述したように、決算期中に在庫を処分すると税負担が軽減されますが、だからといって在庫処分ばかりを意識すると、割引待ちの顧客ばかりになり利益率の低い営業に陥る可能性があるのです。

 

決算セールを販促の起爆剤にするためには、在庫処分だけでなく、なんらかの仕掛けも行いましょう。

セール価格で商品・サービスを試してもらいリピート化につなげたり、セール品を呼び水として別商品と一緒に購入してもらうクロスセルを狙ったりする手法があります。

まとめ

決算セールは販促の手段として定番ですが、一長一短の面もあります。

集客効果と財務効果の両方を意識しつつ、バランスよく戦略を立てることが大切です。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート~

    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国...
  2. 新型コロナウイルス感染症に負けない! ピンチをチャンスに変えるビジネス思考

    2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、アメリカの疾病対策センター(C...
  3. いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中小企業への支援策

    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについ...
  4. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  5. 見直そう!集客の仕組み

    「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。いかに継続的に集客をし続ける...
  6. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  7. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  8. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  9. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  10. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  11. 食品衛生法の改正について

    2018年6月に食品衛生法が改正されました。今回はこのことについて概説させていただきます。...
  12. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  13. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  14. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企...
  15. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  16. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  17. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  18. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  19. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  20. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  21. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  22. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
  • 中小企業のブランド戦略とは
    「ブランドって何?」と問われたときに、明確に答えられる人はどれだけいるのでしょうか。「ブランド」という言葉は誰でも聞いたことがあるはずですが、私は言葉だけが一人歩きしてしまっているように感じています。このサイトをご覧の皆様がブランドに関する正しい知識を持ち、ビジネスの発展に役立てていただけるよう、解説をさせていただきます。
  • 商売繁盛にご利益がある寺社はどこ?~千葉県編~
    2017年も残すところあとわずか。今年はみなさんにとって、どんな年でしたか?よい1年だったという方も、そうでない方も、新年は気持ちを切り替えて仕事に励みたいですよね。そこで今回は、商売繁盛にご利益があるといわれている千葉県の寺社を紹介します。
  • いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中…
    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについてまとめてみます。前回の記事「災害に備える~中小企業強靭化法について~」では、経営持続力強化についての新しい動きをレポートしました。それは、転ばぬ先のつえとして・事業を営んでいる土地でどのような重大災害が発生する可能性が高いかを調査・その災害が発生した時に自らの事業にどのような影響が生じるかを予測・必要な対策をあらかじめ講ずる場合は国が一定の支援を行うという内容でした。これは、東日本大震災をはじめとする昨今の災害が多発する傾向とその被災状況を踏まえて制定された、新しい予防保全の制度です。今回解説するのは、いったん重大な災害が発生し被害が発生した場合に、国が講ずる支援策についてです。実際に重大な災害に遭遇して、自らに大きな被害が発生すると、その対応に追われ、どのような支援が国や自治体から得られるのかを調べる余裕がなくなることが予想されます。普段から制度の枠組みを把握し、必要な連絡先などを整理しておかれるとよいと思います。
  • 中小企業のブランド戦略・パート4
    自社の独自性…
    自社の独自性や優位性「ポジショニングについて」 中小企業だからこそ狭く深く ポジショニングとは簡単に言うと“「ペルソナ」(見込み客)の心の中の立ち位置”ということになります。あなたのブランド(商品・サービス・会社)はペルソナの心の中でどのような位置を占めるのか?をビジュアル化したものがポジショニングマップとなるのです。
  • 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方
    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、組織は硬直化しやすくなっていきます。 それによって事業活動に弊害が出てくるようになります。 その弊害をなくす、もしくは是正するための有力な方法として業務改善があります。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP