優秀なマネジャーがやっていることって?
マネジメントのカギは「配る」こと!

公開

新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々難しくなっています。

 

仕事が評価されなかった、ストレスを感じた、自身の希望と業務内容がミスマッチだったなど、辞める理由は人それぞれです。

「厳しく叱責したら辞めてしまうのでは」「どう接してよいかわからない」そんな不安を抱えながら部下と接している方も多いのではないでしょうか。

 

上司と部下という関係がより複雑になっている今、部下に対する「マネジメント能力」が、多くの上司に求められています。

 

【目次】

1.マネジャーがやるべき仕事とは?

2.現場レベルのマネジャーの仕事は情報を配ること

3.動機づけの情報その1:「状況」

4.動機づけ情報その2:「方向性」

5.動機づけ情報その3:「評価」

6.動機づけ情報その4:「業務」

7.動機づけ情報その5:「気持ち」

8.配るマネジメントで自分の能力がアップする

9.「配れているか」を定期的に見直そう

 

 

 

マネジャーがやるべき仕事とは?

会社に限らずあらゆる組織には、その組織を円滑に動かすために「マネジメント」と呼ばれる機能が存在しています。そして、日々マネジメントを行っているのがマネジャーです。

ほとんどの会社では、マネジメントをする人=マネジャーを、主に3つの階層に分けることができます。

 

一番上の階層は、社長や取締役と呼ばれる役員です。会社全体のマネジメントをする立場ですね。

2番目の階層は、部長や課長のような「管理職」と呼ばれるポジションです。自分の受け持つ部や課のマネジメントをする立場です。

3番目の階層にいるのが、係長やリーダーと呼ばれる、現場レベルのマネジャーです。新卒や若手社員を直属の部下に持ち、そのほとんどがプレイヤーとしての業務を担いながらマネジメントも行う「プレイングマネジャー」です。

 

 

「会社」という組織は、ヒト・モノ・カネ・情報という4つの経営資源から成り立っています。

マネジメントとは、この4つを適切な人や場所に分配して、最適に運用される状態を作り出すことです。ただ、ヒト・モノ・カネの分配は、主に役員と管理職が担います。現場レベルのマネジャーは、人事考課や決済の権限は限られた形で付与されている、もしくは与えられていない場合が多いでしょう。

 

現場レベルのマネジャーが配るべきものは、主に「情報」です。部下に対して適切に情報を配れているかどうかが、マネジメントの肝になってきます。

 

現場レベルのマネジャーの仕事は情報を配ること

自分が新入社員だった頃やバイトをしていた頃を思い出してください。

 

「この仕事をやって!」とただ命じられ、理由を説明されなかった経験は皆さんにもあると思います。

仕事をやる理由が分からないと、全力で取り組もうとは思えないでしょう。

 

人は、物事に取り組む前に「なぜそれをやるのか」という動機(モチベーション)を必要とします。

動機があるのと無いのとでは、仕事をする本人の意識に差が出てくるので、結果として仕事の質に大きく影響します。

 

マネジャーの仕事は、部下にとって動機となる情報を、適切なタイミングで配ることです。仕事を遂行する目的・動機を部下が理解することで仕事の質が上がり、部下にとっても上司にとっても良い結果をもたらします。

 

それでは、部下にとって動機付けとなる情報とはどのようなものがあるのか、5つご紹介しましょう。

 

 

動機づけの情報その1:「状況」

自分や周囲がどのような状況に置かれているか、という情報です。

 

会社の業績や上司の異動、プロジェクトの遂行状況などの把握は、自分の立ち位置の理解につながります。

新卒・若手社員は、業務内容や人間関係など、共有されるべき知識があらゆる面で不足しているため、普段のコミュニケーションから状況を適切に把握することを苦手としています。

 

マネジャーの立場から、適宜、必要な情報を伝えてあげることが大切です。

動機づけ情報その2:「方向性」

会社やプロジェクトがどの方向に進んでいるか、という情報です。

 

部下は指示されたことだけをやっているのではなく、先回りして仕事の準備をしていることもあります。

自分が「海外部署に行く可能性が高い」と思えば、語学の勉強を始める社員もいるでしょう。

 

今後の方向性を共有することで、会社やプロジェクトのベクトルと部下の行動とのミスマッチを大きく減らすことができるのです。

動機づけ情報その3:「評価」

どのように評価されているか、という情報です。

 

上司からの評価だけではなく、お客様からの評価や、自分が生み出したプロダクトに対する評価も含みます。

マイナス、プラス、どちらの評価も、部下にとって動機づけになり得るタイミング、かたちで伝えることが大切です。

動機づけ情報その4:「業務」

業務を進める上で必要な情報です。

プロジェクトの概要や細かい作業内容、ワークフローの回し方、書類の様式といった些細な情報を含みます。

現場配属されたのに誰も説明をしてくれずひとり苦労した経験も、社会人なら一度や二度はあるのではないでしょうか。

 

必要なタイミングで必要な情報が部下に共有されていないと、部下の作業効率が落ちてしまいます。

動機づけ情報その5:「気持ち」

感情は、正しく伝わるとは限りません。

 

上司が何気なく放った一言が部下を傷つけてしまったり、ただ眠かっただけなのに、機嫌が悪いように捉えられてしまったり。

 

マネジメントする側の人間が伝えたい「気持ち」をしっかりデザインしないと、意図しないかたちで伝わってしまいます。

配るマネジメントで自分の能力がアップする

以上、5つの配るべき情報について説明しました。

 

部下にとって動機付けとなる情報を配るためには、マネジャー自身が日頃から情報収集をする必要があります。

そこらへんに転がっている情報は、部下が自分で取得できるレベルのものです。上司であるマネジャーは、上司にしか配れない情報を提供することに意味があるのです。

 

また、収集した情報をそのまま部下に渡しても、部下の動機付けにはつながりません。

部下にとって仕事の動機づけとなるように、情報を加工するスキルも必要になります。そのためには、マネジャーが情報をいったん噛み砕き理解をした上で、部下をどのように動かすべきなのかを考えて適切なタイミングで配る、という複雑な工程を行う必要があるのです。

 

このように、マネジャーは情報を配る作業を通じて、情報収集力、概念化能力(コンセプチュアルスキル)、対人関係能力(ヒューマンスキル)が自然と身についていきます。

 

 

これらの能力は、マネジメントを行うためにもちろん必要な能力ですが、会社を経営する上でも、どれも必要な能力です。配るマネジメントは部下に動機を与え動かすだけでなく、マネジャー自身に経営能力を身に付けさせるための方法でもあるのです。

「配れているか」を定期的に見直そう

すでに述べたように、新卒・若手社員を束ねる現場レベルのマネジャーは、そのほとんどが、自身の成果も求められるプレイングマネジャーです。

日々の業務に忙殺され、マネジメント業務が疎かになってしまっている方も少なからずいることでしょう。

 

プレイヤーとマネジャーの役割は、根本的に異なります。特にプレイヤーして優秀な人は、自分ひとりで仕事をこなそうとする傾向にあります。

 

自分がマネジャーとして情報を配れているかを、定期的に見返すことが大切だといえるでしょう。

 

 

参考文献:
・髙木 晴夫著:『プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ』
コンセプチュアルスキルとは?向上によるメリットやコツ、参考書籍もご紹介BizHint(ビズヒント)- 事業の課題にヒントを届けるビジネスメディア

セミナー情報 セミナー情報

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 飲食業界がデジタル化を進めなければいけない4つの理由

    日本企業においてデジタル化が進んでいます。 飲食業界においても例外ではありません。 特に飲食...
  2. 【事例紹介付き】学習塾・教育業界が取り組むべきDXのヒント

    現在、小・中学校の義務教育、高校、大学は教育改革のもと大きく変化しています。新しい学習指導要領の...
  3. 【成功事例から学ぶ経営戦略】SDGs(持続可能な開発目標)に取り組む企業のPR方法!

    現在、多くの企業が、SDGs(持続可能な開発目標)に積極的に取り組んでいます。企業の広報担当者・...
  4. 飲食店におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)について考える!

    デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、デジタル技術によるビジネスの変革を指し、飲食業界か...
  5. セミナーに参加するメリットとは?活用方法を知りたい!

    セミナーに参加すると、最新情報や限定情報を知ることができ、双方向的に学べるといったメリットがあり...
  6. SDGs(持続可能な開発目標)とは?企業が取り組む事例についてもご紹介!

    SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」...
  7. CSR活動とは?企業や店舗におけるCSR活動のメリットや事例をご紹介!

    CSR活動とは、企業が果たすべき社会的な責任を指します。 社会問題や労働環境などへの人々の関心...
  8. 自粛期間中どのようにして過ごしていますか?お家での過ごし方や新しく始めた事など教えて下さい*
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 4

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  9. 店舗が知りたい!キャッシュレス決済の導入について

    近年、店舗において普及が進んでいるキャッシュレス決済。 経営者や担当者が今後キャッシュレス決済...
  10. 自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 3

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  11. あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください*
    消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 2

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  12. アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  13. 非常時の情報発信に!店舗のSNSを活用しよう

    非常時は正確かつタイムリーな情報が必要です。 自然災害などの緊急事態が発生した際には、自治体や...
  14. 飲食店で必要な防災対策とは?災害時にスタッフとお客様を守ろう!

    近年は国内において地震や台風、風水害などが多発しており、飲食店でも防災対策は重要な課題になってい...
  15. 【コロナ対策】中小企業への支援策 ~資金繰り・融資について

    新型コロナウイルス感染症の新規感染者は増加傾向が続いています。感染者用の病床稼働率は全国的にひっ...
  16. 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート~

    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国...
  17. 新型コロナウイルス感染症に負けない! ピンチをチャンスに変えるビジネス思考

    2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、アメリカの疾病対策センター(C...
  18. 決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご紹介

    店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。 この機会を効果的に活...
  19. いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中小企業への支援策

    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについ...
  20. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  21. 見直そう!集客の仕組み

    「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。いかに継続的に集客をし続ける...
  22. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  23. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  24. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  25. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  26. 食品衛生法の改正について

    2018年6月に食品衛生法が改正されました。今回はこのことについて概説させていただきます。...
  27. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  28. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  29. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企...
  30. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  31. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  32. 自店のポジショニングを確認して、他店との競争で優位に立とう!
    ~ポジショニングマップを活用しよう~【無料DL】

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  33. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  34. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  35. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  36. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  37. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 飲食業界がデジタル化を進めなければいけない4つの理由
    日本企業においてデジタル化が進んでいます。 飲食業界においても例外ではありません。 特に飲食業界は、新型コロナ感染症の影響を他の業種よりも強く受けました。 飲食業の市場規模は大きく減少し、もともと競争力の高い業界は、さらに生き残りをかけた競争が激化しています。 飲食業界は課題が多く、従来のアナログ的な経営から脱却して、早急にデジタル化を進める必要があるでしょう。 そこで今回は、飲食店の広報担当者・販促担当者・店舗経営者 向けに、飲食店の現状と課題を示し、デジタル化で業務効率化と従業員の働きやすさを両立することができることを解説します。
  • 開店準備に必要なもの(飲食店編)
    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の修業をしたり、サービスを学んだり。 では、いつ・どのくらいのレベルになったら、独立できるのでしょうか? 皆が「将来は」「いつかは」と思っていても、実際に独立する人はそう多くはありません。 一番重要なのは、「開業する」ということを決めること。 つまり「覚悟」です。 いったん覚悟を決めれば、同じ情報でも、違った見方ができるようになります。
  • デシル分析とは?顧客の属性を調べて、売上につながる重…
    お店の売上を底上げしてくれる「お得意さん」を肌感覚で判断していませんか?
  • 商売繁盛にご利益がある寺社はどこ?~埼玉県編~
    2020年も残すところあとわずか。今年はみなさんにとって、どんな年でしたか?新型コロナウイルス感染症の影響で、今まで当たり前のようにできていたことが普段通りにできなくなり、生活様式が激変した年でした。大変な1年だった、という方も多いのではないでしょうか。よい1年だったという方も、そうでない方も、新年は気持ちを切り替えて仕事に励みたいですね。そこで今回は、初詣にもピッタリな、商売繁盛にご利益があるといわれている埼玉県の寺社を紹介します。他記事では、千葉県、茨城県の寺社もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
  • DMの基本~実施後の効果分析編~
    今まで実施したダイレクトメールの効果を、皆さんは把握していますか?「だいだいこのくらいの反応があったな」と感覚値で把握しているだけ、という方はいらっしゃいませんか。 今回は、ダイレクトメールの効果分析の方法についてご説明します。 実施後に効果分析を行うことで、ダイレクトメールの費用対効果について知ることができます。反響の良かったダイレクトメールはどこが良かったのか。悪かったダイレクトメールはどこを改善すれば良いのか。あらためて内容やクリエイティブを見直す機会にもなりますので、効果分析は必ず行いましょう。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP