食品衛生法の改正について

公開
2018年6月に食品衛生法が改正されました。
今回はこのことについて概説させていただきます。
 
【目次】
1.改正の要点について
2.今回の改正の背景について
3.主な改正点について
4.施行時期について

1.改正の要点について

改正の要点は以下の通りです。
 
1. 広域的な食中毒事案への対策強化
2. ハサップ(HACCP)に沿った衛生管理の制度化
3. 特別の注意を必要とする成分等を含む食品による健康被害情報の収集
4. 国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備
5. 営業許可制度の見直し、営業届出制度の創設
6. 食品リコール情報の報告制度の創設
 
国や自治体の施策に関するものから、町の食堂にも適用される制度まで、広範囲にわたって既存のルールの変更や新しいルールの策定をしています。また、食品の輸出入に関するルールもできるなど、大きな法改正となっています。
これらの改正の中から、食品製造業者や飲食店に直接関係する事項について、その概要をご説明いたします。

2.今回の改正の背景について

改正の項目を見て気づくことがあります。
それは、食品の製造販売のマネジメントシステムの国際的標準になっているHACCPの導入と、食品用器具・容器包装の衛生規制の国際整合的な整備です。
 
今回の食品衛生法の改正は、食の安全衛生管理の国際標準化が重要なテーマの一つになっており、その背景には以下の2点が挙げられます。
 
1点目は、TPPやEPA等、経済の自由化を推進する動きが進展している中で、日本の農水産物や食品の国際的な競争力を確保するための施策が必要である、という観点です。
 
このことについては、食品衛生法改正の検討当初、2017年9月に開催された第二回食品衛生法改正懇談会に提示された資料である「食品衛生法を取り巻く課題と現状」の中で、2012年に4,500億円であった農林水産物と食品の輸出を2030年には5兆円にするという「日本再興戦略」(閣議決定)の目標が示され、その脈絡の中でHACCP等の制度について日本は導入が遅れていると論じられています。
 
 
2点目は、オリンピックを契機とするインバウンド対策です。
 
「明日の日本を支える観光ビジョン」(平成28年3月策定)によると、2015年に1,974万人であった訪日外国人旅行者数を2030年には6,000万人に、訪日外国人旅行者が消費する金額を2015年の3兆4,700億円から2030年には15兆円にするという目標が設定されています。
これらを通じ言えることは、日本の食の安全安心を外国人に納得してもらうためにも、日本の食品衛生に関する制度の国際標準化が不可欠だということです。今回の改正の中では、「HACCP制度の導入」と「国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備」がこれに該当します。
HACCPを例に考えてみます。HACCPはアポロ計画において、乗組員の健康管理のために安全な食品を提供することを目的として開発されたマネジメントシステムでした。それがO157による食中毒事件などを契機に、まずアメリカで導入され、現在は広く海外で法制化されています。その状況は表1のとおりです。
表1
 
この表を見ると、欧米はもとより、東アジアや東南アジアにおいても既に法制化されている国があることがわかります。特に、輸出食品について義務化されている国があることに注目してください。欧米への輸出においてHACCP導入が重要であることが見てとれます。先ほど述べた目標達成のため、日本においても本件の法制化が急務であるというのが国の考えです。

3.主な改正点について

次に、これらの制度の内、食品製造業者や飲食店に与える影響の大きいもののアウトラインについて見てみましょう。
 
 

[HACCPに沿った衛生管理の制度化]

 
HACCPはマネジメントシステムだと書きましたが、具体的には、製造工程の流れを書き出して、各段階に潜んでいるリスクを抽出し、決定的なポイントについては必要となる対策を立案し、実施し、実施状況を記録し、結果を評価し更なる改善につなげるものです(図1)。
 
 
図1
 
 
コーデックスというWHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)の傘下の組織が具体的な検討事項7原則を取りまとめており、この検討事項に先立って必要となる手順5つを含め、HACCP導入の7原則12手順が示されています(表2)。
 
しかし、これでは具体性に欠けますので、業種別の手引書が順次公表されています。HACCPは全ての食品製造業者と飲食店を対象としていますが、さすがに大手の食品会社から個人が経営する飲食店まで一律に扱うわけにはいきませんので、一つの事業所で食品の製造及び加工に従事する者の総数が50人未満の事業者等は、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」でよいこととされています(*1)。
 
このことについて、厚生労働省より検討案が示され、3月から4月にかけてパブリックコメントが募集されました。
それによると、「その取り扱う食品の特性に応じた取組」の対象となる事業所については、下記の基準が示されています。
 
 ① 食品の製造又は加工を行う者のうち、一つの事業所において、食品の製造及び加工に従事する者の総数が 50人未満の者
 ② 当該店舗での小売販売のみを目的とした製造・加工・調理事業者
 (例:菓子の製造販売、食肉の販売、魚介類の販売、豆腐の製造販売等) 
 ③ 提供する食品の種類が多く、変更頻度が頻繁な業種
 (例:飲食店、給食施設、そうざいの製造、弁当の製造等) 
 ④ 一般衛生管理の対応で管理が可能な業種等
 (例:包装食品の販売、食品の保管、食品の運搬等)
 
また、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」について、現行の厚生労働省のガイドラインもコーデックスの原則を踏まえているので大きな変更はしませんが、工程管理についはHACCPに沿ったものとすることとなっており、その概要が示されています。業種別の手引については、厚生労働省より大規模事業者向けのものが、また業界団体よりその取り扱う食品の特性に応じた取組みに対応するものが、順次公表されています。
 
 
*1 法律では、大規模な事業者用のHACCPについて、「食品衛生上の危害の発生を防止するために特に重要な工程を管理するための取組」と表現し、小規模事業者等へのHACCPについて、「その取り扱う食品の特性に応じた取組」と表現しています。

 

 

[国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備]

 
これまでは、食品を提供するときに使う食器や調理器具、包装に使われる資材については、都道府県の条例で清潔保持の基準が定められていました。改正された食品衛生法では、使える材質について定められることになりました。これも、食の安全衛生に関する世界標準化の一環です。
 
欧米ではポジティブリストといって、以前から使える素材を法律で定めてきました。一方日本では、加熱すると柔らかくなる素材(「熱可塑性」といいます)について、業界の三つの衛生協議会(*2)が使えない素材を自主的に定めてきました(ネガティブリスト)。これは逆に言うと他の素材については定めがない状態です。
 
「使ってよい素材のリスト」と「使ってはいけない素材のリスト」は似ているようですが、かなり違います。
 
例えば新しい素材が出てきた場合、ポジティブリストではその素材の安全性が確認されリストに計上されて初めて使えるのですが、ネガティブリストではその素材の危険性が確認されてリストに計上されるまでは使用できることになってしまいます。また日本のネガティブリストは業界の自主規制ですので、三つの衛生協議会に入っていない事業者については熱可塑性素材についても規制が働かないことになります。
 
今回、合成樹脂を対象に、欧米諸国と同様のポジティブリスト制度を導入することになったのです。但し、リストに掲載される素材やその管理方法等については現在検討中になっています。
 
*2 三つの衛生協議会…ポリオレフィン等衛生協議会、塩ビ食品衛生協議会および塩化ビニリデン衛生協議会
 
 

[営業許可制度の見直し、営業届出制度の創設]

 
従来は、34の業種の食品製造業や販売業および飲食業について、営業許可が必要とされてきました。この業種は昭和47年以降見直しが行われておらず、例えば、漬物製造業は営業許可の対象外となっている等、バランスの悪さが指摘されていました。加えて許可制度の対象外の業種については、自治体が条例で何らかの手続きを定めている場合以外は、実態の把握も困難な状況となっていました。
そこで、今回、以下を要点とする改正が行われます。
 
 ① 製造業、調理業、加工を伴う販売業等の全てを要許可業種とする。
 ② 温度管理等が必要な包装食品の販売業、保管業等については届出を必要とする。
 
なお、常温で保存が可能な包装食品のみを販売する場合は、許可および届出の対象外となっています。
 

4.施行時期について

今回の改正は広範囲に大きな影響のある大改正ですので、表3の通り、2020年上半期まで順次施行されるスケジュールになっています。
 
表3
 
本稿で解説した三つの制度については、2019年上半期に政省令を公布する手順で検討が進んでいますが、現時点(2019年3月下旬)においても順次パブリックコメントの手続きが進められ、その具体的な内容か判明しつつあります。
その後、2019年下期から2020年上期にかけて、条例の改正等が進められ2020年上期中に施行される予定になっています。なお、施行後も2021年までは改正前のルールも有効とされています。
 
今後の動きについてもまた、機会があれば報告したいと思います。
 
 
 
<表と図>
表1 HACCPの導入状況 (出展 第二回食品衛生法改正懇談会資料「食品衛生法を取り巻く 現状と課題について」)
表2 コーデックスの7原則とHACCP作成の12手順
図1 HACCPの流れ
表3 改正食品衛生法施工スケジュール (出展: 「201812食品衛生法等の一部を改正する法律」に基づく政省令案の  検討状況に関する説明会資料)
 

 
 

The following two tabs change content below.
小出卓也
1957年生まれ、千葉県船橋市出身。 電源開発株式会社(J-POWER)に就職し勤務。主に以下の業務に従事。
①発電所の新規建設にかかる行政・地主対応業務、許認可業務
②労務業務に従事し、労務・福利厚生施策企画立案社内外調整を担当。
平成29年行政書士を開業し、主に千葉県内・都内で活動している。 専門分野は、遺言相続業務と外国人の入国にかかる諸手続き(入管業務)である。 この他、食品飲食関連や民泊等についても関心を持って研究している。 また、「一枚の写真の自分史の会」を主宰。
一枚の写真から蘇る過去の記憶をもとに、自らの人生への思い引いては次世代ヘの思いを確認し、そのことを次の世代に発信することが、世代間の絆を強くし、家庭の安定、ひいては円滑な世代交代につながることを目指した活動を実践している。
趣味は、街歩き・クラシック音楽・旅行・温泉。 千葉大学付属中学校、千葉県立千葉高校、東北大学 法学部卒。

■おすすめの関連コラム

  1. 自粛期間中どのようにして過ごしていますか?お家での過ごし方や新しく始めた事など教えて下さい*
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 4

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  2. 店舗が知りたい!キャッシュレス決済の導入について

    近年、店舗において普及が進んでいるキャッシュレス決済。 経営者や担当者が今後キャッシュレス決済...
  3. 自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 3

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  4. あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください*
    消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 2

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  5. アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  6. 非常時の情報発信に!店舗のSNSを活用しよう

    非常時は正確かつタイムリーな情報が必要です。 自然災害などの緊急事態が発生した際には、自治体や...
  7. 飲食店で必要な防災対策とは?災害時にスタッフとお客様を守ろう!

    近年は国内において地震や台風、風水害などが多発しており、飲食店でも防災対策は重要な課題になってい...
  8. 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける中小企業への支援策 ~資金繰り・融資について

    新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっています。流行そのものも長期化しそうな気配です。流行に伴う...
  9. 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート~

    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国...
  10. 新型コロナウイルス感染症に負けない! ピンチをチャンスに変えるビジネス思考

    2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、アメリカの疾病対策センター(C...
  11. 決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご紹介

    店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。 この機会を効果的に活...
  12. いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中小企業への支援策

    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについ...
  13. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  14. 見直そう!集客の仕組み

    「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。いかに継続的に集客をし続ける...
  15. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  16. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  17. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  18. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  19. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  20. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  21. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  22. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企...
  23. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  24. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  25. 【無料DL】自店のポジショニングを確認して、他店との競争で優位に立とう!
    ~ポジショニングマップを活用しよう~

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  26. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  27. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  28. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  29. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  30. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 「自分史」の取り組みで「パーソナルブランディング」を…
    私は、「一枚の写真の自分史」という活動に取り組んでいます。これは、思い出の写真を一枚ずつ持って同世代の者同士が集まり、その思い出について語り合う、というものです。主にお年寄りを対象に、時には親子でお集まりいただいて開催するのですが、いつも話に花が咲いて、楽しい会になります。このことの効用については後で述べるとして、皆さまは「自分史」という言葉をご存じでしょうか。
  • 紹介マーケティングを活用して売上を上げる
    集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な方法は“紹介マーケティング”ではないでしょうか。 しかし紹介マーケティングといわれても、ぴんと来ない人もいると思います。 今回は知っておいて損はない!紹介マーケティングについてご説明します。
  • 【業界研究】リフォーム業界のトレンド情報 〜2020…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回はリフォーム業界の現状と今後の見通しについて、「販促の大学」を運営している地域新聞社に2020年4月に入社した新卒社員が調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、リフォーム業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 『エスキモーに氷を売る』マーケティングとは何かを教え…
    マーケティング的には、著者が述べている考え方に目新しいものはありませんが、営業についての考え方は、今の時代にも十分通じる内容です。 物を売ることを生業としている人達にとっての“基本中の基本”、まさに営業、マーケティングの原理原則が述べられています。
  • リファーラル採用を積極的に導入して離職率を下げよう
    近年、多くの業界・企業が人材不足による採用難に陥っていると聞きます。人材を確保するために、給与をアップするなど、さまざまな施策を行っている企業も少なくないでしょう。そんな中、最近話題になっているのが「リファーラル採用」です。「リファーラル採用」とはいったい何か。特徴やメリットを説明します。
続きを読む
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP