アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~

公開

2020年4月7日に緊急事態宣言が発令され、小中学校や高校などの教育現場に加え、テレワークや時差出勤、オフィススペースの縮小、電子契約の普及、オンライン会議室を利用した打ち合わせなど新しい働き方も浸透し始めました。

 

しかし、介護や医療現場で働く業種、飲食店などでは、そのような働き方も難しいのが現状です。2020年5月25日には緊急事態宣言が全国で解除されましたが、新型コロナウイルスの脅威はまだ続いています。さまざまな行動が制限される一方、日常生活においてはインターネットを活用したWEB飲み会やテイクアウト、ネット通販の利用が増加傾向にあります。今後もまだまだ厳しい状況が続くことが予想されますが、そんな時だからこそ消費者の声に耳を傾ける必要があります。

 

「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をしている方を対象に、アフターコロナ、withコロナに関する意識調査を行いました。回答件数は1,947人と、これまでで最多の回答数となりました。やはり関心が高い内容だといえます。

 

経済や生活の不安はまだまだ続きますが、できることをやっていきましょう。本記事が貴社の経営や販促におけるヒントになれば幸いです。

 

【質問項目】
1、緊急事態宣言が解除された後の外出頻度について 1番近いものはどれですか?
2、飲食店の感染症対策でありがたいと思うのはどれですか?上位3つを選んでください
3、緊急事態宣言中に、よく行くお店の情報(休業、営業時間、テイクアウト等)を知る手段として使っていたのはどれですか?※複数回答可
4、今年の夏休みはどのように過ごしたいですか?※複数回答可
5、あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください

 

ここからは緊急事態宣言中の暮らしについて

6、自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?
7、自粛期間中はどのようにして過ごしていましたか?ご自宅での過ごし方や新しく始めたことなどを教えてください

 

今回は1~4までについて、分析した結果をご紹介します。

 

>>Q5の調査結果はこちら「これからあなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えて下さい」
>>Q6の調査結果はこちら「自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?」
>>Q7の調査結果はこちら「自粛期間中はどのようにして過ごしていましたか?ご自宅での過ごし方や新しく始めたことなどを教えてください」

◆アンケート対象

今回のアンケートは2020年5月22日までに、地域新聞社LINE公式アカウントへお友だち登録のあった方を対象に実施しております。ポスティング型フリーペーパー『ちいき新聞』をお届けしている地域(千葉県、埼玉県、茨城県の一部)にお住まいの1,947人の方から回答をいただきました。


女性からの回答が1,539人で79%、男性が398人で20%、その他の方が1%という結果。『ちいき新聞』の読者の多くは主婦層ですので、納得の結果といえます。

 

【Q1】緊急事態宣言が解除された後の外出頻度について 1番近いものはどれですか?

85%の方が以前より控えると回答しています。さらに解除されても不要不急の外出以外は自粛すると回答した人が31%と圧倒的に多いです。宣言は解除されてもまだまだ不安感が強く、外出自粛を継続していく意識が見られます。

 

さらに細かく、年齢層別で分析してみます。

 

 

ほとんどの年齢層の方が「不要不急の外出以外は自粛を続ける」を1位に回答したのに対し、10代だけは1位が「以前より3割程度控える」という結果に。

 

30~59歳は主婦層が多いので、感染のリスクが自分一人の問題ではなく、一緒に過ごす家族にも影響することから、緊急事態宣言解除後も外出を控える、といった回答が多く得られたのではないかと推測できます。全体的に、「以前と同じ頻度に戻す」「以前よりも外出頻度が増す」という回答に関しては低い割合になっています。

 

今後も不要不急の外出を控える、外出の頻度を減らす、という消費者が多いということは、外食や娯楽施設などへの出入りも減少する可能性が高いため、テイクアウトサービスや宅配サービス、動画配信やSNSでの情報発信など、外出を控えても自宅で過ごしながら活用できるサービスを取り入れていくことが顧客獲得のカギとなりそうです。

 

【Q2】飲食店の感染症対策でありがたいと思うのはどれですか?上位3つを選んでください

 

ベスト3は

 

アルコール消毒液の設置
ソーシャルディスタンス(席と席の間隔を空ける)
スタッフ全員マスク着用

 

次いで

 

小まめな店内換気
小まめな店内消毒

 

となっています。

 

今回は「飲食店」に業種を絞っての回答になりましたが、その他の業種についてもレジに並ぶ間隔を空ける、入場制限を設ける、という取り組みも必要でしょう。医療現場や美容室、エステティックサロン、マッサージなど人と接触しなければならない業種なら、来店者の検温の徹底、マスク着用入店の推奨など、お店としての方針を明確にする必要があります。また、お店の入り口や看板などにPOPを貼ってお知らせするなど、お客様にも一目でわかるよう、新型コロナウイルス感染対策への取り組みをアピールすることも大切です。

 

ブログやホームページ、LINE公式アカウントやTwitter、InstagramなどのSNSでも情報発信や、感染対策の取り組みについてお知らせすることで、安心して来店してもらえる環境をつくりましょう。

 

>>【無料DL・新型コロナウイルス感染症対策】すぐに使える!店舗応援POP

 

【Q3】緊急事態宣言中に、よく行くお店の情報(休業、営業時間、テイクアウト等)を知る手段として使っていたのはどれですか?※複数回答可

 

ベスト3は

 

HP 
LINE公式アカウント
チラシなどを見て

 

「HP」が圧倒的1位です。行きたいお店をGoogleやYahoo!で検索をして、お店のホームページや食べログ、ぐるなびなどに掲載されている情報を確認する消費者が多いと考えられます。

 

また、SNSの中ではLINE公式アカウントが最も票を集めました。InstagramやTwitterはプル型なので、情報を見つけてもらわなけらばならなかったり、過去の投稿が最新の投稿によって埋もれたりすることで「探し出す手間」が生じます。一方で、LINEはプッシュ型。お知らせしたい情報を適切なタイミングで相手に直接届けることが可能です。自宅で過ごすことが増える中、情報収集のWEB化がさらに加速していきます。

 

お店は営業しているのか、お休みなのか。テイクアウトは行っているのか、営業時間の変更はあるのかなど、WEB検索で十分な情報が出てこなければ、消費者から選ばれるお店にはなれません。紙・WEB問わずプッシュ型の販促ツールで随時情報を開示し、顧客の不安感をできる限り取り除くことが強く求められます。

 

【Q4】今年の夏休みはどのように過ごしたいですか?※複数回答可

ベスト3は

 

お家でゆったり過ごす
家族で外食に行く
国内旅行(宿泊あり)に行く

 

本音をいえばどこかへ出掛けたい。だけど不安。という感じでしょうか。この件については、まだ新型コロナが騒がれていなかった今年1月に行ったLINEアンケートでも「GWどのように過ごしたいか」と質問しています。

 

 

1月実施のアンケートからの変化としては

 

日帰り旅行に行く
レジャー施設に遊びに行く
ショッピングモールに遊びに行く

 

と回答した人が激減した、ということです。「人混みを避けたい」という心理がはっきりと見て取れます。イベント告知などでは不特定多数が集まる可能性があるものよりも、少人数での実施や完全予約制で対策もうたうなど、消費者に不安を与えない工夫が必要です。

 

また、日帰り旅行よりも宿泊ありの旅行の方が票が伸びており、日帰りで人混みに行くくらいなら宿泊施設に直行した方が安心、という心理が働いていると予想できます。周辺の娯楽施設へ出掛けるというよりも、滞在中は宿泊施設の中でゆったり過ごせるプランなどがあれば、集客が見込めそうです。ホテルや旅館などの宿泊施設も、新型コロナウイルスの感染対策を行っている旨をしっかりとアピールする必要があります。広告掲載やチラシのポスティング、SNSでの情報告知、旅行サイトへの掲載時にも、対策に関する情報を併記する必要があります。

 

家族で外食に行く

 

は、回答人数から見た割合は減っていますが、投票数から見た割合は2位と、同順位です。それほど遠くには行かなくても気軽に楽しめる外食は、コロナ禍でも高順位です。全国の小中学校や、高校の夏休みは、通常の夏休みの日程とは異なり、お盆期間中のみの短期間となるところがほとんどです。緊急事態宣言が発令されてから、せっかくの週末や、GW期間中も、飲食店に足を運ぶのを控えていた人もかなり多いはずです。8月の1週目から3週目にかけて、集中して活動する消費者が多いので、感染予防対策のほか、人に感染させないためにも、テイクアウトの割引率を上げたり、予約制を取り入れたりするなど、店内の密集を避ける工夫が必要になってきます。

 

◆まとめ

コロナ禍の集客では、消費者にどれだけ「安心」「安全」を伝えることができるか、伝えたい情報をいかに信用してもらえるかが大切です。

 

情報の発信もスピード感が求められることから、投稿すればすぐに世界に発信できるWEBやSNSは必要不可欠な販促手段だといえます。自宅にとどまる消費者にどのように情報を伝えるのか。ポストに直接投函されるチラシも有効そうです。

 

アンケート結果からもわかる通り、長期休暇には息抜きをする可能性がありますが、基本的には不要不急の外出は控える傾向が読み取れます。消費者の行動変化に応じて、販促をする立場からもアプローチ方法を柔軟に変化させることが重要といえるでしょう。

 

次回は、【Q5】あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください、の回答から、さらに細かく消費者のニーズを分析していきます。

 
あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. CSR活動とは?企業や店舗におけるCSR活動のメリットや事例をご紹介!

    CSR活動とは、企業が果たすべき社会的な責任を指します。 社会問題や労働環境などへの人々の関心...
  2. 自粛期間中どのようにして過ごしていますか?お家での過ごし方や新しく始めた事など教えて下さい*
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 4

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  3. 店舗が知りたい!キャッシュレス決済の導入について

    近年、店舗において普及が進んでいるキャッシュレス決済。 経営者や担当者が今後キャッシュレス決済...
  4. 自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 3

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  5. あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください*
    消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 2

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  6. 非常時の情報発信に!店舗のSNSを活用しよう

    非常時は正確かつタイムリーな情報が必要です。 自然災害などの緊急事態が発生した際には、自治体や...
  7. 飲食店で必要な防災対策とは?災害時にスタッフとお客様を守ろう!

    近年は国内において地震や台風、風水害などが多発しており、飲食店でも防災対策は重要な課題になってい...
  8. 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける中小企業への支援策 ~資金繰り・融資について

    新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっています。流行そのものも長期化しそうな気配です。流行に伴う...
  9. 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート~

    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国...
  10. 新型コロナウイルス感染症に負けない! ピンチをチャンスに変えるビジネス思考

    2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、アメリカの疾病対策センター(C...
  11. 決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご紹介

    店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。 この機会を効果的に活...
  12. いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中小企業への支援策

    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについ...
  13. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  14. 見直そう!集客の仕組み

    「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。いかに継続的に集客をし続ける...
  15. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  16. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  17. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  18. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  19. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  20. 食品衛生法の改正について

    2018年6月に食品衛生法が改正されました。今回はこのことについて概説させていただきます。...
  21. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  22. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  23. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企...
  24. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  25. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  26. 【無料DL】自店のポジショニングを確認して、他店との競争で優位に立とう!
    ~ポジショニングマップを活用しよう~

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  27. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  28. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  29. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  30. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  31. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • サブスクリプションとは?サービスの事例やメリット・デ…
    サブスクリプションはデジタルサービスの拡大を背景に普及しているビジネスの仕組みで、商品開発やマーケティングの担当者はその特徴を知っておくことが大切です。 今回は、サブスクリプションの意味やサービス例、メリットとデメリットを紹介します。
  • ○○マーケティングって、つまり何?
    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります。一つ一つ覚えるのは大変ですし、技術の進歩に合わせて日々新しい言葉が生まれています。今回は、難しい表現をできるかぎり簡単な言葉に言い換えてみましたので、「へえ~そうなんだ」くらいの軽い気持ちでご覧いただければ幸いです。
  • 【業界研究】リフォーム業界のトレンド情報 〜2019…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回はリフォーム業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2019年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、リフォーム業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金…
    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、国や都道府県から補助金・助成金と呼ばれる経費補助を受けることができる制度です。 こうした補助金・助成金を活用している企業は、実はけっして少なくはありません。制度を知っている企業だけが、恩恵を受けているのです。今回は、特に多くの企業が利用している代表的な制度に絞ってご紹介します。
  • 屋台イメージ
    【実店舗以外での販売促進!】屋台のメリットについてご…
    屋台は自由度が高い販売促進の方法です。夏祭りなどの集客力があるイベントに便乗できるなど、実店舗以外の集客手段を確保できるというメリットがあります。また、短期・長期を問わず、設備投資のコストを抑えられるため、高い利益率を実現することも可能でしょう。今回は、屋台の基礎知識やメリット、注意すべきポイントを紹介します。
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP