見直そう!集客の仕組み

公開

「集客」はあらゆる事業を行う人たちにとって、永遠のテーマといえます。

 

いかに継続的に集客をし続ける事ができるか、また、明日からの集客に困らない予約が2カ月、3カ月先まで埋まるような仕組みを作れるか、が事業継続の大きなカギとなりますが、なかなかうまくいかず悩んでいる事業者も多いのが現実です。

 

今回はこの「集客」について、WebやITの側面から考えていきます。

 

【目次】
1.お客様の気持ちと決心するまでのプロセス
2.お客様の状態を意識した集客方法が重要
3.リピート集客の強化が集客力アップとコストダウンにつながる
4.まとめ

お客様の気持ちと決心するまでのプロセス

集客とは、あなた(お店や製品、あなた自身)を選んでくれる人をたくさん集めるという事です。
ここではお客様があなたを選ぶ(決心する)までのプロセスについて見ていきます。

 

◆常に比較されている!
お客様を取り巻く環境は情報過多になっています。

 

Webで検索すればさまざまな情報が入手でき、InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSでは正直なクチコミをいとも簡単に得る事ができます。しかもこのような環境になってから既に何年も経っており、お客様が情報を取捨選択する能力は高くなっています。

 

何かが欲しい、どこかへ行きたいと思ったとき、多くのお客様は目的のものWeb上で探し、概要や詳細の情報を収集して、さらに比較をするという行動をとります。事業者は比較される事を念頭に置いて、ホームページやSNSでの情報発信をしなければなりません。

 

◆潜在顧客と顕在顧客
お客様がモノやサービスを選ぶ際の気持ちの変化に注目してみましょう。

 

お客様には大きく分けて「潜在顧客」「顕在顧客」の二つの状態があります。

 

「潜在顧客」とは、まだ必要性を実感していない未来のお客様です。そのため、明確に欲しいもの、必要なものが頭の中には無い状態です。

「顕在顧客」とは、いま欲しいもの、必要なものがあるお客様です。どんな困りごと(課題)を解決したいのか、何が必要なのかが明確な状態です。

 

どちらに向けて集客をしたいかで、対策が違う事に注意する必要があります。

 

◆マーケティング視点で見た消費者の購買行動モデル
お客様の気持ちの変化や行動がわかったところで、これらのまとめとしてマーケティングの視点から考えてみましょう。

 

有名なのが、電通によって提唱されたAISAS(アイサス)というモデルです。これは5段階のプロセスによって構成されおり、それぞれの行動の頭文字をとってAISASと名づけています。

 

 A・・・認知・注意(Attention)
 I・・・興味・関心(Interest)
 S・・・検索・比較(Search)
 A・・・行動(Action)
 S・・・共有(Share)

 

さて、このAISASですが、実際にはどんなシーンに当てはまるのでしょうか。ここでは最近カラダがだるい事が気になるC子さんの行動で見ていきましょう。

 

 

 最近体調不良に悩まされているC子さんはある広告を目にしました。(Attention)

 

 

 

 「自分に当てはまるわ!」と思ったC子さん。(Interest)

 

 「でも、これって本当かしら??」という疑問も感じたので、さっそくホームページや口コミサイトで情報収集を始めました。(Search)

 

 いろいろ調べた結果、自分の症状にもマッチするし、ホームページの情報も豊富で親切な作りである事、WebやSNSの口コミも悪くない事を知って、この広告主である「オーダーメードインソール」のお店へと向かったのです。お店で話を聞いてとても気に入ったC子さんは、早速インソールを注文しました。(Action)

 

 

 オーダーメードインソールを使い始めて、腰痛も足のむくみも消えたC子さんは、今の嬉しい気持ちを誰かに伝えたくなり、また同じ悩みを持つ人へも教えてあげたくなりました。早速C子さんはSNSでひと通りのいきさつを説明し、このお店を紹介したのでした。(Share)

 

 

いかがでしょうか?自分に当てはめてみても納得できる部分が多いと思いませんか?

 

頻度の差はありますが、一般的にこのような行動をとって購買へと至る人が増えています。この例では、C子さんが初めからオーダーメードインソールを名指しで探したわけではなく、すぐに購入という行動をしていない事にも注目してください。C子さんはたまたま広告を目にして「この症状は自分に当てはまるわ!」と思いました。

 

そうです。C子さんは潜在顧客だったともいえるのです。

お客様の状態を意識した集客方法が重要

ここまでは、お客様の心理状態や気持ちの変化についてお伝えしてきました。これらは、集客を行う際にどんな方法を取ったらいいのか、どんなツールを使ったらいいのかを決める上で、とても重要です。

 

次はWebやITの側面から、事業者側で用意する集客ツールがどのようなお客様の状態に適しているかをまとめてみます。

 

◆ホームページ

事業者にとって、まずは持っておくべきものの一つでしょう。現在では名刺の役目も担う存在となっています。自分の判断の裏付けを得るためや、信用性、信頼性を確認したいためにアクセスする人も多くいます。

 

・適したお客様の状態
 AISASのどのシーンにも使われます。

 

・活用パターン
 ①潜在顧客向けとして、SNS広告やディスプレイ広告からホームページへと誘導します。最近は商品購入や申込を促すことに特化した「ランディングページ」という1ページだけのホームページの活用が急速に広まっています。「今すぐ購入」等のボタンがあり、TVショッピングの内容を落とし込んだような作りのものが多いです。

 

 ②顕在顧客向けとして、リスティング広告やSEO対策からホームページへ誘導します。

 

 ③人材募集用として、リスティング広告や人材募集サイトからホームページへと誘導します。簡易ホームページでは決まったフォームでの情報公開のため、特別なことを伝えるのは難しいですが、自社ホームページであれば特長はもちろん事業や商品にかける思いや仕事仲間を自由に公開できます。

 

・注意点
 ホームページはあるだけでは意味がありません。まずは見てもらう工夫をすることです。時代によってはやりのデザイン(SEO対策的に有効なものも含む)はありますが、見た目だけにこだわらずホームページとしての役割が果たせる作りになっているかに注意しましょう。少なくとも月1回程度は更新しましょう。作って終わりではなく、作ってからが始まりです。 

 

 

◆SNS
国内でもユーザ数が日々増えており、個人事業主から大企業までSNSを使ったイメージ戦略や集客が一般的になりました。最近ではInstagramが急激に伸びています。通常の投稿だけではなく、SNS広告を使う事業者も増えてきています。またYouTubeだけではなく、FacebookやInstagramでも動画広告が急増中です。

 

・適したお客様の状態
 潜在顧客向けとして、AISASでは認知・注意(Attention)と興味・関心(Interest)のシーンで用いると効果的です。また既存顧客(特にロイヤルカスタマー)向けとしては、共有(Share)のシーンで活用してもらえます。

 

・活用パターン

 ①潜在顧客向けにSNS広告を配信するところから始まります。広告からホームページや「ランディングページ」に誘導した後に、販売、予約、メールや電話などの情報入手につなげます。

 

 ②既存顧客が自身のアカウントで共有(Share)するところから始まります。いいね!で拡散していき、他の潜在顧客の認知・注意(Attention)と興味・関心(Interest)につながります。

 

 ③Facebookのグループなどでコミュニティを作り、ロイヤルカスタマー等と事業者が情報交換・共有する場にします。

 

・注意点
 SNSではあからさまな広告宣伝、売込みは好まれない傾向にあります。投稿記事などでは売り込みではなく、知って得する内容やイベント準備の報告などにとどめ、売込み要素を減らす工夫が必要です。フォロワーが多ければ、アンケート等を行い、商品やサービスに結果を反映するのも効果的です。それぞれのSNSの特徴に合わせた使い方をしましょう。

 

 

◆スマホアプリ(お店や企業の公式アプリ)
ファストフードやコンビニ、大手企業などはスマホアプリ活用が急増中です。

 

最近では比較的リーズナブルに公式アプリを持てるようになっていますが、中小企業や個人店舗ではまだ参入者が少ないため、今からでも導入すればライバルに差をつける事ができます。スマートフォンの利用率の上昇と共に、ますます公式アプリが一般化することが予想され、自社で保有するメディア「オウンドメディア」用や顧客管理用のツールとしての活用が今後増えると思われます。「オウンドメディア」の代表としては、自社ドメインのホームページやブログ、スマホのホーム画面にオリジナルアイコンが表示される公式アプリがあげられます。

 

・適したお客様の状態
 既存顧客向けで、特にリピート集客の強化に活用すると高い効果が期待できます。

 

・活用パターン
 ①スタンプ機能やクーポン機能を使ったリピート促進から、常連客を醸成します。

 

 ②顧客管理機能を使い、特定のお客様へプッシュ通知による個別メッセージを送ります。例えば、9月生まれの30代女性のお客様に女性限定商品の割引クーポンを、誕生日特典として誕生日前月に自動的に贈る、といった運用をしています。届けたい情報を届けたい方に、届けたい時に提供することができます。

 

 ③ブログとしてお役立ち情報を発信します。アプリ以外では得られないようなコアな情報やお得な情報などに向いています。

 

 ④開封率が高いプッシュ通知を効果的に活用して、直前や当日の突発的な状況連絡に利用しています。例えば、雨の日サービスや予約キャンセルに伴うスケジュール穴埋めの連絡用として活用します。

 

 ⑤ファン育成ツールとして活用します。スマホのホーム画面にオリジナルデザインのアイコンが使えるアプリ限定ですが、画面上に常に企業やお店のロゴがあるとザイオンス効果(単純接触効果)により、企業やお店への愛着が深まります。

 

・注意点
 ホームページやSNSよりも、さらにお客様に近いツールであるため、プッシュ通知を送る時間や頻度に注意するなどの配慮が必要です。スタンプ機能を上手に活用して、非通知設定やアプリ削除をされないような工夫を心掛ける必要があります。

 

※スマホアプリについては「急げ!スマートフォン対応」の記事も参考にしてください。

リピート集客の強化が集客力アップとコストダウンにつながる

ここでは、リピート集客と集客コストについて考えます。みなさんは、一般に企業やお店は新規集客とリピート集客のどちらに手間とコストをかける傾向があると思いますか?

 

答えは新規集客です。

 

新規集客はお客様があなたの企業やお店の存在すら知らない状態で行います。ましてやお客様は必要性を全く感じていない場合もありえます。この状態から、AISASの認知・注意(Attention)、興味・関心(Interest)、検索・比較(Search)、行動(Action)まで進めなくてはなりません。

 

ではリピート集客はどうでしょうか?

 

リピート集客は、一度でも購入したり来店したりしたお客様を対象とする施策なので、新規集客で必要なステップを省く事ができます。アプリやメール登録をしてもらえれば、直接連絡をとる事もできます。

 

さらにリピート集客を強化するメリットは、売上の予測をが立てやすいという点です。定期的に通ってくれるお客様であれば売り上げも推測しやすいですし、次回の予約ができる仕組みを導入すれば、さらに正確な予測ができます。

 

またリピートをするお客様は良い口コミを広げてくれるという効果も期待できます。

 

こちらの図はかなり極端な例ですが、毎月200人のお客様が必要だと仮定し、新規のお客様の10%が毎月リピートしてくれているという条件でグラフを作成したものです。

 

 

毎月のリピート集客を強化する事で、新規集客の必要が減っていくのが分かります。売り上げの予測が高くなることに加えて、新規集客にかけている広告・宣伝費用の削減の裏付けにもなります。

 

では、リピート客を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか?集客方法という観点から2つの方法をご紹介します。

 

①リピート集客の仕組みをつくる
アプリやSNS、メールなどを総合的に活用した仕組みづくりが重要です。

 

②新規集客する際に、リピートしてくれそうなお客様へ向けて集客をする
リピート集客は新規集客をする時から始まっています。

 

どんな人たちに向けて新規集客を行っているのかに注意してください。例えば、初回割引クーポンや価格で決める方に向けて集客していたらどうでしょうか?初回割引が目的で利用した方にはリピートしてもらいにくいですし、価格で決める方はもっと安いところがあったらそちらへ行ってしまいます。

 

お客様に選んでもらう際に「何で選んでもらうか」という事を考えて、新規集客の仕組みを作る必要があるのです。集客とは、あなた(お店や製品、あなた自身)を選んでくれる人をたくさん集める事を忘れないようにしましょう。そしてこの考え方は「顧客単価を上げる」という事にもつながります。

まとめ

お客様の気持ちの変化から行動プロセス、その行動プロセスに適したWebやITを使った集客方法について、重要で効果的な部分に絞ってお伝えいたしました。

 

ホームページやSNS、スマホアプリなどはあればよいというものではなく、検証を繰り返しながら継続的に使用する事が必要なツールです。うまく使えば集客力を確実に強化してくれますが、放置していては逆効果になってしまう場合もあります。

 

賢く使って、広告宣伝だけに頼らないあなた独自の集客の仕組みを作りましょう。

 
 

The following two tabs change content below.
長谷川和也
gTOMO合同会社 代表 1965年静岡県生まれ 千葉大学工学部卒 千葉県船橋市在住 コンピュータ業界に30年間従事し、直近の17年間は大手外資系IT企業でのコンサルティング営業を経験し、深い事業ノウハウを得る。 「人とまち」、「人とモノ」、「人とお店」をつなげるために、皆さまの集客の悩みを分析し、最適な集客の仕組みを最新ITでサポート。 スマートフォンアプリ制作、ブランディングサポート、Webサイト制作を中心にご提供しています。 地元の事業者様向けに積極的にお役立ちセミナーを行っています。詳しくは下記URLからご確認ください↓ https://g-tomo.jp/

■おすすめの関連コラム

  1. 今、みんなが感じていること~新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート~

    2019年12月に中国で発生が報告された新型コロナウイルス感染症。2020年3月13日現在、全国...
  2. 新型コロナウイルス感染症に負けない! ピンチをチャンスに変えるビジネス思考

    2019年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、アメリカの疾病対策センター(C...
  3. 決算セールを行う理由とは? メリット、デメリットをご紹介

    店舗経営者や販売担当者なら決算期末になると検討したいのが決算セールです。 この機会を効果的に活...
  4. いざという時のために知っておきたい、大規模災害時の中小企業への支援策

    今回は大規模な災害が発生した時に、被災した中小企業に対してどのような支援策が講ぜられるのかについ...
  5. 災害に備える ~中小企業強靭化法について~

    災害が発生し、人材はもとより設備等に重大な損害が生じると、事業活動の推進に直接的な影響が出てしま...
  6. 人手不足になりがちな長期休暇を乗り切る対策をご紹介

    長期休暇による人手不足は、小売業やサービス業をはじめ多くの業界に共通の課題です。連休や夏休み、冬...
  7. 知っておきたい『入管法改正』のこと

    最近あった法令の大改正の背景を、一回目は食品衛生法について、二回目は宿泊業関連の法律について、書...
  8. 宿泊業に関する法整備について

    前回は、食品衛生法の改正について書きました。その背景には、日本の食品の国際競争力の強化とインバウ...
  9. 優秀なマネジャーがやっていることって?
    マネジメントのカギは「配る」こと!

    新卒・若手社員の離職率が3年間で30%といわれる昨今、企業に優秀な人材を引き止めておくことは年々...
  10. 「優秀くん」を集めてもうまくいかない!? チーム力を上げるアルバイト採用のコツ

    空前の売り手市場といわれる昨今、アルバイトの人材確保に困っている企業が多いという話をよく耳にしま...
  11. 食品衛生法の改正について

    2018年6月に食品衛生法が改正されました。今回はこのことについて概説させていただきます。...
  12. アウトソーシングのメリットとは?

    起業したり、新しい事業をスタートさせたりする上で、いろいろとお金がかかることも多いと思います。人...
  13. 個人経営の店舗向け お客様のお支払い方法はどうする?

    クレジットカード決済をはじめ、モバイル決済、電子マネー、仮想通貨、QRコード決済など現金を使わず...
  14. 商品企画のツボ【ポジショニング戦略で穴をつく!】

    『ポジショニング戦略[新版]』アル・ライズ/ジャック・トラウト お客様と新しい商品やサービスの企...
  15. 本当に効果を出す業務改善の正しいやり方

    組織の規模が大きくなっていく。 社員数が増え、社歴が長くなり、また各部門が大きくなるにつれて、...
  16. 見直そう、会社の財布!経費節約について

    事業経営において、まず最優先で取り組むべきアクションが売上アップです。 しかし、売上を上げたと...
  17. お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう

    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。...
  18. 開店準備に必要なもの(飲食店編)

    飲食店で働いている方、目指している方の多くが、 そんな目標を持っています。 そのために料理の...
  19. 公的助成金とは?中小企業でも申請できる補助金、助成金について

    中小企業が活用できる補助金・助成金について耳にしたことはありますか? 一定の条件に該当すれば、...
  20. 競合他社との差別化を図る戦略ポイントと成功事例をご紹介!

    差別化とはライバルがまねのできない優れた面を持つことであり、これによりライバルとの競争を優位に展...
  21. ターゲット顧客の明確な選定 マーケティング戦略の起点を学ぶ

    マーケティング戦略を練る上で、商品を購入してくれるターゲット顧客を明らかにすることは大切なことで...
  22. 業界シェアNo.1のブランドをつくるには

    ブランドとは何か? 改めてそう問われてみたとき、あなたは即答できますか。 多くの会...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
  • 【業界研究】学習塾業界のトレンド情報
    〜20…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は学習塾業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。 おすすめの販促方法もご紹介しますので、学習塾業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 【業界研究】飲食業界のトレンド情報
    〜2018…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、飲食業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 法人営業における「BANT情報」をうまく活用して成約…
    法人営業、すなわちB to B営業における案件についての営業ヒアリングフレームワークとして「BANT情報」というものがあります。BANT情報のフレームワークを使用したヒアリングによって営業の受注確度、もしくは見込みを高めることができます。BANT情報をうまく活用して、成約率を高める方法について説明します。
  • 地域新聞社の裏側を公開 ~自己紹介型の名刺について~
    どこの会社にも独自の社内制度やユニークな取り組みがありますよね。今回は地域新聞社が取り入れている自己紹介型の名刺についてご紹介します。名刺を上手く活用して、しっかりと企業アピールや自己PRを行いましょう。
  • 【飲食店向け】飲食店のイノベーションについて
    「イノベーション」という言葉は「技術革新」や「経営革新」という意味だけでなく、「新機軸のサービス」や「新たな価値観の提案」という意味で使われるようになってきました。現在、メディアでもSNSでも「イノベーション」が起きています。今後は激しい時代の変化により、今まで「常識」であったものが壊れ、「イノベーション」がより必要になってきます。飲食店の場合、これからどのような対策をしていけばよいのでしょうか?
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP