自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 3 | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?
アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 3

公開

「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をしている方を対象に、アフターコロナ、withコロナに関する意識調査を行いました。回答件数は1,947人と、これまでで最多の回答数となりました。やはり関心が高い内容だといえます。

 

経済や生活の不安はまだまだ続きますが、できることをやっていきましょう。本記事が貴社の経営や販促におけるヒントになれば幸いです。

 

【質問項目】
1、緊急事態宣言が解除された後の外出頻度について 1番近いものはどれですか?
2、飲食店の感染症対策でありがたいと思うのはどれですか?上位3つを選んでください
3、緊急事態宣言中に、よく行くお店の情報(休業、営業時間、テイクアウト等)を知る手段として使っていたのはどれですか?※複数回答可
4、今年の夏休みはどのように過ごしたいですか?※複数回答可
5、あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください

 

ここからは緊急事態宣言中の暮らしについて

6、自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?
7、自粛期間中はどのようにして過ごしていましたか?ご自宅での過ごし方や新しく始めたことなどを教えてください

 

今回はアンケートの自由記述である≪≪【Q6】緊急事態宣言中の暮らしについて 自粛期間の生活で一番困っていることはなんですか?≫について分析していきます。

>>Q1~4の調査結果はこちら「アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~」
>>Q5の調査結果はこちら「これからあなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えて下さい」
>>Q7の調査結果はこちら「自粛期間中どのようにして過ごしていますか?お家での過ごし方や新しく始めた事など教えて下さい」

共起ネットワークと名詞ワード

図1は【Q6】の回答内に出現するワードを図にした共起ネットワークです。円が大きいほど出現回数が多く、色ごとでグルーピングされています。

【図1】

 

▼自由記述内で出現した名詞ワード(表1)

 

表1は回答内に出現した名詞、サ変名詞(「する」を付けることで動詞になる名詞)のワードだけをまとめたものです。1人の回答の中で複数出現する場合は、それぞれ出現回数にカウントされます。「子ども」「仕事」「買い物」、この3つが大きな柱となりそうです。

 

一番大きな円は「子供」。関連するワード同士は黄色でひも付けされています。回答者に主婦層が多いこともあり、全体的にみると自粛中のお困りごとは子どもに関するものが多かったことが分かります。自粛期間中は休校になったことで、仕事を休まざるを得なくなり、収入が減ったにもかかわらず、食費が増えてしまうといった悩みも読み取れます。子どもが外に遊びに行けないことでストレスを抱えることや、勉強の遅れへの心配という悩みもありそうです。

 

実際の回答をいくつかご紹介します。

 

「保育所に通う子どもが、ストレスがたまり、運動不足、生活リズムが崩れ、友達との共育の機会が減り、テレビを見る時間が増えているので、それが一番困り、ふびんに思う」(40~49歳女性)

「子ども達の学習面を親が管理してやらせなければならないこと。学校だけでなく塾からも家庭に任されていた部分が大きく大変」(30~39歳女性)

「どこのお店が臨時休業や短縮営業しているのか、いつから営業再開するのかという情報がまとめて入ってこないこと。一軒ずつ調べないといけないこと。近所のお店の状況がひと目で分かると助かる」(20~29歳 男性)

 

年代別出現ワード

▼年代別出現ワード

年代別にみてみましょう。

 

10代は遊べる場所がなく、ストレス発散の場所がない、また、そのせいで肌荒れなどを起こすなど、心身の健康状態への影響がみられます。また、表中では省略していますが「特になし」という回答が多かったのは特徴的です。

 

20~30代は、買い物に関する悩みが多く、日常生活に必要なものの買い物でさえ気軽に行けないという声が多く上がっています。また、買い物へ行ったとしても目的の商品が売られていない、または売り切れだったとか、店舗が時短営業をしているために、仕事帰りに行けなくなった、買い物の時間帯が限られることで客が集中し、いつ出掛けても、どこに行っても混雑している、等の悩みが上がりました。

 

 ▼実際の回答

 「お店が早く閉まるため、勤務の後だと買い物ができない」(20~29歳女性)

 「子どもを連れて買い物に行けない」(30~39歳女性)

 

40~60代には「運動」というワードが入っています。年齢的にも免疫力が落ち、健康が気になる年代です。自粛期間中は大幅に外出を控えていたので、体力だけではなく、筋力も低下していきます。心身ともに健康でいるためにも、室内で身体を動かし筋力低下を防ぐ過ごし方を、うまく伝えられると良いかもしれません。

 

 ▼実際の回答

 「普段なら階段の上り下りや歩くことがあるが、在宅なので運動不足を感じる」(50~59歳女性)
 「とにかく運動不足」というシンプルな回答が非常に多くみられました。

 

70代以上に多くみられたのは、「仲間」「寂しい」「友達」というワード。少子化や核家族化に伴い、一人暮らしの高齢者が増加傾向にありますので、趣味をもったり、習い事をしたりすることが「生きがい」であると考えられます。孫に会えなくなったり、法事が中止や延期になったりしたなどの悩みもありました。また、70代以上にも「特になし」という回答が多くみられました。

 

 ▼実際の回答

 「遠くに居る孫に会えない。夫婦で好きなものを気軽に食べに行けない」(70代以上女性)
 「スポーツクラブや、趣味のダンスができないこと」(70代以上女性)
 「ジム休止による身体運動不足と、趣味の活動休止による脳活動の不足」(70代以上女性)

 

 

10代、20代はその他の年代と比較してみると、自分自身の身の回りに関するワードが多くみられます。30~40代は子どもに関するワードが多く、50代は仕事や家族に関するもの、60代以降になるとまた自分自身の回りに関するワードになってきます。

 

まとめ

回答から出現したワードを分析した結果、それぞれの年代の方が、自粛期間の生活で一番困っていることがみえてきました。

 

次回は≪【Q7】緊急事態宣言中の暮らしについて 自粛期間中はどのようにして過ごしていましたか?ご自宅での過ごし方や新しく始めたことなどを教えてください≫の回答について分析していきます。

 

※アンケート集計にはKH coderを使用しております。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. SDGs(持続可能な開発目標)とは?企業が取り組む事例についてもご紹介!

    SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」...
  2. CSR活動とは?企業や店舗におけるCSR活動のメリットや事例をご紹介!

    CSR活動とは、企業が果たすべき社会的な責任を指します。 社会問題や労働環境などへの人々の関心...
  3. 自粛期間中どのようにして過ごしていますか?お家での過ごし方や新しく始めた事など教えて下さい*
    アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 4

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  4. 店舗が知りたい!キャッシュレス決済の導入について

    近年、店舗において普及が進んでいるキャッシュレス決済。 経営者や担当者が今後キャッシュレス決済...
  5. あなたが取り組むアフターコロナ、withコロナ対策を教えてください*
    消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~ Part 2

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  6. アフターコロナ、withコロナに関する消費者意識調査~ちいき新聞読者対象~

    「販促の大学」を運営している地域新聞社では、地域新聞社LINE公式アカウントにお友だち登録をして...
  7. 非常時の情報発信に!店舗のSNSを活用しよう

    非常時は正確かつタイムリーな情報が必要です。 自然災害などの緊急事態が発生した際には、自治体や...
  8. 飲食店で必要な防災対策とは?災害時にスタッフとお客様を守ろう!

    近年は国内において地震や台風、風水害などが多発しており、飲食店でも防災対策は重要な課題になってい...
  9. 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける中小企業への支援策 ~資金繰り・融資について

    新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっています。流行そのものも長期化しそうな気配です。流行に伴う...
  10. 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート~

    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国...
  11. 新型コロナウイルス感染症に負けない! ピンチをチャンスに変えるビジネス思考

    2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、アメリカの疾病対策センター(C...
  12. 決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご紹介

    店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。 この機会を効果的に活...
  13. いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中小企業への支援策

    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについ...
  14. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  15. 見直そう!集客の仕組み

    「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。いかに継続的に集客をし続ける...
  16. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  17. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  18. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  19. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  20. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  21. 食品衛生法の改正について

    2018年6月に食品衛生法が改正されました。今回はこのことについて概説させていただきます。...
  22. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  23. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  24. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企...
  25. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  26. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  27. 自店のポジショニングを確認して、他店との競争で優位に立とう!
    ~ポジショニングマップを活用しよう~【無料DL】

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  28. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  29. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  30. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  31. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  32. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • リードナーチャリングとは?顧客を育成する手法について…
    リードナーチャリングという言葉をご存知ですか?リードナーチャリングを行うことで、今まで購入に至っていなかった見込み客を、自社の最終的な“お客様”にすることができます。企業が活用できるリードナーチャリングの手法について解説します。
  • 経営危機に陥っても大逆転できる経営者の性格とは
    「起業と起業意識に関する調査」(日本政策金融公庫実施、2016年度版)によると、起業する人のおよそ7割が自宅で事業を営んでおり、組織形態も「個人企業」が84.9%に上るという結果が出ています。さらに、起業する際の人数は、74.6%が「1人(本人)だけ」です。組織の規模は関係なく、独立して起業すれば企業経営が始まり、その瞬間から個人ならば個人事業主、法人だったら“代表取締役”“代表取締役社長”になります。いわゆる経営者です。世の中には数え切れないほど多くの企業と、その企業を経営する経営者が存在しますが、その経営者の中には「成功する経営者」と「失敗する経営者」の2通りが存在します。起業して企業経営を成功させることは、生半可なことではありません。それでは「成功する経営者」の性格とはどのようなものなのでしょうか。
  • 見直そう!集客の仕組み
    「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。いかに継続的に集客をし続ける事ができるか、また、明日からの集客に困らない予約が2カ月、3カ月先まで埋まるような仕組みを作れるか、が事業継続の大きなカギとなりますが、なかなかうまくいかず悩んでいる事業者も多いのが現実です。今回はこの「集客」について、WebやITの側面から考えていきます。
  • 効果的なノベルティグッズの制作で販促を成功させるコツ
    ノベルティグッズという言葉はよく耳にしますが、具体的にどんなものが思い浮かびますか。「●●円以上購入で、ノベルティプレゼント♪」といううたい文句がアクセサリーショップや服飾店、雑貨店などでよく使われますが、実はこれは「プレミアム」と呼ばれる購入者への特典品です。ノベルティグッズは、企業や店舗で使われる販促方法の1つで、企業名や自社サービス、自社ブランドが印刷されたアイテムなどを無償で配るもの。企業や商品、サービスの認知度の向上や商品の購入を促すことを目的としており、企業イメージをグッズに落とし込むことでブランディングにもつながります。今回はこの、ブランディングを目的としたノベルティグッズで販促を成功させるコツについてご紹介します。
  • 【受付終了】集客・売上アップにピッタリ!小規模事業者…
    「周囲にライバル店が増えているので、何か手を打ちたい」「新店舗を出すので既存顧客にDMを送りたい」「ホームページが古くなってしまい、問い合わせがほとんどない」「売上げが頭打ち。新しい取引先を開拓したい」「店を改装し、イメージを一新したい」「ブランディングについて専門家のアドバイスが欲しい」このような悩みや課題、計画をお持ちではありませんか。個人事業・小規模事業者の皆さんの味方となり、売上アップや新規顧客の獲得などの取り組みを応援してくれるのが「小規模事業者持続化補助金」です。日本全国の個人事業・小規模事業者に活用され、実に96%もの皆さんに売上げアップの効果が出ている「小規模事業者持続化補助金」が、今年も実施されます。「小規模事業者持続化補助金」を活用して、悩みや課題を解決し、計画を実行しましょう!
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP