お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

公開

皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか?「効果がない」「作成費用・時間のムダ」と感じている方も多いかと思います。

 

確かに、明確なターゲット層を定めることもなく、ただなんとなく「見栄えがいい」チラシを配布しているだけでは効果は上がりません。

 

では、どのようなチラシを配布すれば集客につながるのでしょうか?

 

具体的に例を挙げて説明しましょう。

【目次】
1.美容室Oさんの場合
2.ターゲットを明確化
3.リサーチの大切さ
4.まとめ

美容室Oさんの場合

美容室Oさんは、主に近隣に住む主婦の方をお客様としていました。

 

同店は2年前に東京都内にオープン。認知度はなく、近隣には競合店が多く存在していたため、新規の来店客数が伸び悩んでいました。

 

オープン時は印刷会社にデザインしてもらったチラシを配布していましたが、残念ながら、期待していたほどの反響はありませんでした。

 

良い集客方法が見つからず悩んでいた同店から相談を受けた私は、まず配布しているチラシを見せてもらいました。

 

キレイな外国人女性モデルの写真を使い、色やビジュアルにもこだわり、低料金を全面に打ち出していたため、一見よさそうなチラシに見えました。

 

なぜこのチラシを配布してもお客様が集まらないのかを疑問に感じた私は、同店が売りとするカラーを中心に、アンケートを使ってお客様の声を集めました。

ターゲットを明確化しました

アンケートの結果、お客様は「自分で染めるとムラになる」「家事のあとに染めるのは疲れる」「髪の傷みが気になる」などの悩みがあり美容院を訪れることがわかりました。

 

以前のチラシにも「ご自宅で染める方のお悩みを解決」と書いていましたが、具体的にどういうことなのかは伝えられていませんでした。

 

また、来店の決め手を聞いてみると「髪が傷まず、キレイに早く染められる」「買い物ついでに気軽に染められる」「毎月気になる部分だけを染められる」「美容師の対応が良い」という強みも発見できました。

 

そこで、私はまずチラシの冒頭に

 

「自分で染めるとムラになる」

「家事のあとに染めるのは疲れる」

「髪の傷みが気になる」

 

と自宅で髪を染めている女性の悩みを具体的に書くことで、ターゲットを明確化しました。

 

さらに「選ばれている理由」という項目を追加し、

 

「髪が傷まずキレイに早く染められる」

「買い物ついでに気軽に染められる」

「毎月気になる部分だけを染められる」

「美容師の対応が良い」

 

といったメリットについて、アピールをしました。

 

リサーチの大切さ

1万枚をポスティングしたところ、前月は21人しか来なかった新規のお客様の数が、なんと約2.5倍の52人に増えました。ターゲットの心に響くチラシを作成できたのです。

 

その後、来店された新規のお客様からもアンケートを取りました。

 

「他の美容室ではなく、当店を選んだ理由は何ですか?」という質問に対しては、

 

「チラシのお客様の声が良かったから」

「チラシから、お店がいろいろと努力していることがうかがえたから」

 

などの答えを多くいただきました。

 

また、なぜ以前はチラシを見ても来店しなかったのか、と聞いてみたところ、「おしゃれ過ぎて、自分には合わない髪型にされるのでは」といった不安を持っていたお客様がいらしたことがわかりました。

 

お店の顧客層とチラシにギャップがあり過ぎたため、お客様は敬遠してしまっていたのです。

 

まとめ

この事例から学べることは、以下の3つです。

 

・チラシを作る際は、アンケートを取るなどして、お客様の本当の悩みや店の強みを事前に聞き出すこと

・ヒアリング結果をもとにターゲットを定め、ターゲットの心に響くような具体的な悩み・強みを書き出すこと

・デザインや写真もただキレイなだけではなく、本当にお客様の心に響くものを選ぶこと

 

地域密着型のお店では、近所に住んでいるお客様がどんなことに困っているのかをきちんとリサーチすることが大切です。

 

ぜひ上記の3つを参考にして、お客様に思いが伝わるチラシを作成してください。

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 印象に残るてがきチラシ作成の基本

    てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さ...
  2. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  3. 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖...
  4. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  5. チラシ折込ができるフリーペーパー2選 ~関西編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。また、以前に「チラシ折込ができ...
  6. チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届...
  7. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  8. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  9. チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?

    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、...
  10. チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる4つのコツとは?

    「チラシを使った販促をしているが、売上にちっともつながらない・・・」そう悩んでいる方はいませんか...
  11. 折込チラシ・フライヤーにおすすめのサイズと紙質は?効果別の選び方で『見てもらえる』チラシに!

    折込チラシやフライヤーを作るとき、きちんと「サイズ」と「紙質」について考えていますか?安いからと...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
稲川純一
【世田谷区出身・世田谷区在住】 販売促進トレーナー 『地域密着ビジネスをしている企業・店舗など「経営者」の 「販売促進力」を高める専門家』 「A4」1枚アンケート広告作成認定アドバイザー
稲川純一

稲川純一の最新記事 (記事一覧を見る)

続きを読む
記事を検索

お悩み別記事一覧

広告のコト

チラシの反響を上げたい一覧を見る閉じる
販促方法をもっと知りたい一覧を見る閉じる
広告全般について知りたい一覧を見る閉じる
広告作成のテンプレートを知りたい一覧を見る閉じる
WEB集客について一覧を見る閉じる
プロデザイナーのこだわり一覧を見る閉じる
DMに知りたいこと一覧を見る閉じる
販促計画を立てたい一覧を見る閉じる
広告理論や心理を学びたい一覧を見る閉じる
キャッチコピーのヒント一覧を見る閉じる
メールマーケティングについて知りたい一覧を見る閉じる
漫画広告について一覧を見る閉じる

経営のコト

リピーターを増やしたい一覧を見る閉じる
他のお店の事例を知りたい一覧を見る閉じる
経営全般について知りたい一覧を見る閉じる
経営のコネタ一覧を見る閉じる
顧客管理方法について知りたい一覧を見る閉じる
新規を増やしたい一覧を見る閉じる
補助金について一覧を見る閉じる
市場調査データを知りたい一覧を見る閉じる
マーケティング全般について知りたい一覧を見る閉じる
人材について知りたい一覧を見る閉じる
営業力を高めたい一覧を見る閉じる
業界研究一覧を見る閉じる
ブランディングを学びたい一覧を見る閉じる

商圏のコト

  • DMの基本~現在の動向編~
    DMを発送する側にとって、生活者がDMにどのような印象を持っているのかは気になりますよね。1週間あたりの受け取り数は?どのくらいの人がDMを見てくれているの?など、気になることは様々。今回は、DMに関する調査データをもとに、生活者のDM閲覧状況や行動に与える影響などを読み解きます。
  • 商品キャッチコピー(フレーズ)の作り方 考え方の手順…
    お店や商品サービスの紹介に欠かせないのが「商品キャッチコピー」。商品の特長を表す大事な要素ですが、これを考えるのに苦心することはありませんか?売れる商品コピーをすぐに作れる天才は、多くいるわけではありません。ただ、私のような普通の人でも、そこそこ良いコピーを作るための「手順」や「技術」はあります。今回はキャッチコピーの質を高めるのに大切な「手順」と6つの「技術」をお伝えします。
  • 儲かっている会社の、年間販促スケジュールの立て方
    販促をしていますか?そう質問を投げかける、と大なり小なり「している」と回答される方が多いと思います。しかし、継続的で適切な販促が出来ているのかというと…皆様、必ずしもうまくいっていない部分があるかもしれません。
  • 2019年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の月。 学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が増えます。 総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で2番目に高くなるのが3月です。 2019年は平成最後の卒業式や春休みがあります。 子供の節目に合わせた重要なイベントが増えるので、企画を早めに立てて、集客につなげましょう。 消費需要が高い時期です。遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。 【目次】 1.【3月】家計支出の特徴は? 2.【3月】主な4つの販促キーワード 3.日々の「記念日」一覧を集客に活用しよう! 4.販促計画を立てよう!
  • 2018年8月の販促計画を立てるときのポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の教養娯楽費は年間第1位。食料費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。花火大会・夏祭りなどの夏ならではのイベントはもちろん、旅行・プール・山・海などのレジャーが活発になる時期でもあります。夏休みを利用して家族で外出する機会が増えるので、家族で楽しめるイベントを企画した集客がおすすめです。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP