商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

公開

『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト

 

お客様と新しい商品やサービスの企画をする際は、必ず『ポジショニング戦略』を読み返します。

今回はこの本を通じて、売れる商品やサービスについて説明をします。

 

「穴をつく」商品やサービスをつくる

私の新規商品やサービスを企画するための基本的な考え方は「穴をつく」商品やサービスをつくることです。

市場に多様な商品やサービスが溢れている昨今、まだ市場に出ていない新商品やサービスを創り出すのは容易なことではありません。

新たに企画する商品やサービスの大半は、市場に出ている既存の商品やサービスとどう差別化するかを検討することになると思います。

 

その際に

 

①市場が欲しがっているもの
②自社で提供できるもの
③競合ができないもの

 

この3つの条件を満たす商品やサービスを提供すれば、売れる可能性はかなり高くなります。

『ポジショニング戦略』では、その「穴をつく」ための考え方や手法等の事例が数多く紹介されており、私自身お客様に新商品やサービスを企画するお手伝いをする際には、『ポジショニング戦略』を読み返すようにしています。

それでは、簡単ではありますが、『ポジショニング戦略』の内容を見ていきましょう。

 

ポジショニング戦略

1.“まずは市場でNo.1のポジションを目指し、市場から認知される存在になれ”

 

No.1のポジションをとって「○○は世界No.1の企業です」「○○は最高のサービスを提供します」とNo.1を誇示するようなメッセージを出すと、市場では逆に拒絶反応を起こすことがあります。

むしろトッププレイヤーの使命として、市場全体の代表として商品やサービスの必要性を啓発していく必要があります。

 

 

2.“競合とのポジション取りを戦略的に考え「穴をつけ」。つまりどこも取ってないポジションを取れ”

 

No.1になれない場合は、ニッチな市場でNo.1を目指して、まずは社名や商品名を認知させることが不可欠です。

 

 

3.“もしNo.1のポジションを取れない場合は、No.1との関係性を意識したメッセージを伝えよ”

 

No.1の認知度(知名度)をうまく利用して社名や商品名を認知させることが必要です。

お客様は、商品力やサービス力はもちろんですが、まずは市場で社名や商品名が認知されることによって、無意識のうちにその商品を選択するとのことです。

 

さまざまな商品やサービスが溢れかえる中で、多くの商品群から選択されるのは、結局「認知度(知名度)が高い」「市場で一番使われている」などの理由が非常に多いのではないでしょうか。

商品力がNo.2以下に少しぐらい劣っていても、心理的な安心感からやはり認知度がNo.1の商品を選択します。

 

資金力のないベンチャー企業にとっては、ニッチな市場でもいいので、まずはNo.1になることを意識してポジションを確立すれば、他の市場に横展開、縦展開するときにも非常に楽になります。

『ポジショニング戦略』は非常に知見の多い内容だと思いますので、是非一読されることをおすすめします。

 

そしてこのポジションを取るための戦略として、ブランディング戦略と併せて、上記の

 

①市場が欲しがっているもの
②自社で提供できるもの
③競合ができないもの

 

の3つが合致するようなポジションをとった商品やサービスをつくれば、売れる可能性は高くなります。

 

まとめ

・「穴をつく」商品やサービスをつくる


・「市場が欲しがっているもの」「自社で提供できるもの」「競合ができないもの」の3つの条件を満たすと売れる可能性はかなり高くなる


・市場で社名や商品名が認知されることによって、お客様は無意識のうちにその商品を選択するようになる

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  2. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  3. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  4. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  5. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  6. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  7. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  8. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  9. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

セミナー開催情報
<2019年度版>販促費、機械購入、店舗改装などに使える補助金活用セミナー
日程:2019年3月5日(火)
時間:13時~15時
参加費:3,000円
対象者:売上拡大・販促費でお悩みの方
定員:15名
「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」を中心に、補助金の活用方法から手続き方法までをご紹介します。
  • 営業 契約のイメージ画像
    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役…
    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? 営業との違いを説明できますか?マーケティングの定義については、マーケティングの仕事に携わっている方でしたら、それぞれに定義や考え方があると思います。今回は、B to Bビジネスにおいての、営業とマーケティングの役割分担という視点から、私なりの定義をお話しします。
  • 中小企業のブランド戦略・パート3
    顧客は誰か?「ペルソナについて」情報もモノも溢れている時代だからこそ意識したいこと。ブランドづくりについて、特にエンドユーザーに商品やサービスを提供するお店や会社などは、頭を悩ませることが多くなっています。例えば、年齢一つとっても、私は46歳になるのですが、自分の過去を振り返って考えてみても価値観の変化に気づくことがあります。SNSやユーチューブなどはもちろんありませんでしたので、仮に今私が10代だったとしても、過去の自分とは違った価値観になるのは想像できます。更に、同じ40代でも41歳と49歳では全く違う価値観と言うことも言えますし、同じ年齢だったとしても置かれている立場や状況によっても価値観は違うものです。
  • 売上をあげるための顧客リストを育てよう
    顧客リストについて、有名なエピソードを2つご紹介します。 最初は江戸時代のある呉服屋の話。その呉服屋は火事になった時、火の粉が迫り来る中、まず顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んでから逃げました。そして火事が収まった後、顧客台帳を井戸から引き上げ、それを基にして商売を再開したのです。 また、アンドリュー・カーネギー(米国実業家、鉄鋼王。1919年没)は、「私の全ての財産を持っていってもかまわない。ただし、顧客リストだけは残しておいてくれ。そうすれば、私はすぐに今の財産を築いてみせる」という言葉を残しています。 この2つのエピソードは、顧客リストがあれば、事業がどのような状況に陥っても再起を図ることができるということを示唆しています。 他にも、“顧客リストは、あなたの貴重な財産で、育てるべきである”という言葉もあります。顧客リストを育てることができれば、好調な時でもさらなる売上をあげられるということだと思います。 しかし事業経営において、顧客リストを重要なアイテムだときちんと認識して、作成・管理・活用している会社は、意外と少ないのではないでしょうか?
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • お客様を夢中にさせる接客術とは
    消費者がさまざまな方法で商品を購入できるようになった現代。商品の魅力だけでお客様に選ばれるのは、難しい時代になりました。そこでカギとなるのが、商品を販売する「人」のチカラです。ただ販売をするだけではなく、お客様の心を動かし、ファンになっていただけるような接客サービスができれば、継続的なリピート購入が期待できます。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集