ビジネス交流会に効果的に参加するには?

ビジネスを発展させるうえで、人脈を広げるチャンスとなるビジネス交流会に参加することは、有効な営業手段の1つです。

 

それによって見込み客、または新規事業を立上げる際などのビジネスパートナーを効率的に探すことができます。

 

しかしながら、いざ参加してみると、なかなか成約につながらない、名刺を集めただけで時間の無駄だったと感じる方が多いのではないでしょうか。

 

実際、何の目的もなしに参加するだけではほとんど意味がなく、貴重な時間と参加費用の無駄遣いとなってしまいます。

 

【目次】
1.参加する目的を明確にし、事前準備を怠らない
2.自己PR・プレゼンは大事
3.自己PR・プレゼンのコツ
4.まとめ

参加する目的を明確にし、事前準備を怠らない

まずは参加する目的を明確にし、自身の目的に合った方と知り合える交流会を選び、参加中は“効率的に動く”ことが大切です。

 

つまり交流会の活用法を十分理解して参加をすることで、成果を上げることができます。

 

それでは成果につながる交流会の参加方法についてお話します。

 

まずは事前に交流会の進行手順を確認し、準備をしておくことをおすすめします。中には名刺交換だけでなく、ミニセミナーがあったり、何かしらのイベントがあったりする交流会もあります。

 

しっかりと準備をしてから参加することで、他の参加者からの印象が上がり、存在を際だたせることができます。また、交流会の主催社(主催者)の情報も事前に調べておきましょう。

 

主催社がどのような会社なのか知ることで、交流会の内容や雰囲気、どのような人が参加するのかなどを、ある程度予想できます。それによって、自身の目的にあう方と出会える確率が高まります。

 

さらに、参加者全員の前で自己PR・プレゼンができる時間があるかどうかも重要なポイントです。交流会の平均的な開催時間は2時間といわれています。そのなかで参加者同士が交流できる時間は、1時間がいいところではないでしょうか。

 

参加者と個別に名刺交換をして、お互いの仕事内容を紹介し合うとなると、多くても10名から15名が限界です。

 

せっかく参加しても参加者全員に自身の紹介ができず、また一部の参加者しか知ることができなかったら、効率的な営業活動とはいえません。

 

交流会で成果を出すためにも、全員の前で自己PR・プレゼンができる時間があるかどうかを確認しておきましょう。

 

自己PR・プレゼンは大事

自己PR・プレゼンの重要性は、主に下記の2点です。

 

1.効果的な自己PR・プレゼンをすることで参加者の注目集め、名刺交換時に自分の目的にあった方からのアプローチが来やすくなる

 

2.他の参加者の自己PR・プレゼンを聞くことで、名刺交換をする相手を絞ることができる

 

自己PR・プレゼンをすることで、多くの方が話しかけてくれ、自身も相手を絞れているのでピンポイントで話しかけることができます。

 

とくに向こうから来る場合は、ある程度興味を持って話かけてくれるので、スムーズなコミュニケーションが可能となり、交流会終了後に継続的にフォローすることで、ビジネスにつながる可能性が高くなります。

自己PR・プレゼンのコツ

では次に、自己PR・プレゼンのコツについてお話します。

 

ポイントは3つです。

 

1.自社・自身の経歴や実績を話す

例)

・○○のような実績のある企業にサービスを提供してきました

・○○社でトップセールで表彰され、独立をしました

・現在までに○○の経験が豊富で、○○には自信があります

 

2.自社の強み

例)

・○○の業種に特化したサービスを提供した実績があります

・今までに○○社(具体的な数字)への採用、導入実績があります

・○○のような難しい案件にも対応できます

 

3.最後に添えたい一言

例)

・○○のような方がいらっしゃいましたら、是非ともお声かけください

・○○についてお困りの方がおりましたら、「○○を解決できる方を知っています」とご紹介ください

 

また自己PR・プレゼンをするうえで、話し方も重要です。

 

①あごを上げて、しっかり前を向いて話す

②大きい声で滑舌良く話す

③早口すぎずに聞き取りやすいスピードで話す

④表情を豊かにする

 

など。どんなに自己PR・プレゼンの内容が良くても、話し方が良くなければ興味を持たれにくいので、非常にもったいないです。

 

人前で話すことに慣れていない場合は、事前に練習し、本番では上記のことを意識しながら話すことをおすすめします。

まとめ

・進行手順や主催社(主催者)の情報などをあらかじめチェックし、交流会と自分の目的が合っているかを確認しておきましょう。

 

・名刺交換だけでなく、自己PR・プレゼン時間を設けている交流会に参加した方が、効率的な営業活動やビジネスパートナー探しができます。

 

・自己PR・プレゼンするときは、内容や話し方に気を配ってください。初めての方は事前に練習をしておくなどして、自信をつけておきましょう。

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
セミナー開催情報
リピーターを増やす! 「LINE@×広告」活用セミナー
日程:2017年9月21日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
コミュニケーションアプリとして多くの方に利用されている「LINE」を使い、リピーターを更に増やしませんか?実際の導入事例や友だち獲得の方法、サービス概要まで詳しくご説明いたします。
  • 売上につながる重要顧客の探し方①
    ~デシル分析…
    お店の売上を底上げしてくれる「お得意さん」を肌感覚で判断していませんか?
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
  • ちいき新聞の裏側公開!
    会社独自のノベルティ…
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が独自に作成しているノベルティについてご紹介します。
  • 『エスキモーに氷を売る』
    マーケティングとは何…
    マーケティング的には、著者が述べている考え方に目新しいものはありませんが、営業についての考え方は、今の時代にも十分通じる内容です。 物を売ることを生業としている人達にとっての“基本中の基本”、まさに営業、マーケティングの原理原則が述べられています。
  • 行列と笑顔を生む、「チンドン屋」販促とは?
    店舗周辺の歩行者を集客する際に、とても大きな威力を発揮する「チンドン屋」という手法をご存知でしょうか?太鼓などの楽器を鳴らしながらお店のチラシを配り歩く、とても賑やかな販促方法。江戸末期に始まったといわれていますが、ネットが普及した現代だからこそ、人による「リアル」な販促手法が人々の注目を集める可能性は高いといえます。珍しさが人を呼ぶ、温かい販促手法をご紹介いたします。
PAGE TOP