折込チラシとは?料金相場・効果的なデザイン・サイズまでプロが解説

公開

折り込みチラシとは、効果が期待できる広告として、広く活用されている方法です。
専門の折込チラシサービスを提案する業者も多く、料金が激安とはいえないまでも、印刷や配布にかかる手間や費用に対する反響率などの効果を考えるとコスパがよく安い広告といえるでしょう。

 

折込チラシの効果を左右するのがデザインやサイズです。
今回は折込チラシの概要と料金相場、デザイン・サイズに注目して解説します。
記事の内容を読んでいただくことで「折込チラシとは?」という疑問を解決し、効果的なデザイン・サイズなどを理解することができるはずです。

【目次】
1.折込チラシとは?
2.折込チラシの反響率は約0.01%〜0.3%
3.折込チラシのもたらす5つの効果
4.折込チラシの効果を高めるデザイン方法5選
4.折込チラシの配布料金相場
4.折込チラシを安く印刷するには?
4.折込チラシについて:まとめ

折込チラシとは?

折込チラシとは、新聞やフリーペーパーに折り込まれる広告全般のことです。
スーパーやホームセンター、家電量販店など消費者が日常生活でよく使う商品を取り扱う会社や、病院・クリニック、接骨院、美容院、学習塾、不動産など、地域に密着したビジネスを行う会社などが利用しています。

折込チラシは、写真やイラストとインパクトのあるキャッチコピーで構成されるデザインが多く、キャッチ―なカラーと親しみやすく伝えたいメッセージが伝わりやすいデザインが効果的だといわれています。

折込チラシの反響率は約 0.01%〜0.3%

反響率とは以下の計算式で計算される数値です。

反響率(%)=反響数÷チラシ配布部数×100

折込チラシ 反響率は、一般的には約 0.01%〜0.3%といわれています。

分かりやすく折り込みチラシの反響率を地域新聞社の顧客の例でお伝えしましょう。

【A学習塾の例】

折込チラシを20,000部配布したところ、5名問い合わせがありました。

この場合の反響率は

5(名)÷20,000(部)×100=0.025(%)

となります。

反響率は業種によっても異なり、おおよそ以下の表のようになります。

地域新聞社で配布したA学習塾では、5名の問い合わせのうち3名が新規に入塾しました。
折込チラシをコストと獲得成果という視点で分析した結果が以下になります。

コスト:印刷や折込など…120,000円

獲得成果:月謝20,000円×3名=60,000円
年間で考えると60,000円×12か月=720,000円

反響率が高まれば、成果も高まります。反響には、商圏、サービス内容・特典、タイミングなど様々な要素が絡みますが、折込チラシを作成する段階では、デザインが重要になります。
反響率を高める効果的な折込チラシのデザイン法は後で説明します。

折込チラシのもたらす5つの効果

折込チラシ効果としては次の5つがあげられます。

①店舗・事務所の地域周辺の顧客に直接アプローチできる
②情報が信頼される
③消費者に保管されやすい
④短期間で成果がでる
⑤ファミリー、主婦、高齢者にアプローチしやすい

この章ではそれぞれの効果について詳しく解説していきます。

① 店舗・事務所の地域周辺の顧客に直接アプローチできる

折り込みチラシは、広告手法地域に配られますので、地域の顧客にダイレクトに宣伝ができる効果が期待できます。
たとえば、新聞や地域に配られるフリーペーパーに折り込みチラシを入れていけば、店舗や事務所に来ることができる見込み客の目に留まる可能性が高いわけです。
地域を限定しないインターネット広告や各種のマス広告では、店舗・事務所の地域周辺の顧客にターゲットを絞った広告は困難です。

② 情報が信頼される

折り込みチラシに掲載する情報は、依頼主が制限なしに掲載できるものではありません。
たとえば、新聞に入れる折込チラシの内容は、新聞社の基準を満たさなければなりません。
折込チラシサービスを提案する業者に依頼して、地域のフリーペーパーに挟む場合も、折込広告のプロの目で精査してもらいます。

そのため、SNSなどのように制限が加わらない印象の情報などと比べると、折り込み広告の情報は消費者に信頼される効果が期待できます。

③ 消費者に保管されやすい

折り込み広告は、消費者に保管されやすいので、長期間にわたり効果が期待できます。
たとえば、必要と思っていて興味はあるが、今すぐには購入しない商品やサービスに関する折込チラシを見た時、消費者は保管しておくケースがあります。

本当に必要となった時期に、保管されていた折込チラシが再び見られて、店舗への訪問や購入に結びつく可能性があります。
保管ができないマス広告などは、こうした効果は期待できないでしょう。

④ 短期間で成果がでる

折り込み広告は、期間を決めて大量に配ることができるので、必要な時期に合わせて短期間で成果が期待できます。

たとえば、新規店舗の出店やシーズンに合わせたセールなどのイベント告知などに効果的です。
また、チラシを持参した場合に特典を付けるなどの取組みもプラスすることができます。
ほかの広告手段では、イベント告知を地域に発信し、短期間で成果をあげることは難しいでしょう。

⑤ ファミリー、主婦、高齢者にアプローチしやすい

折り込み広告は、ファミリー、主婦、高齢者にアプローチしやすい特徴があります。
その理由は、新聞の購買者の層になるためです。
このターゲット層は地域のフリーペーパーもみることが多く、有力な見込み客になります。
ほかの広告手段では、ファミリー、主婦、高齢者に向けて効果的にアッピールできないでしょう。

折込チラシの効果を高めるデザイン方法5選

折込チラシデザインについて、効果を高めるためのポイントや方法は、下記の5つになります。

ターゲットとなる人物像を明確にする
折込チラシのサイズを決める
紙質を撰ぶ
消費者の目にとまるように工夫する
印象に残るレイアウトを採用する

この章では、それぞれのポイントや方法について詳しく解説していきます。

① ターゲットとなる人物像を明確にする

消費者の目につく効果的な折込チラシをデザインするためには、大前提として、ターゲットを明確にする必要があります。

5W1Hを活用するとターゲットとなる人物像を明確にすることができます。
たとえば、学習塾の折込チラシを例にとると、以下のようになります。

Who:学習塾に通塾できる地域に住居がある受験生をもつ親が
When:夏休みが始まる前の時期に
Where:自宅で
What:子供の受験のための夏期講習を
Why:受験を見据えた学力アップのために
How:どこの学習塾がいいか比較する

この場合、受験を見据えた学力アップのための夏期講習の広告である点、通塾できる場所に学習塾がある点を明記したうえで、競合の学習塾と差別化できる学習塾のメリットをアッピールした折込チラシデザインを考えていくことになるでしょう。

② 折込チラシのサイズを決める

折込チラシサイズは、デザインをするうえで重要なポイントです。
一般的には「B4」サイズを使用しますが、他にも、A3、A4、A5、B3、B5サイズを使うこともあります。
B4の折込チラシサイズは、制作費用が安い点が大きな魅力です。

B3の折込チラシサイズは、大型なので大量の商品を掲載することができ、消費者に与えるインパクトも大きくなります。
たとえば、大型家電店の広告でたくさんの商品が掲載されている折込チラシがB4サイズです。

A4の折込チラシサイズは、一般的なB4の折込チラシサイズより小さいので、新聞にたくさんの折るこみチラシが入っていた場合、目につく可能性が高まります。
たとえば、水道やトイレなどのトラブル解決の業者や飲食店・弁当屋などの出前広告などに使われています。

③ 紙質を撰ぶ

折り込みチラシでは、おもに「上質紙」「コート紙」「マットコート紙」の3つの紙質を使います。
折込チラシの目的に合わせて上手に活用しましょう。

上質紙は、書き込みができるので、キャンペーン用の折込チラシで、消費者にクイズやアンケートの回答を記入してもらう場合などに適しています。
一方で写真などの画像のカラーが暗くなる傾向があるため、画像でアッピールしたい折込チラシは注意が必要です。

コート紙は、ツヤがあり写真などの画像を載せた折込チラシに向いています。
一方で、文字などの書き込みがしにくい紙質になります。消費者がペンなどで書き込みをすることを期待するケースには向いていないでしょう。

マットコート紙は、上質紙とコート紙の良いところを併せ持つ紙質です。
ペンなどで書き込みができ、写真などの画像もコート紙にはおよびませんが、上質紙よりもきれいに印刷できます。

④ 消費者の目にとまるように工夫する

消費者の目にとまる折込チラシデザインには、次の4つのポイントがあります。

ファーストインパクト

折り込みチラシは、消費者が手に取った瞬間のファーストインパクトで勝負が決まるといっても過言ではないでしょう。
ファーストインパクトで折込チラシに興味を持って読み進んでもらうためには、画像、キャッチコピーが重要です。
また、それらを構成するレイアウトの工夫も必要ですので、次の⑤で詳しく解説します。

カラー

カラーも折込チラシデザインの重要な要素です。
折込チラシのターゲットや折込チラシで消費者に伝えたい内容と印象が一致するカラーを選びカラーとカラーの濃淡を決めていきます。

フォントを撰ぶ

折り込みチラシに使う文字のフォントによって、消費者に与える印象が変わるので、最適なフォントを撰びます。

たとえば、ゴシック体は、安定性や信頼性を感じさせるため、ビジネスの色合いが強い折込チラシに向いています。

明朝体は、伝統や歴史をイメージさせるため、日本の伝統的な着物や陶器、美術品などの折込チラシに向いています。

丸ゴシック体は、POPな印象を与えるので、ファミリー向けのアイテムやイベント告知の折込チラシに向いています。

伝えたい情報やメリットを分かりやすく表示する

折り込みチラシには、消費者に伝えたい情報やメリットがあるはずですので、消費者が「お得」と感じる内容についての具体的な数値や日付を分かりやすく表示する必要があります。

たとえば、セールの告知の場合は、「50%オフ」「〇月〇日から〇月〇日まで」といった内容についてフォントや装飾をおこなって分かりやすく表示します。

⑤ ファミリー、主婦、高齢者にアプローチしやすい

折り込み広告は、ファミリー、主婦、高齢者にアプローチしやすい特徴があります。
その理由は、新聞の購買者の層になるためです。
このターゲット層は地域のフリーペーパーもみることが多く、有力な見込み客になります。
ほかの広告手段では、ファミリー、主婦、高齢者に向けて効果的にアッピールできないでしょう。

折込チラシの配布料金相場

折込チラシを地域に配布するにはどのくらいの料金・費用がかかるのでしょうか。
この章では折込チラシ配布料金・費用について解説します。

折込チラシの配布料金はどのように決まるのか?

折込チラシの配布料金・費用は折込チラシのサイズ、折込チラシの厚さ、折込チラシを配布する地域などによって決まります。

具体的に◯◯県で◯◯部用意した場合はいくらになるのか?

折込チラシの配布料金はB4サイズで、全国平均約3円(1枚あたり)ですが、都道府県によって若干異なります。

最も高い都道府県は、千葉県、沖縄県で4.0円になっています。
千葉県、沖縄県で、B4サイズの折込チラシを1万部配布する場合、40,000円の費用がかかることになります。

一方最も配布料金が低いのは、愛知県で2.5円です。
愛知県で、B4サイズの折込チラシを1万部配布する場合、25,000円の費用がかかることになります。

参考:全国折込料金表|マストチラシ.com

配布料金の調べ方

実際に折り込みチラシを導入する際には、折込チラシサービスを提案している業者から見積りを取ることが最適です。
まだ、具体的にプランが決まっていない場合は、インターネットの検索エンジンの検索欄に、配布したい地域名の後に「折込チラシ 配布料金」と入力して検索することで概算を知ることができます。

料金を安く済ませる方法

折り込みチラシの料金や費用を安く抑える代表的な例が、定期的に同じデザインのチラシをベースに、商品や価格を修正して使用していく方法です。
いったん折込チラシのデザインを制作しておけば、最初からデザインを考えて折込チラシを作り上げていくためにかかる製作費用を抑えることができます。

折込チラシを安く印刷するには?

出来上がった折込チラシを地域に配布するためには、必要な部数を印刷しなければなりません。
インターネット上でも「折込チラシ安い」「折込チラシ激安」といった、印刷業者の広告を多数みることができます。
折込チラシの印刷を安く仕上げるコツには次の5点があります。

カラーでなくモノクロ印刷にする
サイズ・紙質・厚さを検討する
余裕のある納期を設定する
片面印刷にする
自社でデザインする

この章では、それぞれのコツを詳しく解説していきます。

①カラーでなくモノクロ印刷にする

カラー印刷よりもモノクロ印刷の方が、一般的には料金が安くなります。
費用対効果を考えてモノクロ印刷を採用できる場合はモノクロで対応しましょう。

ただし、画像などビジュアルを重視したデザインの折込チラシは、消費者に与えるインパクトが低くなるデメリットがあります。

② 紙質・厚さを検討する

印刷費用は、紙質や厚さによっても異なります。
折り込みチラシでは、おもに「上質紙」「コート紙」「マットコート紙」の3つの紙質が使われますが、特別な紙質を使用すると料金が高くなる傾向があります。
印刷業者で一般的に使われている紙質を使用すると料金は安くなります。

また、紙の厚さが厚くなると料金が高くなります。
薄い紙を選択することで料金を安くすることができます。

ただし、消費者に好印象やインパクトを与えることを考慮した、こだわりをもった紙質や厚さが採用できないデメリットはあります。

③ 余裕のある納期を設定する

印刷費用は、基本的に発注から納期までの期間が短くなるほど、料金が高くなります。
余裕のあるスケジュールを設定して、印刷業者に早めに発注することで料金を安く抑えることができます。

ただし、スピード感をもって業務を完了することができず、長期間にわたり自社の人材を折込チラシの作業スケジュールに関わらせなければならないというデメリットがあります。

④ 片面印刷にする

両面印刷よりも片面印刷の方が費用を安く抑えられます。
たとえば、折込チラシに載せる情報量を精査して、絞り込んだり、表現方法を変えることで、片面印刷に収めることができます。

ただし、片面にすることだけに注力しすぎ、消費者に伝わりにくい折込チラシになってしまう可能性があるというデメリットもあります。

 

⑤自社でデザインする

専門の折込チラシサービスを提案する業者の中には、デザインから印刷、配布を全て請け負う企業があります。
近年デザインに関するソフトは急速に進化してきましたので、折込チラシのデザインを自社で行うことで、費用を抑えることができます。

ただし、折込チラシのデザインには、ある程度の経験とスキルを有する人材が必要であるというデメリットがあります。

折込チラシについて:まとめ

折込チラシの概要と料金相場、デザイン・サイズに注目して解説しました。

「折込チラシについてもう少し詳しく知りたい」「折込チラシの効果について話を聞きたい」「折込チラシのデザインはどうすればよいのだろうか?」「検討している折込チラシの料金はどれくらいになるか?」「費用を抑えて折込チラシを実施したいのだけど?」といった疑問をお持ちであれば、お気軽にお問い合わせください。

また、さらに詳しく解説した当社作成の無料資料もございますのでお役立てください。
具体例も交えて解説していますので、きっと参考になると思います。

セミナー情報 セミナー情報

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. スクール(学習塾・習い事)の効果的な集客のポイントと閑散期対策をご紹介

    スクール(学習塾・習い事)は消費者のニーズが高いため、地域に競合が多いケースがみられます。 そ...
  2. 純広告と記事広告の違いとは?種類や活用方法をご紹介

    広告を純広告と記事広告に分ける視点があります。 それぞれの違いと効果を理解して上手に活用するこ...
  3. 生徒数アップ!学習塾の販促に効果的なチラシ作りと配布方法

    学習塾・スクールの新規生徒を獲得するための販促に効果的なチラシ作りと配布方法について解説します。...
  4. 地元客を集客するならチラシポスティングが効果的~地域密着型フリーペーパー活用法~

    チラシポスティングをはじめとする紙を使った販促は、ローカル市場をターゲットとしている店舗や会社に...
  5. 折込チラシの効果的な配り方を分かりやすく解説
    ~適切な商圏とは?~

    折込チラシは地域に密着しているため効果が期待できるのではないかという想定のもと、集客や求人のため...
  6. 【飲食店向け】広告やチラシで新規顧客を獲得後、リピート率をアップさせる方法とは!?

    飲食店は、リピート客が多ければ経営が安定し、販促にかかる費用や労力を減らせるため、リピート客の獲...
  7. Web広告とは? 自社の商品・サービスにぴったりの配信方法を選ぼう!

    かつて大きな効果を発揮する広告といえば、テレビ・新聞・雑誌などのマス広告でした。 しかしマス広...
  8. SEOの基本~ユーザーに喜ばれるコンテンツの作り方とは?

    今やマーケティングにおいてSEO対策として欠かせない、“ユーザーに喜ばれるコンテンツづくり”。 ...
  9. 広告屋さんに、
    デザインを依頼する際の7つのポイント

    チラシ制作、情報誌への広告掲載など、集客のために広告のデザインを依頼する場面は多くありますが、そ...
  10. 印象に残るてがきチラシ作成の基本

    てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さ...
  11. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  12. 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖...
  13. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  14. チラシ折込ができるフリーペーパー2選 ~関西編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。また、以前に「チラシ折込ができ...
  15. 情報過多?情報薄?枠広告を考える

    皆様は地域情報紙やフリーペーパーなどに広告を掲載したことはありますか? それらは、媒体ごとに広...
  16. チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届...
  17. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  18. 求人広告作成時のポイントについて

    パートやアルバイトの求人で悩みを抱えている店舗経営者様、採用担当者様は多いのではないでしょうか。...
  19. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  20. お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費...
  21. チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?

    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、...
  22. チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる6つのコツとは?

    「チラシを使った販促をしているが、売上にちっともつながらない・・・」そう悩んでいる方はいませんか...
  23. 選ばれるお店になる!
    店舗への集客方法と売上アップのポイント

    何にも宣伝をしなくても、たまたま(?)人が集まってくるお店は確かに存在します。 で...
  24. 折込チラシ・フライヤーにおすすめのサイズと紙質は?効果別の選び方で『見てもらえる』チラシに!

    折込チラシやフライヤーを作るとき、きちんと「サイズ」と「紙質」について考えていますか?安いからと...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • レスポンス広告を学びたい方におススメの7冊
    レスポンス広告による集客・販促技術を学ぶのにおススメの本をご紹介します。必ず役に立つと思いますので、ぜひご一読ください。
  • 2017年10月の販促計画を立てる時のポイント
    暑さが和らぎ、衣替えの時季を迎える10月。飲食店では温かいメニューが求められるようになり、新メニューが受け入れられやすくなります。レジャーやスポーツで外出する機会も多くなるため、そうしたイベントによる集客が期待できます。 また、ハロウィンや学校の文化祭、運動会など家族や仲間と楽しめるイベントもたくさんあるので、行事に合わせた販促を企画してみましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 2017年8月の販促計画を立てる時のポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の家計消費額は年間第5位。食費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。家族で楽しめるイベントを企画して集客をしてみてはいかがでしょうか。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 2021年6月の販促計画を立てるときのポイント
    6月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。
  • 2018年4月の販促計画を立てる時のポイント
    4月は入園・入学、入社、異動など、新生活が始まる月。 また、総務省統計局の調査によると、交通費・教育費の支出が年間で一番高くなるのが4月です。 2018年の4月は「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」が佳境に入るころで、みんなに愛されるジャンプキャラクターで盛り上がる可能性もあります。マンガのキャラクターやストーリーと関連した企画などはいかがでしょうか。 総合的な月間消費支出は年間で第3位。新しく店舗周辺に引っ越してくる人も増えるので、認知度向上のチャンス。遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP