求人広告作成時のポイントについて

公開

 

 

パートやアルバイトの求人で悩みを抱えている店舗経営者様、採用担当者様は多いのではないでしょうか。

 

少しでもそんな方のお役に立てるように、今回は求人広告作成のポイントをまとめました。

【目次】
1.求人広告作成の3つのポイント
2.作成時の注意点!求人広告で表示すべき項目とは?
3.求人広告に表記できない項目とは?
4.まとめ

求人広告作成の3つのポイント

世の中には、多くの求人広告が溢れています。そんな中でどうすればお店の魅力を伝え、ほしい人材を、獲得することができるのでしょうか。求人広告を作成するにあたって気をつけるべきポイントをまとめてみました。

 

1.会社(店舗)の魅力をアピール
どこの会社(店舗)も優秀な人材を採用したいと思っています。それを実現するためには「求めている人物像」を絞り込んだ上で広告中に反映させ、同時に「自社の魅力」をアピールすることが重要です。

 

2.安心感と信頼性
求人広告には「待遇・社風・立地・企業理念」など、会社(店舗)の雰囲気が伝わるような文章を入れると安心感や信頼性が高まり、より効果的な採用が可能となります。また、イラストや写真を入れることで、応募者の目に留まりやすくなります。

 

3.ラブレターを書くつもりで
求人広告には、データ的な部分(会社概要や勤務条件など)と情緒的な部分(職場の雰囲気や仕事の楽しさ、面白さなど)があります。データ部分は重要ですが、それだけでは人は動きません。読み手にラブレターを書くつもりで広告を作りましょう。

 

作成時の注意点!
求人広告で表示すべき項目とは?

求人広告には、表示すべき項目があります。
各項目のポイントを押さえながら、説明をします。

 

1.事業内容
勤め先が運営している事業の内容です。広告の内容や社名から判断できる場合は省略してもかまいません。

 

2.給与
誰でも必ずもらえる金額を明記してください。その際、時給換算で千葉県842円以上、埼玉県845円以上(2016年12月現在)である必要があります。

 

3.勤務時間
始業・終業時間を明記しましょう。勤務時間が1日8時間、1週間40時間を超えないようにする必要があります。フレックスタイム制や在宅勤務などを導入している場合は、そのメリットを表記すると尚良いでしょう。

 

4.雇用形態
正社員、アルバイト・パート、契約社員、派遣社員、業務委託契約など、雇用形態を明記しましょう。
※アルバイト、パートの法律上の違いはありません。

アルバイト:臨時雇用の労働者
パート:正社員に比べ1週間の労働時間、または1ヶ月の勤務日数が少ない労働者

 

5.店舗情報
店名、住所、電話番号、勤務地などです。

 

6.職種
キッチン、フロア、事務など、どのような仕事に従事するのかを具体的に明記しましょう。

 

上記は必須と考えて頂いてけっこうですが、それ以外にも、応募者にとって関心の高い項目も表記するようにすると効果的です。

 

例えば、

 

1.休暇・休日
最近は週休2日制を導入している会社が多いので、休日・休暇が少ない場合は、仕事の魅力や条件面のメリットを表現すると良いでしょう。

 

2.待遇
昇給、賞与、各種手当、保険、研修制度などがあれば表記しましょう。応募者は働きやすさや自己成長のしやすさなどを基準に仕事を選ぶ傾向が強くなっています。

 

詳しい各項目についてのポイントは、下記URLよりダウンロードできます。
 ↓↓↓↓↓↓

https://hansokunodaigaku.com/wp-content/uploads/2017/01/kyuujinpoint.pdf

 

求人広告に表記できない項目とは?

求めている人物像を具体的に書きたいところですが、求人広告には表記できない事項が何点かありますので注意が必要です。

 

1.性別
性別を絞った求人広告は禁じられています。しかし、イラストを上手に活用し、募集している性別をアピールすることは可能です。
(例)女性のイラスト=女性を募集していますというアピール

 

2.年齢
年齢を限定した広告を掲載することはできません。ただし、定年や年齢制限のある業種、新卒採用、60歳以上の雇用に関する表記は問題ありません。

 

3.住所地、出身地
多くの店舗経営者様、採用担当者様が会社(店舗)の近くに住んでいる方を募集したいとお考えだと思いますが、「徒歩で通勤できる方」「自転車通勤できる方」といった表記をすることはできません。

 

4.心身の状態
健康な方、明るい方など、心身の状態や性格を限定する表記はNGです。「明るい接客のできる方」など、仕事の役割や技術への期待を説明する表記は問題ありません。

 

5.国籍・人種など
国籍や人種を限定する表記はできません。また、思想・信条・宗教などを募集・採用の条件にすることもできません。

 

上記はほんの一例です。求人広告の表記があいまいだと、応募者との間で思わぬトラブルになる可能性もありますので注意しましょう。

 

まとめ

求人広告は、応募者へのラブレターと思って作成しましょう。

 

会社概要や勤務条件などのデータ的な部分も重要ですが、職場の雰囲気や仕事の楽しさなどの情緒的な部分も大切です。それらが伝わりやすいように、職場の写真などを入れるのも良いでしょう。

 

また、求人広告には記載すべき項目や表記できない表現などが多数あります。良い人材がほしいからといって、事実とは異なる表現や人によって感じ方の違う主観的な表現は、トラブルにつながるケースもあるので注意しましょう。

 

求人広告では、実際に広告を見て行動してくださった応募者数も重要ですが、それよりも採用基準を満たし、会社側の求めている人材が何人応募してくれたかが重要です。

 

会社(店舗)の魅力をアピールすると共に、求めている人物像を応募者にアピールするようにしましょう。

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 純広告と記事広告の違いとは?種類や活用方法をご紹介

    広告を純広告と記事広告に分ける視点があります。 それぞれの違いと効果を理解して上手に活用するこ...
  2. 折込チラシとは?料金相場・効果的なデザイン・サイズまでプロが解説

    折り込みチラシとは、効果が期待できる広告として、広く活用されている方法です。 専門の折込チラシ...
  3. Web広告とは? 自社の商品・サービスにぴったりの配信方法を選ぼう!

    かつて大きな効果を発揮する広告といえば、テレビ・新聞・雑誌などのマス広告でした。 しかしマス広...
  4. SEOの基本~ユーザーに喜ばれるコンテンツの作り方とは?

    今やマーケティングにおいてSEO対策として欠かせない、“ユーザーに喜ばれるコンテンツづくり”。 ...
  5. 広告屋さんに、
    デザインを依頼する際の7つのポイント

    チラシ制作、情報誌への広告掲載など、集客のために広告のデザインを依頼する場面は多くありますが、そ...
  6. 情報過多?情報薄?枠広告を考える

    皆様は地域情報紙やフリーペーパーなどに広告を掲載したことはありますか? それらは、媒体ごとに広...
  7. 選ばれるお店になる!
    店舗への集客方法と売上アップのポイント

    何にも宣伝をしなくても、たまたま(?)人が集まってくるお店は確かに存在します。 で...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • SEOで勝つには? SEOで上位表示されるために必要…
    SEO対策をしてみたい!と思っても、まず何からすればいいのか分からない、という人も多いかと思います。 ここでは、SEO対策についての基礎的な方法を解説します。 「SEOについては何も知らない」「素人でもできることを教えてほしい」という方は、ぜひ参考にしてみてください!
  • 【業界研究】リフォーム業界のトレンド情報 〜2019…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回はリフォーム業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2019年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、リフォーム業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 経営者の事業承継を考える
    最近の経営者同士のもっぱらの話題は、相続と事業承継です。不動産や保険関係の方などが、さまざまなセミナーや勉強会を開催しています。そして、一度話を聞くと「うちもそろそろ真剣に考えなければならないな」と思うのです。
  • 体調を崩しやすい季節は人手不足に!? 従業員の健康管…
    寒い季節、風邪やインフルエンザで従業員が欠勤し、人手不足になってしまうお店や会社もあるでしょう。従業員の健康管理は、会社にとって重要な経営課題です。本記事では、健康管理の必要性やメリット、具体的な施策を紹介します。
  • 【コロナ対策】中小企業への支援策 ~資金繰り・融資に…
    新型コロナウイルス感染症の新規感染者は増加傾向が続いています。感染者用の病床稼働率は全国的にひっ迫している状況となっており、状況は厳しさを増しています。政府は2021年1月7日夕方に首都圏1都3県を対象とした「緊急事態宣言」の再発令を決定します。国や地方公共団体では、新型コロナウイルス感染症で事業に影響を受ける中小企業者に対して、さまざまな支援策を講じています。今回は【資金繰り支援】について概説したいと思います。
PAGE TOP