SDGs(持続可能な開発目標)とは?企業が取り組む事例についてもご紹介!

公開

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、経済発展と社会的課題の解決の両立を目指す考え方です。

近年、SDGsに対する注目が高まっており、一人一人が意識と行動の変化を求められているものの、まだ一般的には十分に理解されているとはいえません。しかしながら、すでに大企業ばかりではなく中小企業においてもSDGsの考え方を目標とした、ビジネスの取り組みの成功事例が数多く出てきています。また、日常生活においても広告やマスコミなどを通じてSDGsが取り上げられているところを目にするでしょう。

そこで今回はSDGsの意味や背景を解説し、企業がSDGsに関するビジネスを推進するメリットや、大企業や中小企業の取り組み成功事例を紹介します。

【目次】
1. SDGsとは?意味や背景
2. SDGsに取り組むメリット
3. SDGsに取り組む大企業の事例
4. SDGsに取り組む中小企業の事例
5. まとめ

SDGsとは?意味や背景

SDGsとは、経済発展と社会的課題の解決を両立させることを目指す目標です。
ここではその意味や、近年注目されている背景を紹介します。

◆SDGsの意味
SDGsは17のゴールと169のターゲットで構成された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す目標群です。17のゴールには貧困、飢餓、健康・福祉、教育、ジェンダー、水・トイレ、クリーンエネルギー、働きがい・経済成長、産業・技術革新、不平等、まちづくり、つくる責任・つかう責任、気候変動、海の豊かさ、陸の豊かさ、平和と公正、パートナーシップがあります。

◆SDGsが注目される背景
SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択された国際的な目標です。
2000年、極度の貧困と飢餓への対策、致命的な病気予防などを軸とした「MDGs」(ミレニアム開発目標)が採択されましたが、SDGsはその後継として策定されました。
SDGsは、単に政治的なスローガンではなく、生活や経済活動をより良くするとの考えから国際的に注目が高まっているのです。

つまり、SDGsはグローバルな視点で世界中の人々が望むべき未来の実現に向けて必要なもので、世界中で求められているものなのです。
また、SDGsはグローバルで求められる巨大なニーズであり、企業にとって新たな市場を生む大きなビジネスチャンスでもあります。

SDGsに取り組むメリット

企業がSDGsへの取り組みを推進することは、社内的な意義だけでなく、対外的にもプラスの効果があります。
ここでは3つのメリットを紹介します。

◆ブランド価値が向上する
SDGsに取り組めば、ブランド価値が高まる効果が期待できます。

SDGsに注目する消費者は日本国内でも増えつつあり、環境保護をはじめ社会的なテーマに取り組んでいる企業を応援する意識は高まっています。SDGsに取り組む姿勢をアピールすれば、そのような意識の高い消費者を取り込むことにつながります。

また、ブランド価値が高まることで、人材採用にもプラスの影響を与える可能性もあるでしょう。

◆事業をスムーズに展開できる
SDGsに取り組むことで、事業展開の点でも好影響が得られる可能性があります。

近年は行政、経済界、金融界、消費者などさまざまな立場でSDGsを意識する動きが広がっており、例えば市場では「SDGs関連銘柄」と呼ばれるものまで現れている状況です。SDGsに取り組んでいると、消費者だけでなく投資家や取引先、行政機関に対しても好印象を与え、ビジネスを展開しやすくなります。

◆新しいビジネスチャンスを創出する
SDGsの17のゴールに関連するビジネスの市場規模は巨大であり、アイデア次第で新しいビジネスチャンスを創出する機会となっています。

SDGsに取り組む企業の事例

SDGsへの取り組みはすぐに始めることができます。
そこで役に立つのが、SDGsに着手している事例を知ることです。
ここではSDGsに積極的に取り組んできた大手2社のケースを紹介します。

◆花王
消費財メーカーの花王は、原材料の調達から製品製造、流通、そして消費者のもとでの使用や廃棄までの一連のプロセスにわたり持続可能性を意識しています。
さらに、花王は学校に教材を配布して環境保護を呼びかけたり、ホームページで数値実績を公表したりするなど、対外的な情報発信にも積極的です。

◆大和ハウスグループ
大手ハウスメーカーの大和ハウスグループは、二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目的に、「エネルギー“ゼロ”の住宅・建築・街づくり」を掲げています。
例えば、住宅や建物間でエネルギーを融通したり、太陽光発電所を住宅間でシェアしたりすることで、エネルギー効率を高めるビジョンも構想中です。

SDGsに取り組む中小企業の事例

SDGsが創出する新たなビジネスチャンスは、大企業だけでなく中小企業にとっても魅力的です。中小企業はスピーディーに事業展開できるため、多くの中小企業が取り組み、成功を手にしています。

ここではSDGsに積極的に取り組んできた中小企業2社のケースを紹介します。

◆ウミトロン株式会社
ウミトロン株式会社は、水産漁業に関するSDGsに着目したベンチャー企業です。同社はSDGsのいくつかの目標にまたがる水産資源の活用において重要な解決策となる水産養殖に注目し、グローバルにビジネスを展開しています。

従来人間の手作業で行われていた水産養殖の作業にITテクノロジーを活用して、ビジネスを拡大しています。例えば餌やりなどは見守り管理システムを活用して遠隔操作を可能にしました。

◆みなとく株式会社
みなとく株式会社は、SDGsの中でも食品ロスの問題に注目した食品ロス対策アプリ「No Food Loss」を開発し運用しています。

世界では飢餓に苦しんでいる国がある一方で、日本ではコンビニや外食産業などで食品ロスが継続して発生しています。「No Food Loss」は、食品ロスや余剰在庫に困った事業者から、まだ食べることができるのに廃棄されてしまう食品を取得し、クーポン形式でお得な価格で提供するアプリです。

まとめ

環境や教育などの社会的なテーマは、社会や経済活動を支える基盤の一つです。
消費者側も企業側も、立場を問わず一人一人が達成に向けた行動を取ることで、よりよい社会の実現につながっていきます。
ビジネスにおいて、SDGsは非常に魅力的な市場です。大企業・中小企業を問わず、誰でも大きな成功をつかむ可能性があります。

今回はSDGsに積極的に取り組む企業事例を紹介しましたが、SDGsは少しの心掛けから始めることが可能です。
企業が新しく取り組む際は、まず日常的な業務や職場環境を見つめ直し、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

 
 

The following two tabs change content below.
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 飲食店におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)について考える!

    デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、デジタル技術によるビジネスの変革を指し、飲食業界か...
  2. セミナーに参加するメリットとは?活用方法を知りたい!

    セミナーに参加すると、最新情報や限定情報を知ることができ、双方向的に学べるといったメリットがあり...
  3. CSR活動とは?企業や店舗におけるCSR活動のメリットや事例をご紹介!

    CSR活動とは、企業が果たすべき社会的な責任を指します。 社会問題や労働環境などへの人々の関心...
  4. 自粛期間中どのようにして過ごしていますか?お家での過ごし方や新しく始めた事など教えて下さい*
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 4

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  5. 店舗が知りたい!キャッシュレス決済の導入について

    近年、店舗において普及が進んでいるキャッシュレス決済。 経営者や担当者が今後キャッシュレス決済...
  6. 自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 3

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  7. あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください*
    消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 2

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  8. アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  9. 非常時の情報発信に!店舗のSNSを活用しよう

    非常時は正確かつタイムリーな情報が必要です。 自然災害などの緊急事態が発生した際には、自治体や...
  10. 飲食店で必要な防災対策とは?災害時にスタッフとお客様を守ろう!

    近年は国内において地震や台風、風水害などが多発しており、飲食店でも防災対策は重要な課題になってい...
  11. 【コロナ対策】中小企業への支援策 ~資金繰り・融資について

    新型コロナウイルス感染症の新規感染者は増加傾向が続いています。感染者用の病床稼働率は全国的にひっ...
  12. 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート~

    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国...
  13. 新型コロナウイルス感染症に負けない! ピンチをチャンスに変えるビジネス思考

    2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、アメリカの疾病対策センター(C...
  14. 決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご紹介

    店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。 この機会を効果的に活...
  15. いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中小企業への支援策

    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについ...
  16. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  17. 見直そう!集客の仕組み

    「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。いかに継続的に集客をし続ける...
  18. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  19. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  20. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  21. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  22. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  23. 食品衛生法の改正について

    2018年6月に食品衛生法が改正されました。今回はこのことについて概説させていただきます。...
  24. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  25. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  26. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企...
  27. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  28. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  29. 自店のポジショニングを確認して、他店との競争で優位に立とう!
    ~ポジショニングマップを活用しよう~【無料DL】

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  30. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  31. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  32. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  33. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  34. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 店舗運営を成功に導く正社員採用とは?新卒採用と中途採…
    The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 金村 勇秀(詳しいプロフィールを見る) 株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科 […]
  • 飲食店で必要な防災対策とは?災害時にスタッフとお客様…
    近年は国内において地震や台風、風水害などが多発しており、飲食店でも防災対策は重要な課題になっています。 飲食店では特に、人の安全を確保し、火事などの二次災害を防ぐ取り組みが必要です。 今回は、飲食店が準備すべき3つの防災対策を紹介します。
  • 雨の日こそ集客しよう!雨天時に出来る効果てき面な集客…
    「雨だからお客様が来ない」は大きな間違い!? 雨が降りやすい6・7月。梅雨は売上が落ち込みやすい季節です。 天気が悪いと必要がなければ外出する気にならず、特に飲食店では、一部の行列ができる店、人気店を除いて、客足が遠のいてしまいます。 “雨の日の集客”に頭を悩ませる店舗経営者は多く、「雨が降っているから、お客様が来なくてもやむを得ない」と考えてしまいがち。 しかし、事前に食材を調達して、仕込みをしてお店を開けている飲食店の場合、ここであきらめてしまうのはもったいないことです。 今回は飲食店に絞り、雨の日だからこそ売上を上げるための工夫についてお話します。
  • 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症…
    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国の小中学校と高校、特別支援学校の99%が休校措置を取り、大規模イベントは次々と中止や延期に追い込まれています。いつ自分や家族が感染するか分からない、目に見えない不安を感じながら毎日を過ごしている方も多いことでしょう。当「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINEにお友だち登録をしている方を対象に、新型コロナウイルス感染症についての緊急アンケートを行いました。その結果を見ると、今、みんなが感じていることが見えてきます。ぜひ参考にしていただければと思います。
  • 飲食店の敵、閑散期の「ニッパチ」を乗り切る集客方法と…
    飲食業界に限った話ではありませんが、2月と8月は「ニッパチ」と呼ばれ、他の月と比べると客足が落ち込みやすい月とされています。 飲食店がこの時期を乗り切るためには、来客が減る理由を整理し、対策を立てる必要があります。 本記事では飲食店がニッパチに集客するための方法を紹介します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP