選ばれるお店になる!
店舗への集客方法と売上アップのポイント

公開

何にも宣伝をしなくても、たまたま(?)人が集まってくるお店は確かに存在します。

 

でも、これを読んでいるあなたの店舗は、そうではないはず。

 

人が集まるお店=「集めることができている」ということです。

 

繁盛店にお客様が集まってくるのは、集客を自動化&仕組み化できているから。

 

重要なのは「集めている」or「集まっている」ではなくて、「お客様に選ばれている」理由を明確に把握しているかどうかです。

 

では、どうすれば人を集めることができるのでしょうか?

【目次】
1.人が集まるお店になれるか、明暗を分ける3つのポイント
2.選ばれる店になる
3.まとめ

人が集まるお店になれるか、明暗を分ける3つのポイント

1つ目のポイントは立地の問題です。

 

お店のコンセプトや業態に合った街や場所、広さなどの条件を満たす物件を見つけることが重要です。

 

2つ目はターゲットがはっきりしているかどうかです。

 

お店のコンセプトや業態にあったデザインであること、入りやすい入り口であることなど、誰に何を提供する店なのかがはっきりしていること。

 

流行りの商品を揃えたら売上がガタ落ちし、その後ターゲットを明確に絞って商品を見直したところ、それだけで売上が2倍になった…そんな例もあります。

 

3つ目は集客を仕組み化できているかどうかです。

 

今の時代、商品力だけでは競合店に勝てません。

 

「どれだけ集客力をつけるか」が勝負の分かれ目です。新規集客を自動化・仕組み化すること。

 

1回客を2回目も来させる工夫があること。

 

リピート率を高める仕組みがあること。

 

常連さんを囲い込む手段をもっていること。

 

これらがしっかりできている店には、間違いなく人が集まってきます。

選ばれる店になる

いまだに「質の高いサービスさえ提供すれば、集客をしなくても勝手にお客が『集まってくる』」と思っている人が多いようです。

 

10年前までの消費者の行動パターンは、「良い情報を得る → 来店 → いい商品がある → 再来店」という流れがほとんどでしたので、情報サイトに載せたりチラシを配ったりするだけで、お客様は来店してくれました。

 

しかし今の時代は、「他者からの情報やネットで検索 → 他店や他の商品と比較して、行く価値のあるお店か判断 → 来店 → 商品のよさはもちろん、次に来店してもらうための仕組み → 再来店」という流れが主流になっています。

 

重要なのは、店舗側は「比較された上で選ばれている」ということです。

 

新しいものを選ぶ時に、比較せずに選ぶことなんて稀です。

 

価格が高ければ高いほど慎重に比較するのが現代人の特徴です。

 

重要なのはあなたのお店に、明確な「選ばれる理由」があるかどうかです。

 

仮にそれがあったとしても、そのことを自覚し、きちんと自分の媒体で発信できているか、ということです。

 

ここまでできていないと、きちんとビジネスができているとは言いがたいでしょう。

 

重要なのは、今来ているお客様がどんな人たちかということです。

 

お店の常連さんの何人かに、

 

1.初めて来店したきっかけは?

2.なぜ何度も来てくれるのか?

 

とアンケートを取ってみましょう。

 

その答えと、あなたが今やっている集客方法は常連さんが来てくれるきっかけになっていたのか?

 

提供している商品は常連さんにとって必要なものなのか? を合わせて検証してみましょう。

 

あなたのお店に人を集める方法は 実はお客様が知っているのです。

まとめ

人が集まるお店になるには3つのポイントがあります。立地に気を配り、ターゲットを明確にし、いかに集客を仕組み化できるかです。

 

リピート率を上げ、常連さんを囲い込む手段を持つことが大切です。

 

現代の消費者の動向を正しく把握しましょう。

 

店舗側は比較された上で選ばれているということを忘れずに、それを前提で行動しなければいけません。

 

あなたのお店に明確な「選ばれる理由」があるのか、アンケートなどを行ってお客様の生の声を聞いてみましょう。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 広告屋さんに、
    デザインを依頼する際の7つのポイント

    チラシ制作、情報誌への広告掲載など、集客のために広告のデザインを依頼する場面は多くありますが、そ...
  2. 情報過多?情報薄?枠広告を考える

    皆様は地域情報紙やフリーペーパーなどに広告を掲載したことはありますか? それらは、媒体ごとに広...
  3. 求人広告作成時のポイントについて

    パートやアルバイトの求人で悩みを抱えている店舗経営者様、採用担当者様は多いのではないでしょうか。...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
砂田 悟郎
都内に焼き鳥居酒屋・イタリアンバル等5店舗を経営する、株式会社エスフードプランニング代表取締役。 飲食店の顧客リスト構築とアプローチを代行する、店舗集客サポート協会代表理事。

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
セールスコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • DM用の顧客リストを作るために
    “特典付きアン…
    メルマガやLINE@の出現で、WEBやデジタルメディアを使ったメッセージ送信が簡単にできるようになりました。その一方で、多くの企業がメールやデジタルメディアによる販促手法を使ってみた結果、改めて紙のDMの反応率の高さに注目をしはじめています。 しかし飲食店や小売店のような業種の場合、お客様にDMを郵送したくても、顧客名簿が無いので住所が分からない、というケースが多いのではないでしょうか。 住所情報は、DMの発送だけでなく、自社の顧客がどこに住んでいるのか、つまり商圏範囲を把握するためにも大事な情報です。 今回は住所情報集める方法として、「特典付きアンケート」の活用についてご紹介します。
  • リピーターを増やすための、忘れられない努力を
    人はどのくらい忘れてしまうものなのかを押さえながら、販促活動の計画を練ってみませんか?
  • 販促の工夫事例~美容室編~
    繁盛美容室の顧客…
    顧客リストを有効活用していますか。 美容室の顧客リストはお客様のカルテでもありますが、情報の確認だけの活用で終わっていませんか? カルテは初来店の時に作成するお客様の重要な情報・記録ですが、次回の来店につなげるための重要な資料でもあります(過去のデータを未来につなげるためのものです)。
  • 店内販促物の作り方 ポイントカード編
    ポイントカードについては、 ほとんどのお店が実施または検討をしたことがあると思います。 皆様のお財布の中にも、どこかのお店のポイントカードが何枚も入っているのではないでしょうか? しかし、ポイントカードの本来の目的が何か、ご存知ですか?
  • リピート率を向上させる店内インテリアとは~美容室・サ…
    お店を出せばお客様が足を運んでくれ、リピーターになってくれると思っていませんか?
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP