他社との差別化を図るには

差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展開することができます。

 

ライバルとの競争に打ち勝って自社を選んでもらうためには、自社ならではの「強み」を明確にして、差別化を図ることが重要です。

 

差別化の成功は、商品・サービスが市場で成功するための近道となります。

【目次】
1.ライバルの多い業界で勝ち残るためには
2.USPの成功例
3.まとめ

ライバルの多い業界で勝ち残るためには

競争が激しいといわれる業界はいくつかあります。

 

美容室、コンビニ、エステ、そして最近メディアでよく取り上げられていますが、今やコンビニの数よりも多い歯科医院、そして資格保有者の増加で供給過剰気味の弁護士・税理士・行政書士等の士業が挙げられます。

 

飲食業界は開店から5年以上生き残れるのは10%台ともいわれています。

 

このような業界はもちろんのこと、ほぼどのような業界でも、多くのライバルたちと戦わなくてはならない環境にさらされています。

 

ライバルとの差別化を図るには、「USP」を持つことが重要だと言われています。

USPとはユニーク・セリング・プロポジションの略。

マーケティング的にいうと、「自社独自の強み・ウリ」という意味です。

 

USPの成功例

USPの有名な成功例として、次のようなものがあります。

 

• ドミノピザ「30分以内にお届けできなければ、お代は要りません」
• セブンイレブン「開いててよかった!セブンイレブンいい気分!」
• ダイソン「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」

 

このように、際立ったUSPは、ライバルとの差別化を可能にします。

 

ライバルが多い業界にいて、どうすれば他社との差別化が図れるのか、どうすれば競合他社に打ち勝ちお客様に振り向いてもらえるのか…。

 

その答えがUSPです。

効果的なUSPをつくることによって、ライバルより一歩抜き出る存在になることができます。

 

まとめ

◆ライバルとの競争に打ち勝つには「差別化」を図らなくてはなりません。

 

◆特に美容室、コンビニ、エステ、歯科医院、弁護士・税理士・行政書士等の士業は競争が激しく、自社ならではの「強み」を明確にする必要があります。

 

◆差別化を図るには「USP」を持つことが重要です。USPとは、マーケティング的にいうと、「自社独自の強み・ウリ」という意味です。

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年10月25日(水)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?LINE@導入に興味がある方向けに、実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • ビジネス交流会に効果的に参加するには?
    ビジネスを発展させるうえで、人脈を広げるチャンスとなるビジネス交流会に参加することは、有効な営業手段の1つです。しかしながら、何の目的もなしに参加するだけではほとんど意味がなく、貴重な時間と参加費用の無駄遣いとなってしまいます。まずは参加する目的を明確にし、自身の目的に合った方と知り合える交流会を選びましょう。
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • DMの基本~実施後の効果分析編~
    今まで実施したダイレクトメールの効果を、皆さんは把握していますか?「だいだいこのくらいの反応があったな」と感覚値で把握しているだけ、という方はいらっしゃいませんか。 今回は、ダイレクトメールの効果分析の方法についてご説明します。 実施後に効果分析を行うことで、ダイレクトメールの費用対効果について知ることができます。反響の良かったダイレクトメールはどこが良かったのか。悪かったダイレクトメールはどこを改善すれば良いのか。あらためて内容やクリエイティブを見直す機会にもなりますので、効果分析は必ず行いましょう。
  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
  • 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング…
    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なのか」について説明します。 動画の特徴は、主に以下の3点です。 1.文字・写真と比較して訴求力が高い 2.ブランディングしやすい 3.ビジネスで動画を利用している人が少ない これらの中でも特に3つめの“ビジネスで動画を利用している人が少ない”がポイントです。
PAGE TOP