見直そう、会社の財布!経費節約について

事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。

 

しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。

 

多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。

 

では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。

 

【目次】
1.ほとんどの事業主はコスト削減を実施できていない?
2.経費のムダを見える化する3つのキーワード
3.投資だからといって好きなだけ使って良いわけではない!
4.定期的な経費・コストの見直しが財務体質強化のカギ!
5.まとめ

ほとんどの事業主はコスト削減を実施できていない?

経費削減・見直しは日々行うべきアクション。

 

つい忙しさにかまけて怠ってしまい、気付いたら経費が膨れ上がっているというのはよくあることです。

 

ほとんどのお客様は

 

「経費削減・コスト見直しを行っている」

「経費・コストはそんなにかかっていない」

 

と言います。

 

しかし本格的に見直してみると、コスト削減ができていないお客様が大半なのです。

経費のムダを見える化する3つのキーワード

では、どうすれば効果的に経費を削減できるのでしょうか。

 

経費削減・コストを見直すには、まず現在の状況を洗い出す必要があります。

 

経費・コストがいつ・どのくらい計上され、何のために使われているのか。

記録を取ること、つまり帳簿付けが大事です。 

 

帳簿を付けることで、「いつ・どこに・何のために経費を使ったのか」を見える化することができます。

 

さらに経費・コストを「定期的に発生するもの(固定費)」「突発的に発生したもの(変動費)」などに分類し、細部まで内容を理解しておく必要があります。 

 

次に、経費の使用目的を把握します。

 

経費・コストは、その性格から

 

・投資…会社の将来の成長に関係する経費・コスト

例)販売促進の費用、人材教育の費用、設備投資の費用など

 

・消費…事業を円滑に進め、また維持するための経費・コスト

例)家賃、光熱費、人件費など

 

・浪費…無駄使い

例)知らずに払っている月額費用、余剰人件費など

 

の3つに分類できます。

 

すべての経費において、3つのどれに当てはまるのかが、明確に答えられなければなりません。

 

使用した各経費・コストの性格を理解しながら、3つのどれに当てはまるかを分類していきましょう。

 

そして、「消費」と「浪費」部分のコストはできる限り削減していきます。 

(投資の経費を削れば短期的に利益は上がるかもしれませんが、将来的な利益を失ってしまう可能性もあります)

投資だからといって好きなだけ使って良いわけではない!

事業を存続にさせるためには、経費・コストばかりに目を向けていても仕方ありません。 

 

経費・コストを常に意識しながらも、効率よく、最大限の効果を生み出すような投資をすることが重要です。

 

そのために、「投資」に関しては、その投資によってどのくらいの費用対効果があったのかを数値化する習慣をつけましょう。

 

例えば広告費に投資をするときは、広告を出したことでどれだけの売上・利益が上がったのかを計算します。

 

投資の経費・コストも費用対効果をしっかりと数値化して効果測定し、削減できるものは削減し、増やすべきものは大胆に増やすなど、うまくバランスを取りましょう。

定期的な経費・コストの見直しが財務体質強化のカギ!

経営者たるもの、投資・消費・浪費に関わらず、1つ1つの経費が本当に必要なのか、もっと安く抑えられないかを徹底的に考えることが重要です。

 

例えば営業マン一人一人に携帯電話を支給し、その通信費を会社で払っていたとします。

 

この場合、

 

・すべての営業マンに携帯電話を支給する必要があるのか?

・携帯電話の料金プランは適正なのか?

・通話記録に私用に使われた形跡はないか?

 

など、徹底的に経費削減を追求します。

 

このように突き詰めていくことで、初めて“経費・コストを見直した”といえるのです。

 

このような見直しを3ヶ月に1回、6ヶ月に1回、1年に1回と、定期的に行うことを強くお勧めします。

 

経営者が自社の経費・コストの実態を知って、驚くことは多いのです。

まずは、そこが経費・コスト削減のスタート。

 

常に経費・コストを意識しながら経営することで、資金繰りも改善します。

 

経営者が経費・コストの削減を徹底すると、従業員もそれを意識するようになり、会社としてムダな経費を使わない文化ができあがります。

 

そのころには、御社の財務体質も健全化が進んでいることでしょう。

まとめ

まずは毎日「いつ・どこに・何のために経費を使ったのか」の帳簿付けを行い、さらにその経費・コストが定期的に発生するのか、突発的に発生したのか、また投資・消費・浪費のどれに当てはまるのかを分類しましょう。

 

記帳後は、ムダな経費・コストがないか徹底的に見直すこと! 

 

これが財務体質を強化する重大なカギなのです。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの...
  2. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  3. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  4. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  5. 中小企業でも活用できる公的助成金をご存知ですか?

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  6. 他社との差別化を図るには

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  7. ターゲット顧客の選定について|経営戦略・計画編

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  8. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
セミナー開催情報
働き方改革関連法の対策セミナー
日程:2018年8月28日(火)
時間:15時~17時
定員:30名
ついに「働き方改革関連法」が6月末に成立しました。対策を怠ると、自社にどのような不利益がまっているかご存知でしょうか。「社員の流出」「未払い残業代請求の増加」「残業時間を超えた場合の罰則」など、1~2年後に迫った法律の施行までに対策をしていないと、会社の存亡に関わる可能性もあります。そこで今回は、働き方改革関連法案の対策と、いまから準備すべきことを、人事評価のプロの視点で株式会社あしたチームよりご説明いたします。
  • 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約…
    前回の記事でB to B 営業(法人営業)における営業ヒアリングフレームワーク「BANT情報」についてお話ししました。 では、実際BANT情報を上手く活用するにはどうすればいいのか。 今回は、具体的な実践方法についてお伝えします。
  • 4C分析を自社サービスやる方法とは?
    有名なマーケティング分析手法に4C分析や4P分析というものがあります。どちらも自社のサービスや製品を販売に結び付けるための分析手法です。「知っている」という方も多いかもしれませんが、実際に自分でやろうとすると、どのような順番で考えればいいのか迷ってしまうことも。そこで、自社製品のメリットを4C分析や4P分析でまとめるための表を作りました。お客様の視点に立って自社商品の強みを振り返るために、ぜひご活用ください。
  • 紹介マーケティングを活用して売上を上げる
    集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な方法は“紹介マーケティング”ではないでしょうか。 しかし紹介マーケティングといわれても、ぴんと来ない人もいると思います。 今回は知っておいて損はない!紹介マーケティングについてご説明します。
  • 【業界研究】不動産業界のトレンド情報
    ~201…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。 今回は不動産業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの販促方法付の情報もご紹介しますので、不動産業界の方も、それ以外の方も、ぜひご一読ください。
  • リピーター獲得に強い、LINE@販促とは?
    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウントとしてメッセージを送ることができるLINE@は、店舗集客に使える機能がたくさんあります。特にリピーターを増やすためのツールとして、多くの店舗がLINE@を活用し始めています。リピーターを増やしたいとお考えの方は、一度LINE@を試してみてはいかがでしょうか?
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP