「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

公開

空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にします。

 

なんとか採用までこぎ着けても、「長続きしない」「思ったように働いてくれない」など、その扱いに苦慮する企業も。雇用する側にとっては、採用や教育経費のコスト増につながる重大な問題ですよね。

 

 

優秀な人材がなかなか集まらない、従業員の能力が十分に発揮できていないと感じる経営者・採用者の方が往々にして陥ってしまう罠が、「もっと優秀な人材を集めること」に力を注いでしまうパターンです。

優秀な人材を集める難しさ

一般論として、担当者が採用時にチェックすべきポイントとして挙げられるのが、応募者の「スキル」や「学習能力」です。過去にどのような経験をしてきたか、そして本人に学習能力があるか、ですね。

 

今は「個人の能力」をチェックすることが、採用基準のスタンダードになっています。

 

労働市場においては、企業側の求人数がアルバイト希望者数を上回っている「売り手市場」が続いています。優秀な人材を集めるならば、他社よりも魅力的な雇用条件を提示することが必至です。

 

体力のある大きな企業であれば、よりよい雇用条件を提示すること可能かもしれませんが、資金力に限りのある中小企業には厳しい話でしょう。

チームの中の個人という考え方

では、中小企業は「優秀ではない人材」を甘んじて受け入れなければならないのでしょうか。

 

ここで押さえておきたいポイントは、アルバイト採用の目標を「個人の能力が高い人材を集めること」から「良いチームを作ること」にチェンジするということです。

 

たとえ優秀な人材を採用したとしても、その人がチームにいることで生産性が下がることが、往々にして起こりえるからです。

 

例として、サッカーチームを想像してみましょう。突出した技術を持つプレイヤーがいたとして、彼がもらったボールを誰にもパスせず、自分一人でゴールを決めようとし続けるならば、彼にボールを渡すメンバーは次第にいなくなるでしょう。

 

採用基準として最優先に考えるべきは、チームメンバーと仲良くできる人間性を持っているかどうか、です。

 

人間性という言葉は抽象的なので、「パスを出せる人、受け取れる人」と言い換えても良いかもしれません。仮に個人の能力がチーム平均に達していなかったとしても、ギブ・アンド・テイクのサイクルを自然に行える人であれば、仲間が彼の能力を引き上げてくれます。

営利組織としてタフネスさをどう作るか

採用において考えるべき一番のポイントは「人間性」です。

では、人間性に優れた人を採用すれば組織はうまくまわるかというと、そうとは限りません。

 

会社は営利組織です。競争市場の中で勝ち抜く組織として、タフネスさが常に要求されます。

 

タフネスな組織とはどのようなものなのでしょうか。

 

 

分かりやすい例として、ドラマや映画の世界で描かれる組織を想像してみましょう。

 

戦隊モノや、オーシャンズ11のような物語で繰り返し示されるように、逆境に耐え抜く有能な集団として描かれる組織は、性格も持ち合わせたスキルもバラバラなメンバーで構成されています。

 

リーダーシップのある人はもちろん必要ですが、リーダーを支えるサブリーダー、特殊技術担当、チームを盛り上げるお茶目な役、リーダーの方針にケチをつけるやつなど、さまざまなタイプがいますよね。

 

彼らはドラマの筋書きを面白くするためだけではなく、「組織として必要」だからいるのです。

 

 

なぜ、一見してチームとしての団結感を生み出さないように見えるメンバーが「組織として必要」とされるのでしょうか。勝つためのチームを作るのであれば、全員がリーダーシップを発揮し攻撃的なメンバーだけを揃えればよさそうなものです。

 

ですが、実際にそういう意図のもとに作られた組織はタフネスとは程遠い存在です。

 

多様性で負けない組織を作る

サッカーにおいても点を取る「フォワード」ばかり注目されがちですが、フォワードだけではチームとして成立しませんよね。

ボールをつなぐミッドフィールダーも、ゴールを守るディフェンダーも必要なのが会社という組織です。

時にはリーダーの指示を待たずに自己判断で動いたプレイヤーが、ファンタスティックなゴールを決めることも。

 

それぞれが役割を持ち、最大限に自分の能力を発揮できるチームは、タフネスといえるでしょう。

 

 

これは、攻めることだけを想定するのではなく、平時におけるパフォーマンスの高さや、劣勢に回ったときの粘り強さを意識した組織形態がいかに重要かを示しています。

 

 

効果的な採用基準の一つは、「攻撃力の高い人よりも守備力の高い人を優先的に選ぶ」ことです。

 

リーダーシップを発揮できる人材が求められる昨今、リーダーシップ以外の能力が備わった人材を見つけることが難しくなったように思います。

 

特に毎月課金をしていくようなストック型ビジネス(コワーキングスペース)においては、お客様の新規獲得よりも、一人のお客様に継続してご利用いただくことが重要です。

 

毎日の掃除や事務処理といった、目立たない仕事を淡々とこなしてくれるフォロワーシップに優れた人材が組織にいることが、経営する上でとても大切なのです。

長期的な視点で採用を考えましょう

以上のようにチーム作りの観点から人材採用を考えると、二つの大事なことが見えてきます。

 

一つは「パスのやりとりができる人間性を持っている人」を採用すること。

 

もう一つは「チームメンバーに多様性をもたせる」ように採用することです。

 

どちらも一朝一夕に成果の上がる方法ではありませんが、一人一人の能力を最大限に引き出すチーム作りは、組織のパフォーマンスを大きく改善してくれるはずです。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  2. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  3. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  4. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  5. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  6. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの...
  7. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  8. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  9. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  10. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  11. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  12. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  13. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  14. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
  • 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは
    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよそ7割が自宅で事業を営んでおり、組織形態も「個人企業」が84.9%に上るという結果が出ています。さらに、起業する際の人数は、74.6%が「1人(本人)だけ」です。組織の規模は関係なく、独立して起業すれば企業経営が始まり、その瞬間から個人ならば個人事業主、法人だったら“代表取締役”“代表取締役社長”になります。いわゆる経営者です。世の中には数え切れないほど多くの企業と、その企業を経営する経営者が存在しますが、その経営者の中には「成功する経営者」と「失敗する経営者」の2通りが存在します。起業して企業経営を成功させることは、生半可なことではありません。それでは「成功する経営者」の性格とはどのようなものなのでしょうか。
  • 売上をあげるための顧客リストを育てよう
    顧客リストについて、有名なエピソードを2つご紹介します。 最初は江戸時代のある呉服屋の話。その呉服屋は火事になった時、火の粉が迫り来る中、まず顧客台帳(顧客リスト)を井戸に投げ込んでから逃げました。そして火事が収まった後、顧客台帳を井戸から引き上げ、それを基にして商売を再開したのです。 また、アンドリュー・カーネギー(米国実業家、鉄鋼王。1919年没)は、「私の全ての財産を持っていってもかまわない。ただし、顧客リストだけは残しておいてくれ。そうすれば、私はすぐに今の財産を築いてみせる」という言葉を残しています。 この2つのエピソードは、顧客リストがあれば、事業がどのような状況に陥っても再起を図ることができるということを示唆しています。 他にも、“顧客リストは、あなたの貴重な財産で、育てるべきである”という言葉もあります。顧客リストを育てることができれば、好調な時でもさらなる売上をあげられるということだと思います。 しかし事業経営において、顧客リストを重要なアイテムだときちんと認識して、作成・管理・活用している会社は、意外と少ないのではないでしょうか?
  • ビジネス交流会に効果的に参加するには?
    ビジネスを発展させるうえで、人脈を広げるチャンスとなるビジネス交流会に参加することは、有効な営業手段の1つです。しかしながら、何の目的もなしに参加するだけではほとんど意味がなく、貴重な時間と参加費用の無駄遣いとなってしまいます。まずは参加する目的を明確にし、自身の目的に合った方と知り合える交流会を選びましょう。
  • 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて
    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス」や「新たな価値観の提案」という意味で使われるようになってきました。現在、メディアでもSNSでも「イノベーション」が起きています。今後は激しい時代の変化により、今まで「常識」であったものが壊れ、「イノベーション」がより必要になってきます。飲食店の場合、これからどのような対策をしていけばよいのでしょうか?
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP