商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

公開

『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト

 

お客様と新しい商品やサービスの企画をする際は、必ず『ポジショニング戦略』を読み返します。

今回はこの本を通じて、売れる商品やサービスについて説明をします。

 

「穴をつく」商品やサービスをつくる

私の新規商品やサービスを企画するための基本的な考え方は「穴をつく」商品やサービスをつくることです。

市場に多様な商品やサービスが溢れている昨今、まだ市場に出ていない新商品やサービスを創り出すのは容易なことではありません。

新たに企画する商品やサービスの大半は、市場に出ている既存の商品やサービスとどう差別化するかを検討することになると思います。

 

その際に

 

①市場が欲しがっているもの
②自社で提供できるもの
③競合ができないもの

 

この3つの条件を満たす商品やサービスを提供すれば、売れる可能性はかなり高くなります。

『ポジショニング戦略』では、その「穴をつく」ための考え方や手法等の事例が数多く紹介されており、私自身お客様に新商品やサービスを企画するお手伝いをする際には、『ポジショニング戦略』を読み返すようにしています。

それでは、簡単ではありますが、『ポジショニング戦略』の内容を見ていきましょう。

 

ポジショニング戦略

1.“まずは市場でNo.1のポジションを目指し、市場から認知される存在になれ”

 

No.1のポジションをとって「○○は世界No.1の企業です」「○○は最高のサービスを提供します」とNo.1を誇示するようなメッセージを出すと、市場では逆に拒絶反応を起こすことがあります。

むしろトッププレイヤーの使命として、市場全体の代表として商品やサービスの必要性を啓発していく必要があります。

 

 

2.“競合とのポジション取りを戦略的に考え「穴をつけ」。つまりどこも取ってないポジションを取れ”

 

No.1になれない場合は、ニッチな市場でNo.1を目指して、まずは社名や商品名を認知させることが不可欠です。

 

 

3.“もしNo.1のポジションを取れない場合は、No.1との関係性を意識したメッセージを伝えよ”

 

No.1の認知度(知名度)をうまく利用して社名や商品名を認知させることが必要です。

お客様は、商品力やサービス力はもちろんですが、まずは市場で社名や商品名が認知されることによって、無意識のうちにその商品を選択するとのことです。

 

さまざまな商品やサービスが溢れかえる中で、多くの商品群から選択されるのは、結局「認知度(知名度)が高い」「市場で一番使われている」などの理由が非常に多いのではないでしょうか。

商品力がNo.2以下に少しぐらい劣っていても、心理的な安心感からやはり認知度がNo.1の商品を選択します。

 

資金力のないベンチャー企業にとっては、ニッチな市場でもいいので、まずはNo.1になることを意識してポジションを確立すれば、他の市場に横展開、縦展開するときにも非常に楽になります。

『ポジショニング戦略』は非常に知見の多い内容だと思いますので、是非一読されることをおすすめします。

 

そしてこのポジションを取るための戦略として、ブランディング戦略と併せて、上記の

 

①市場が欲しがっているもの
②自社で提供できるもの
③競合ができないもの

 

の3つが合致するようなポジションをとった商品やサービスをつくれば、売れる可能性は高くなります。

 

まとめ

・「穴をつく」商品やサービスをつくる


・「市場が欲しがっているもの」「自社で提供できるもの」「競合ができないもの」の3つの条件を満たすと売れる可能性はかなり高くなる


・市場で社名や商品名が認知されることによって、お客様は無意識のうちにその商品を選択するようになる

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  2. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  3. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  4. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  5. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  6. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  7. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  8. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  9. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  10. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  11. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  12. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  13. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  14. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  15. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 営業 契約のイメージ画像
    B to Bビジネスにおけるマーケティングと営業の役…
    皆さんに改めてお聞きしますが、そもそも“マーケティング”とはいったいどのようなものでしょうか? 営業との違いを説明できますか?マーケティングの定義については、マーケティングの仕事に携わっている方でしたら、それぞれに定義や考え方があると思います。今回は、B to Bビジネスにおいての、営業とマーケティングの役割分担という視点から、私なりの定義をお話しします。
  • 知ってて当たり前?AISASとは?購買行動モデルを意…
    皆さん、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉を聞いたことはありますか?どちらも、消費者の購入決定プロセスを体系立てるためのマーケティング理論です。
  • 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジ…
    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々難しくなっています。仕事が評価されなかった、ストレスを感じた、自身の希望と業務内容がミスマッチだったなど、辞める理由は人それぞれです。「厳しく叱責したら辞めてしまうのでは」「どう接してよいかわからない」そんな不安を抱えながら部下と接している方も多いのではないでしょうか。上司と部下という関係がより複雑になっている今、部下に対する「マネジメント能力」が、多くの上司に求められています。
  • 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは
    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよそ7割が自宅で事業を営んでおり、組織形態も「個人企業」が84.9%に上るという結果が出ています。さらに、起業する際の人数は、74.6%が「1人(本人)だけ」です。組織の規模は関係なく、独立して起業すれば企業経営が始まり、その瞬間から個人ならば個人事業主、法人だったら“代表取締役”“代表取締役社長”になります。いわゆる経営者です。世の中には数え切れないほど多くの企業と、その企業を経営する経営者が存在しますが、その経営者の中には「成功する経営者」と「失敗する経営者」の2通りが存在します。起業して企業経営を成功させることは、生半可なことではありません。それでは「成功する経営者」の性格とはどのようなものなのでしょうか。
  • お客様の声を集めて、商品・サービスの質を高めよう
    商品を買う際、あなたは何を重視して購入を決めますか? 商品の仕様、料金、デザインなどいろいろあると思いますが、その中でも大きな役割を果たすのが“お客様の声”ではないでしょうか。 数百円の物ならまだしも、高額の商品・サービスを購入する際は、失敗は避けたいですよね。 そんな消費者心理に応えるためにも、ホームページやチラシには、ぜひお客様の声を掲載するようにしましょう!
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP