競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展開することができます。

 

ライバルとの競争に打ち勝って自社を選んでもらうためには、自社ならではの「強み」を明確にして、差別化を図ることが重要です。

 

差別化の成功は、商品・サービスが市場で成功するための近道となります。

【目次】
1.ライバルの多い業界で勝ち残るためには
2.USPの成功例
3.まとめ

ライバルの多い業界で勝ち残るためには

競争が激しいといわれる業界はいくつかあります。

 

美容室、コンビニ、エステ、そして最近メディアでよく取り上げられていますが、今やコンビニの数よりも多い歯科医院、そして資格保有者の増加で供給過剰気味の弁護士・税理士・行政書士等の士業が挙げられます。

 

飲食業界は開店から5年以上生き残れるのは10%台ともいわれています。

 

このような業界はもちろんのこと、ほぼどのような業界でも、多くのライバルたちと戦わなくてはならない環境にさらされています。

 

ライバルとの差別化を図るには、「USP」を持つことが重要だと言われています。

USPとはユニーク・セリング・プロポジションの略。

マーケティング的にいうと、「自社独自の強み・ウリ」という意味です。

 

USPの成功例

USPの有名な成功例として、次のようなものがあります。

 

• ドミノピザ「30分以内にお届けできなければ、お代は要りません」
• セブンイレブン「開いててよかった!セブンイレブンいい気分!」
• ダイソン「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」

 

このように、際立ったUSPは、ライバルとの差別化を可能にします。

 

ライバルが多い業界にいて、どうすれば他社との差別化が図れるのか、どうすれば競合他社に打ち勝ちお客様に振り向いてもらえるのか…。

 

その答えがUSPです。

効果的なUSPをつくることによって、ライバルより一歩抜き出る存在になることができます。

 

まとめ

◆ライバルとの競争に打ち勝つには「差別化」を図らなくてはなりません。

 

◆特に美容室、コンビニ、エステ、歯科医院、弁護士・税理士・行政書士等の士業は競争が激しく、自社ならではの「強み」を明確にする必要があります。

 

◆差別化を図るには「USP」を持つことが重要です。USPとは、マーケティング的にいうと、「自社独自の強み・ウリ」という意味です。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  2. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの...
  3. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  4. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  5. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  6. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  7. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  8. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  9. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
交流会開催情報
第9回船橋ビジネス交流会
日程:2019年1月23日(水)
時間:18時半~20時半
参加費:2,000円(軽食・ドリンク付き)
対象者:経営者、決裁権のある役職の方
※船橋市外の方の参加も可能です。
定員:30名
経営者や販促担当者にとっての「学びと交流の場」創りをコンセプトに、地域ビジネス活性化の場として「ビジネス交流会 in 船橋」を地域新聞社主催にて開催いたします。
  • 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客…
    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやすい季節です。 天気が悪いと必要がなければ外出する気にならず、特に飲食店では、一部の行列ができる店、人気店を除いて、客足が遠のいてしまいます。 “雨の日の集客”に頭を悩ませる店舗経営者は多く、「雨が降っているから、お客様が来なくてもやむを得ない」と考えてしまいがち。 しかし、事前に食材を調達して、仕込みをしてお店を開けている飲食店の場合、ここであきらめてしまうのはもったいないことです。 今回は飲食店に絞り、雨の日だからこそ売上を上げるための工夫についてお話します。
  • あなたはどのタイプ?経営タイプを戦国武将にたとえると
    経営者には歴史好きが多く、歴史関連の書籍を愛読し、歴史上の人物が残した名言を座右の銘や経営指針にしたり、スピーチをするときに引用したりする方が大勢います。 「歴史上の人物に学ぶ」「戦国武将に学ぶ」といったテーマの経営者向けセミナー根強い人気を誇っていますよね。今回は歴史ビギナーの方にも分かりやすいように、経営者のタイプを戦国時代の代表的な武将「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の3つに分類。 それぞれの傾向と最適な経営方法ついて、ご紹介します。
  • ちいき新聞のユニークな社内制度 ありがとうカードで感…
    社内でのコミュニケーション手段のひとつとしてありがとうカードを取り入れませんか?
  • 【業界研究】美容理容業界のトレンド情報
    ~20…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は美容理容業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、 同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの販促方法もご紹介しますので、美容理容業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP