お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

公開

ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。

 

それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。

 

毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。

【目次】
1.なぜポジションニングを確認する必要があるのか
2.ポジショニングとは「●●で□□といえば、あそこだよね」と思われること
3.多くの視点でポジションを確認しよう
4.まとめ

なぜポジショニングを確認する必要があるのか

店のサービスがお客様にとって「どういう時に使えるものと思われているか」が、

ポジションニングの考えの基本です。

 

図①

 

上記図①を見ると、A店は「駅から近く、安くて気軽に飲めるお店」という認識を得ていることが分かります。

 

しかし、なぜわざわざポジショニングを確認する必要があるのでしょうか。

 

それは、「不要な競争を減らす」ためです。

 

商売をしていれば、必ずといっていいほど競争相手がいます。その際に相手の強みを把握せずに立ち向かえば、相手の方が強い土俵で戦うことが多くなるでしょう。

 

例えば図①を見ると、A店とB店は「駅から近く、安くて気軽に飲める」という点で、かなり近いポジションを争っています。

 

もちろんB店が勝てる場合もあると思いますが、A店はすでにその強みを生かして商売をしているので、戦うだけで時間と労力を大きく消費してしまいます。

 

できれば不要な競争は避けた方が、他の部分でのサービスの質向上にたくさんの時間と労力を費やすことができるので、お客様に喜んでいただく機会は増えます。

 

その点、C店はA店との争いを避けて「駅からは遠いけど、気軽に飲めるお店」を目指しているので、争いの少ないポジションで一人勝ちできる可能性が高いでしょう。

 

図①-2

 

やりたい!と考えていることをすでに行っているお店が近くにあれば、そこと争うことになります。しかし、すでにそのサービスで地域の生活者が喜んでいるのであれば、そこはそのお店に任せましょう。

 

その他に生活者が困っていることを見つけて、それを叶えてあげる方が、お店の周辺の人達に与えられる幸せは多くなるでしょう。

 

「戦わずして勝つ」は、商売にも必要な要素です。

 

不要な争いに力を注ぐのではなく、ポジショニングを確認しながら有益な共存を模索してみてみましょう。

 

ポジショニングとは「●●で□□といえば、あそこだよね」と思われること

図①で言えば「駅に一番近くて、気軽に飲めるのはA店だよね」ということになります。

 

E店は「駅から少し離れている、高めのお店」。

 

どこが一番いいかは、商圏範囲内の住民属性や需要によって変わってきます。

 

もちろん一番需要が多くて売れるポジションを確立することが成功の近道。

 

しかし、一番売れるところは、すでに他のお店に取られている場合が多いでしょう。

 

そこで、ポジショニングマップを作り、空いているポジションを探すことが重要です。

 

図①でいえば、「駅の近くで高級なお店」が空いてます。ターゲットが多そうであれば、お店のコンセプトを空いているポジションを基に変えてみてもいいでしょう。

 

図①-3

 

また、「3時のおやつは文明堂」、「朝専用コーヒー」のように、「●●といえばあれ!」と生活者の頭に刷り込むために、狙っているポジションに合わせたキャッチコピーを考えることが大切です。

 

多くの視点でポジションを確認しよう

ポジショニングを考える時、なにを基準に考えればいいか、悩むことが多いと思います。

 

ポジショニングの条件を考える時に重要なことは「たくさんの視点から確認すること」です。

 

図①の事例では「駅から近い」と「安くて気軽」の2条件でしたが、これ以外に「女性が喜ぶ」や「60歳代が喜ぶ」など、他の視点からもポジションのかぶりがないかを確認することが大切です。

 

繰り返しになりますが、ポジションニングを確認する理由は「不要な競争を減らすこと」です。

 

争わなくても成功するポジションを見つけて、お店のサービス改善に注力するためにも、見落としが無いようにたくさんの視点から確認するようにしましょう。

まとめ

「戦わずして勝つ」を実践するために、まずは自店と他店のポジションをしっかり確認しましょう。

 

ポジショニングマップは白紙に縦軸と横軸を書き、いろいろな条件をもとに点を打っていくだけで、始めることができますので、まずはどんどん作ってみることをおススメします。

 

しかし、社内で共有したり、資料を作るのが大変だということもあると思います。その際に使えるポジショニングマップ作成用のエクセルを作成しましたので、よろしければご活用ください。

 

↓↓↓下記画像をクリックしてダウンロードできます↓↓↓

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  2. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの...
  3. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  4. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  5. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  6. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  7. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  8. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  9. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
交流会開催情報
第9回船橋ビジネス交流会
日程:2019年1月23日(水)
時間:18時半~20時半
参加費:2,000円(軽食・ドリンク付き)
対象者:経営者、決裁権のある役職の方
※船橋市外の方の参加も可能です。
定員:30名
経営者や販促担当者にとっての「学びと交流の場」創りをコンセプトに、地域ビジネス活性化の場として「ビジネス交流会 in 船橋」を地域新聞社主催にて開催いたします。
  • あなたはどのタイプ?経営タイプを戦国武将にたとえると
    経営者には歴史好きが多く、歴史関連の書籍を愛読し、歴史上の人物が残した名言を座右の銘や経営指針にしたり、スピーチをするときに引用したりする方が大勢います。 「歴史上の人物に学ぶ」「戦国武将に学ぶ」といったテーマの経営者向けセミナー根強い人気を誇っていますよね。今回は歴史ビギナーの方にも分かりやすいように、経営者のタイプを戦国時代の代表的な武将「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の3つに分類。 それぞれの傾向と最適な経営方法ついて、ご紹介します。
  • 見直そう、会社の財布!経費節約について
    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたとしても、コスト・経費がかさみ、利益率が悪かったらもったいないですよね。 多くの企業様、個人事業主様のマーケティング・経営支援をしていますが、売上を上げているお客様ほどコスト・経費に目が行き届かず、利益率があまり良くないというケースが多いです。 では、コスト・経費を削減するにはどうすればいいのでしょうか。
  • ○○マーケティングって、つまり何?
    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります。一つ一つ覚えるのは大変ですし、技術の進歩に合わせて日々新しい言葉が生まれています。今回は、難しい表現をできるかぎり簡単な言葉に言い換えてみましたので、「へえ~そうなんだ」くらいの軽い気持ちでご覧いただければ幸いです。
  • 中小企業のためのブランド戦略とは
    「ブランドって何?」と問われたときに、明確に答えられる人はどれだけいるのでしょうか。「ブランド」という言葉は誰でも聞いたことがあるはずですが、私は言葉だけが一人歩きしてしまっているように感じています。このサイトをご覧の皆様がブランドに関する正しい知識を持ち、ビジネスの発展に役立てていただけるよう、解説をさせていただきます。
  • 中小企業のブランド戦略・パート3
    顧客は誰か?「ペルソナについて」情報もモノも溢れている時代だからこそ意識したいこと。ブランドづくりについて、特にエンドユーザーに商品やサービスを提供するお店や会社などは、頭を悩ませることが多くなっています。例えば、年齢一つとっても、私は46歳になるのですが、自分の過去を振り返って考えてみても価値観の変化に気づくことがあります。SNSやユーチューブなどはもちろんありませんでしたので、仮に今私が10代だったとしても、過去の自分とは違った価値観になるのは想像できます。更に、同じ40代でも41歳と49歳では全く違う価値観と言うことも言えますし、同じ年齢だったとしても置かれている立場や状況によっても価値観は違うものです。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP