本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

組織の規模が大きくなっていく。

社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、組織は硬直化しやすくなっていきます。

それによって事業活動に弊害が出てくるようになります。

 

その弊害をなくす、もしくは是正するための有力な方法として業務改善があります。

 

【目次】

1.そもそも業務改善とは何か?

2.業務改善の3つの大きな要素

3.業務改善によって得られるメリット

4.まとめ

 

そもそも業務改善とは何か?

なぜ業務改善が必要になってくるのでしょうか?

 

事業経営を行っていれば、日々、大なり小なり何らかの業務を遂行することになります。

しかし時間が経つにつれ、業務に関わる人数や工数が増えていくと、常に業務改善を意識しなければ、効率が悪くなっていきます。

既存の方法を続けていくと、何かしらの問題や課題を常に抱えながら業務を進めることになっていくのです。

 

コストパフォーマンスが悪い、ミスが多くなる、仕事に無駄が多い、時間がかかる等、皆さんも日々の業務で多くの問題を抱えていませんか?

 

これらの問題をその場しのぎの対症療法で対応しても、部分的に良くなることはありますが、全体の流れで見たときの根本的な解決には至りません。

 

根本的に解決するには、業務全体の流れを見直すことが重要です。

業務の進め方、関わる人の役割、そもそもの業務のあり方など、根本的に洗い直していく必要があります。

 

また1つの業務だけを改善するのではなく、複数の業務を改善することで、結果として事業経営全体の業務が改善され、それらが相乗効果を起こしてさらなる業務改善効果が期待できます。

 

業務改善の3つの大きな要素

業務改善には、3つの大きな要素があります。

 

Q:(Quality)品質

C:(Cost)コスト

D:(Delivery) 時間

 

上記の3要素の最適化をまんべんなく図ることで、業務改善の効率化に結びつけていきます。

 

高品質で、コストを抑えて、短時間で達成する。

 

これらの3要素は相反するため、並立させることは難しいかもしれませんが、常にこの3要素の最適化を図ることで、完全とまでいかなくても、業務改善を遂行することができます。

 

業務改善によって得られるメリット

業務改善は組織全体の業務を改善する取り組みなので、達成するとメリットは全社的な範囲に及びます。

主なメリットを挙げてみると、以下のようになります。

 

①  仕事の効率・能率アップ

②  コスト削減

③  働く人のモチベーションの向上

 

上記以外はもちろん、実は見えないところでも数多くの効果があります。

 

では、業務改善を成功に導くためにはどうすればいいのか。

下記の要素をチェックすることが大切です。

 

働く人 

1.適切な人員で取り組まれているか

2.その業務に携わるための能力があるか

3.モチベーションは高いか

 

手順

1.段取りがうまくできているか

2.作業工程が複雑でないか

3.ワークフローが適切か

 

目的

1.売上が上がっているか

2.お客様のためになっているか

3.社内の業務が円滑に進んでいるか

 

現在はすべてに該当していたとしても、時間が経つにつれて、徐々に上記のチェック事項に当てはまらなくなってくることも多いです。

定期的に振り返って、常に上記の項目に当てはまっているかどうかを確認するようにしましょう。

 

まとめ

・業務改善とは業務全体の流れを見直すこと。この作業を怠り、既存の方法を続けていると、コストパフォーマンスが悪い、ミスが多くなる、仕事に無駄が多い、時間がかかる等、さまざまな課題が発生してくる。

 

・業務改善を遂行するには、「Q:(Quality)品質」「C:(Cost)コスト」「D:(Delivery)時間」を意識することが大事。

 

・業務改善のメリットは全社的な範囲に及ぶ。そのため、業務全体の流れが適切か、上記のチェック事項を参考に常に見直すことを意識すべき。

 

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
セミナー開催情報
計画が売上を上げる!2018年の年間販促計画を作るワークショップ
日程:2017年12月14日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
1年分の販促計画をしっかり立てて、2018年の売上アップを目指しませんか?年間9,000社の広告や販促をサポートする地域新聞社と、WEBマーケティング支援企業のベストエフォートマーケティングによる共同ワークショップセミナーです。参加者同士で意見を出し合いながら、共に来年の販促計画をつくりましょう。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 雨の日こそ集客しよう!
    雨天時に出来る効果てき…
    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやすい季節です。 天気が悪いと必要がなければ外出する気にならず、特に飲食店では、一部の行列ができる店、人気店を除いて、客足が遠のいてしまいます。 “雨の日の集客”に頭を悩ませる店舗経営者は多く、「雨が降っているから、お客様が来なくてもやむを得ない」と考えてしまいがち。 しかし、事前に食材を調達して、仕込みをしてお店を開けている飲食店の場合、ここであきらめてしまうのはもったいないことです。 今回は飲食店に絞り、雨の日だからこそ売上を上げるための工夫についてお話します。
  • 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング…
    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なのか」について説明します。 動画の特徴は、主に以下の3点です。 1.文字・写真と比較して訴求力が高い 2.ブランディングしやすい 3.ビジネスで動画を利用している人が少ない これらの中でも特に3つめの“ビジネスで動画を利用している人が少ない”がポイントです。
  • DMの基本~実施後の効果分析編~
    今まで実施したダイレクトメールの効果を、皆さんは把握していますか?「だいだいこのくらいの反応があったな」と感覚値で把握しているだけ、という方はいらっしゃいませんか。 今回は、ダイレクトメールの効果分析の方法についてご説明します。 実施後に効果分析を行うことで、ダイレクトメールの費用対効果について知ることができます。反響の良かったダイレクトメールはどこが良かったのか。悪かったダイレクトメールはどこを改善すれば良いのか。あらためて内容やクリエイティブを見直す機会にもなりますので、効果分析は必ず行いましょう。
  • ちいき新聞の裏側公開!
    サンキューレターで感…
    コミュニケーションツールとして、サンキューレターを取り入れませんか?
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
PAGE TOP