災害に備える ~中小企業強靭化法について~

公開
災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしまいます。特に中小企業や小規模事業者は、事業活動の継続そのものに重大な影響を与えることが懸念されます。
 
今年の6月5日、災害時の対策の検討を推進するために「中小企業強靭化法」が公布されました。今回はこの法律について解説します。
 
 
【目次】
1.中小企業強靭化法制定の背景
2.中小企業強靭化法の概要
3.事業継続力強化計画について
4.支援策について
5.まとめ

中小企業強靭化法制定の背景

東日本大震災以来、わが国を襲う災害が増えているのではないか、と誰もが感じていると思います。
 
総務省消防庁は大規模な災害について、その都度情報を発信しています。昨年一年間に発信された災害情報のうち、自然災害が原因で負傷者や死亡者が発生した事象については以下のとおりです。
 

 
このように数多くの災害が発生しています。ちなみに今年に入ってからも、九州や北海道で発生した地震や千葉を襲った台風15号、豪雨による多数の河川の堤防決壊で甚大な浸水被害をもたらした台風19号など、相変わらず大規模な自然災害が発生しています。
 
このような大規模な災害が発生して企業に大きな打撃があった場合、その事象にいかに対応して事業を継続していくかは、大企業では以前から検討され、訓練等も行われてきました。
 
実際、私が以前に勤めていた企業でも、大規模な災害で都内にある本社機能が不全状態に陥った場合の対応を定めていました。例えば東京だけに大きな被害があった場合は川越に、関東全域に被害が発生した場合は他の地域にある中核的な事務所に、などと場所を予め設定して、通信設備を他の事務所と比べて拡充したり、その地点への役員の移動手段を確保するなどの対策を講じていました。
 
現在、例えば製造業ではサプライチェーンが複雑に絡み合い、重要な部分を中小企業が占めているようなケースもあります。大企業が災害時にも指揮命令機能を有していても、生産過程全体は機能不全に陥ってしまうことは、東日本大震災でも実際生じており、皆様もご記憶されているのではないでしょうか。
 
また、大企業であれば、多少の被害が発生してもなんとか本社機能を維持できるような場合でも、中小企業の場合は、一撃で壊滅ということも十分考えられるので、その観点からも、中小企業における事業継続は大企業とは違った難しさがあります。

中小企業強靭化法の概要

本法の仕組みは、国が定めた基本方針を踏まえて中小企業が策定する「事業継続力強化計画」が経済産業大臣により認定されると、さまざまな支援策が受けられる、というものです。
 
 
また、併せて地元の商工会及び商工会議所が、中小企業に対して支援を行うこととしています。

事業継続力強化計画について

事業継続力強化計画の作成の手引が、7月24日に公表されました。そこには申請書の書き方や検討すべき内容について、こと細かく記載されていますが、ここでは検討の手順についての概要を紹介します。
 
手引きでは、手順を五つのステップに整理しています。
 
◆STEP1 事業継続力強化の目的の検討
この取り組みを行う理由は、従業員や家族のためであったり、顧客や取引先のためであったりします。すなわち、なぜこの事業を営んでいるのか、ということの再確認に他ならないと私は考えます。
 
◆STEP2 災害リスクの確認・認識
まずは、事業を営んでいる地域で発生する蓋然性の高い災害について、どのような事象が生ずるのか、その際に想定される会社の弱点は何かを確認します。その結果、会社が被る影響を具体的に検討します。マニュアルには以下が例示されています。
 
 事象 : 地震による大きな揺れ。
 会社の弱点 : 建物の耐震対策が行われていない。
 影響 : 震度×以上の揺れに見舞われた場合、建物が倒壊するおそれがある。
 
影響は、ヒト、モノ、カネ、情報の観点から整理すべきとされています。
 
◆STEP3 初動対応の検討
災害発生直後の、初動対応の検討です。大きく以下の3点についての対応となります。
 ① 人命の安全確保
 ② 非常時の緊急体制の構築
 ③ 被害情報の把握と共有
それぞれについて、誰が何を行うのか、具体的に決めておくことが重要です。
 
◆STEP4 ヒト、モノ、カネ、情報への対応
STEP2でヒト、モノ、カネ、情報の観点から抽出した影響に対して、それぞれ対策を検討します。全てについて網羅的に対策を講ずる必要はなく、「会社の事業継続上有効な対策は何か」という観点から、会社の業務の重要度等も加味して検討することが必要です。
 
◆STEP5 平常時の推進体制
以下の点が重要です。  
 ① STEP1~STEP4で定めた、事業継続力強化計画の内容を確実に実行すること
 ② 年に1回以上の訓練を行うこと
 ③ 取り組み内容の見直しを定期的に行うこと
これらは経営陣が積極的に関与することが重要です。
 
また、対応を実行するにあたって、次項で説明する国の支援策を有効活用することがよいと考えられます。

支援策について

事業継続力強化計画を作成し、経済産業大臣の認可を受けた企業に対する支援策は、税制面の優遇・金融面の支援・補助金の三つがあります。
 

 
それぞれについて概要を記載します。
 
(1) 税制面の優遇措置
事業継続力強化計画の認定を受けた中小企業・小規模事業者が対象になります。
 
そのような中小企業・小規模事業者が、事前対策を行うために必要な設備投資をする際に、経済産業大臣宛てに申請をして認定を受けた後に設備投資を行うと、20%の特別償却を受けることができます。投資する設備は、事業継続力強化計画に記載されている設備であることが必要です。
 
設備ごとに下限金額が設けられており、自家発電機や排水ポンプのような機械設備は100万円以上、衛星電話等の器具備品は30万円以上、防災シャッターや排煙設備等の建物付属設備は60万円以上の投資が対象とされています。
 
 
(2) 金融面の支援措置
次に、金融面の支援措置です。金融面の支援措置には3点あります。内2点は、事業継続力強化計画の認定を受けた者が対象となる優遇措置です。
  
1点目は、事業継続力強化計画の認定を受けた中小企業と小規模事業者を対象に、信用保険の保証枠を保険の種類によって1,250万円から2億円まで別枠で追加設定するというものです。
 
2点目は、事業継続力強化計画の認定を受けた中小企業と小規模事業者について、防災にかかる設備資金の貸付金利を基準金利から引き下げるものです。具体的には二つの貸し付けが対象となります。
 
まず、中小企業と小規模事業者への設備資金について、2億7千万円まで基準金利から0.65%引き下げた金利で貸し付けを行うものです。次に、国民生活事業としての設備資金の貸し付けについて、基準金利から0.65%の引き下げがあります。設備資金は、施設の耐震化・自家発電設備の設置・倉庫の防災対策・機械の転倒転落防止対策等が対象として挙げられています。
 
また、いずれの事業においても「耐震改修促進法に基づく特定既存耐震不適格建築物等の耐震改修を行う場合」は、貸付利率が基準金利から0.9%引き下げられます。耐震診断を行うために必要な運転資金については、貸付金利が基準金利から0.4%引き下げられることになっています。
 
3点目は、津波、水害および土砂災害の多い要対策地域の土地にかかる設備資金について、貸付金利を引き下げるものです。これについては、事業継続力強化計画の認定は条件となっていません。前述2点目の設備資金と扱いが同じなのかどうかについて、現時点の資料だけでは判然としません。
 
 
(3) 補助金等による支援
事業継続力強化計画の認定を受けた中小企業と小規模事業者が補助金の申請を行った場合、採択にあたって加点措置が受けられる等の措置が検討されています。今後の動きを注視していく必要があります。
 
これらの支援策については、年限を限ったものもあります。まずは事業継続力強化計画の作成から、タイムリーに実行することが大切です。

まとめ

一度災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしまいます。大企業は、設備や組織が広汎に存在しますが、中小企業は局地的な災害であったとしても、事業活動の継続そのものに重大な影響を与えてしまうことが懸念されます。このことは、大きな災害が発生するたびに経営者の脳裏をよぎりますが、日々の業務に忙しく、なかなか対策を立てられないのが実態ではないでしょうか。

 

今回の立法は、災害時の対策の検討と推進に資する素晴らしい内容であると感じます。事業継続力強化計画は、自らの事業の現状をリスク対応という観点から見つめ直すとともに、会社が誰のために存在しているのかを改めて考える機会にもなりえます。ぜひこの機会に取り組まれることをお勧めします。

 

もちろん人員的に厳しい状況で、日常の事業に邁進されている中での取り組みです。専門家の知見、助言をうまく活用して進めることも重要です。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご紹介

    店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。 この機会を効果的に活...
  2. いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中小企業への支援策

    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについ...
  3. 見直そう!集客の仕組み

    「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。いかに継続的に集客をし続ける...
  4. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  5. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  6. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  7. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  8. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  9. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  10. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  11. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企...
  12. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  13. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  14. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  15. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  16. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  17. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  18. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  19. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
小出卓也
1957年生まれ、千葉県船橋市出身。 電源開発株式会社(J-POWER)に就職し勤務。主に以下の業務に従事。 ①発電所の新規建設にかかる行政・地主対応業務、許認可業務 ②労務業務に従事し、労務・福利厚生施策企画立案社内外調整を担当。 平成29年行政書士を開業し、主に千葉県内・都内で活動している。 専門分野は、遺言相続業務と外国人の入国にかかる諸手続き(入管業務)である。 この他、食品飲食関連や民泊等についても関心を持って研究している。 また、「一枚の写真の自分史の会」を主宰。 一枚の写真から蘇る過去の記憶をもとに、自らの人生への思い引いては次世代ヘの思いを確認し、そのことを次の世代に発信することが、世代間の絆を強くし、家庭の安定、ひいては円滑な世代交代につながることを目指した活動を実践している。 趣味は、街歩き・クラシック音楽・旅行・温泉。 千葉大学付属中学校、千葉県立千葉高校、東北大学 法学部卒。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
キャッチコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約…
    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」についてお話ししました。 では、実際BANT情報を上手く活用するにはどうすればいいのか。 今回は、具体的な実践方法についてお伝えします。
  • テイクアウトイメージ
    テイクアウトで売上アップ!イベント時にオススメの売り…
    イベントのときは、普段と違う人の流れやニーズが生まれます。テイクアウトは便利さや商品力を売りに、店舗の商圏住民はもちろん、イベントのために集まってきた多くの潜在顧客にもアピールできるチャンスです。今回は飲食店を経営する皆様を対象に、イベントを生かしたテイクアウトでの売り方や、集客に役立つ販促のコツを紹介します。イベントは新規顧客の獲得につながる絶好のチャンスです。テイクアウトの導入・活用で売上アップを目指しましょう。
  • 【飲食店向け】時流に乗った飲食店の傾向と対策
    大手チェーン店も乗り出している「現在の飲食店事情」がどのようなものか、ご存じでしょうか?現在、飲食業界にも大きな変化が起きています。時流に乗った飲食店に、どのような傾向があるのでしょうか?
  • 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング…
    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なのか」について説明します。 動画の特徴は、主に以下の3点です。 1.文字・写真と比較して訴求力が高い 2.ブランディングしやすい 3.ビジネスで動画を利用している人が少ない これらの中でも特に3つめの“ビジネスで動画を利用している人が少ない”がポイントです。
  • 金運や仕事運がアップする
    おすすめのパワースポ…
    パワースポットには、疲れた身体を癒やしたり、リラックス効果や精神を浄化する効果などがあるといわれています。外部のパワーを取り込むことで頭が冴え、新たな発見やアイデアの創造につながるかもしれません。 【目次】 1.華厳の滝(栃木県) 2.三峯神の湯(埼玉県) 3.サンメッセ日南 モアイ像(宮崎県) 4.江の島岩屋(神奈川県) 番外編 ペレの椅子(ハワイ) まとめ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP