優秀なマネジャーがやっていることって?
マネジメントのカギは「配る」こと!

公開

新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々難しくなっています。

 

仕事が評価されなかった、ストレスを感じた、自身の希望と業務内容がミスマッチだったなど、辞める理由は人それぞれです。

「厳しく叱責したら辞めてしまうのでは」「どう接してよいかわからない」そんな不安を抱えながら部下と接している方も多いのではないでしょうか。

 

上司と部下という関係がより複雑になっている今、部下に対する「マネジメント能力」が、多くの上司に求められています。

 

マネジャーがやるべき仕事とは?

会社に限らずあらゆる組織には、その組織を円滑に動かすために「マネジメント」と呼ばれる機能が存在しています。そして、日々マネジメントを行っているのがマネジャーです。

ほとんどの会社では、マネジメントをする人=マネジャーを、主に3つの階層に分けることができます。

 

一番上の階層は、社長や取締役と呼ばれる役員です。会社全体のマネジメントをする立場ですね。

2番目の階層は、部長や課長のような「管理職」と呼ばれるポジションです。自分の受け持つ部や課のマネジメントをする立場です。

3番目の階層にいるのが、係長やリーダーと呼ばれる、現場レベルのマネジャーです。新卒や若手社員を直属の部下に持ち、そのほとんどがプレイヤーとしての業務を担いながらマネジメントも行う「プレイングマネジャー」です。

 

 

「会社」という組織は、ヒト・モノ・カネ・情報という4つの経営資源から成り立っています。

マネジメントとは、この4つを適切な人や場所に分配して、最適に運用される状態を作り出すことです。ただ、ヒト・モノ・カネの分配は、主に役員と管理職が担います。現場レベルのマネジャーは、人事考課や決済の権限は限られた形で付与されている、もしくは与えられていない場合が多いでしょう。

 

現場レベルのマネジャーが配るべきものは、主に「情報」です。部下に対して適切に情報を配れているかどうかが、マネジメントの肝になってきます。

 

現場レベルのマネジャーの仕事は情報を配ること

自分が新入社員だった頃やバイトをしていた頃を思い出してください。

 

「この仕事をやって!」とただ命じられ、理由を説明されなかった経験は皆さんにもあると思います。

仕事をやる理由が分からないと、全力で取り組もうとは思えないでしょう。

 

人は、物事に取り組む前に「なぜそれをやるのか」という動機(モチベーション)を必要とします。

動機があるのと無いのとでは、仕事をする本人の意識に差が出てくるので、結果として仕事の質に大きく影響します。

 

マネジャーの仕事は、部下にとって動機となる情報を、適切なタイミングで配ることです。仕事を遂行する目的・動機を部下が理解することで仕事の質が上がり、部下にとっても上司にとっても良い結果をもたらします。

 

それでは、部下にとって動機付けとなる情報とはどのようなものがあるのか、5つご紹介しましょう。

 

 

動機づけの情報その1:「状況」

自分や周囲がどのような状況に置かれているか、という情報です。

 

会社の業績や上司の異動、プロジェクトの遂行状況などの把握は、自分の立ち位置の理解につながります。

新卒・若手社員は、業務内容や人間関係など、共有されるべき知識があらゆる面で不足しているため、普段のコミュニケーションから状況を適切に把握することを苦手としています。

 

マネジャーの立場から、適宜、必要な情報を伝えてあげることが大切です。

動機づけ情報その2:「方向性」

会社やプロジェクトがどの方向に進んでいるか、という情報です。

 

部下は指示されたことだけをやっているのではなく、先回りして仕事の準備をしていることもあります。

自分が「海外部署に行く可能性が高い」と思えば、語学の勉強を始める社員もいるでしょう。

 

今後の方向性を共有することで、会社やプロジェクトのベクトルと部下の行動とのミスマッチを大きく減らすことができるのです。

動機づけ情報その3:「評価」

どのように評価されているか、という情報です。

 

上司からの評価だけではなく、お客様からの評価や、自分が生み出したプロダクトに対する評価も含みます。

マイナス、プラス、どちらの評価も、部下にとって動機づけになり得るタイミング、かたちで伝えることが大切です。

動機づけ情報その4:「業務」

業務を進める上で必要な情報です。

プロジェクトの概要や細かい作業内容、ワークフローの回し方、書類の様式といった些細な情報を含みます。

現場配属されたのに誰も説明をしてくれずひとり苦労した経験も、社会人なら一度や二度はあるのではないでしょうか。

 

必要なタイミングで必要な情報が部下に共有されていないと、部下の作業効率が落ちてしまいます。

動機づけ情報その5:「気持ち」

感情は、正しく伝わるとは限りません。

 

上司が何気なく放った一言が部下を傷つけてしまったり、ただ眠かっただけなのに、機嫌が悪いように捉えられてしまったり。

 

マネジメントする側の人間が伝えたい「気持ち」をしっかりデザインしないと、意図しないかたちで伝わってしまいます。

配るマネジメントで自分の能力がアップする

以上、5つの配るべき情報について説明しました。

 

部下にとって動機付けとなる情報を配るためには、マネジャー自身が日頃から情報収集をする必要があります。

そこらへんに転がっている情報は、部下が自分で取得できるレベルのものです。上司であるマネジャーは、上司にしか配れない情報を提供することに意味があるのです。

 

また、収集した情報をそのまま部下に渡しても、部下の動機付けにはつながりません。

部下にとって仕事の動機づけとなるように、情報を加工するスキルも必要になります。そのためには、マネジャーが情報をいったん噛み砕き理解をした上で、部下をどのように動かすべきなのかを考えて適切なタイミングで配る、という複雑な工程を行う必要があるのです。

 

このように、マネジャーは情報を配る作業を通じて、情報収集力、概念化能力(コンセプチュアルスキル)、対人関係能力(ヒューマンスキル)が自然と身についていきます。

 

 

これらの能力は、マネジメントを行うためにもちろん必要な能力ですが、会社を経営する上でも、どれも必要な能力です。配るマネジメントは部下に動機を与え動かすだけでなく、マネジャー自身に経営能力を身に付けさせるための方法でもあるのです。

「配れているか」を定期的に見直そう

すでに述べたように、新卒・若手社員を束ねる現場レベルのマネジャーは、そのほとんどが、自身の成果も求められるプレイングマネジャーです。

日々の業務に忙殺され、マネジメント業務が疎かになってしまっている方も少なからずいることでしょう。

 

プレイヤーとマネジャーの役割は、根本的に異なります。特にプレイヤーして優秀な人は、自分ひとりで仕事をこなそうとする傾向にあります。

 

自分がマネジャーとして情報を配れているかを、定期的に見返すことが大切だといえるでしょう。

 

 

参考文献:
・髙木 晴夫著:『プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ』
コンセプチュアルスキルとは?向上によるメリットやコツ、参考書籍もご紹介BizHint(ビズヒント)- 事業の課題にヒントを届けるビジネスメディア

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  2. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  3. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  4. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの...
  5. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  6. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  7. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  8. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  9. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  10. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  11. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  12. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

セミナー開催情報
第10回 船橋ビジネス交流会
日程:2019年5月23日(木)
時間:18時30分~20時30分 (18時10分から受付開始)
参加費:2,000円(税込) ※軽食・ドリンク付き
対象者:経営者、個人事業主、決裁権のある役職の方
定員:先着30名
2017年11月より「ビジネス交流会 in 船橋」を地域新聞社主催にて開催しております。ビジネスの発展・成功には幅広いネットワークが欠かせません。人脈作りや情報共有、ビジネスチャンス拡大の場としてぜひ参加してみませんか?
  • 【業界研究】学習塾業界のトレンド情報
    〜20…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は学習塾業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの販促方法もご紹介しますので、学習塾業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点…
    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことです。 ドラッカーに、次のような言葉があります。 「マーケティングの狙いは、顧客というものをよく知って理解し、製品が顧客にぴったりと合って、ひとりでに売れてしまうようにすること」 『マネジメント』(1970年、ダイヤモンド社) 「どのような 価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること」 『コトラーの戦略的マーケティング』(2000年、ダイヤモンド社)
  • 採用イメージ
    リファーラル採用を成功させるための秘訣とは
    前回の記事「リファーラル採用を積極的に導入して離職率をさげよう」で、リファーラル採用とは「紹介、推薦を通じた採用」を意味し、社員が自身の知り合いを紹介、もしくは社員に知り合いを紹介して推薦してもらい、採用される手法であると説明しました。リファーラル採用は、単に社員に知人を紹介してもらえばよいというわけではありません。効率的に成果を上げるため、取り組むべきポイントについてご説明します。
  • 売上をあげるための顧客リストを育てよう
    顧客リストについて、有名なエピソードを2つご紹介します。 最初は江戸時代のある呉服屋の話。その呉服屋は火事になった時、火の粉が迫り来る中、まず顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んでから逃げました。そして火事が収まった後、顧客台帳を井戸から引き上げ、それを基にして商売を再開したのです。 また、アンドリュー・カーネギー(米国実業家、鉄鋼王。1919年没)は、「私の全ての財産を持っていってもかまわない。ただし、顧客リストだけは残しておいてくれ。そうすれば、私はすぐに今の財産を築いてみせる」という言葉を残しています。 この2つのエピソードは、顧客リストがあれば、事業がどのような状況に陥っても再起を図ることができるということを示唆しています。 他にも、“顧客リストは、あなたの貴重な財産で、育てるべきである”という言葉もあります。顧客リストを育てることができれば、好調な時でもさらなる売上をあげられるということだと思います。 しかし事業経営において、顧客リストを重要なアイテムだときちんと認識して、作成・管理・活用している会社は、意外と少ないのではないでしょうか?
  • お客様を夢中にさせる接客術とは
    消費者がさまざまな方法で商品を購入できるようになった現代。商品の魅力だけでお客様に選ばれるのは、難しい時代になりました。そこでカギとなるのが、商品を販売する「人」のチカラです。ただ販売をするだけではなく、お客様の心を動かし、ファンになっていただけるような接客サービスができれば、継続的なリピート購入が期待できます。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集