人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

 てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖かさ”を感じてくれています。そうしたチラシの作成ポイントをご紹介します。

【目次】
1.イラストのチカラ
2.笑顔のチカラ
3.まとめ

□イラストのチカラ

人の第一印象を決めるのは視覚情報が55%といわれています(メラビアンの法則)。毎日のように、大量のチラシがポストに届いたり新聞に折り込まれたりしますね?

その中で手に取って読んでもらうためには、最初のインパクトや印象が大切になります。そこで活用したいがイラストです。

 

イラストが持っているチカラとは

 

① イメージしやすい、分かりやすい
チラシの寿命は2週間程度と短いです。文字が小さく、情報量が多すぎると目に止まりにくいのですが、イラストなら表情、動作、吹き出しなどを入れる事でイメージしてもらいやすく、一瞬で伝えたい情報をキャッチしてもらえます。誰が見てもわかりやすいのがイラストのチカラです。

 

② キャラクター
ご当地キャラがブームになりましたよね?

キャラクターは老若男女に愛され、印象に残ります。てがきチラシをきっかけに、オリジナルキャラクターを作成した方もいらっしゃいます。

想いを形にする方法として、イラストはあらゆる場面でチカラを発揮してくれます。

□笑顔のチカラ

 スタッフなどの写真は「ベストスマイル」を載せます。納得がいくまで、何度でも撮り直しましょう。そのくらいこれは重要なポイントです。どんな人がサービスを提供するのかは気になるものです。目の前にお客様がいるとイメージして、笑顔を届けましょう。

 

「鏡は先に笑わない」という言葉があるように、笑顔がある所に人は集まります。写真から温かさが伝わります。実際に「笑顔が素敵だからこのお店を選びました」という声もよく耳にします。

 

スタッフとの集合写真、お客様と一緒の写真なら、よりお店の雰囲気が伝わります。写真のまわりをてがきイラストでデコレーションするのも効果的です。

 

□まとめ

 イラストは人柄や親しみを感じてもらう為の大きな味方になってくれます。会ってみたい!行ってみたい!と第一印象を強く残すチカラがあります。

 

難しい説明や言葉で上手に表現できないときこそ使う価値があります。イラストなんて描けない、苦手だという方もいらっしゃいますが、そんな場合は描くのが得意、好きな方を探しましょう。

 

WEBには希望のイラストを描いてくれるサイトも多数あります。笑顔の写真は髪型、服装、場所、背景、明るさなど細かい場所まで気を配ります。

 

お客様の目線に立って写真をチェックし、一つ一つの素材を丁寧に準備する。この積み重ねが温かさとなってお客様に届きます。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 印象に残るてがきチラシ作成の基本

    てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さ...
  2. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  3. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  4. チラシ折込ができるフリーペーパー2選 ~関西編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。また、以前に「チラシ折込ができ...
  5. チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届...
  6. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  7. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  8. お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費...
  9. チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?

    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、...
  10. チラシ配布の反響を上げる3つのコツとは?

    せっかく作ったチラシの反響をさらに上げるために、3つの大切なポイントをお伝えします。...
  11. チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方

    ちょっとの工夫で差別化し、今まで以上に見てもらえるチラシを作ってみませんか。...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
髙橋孝文
想いを形にする広告屋さん hand to hand キャプテン/てがき販促プロデューサー 東京ビジュアルアーツ(夜間部)卒業後、大手教材会社で訪問販売、株式会社地域新聞社で販促アドバイザーに従事。その後、八千代市、習志野市でダイエットサロンを経営。2017年1月に広告とサロン経営で得たのスキルを活かし、個人事業主やセラピストのブランディングを手掛ける。「てがき」でお店のオリジナルティを引き出す、てがきチラシ・開運名刺を中心とした集客をサポート。 ホームページ:https://handtohand.shopinfo.jp/ Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100004347615000

続きを読む
セミナー開催情報
働き方改革関連法の対策セミナー
日程:2018年8月28日(火)
時間:15時~17時
定員:30名
ついに「働き方改革関連法」が6月末に成立しました。対策を怠ると、自社にどのような不利益がまっているかご存知でしょうか。「社員の流出」「未払い残業代請求の増加」「残業時間を超えた場合の罰則」など、1~2年後に迫った法律の施行までに対策をしていないと、会社の存亡に関わる可能性もあります。そこで今回は、働き方改革関連法案の対策と、いまから準備すべきことを、人事評価のプロの視点で株式会社あしたチームよりご説明いたします。
  • 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重…
    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェキ!」で簡単に確認してみませんか。GoogleやYahoo!などの検索サイトで「サービス名」を入力して検索をしている人は、そのサービスを「いま」「すごく欲しい」人です。「冷蔵庫 回収」と調べている人は、きっと壊れた冷蔵庫が自宅にあったり、引っ越しのために不要になったりした人です。そんな人がピッタリ合うホームページを見つけられば、すぐに契約となる可能性はとても高いでしょう。また、近所のお店やサービスを探している人は、「東船橋駅 整骨院」など、最寄駅や地域名を入れて検索します。決まった地域・商圏内で商売をされているお店にとって、「近所の地域名」と「自社のサービス名」で検索されることは、近所に住む「今すぐ欲しい人」を獲得しるための重要な要素です。今回は、自社のホームページが検索結果の上位に表示されているかをどうかチェックする方法をお伝えします。
  • マーケティング
    はじめてでも分かる!コンテンツマーケティングとは?
    Googleが公開しているSEO施策初心者向けの「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」をご存知でしょうか? Googleはその中で、検索エンジンに対して取るべき施策として「コンテンツの最適化」を挙げ、また自然発生的な紹介や口コミが発生するサイトこそが、質の高いコンテンツと定義しています。 近年のSEO(Search Engine Optimizationの略。検索エンジン最適化)対策の手法としても、これまで広義的に行われてきた「コンテンツマーケティング」のニーズが高まり、注目されています。 今回は、見込み客(将来的に商品・サービスを購入する可能性のある人)の獲得・育成におけるコンテンツマーケティングについてわかりやすく解説します。
  • 2017年8月の販促計画を立てる時のポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の家計消費額は年間第5位。食費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。家族で楽しめるイベントを企画して集客をしてみてはいかがでしょうか。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 2018年7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。また、総務省統計局の調査によると「家具・家事用品」への支出が年間で一番高くなるのが7月です。冷房器具や、涼しさを感じるインテリアへの模様替えの需要が高いといえるでしょう。 2018年は、西郷隆盛ブームや、週刊少年ジャンプ創刊50周年など、イベントが盛りだくさんです。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 2017年10月の販促計画を立てる時のポイント
    暑さが和らぎ、衣替えの時季を迎える10月。飲食店では温かいメニューが求められるようになり、新メニューが受け入れられやすくなります。レジャーやスポーツで外出する機会も多くなるため、そうしたイベントによる集客が期待できます。 また、ハロウィンや学校の文化祭、運動会など家族や仲間と楽しめるイベントもたくさんあるので、行事に合わせた販促を企画してみましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP