Web広告とは? 自社の商品・サービスにぴったりの配信方法を選ぼう!

公開

Web広告市場が現在、大変な盛り上がりを見せています。
かつて大きな効果を発揮する広告といえば、テレビ・新聞・雑誌などのマス広告でした。

 

しかしマス広告に出稿するには多額の予算が必要であり、中小企業にはおいそれとは手を出せませんでした。

 

そこに登場したのがWeb広告。
Web広告であれば、低予算で、興味のあるユーザーに効率的に広告を配信できます。
ここでは、そんなWeb広告の代表的なものを紹介します。

 

【目次】
1.Web広告とは?
2.主なWeb広告の種類
3.まとめ

Web広告とは?

Web広告とは、インターネットを通じて提供される広告のこと。

Web広告の隆盛はすさまじく、マス広告をしのぐ勢いです。

現在、SNSなどの流行もあり、Web広告市場は1兆円を超える規模といわれています。

 

主なWeb広告の種類

1.リスティング広告
リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに表示される広告などのこと。
検索されたキーワードに合った内容の広告が表示されることから、“検索連動型広告”ともいわれます。

 

Webサイト中に表示される広告もリスティング広告の一種で、こちらはWebサイトのコンテンツに合った広告が表示されることから「コンテンツ連動型広告」と呼ばれます。

このようにリスティング広告は、検索キーワードや表示しているWebサイトなどの情報をもとに、あなたの会社や製品に興味がある人のみに向けて広告を表示することができます。

リスティング広告は、クリック課金と呼ばれる、ユーザーがクリックしたときにだけ課金される仕組みが一般的です。
そのためマス広告などに比べて、安価に広告を出せるのも魅力です。

 

2.アドネットワーク広告
アドネットワーク広告とは、複数のWebサイトに広告を掲載できる手法です。
アドネットワーク広告が登場する前は、数ある広告業者の中から適した業者を選定して、直接打診しなくてはなりませんでした。

しかし一つの業者に頼むだけで複数の媒体に掲載できるようになり、依頼主側の負担は大きく減りました。
広告データなどは各業者に合わせて複数作成する必要がありましたが、その手間も省けるようになりました。

 

3.SNS広告
Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどのSNSを使った広告配信です。
検索エンジンをあまり使用しない人にも広告を配信することができます。

ほかの投稿の中に掲載することで、一見広告っぽくなく表示することも可能です。
広告がシェアされたり、いいね!されたりすることで、情報の拡散が期待できます。

 

4.アフィリエイト広告
ブログなどに自社の商品やサービスの宣伝を書いてもらい、申し込みや購入があったときのみ、記事を書いたライター(アフィリエイター)に報酬が支払われる仕組みです。

成果報酬型広告のため、企業は無用な広告宣伝費をかける必要がありません。
アフィリエイターに宣伝してもらうことで、自社では発信できない商品の魅力をうまく伝えてもらうことができます。

 

5.メール広告
メールマガジンなどを通じて、ユーザーに直接メールを送って伝える広告です。
自分たちの配信したいタイミング・内容・情報量でダイレクトに伝えられるのが大きなメリットです。

 

6.ネイティブ広告
ネイティブ広告とは、コラムなどがたくさん掲載された記事の中に、まるで記事の一つのような体裁で紛れ込んでいる広告です。
ほかの記事と同じように読んでもらえれば、広告と気付かれることなくユーザーに情報を伝えられる可能性があります。

またサイトの内容に沿った広告記事を作成すれば、より商品やサービスに興味を持ちそうなユーザーに集中的にPRすることができます。

 

まとめ

◆Web広告の注目度は高まっており、現在は1兆円を超える市場になっている。

◆Web広告にはさまざまな種類がある。それぞれメリットが異なるため、自社のサービスや商品に合った最適なWeb広告を選ぶことが大切である。

 
 

The following two tabs change content below.
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

■おすすめの関連コラム

  1. SEOの基本~ユーザーに喜ばれるコンテンツの作り方とは?

    今やマーケティングにおいてSEO対策として欠かせない、“ユーザーに喜ばれるコンテンツづくり”。 ...
  2. 広告屋さんに、
    デザインを依頼する際の7つのポイント

    チラシ制作、情報誌への広告掲載など、集客のために広告のデザインを依頼する場面は多くありますが、そ...
  3. 情報過多?情報薄?枠広告を考える

    皆様は地域情報紙やフリーペーパーなどに広告を掲載したことはありますか? それらは、媒体ごとに広...
  4. 求人広告作成時のポイントについて

    パートやアルバイトの求人で悩みを抱えている店舗経営者様、採用担当者様は多いのではないでしょうか。...
  5. 選ばれるお店になる!
    店舗への集客方法と売上アップのポイント

    何にも宣伝をしなくても、たまたま(?)人が集まってくるお店は確かに存在します。 で...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 店内POP術で売上に貢献を!お客様の心をつかむアイデ…
    あなたが何かを「思わず見てしまった」のは、どんな状況のときだったでしょうか?そのときは、どんな心理状態になっていたのでしょうか?
  • 集客を増やす効果的なクーポン事例ストーリーvol.2…
    女子会やママ友と利用しやすいカフェは、弊社が発行する『ちいき新聞』の読者アンケートでも、常に「欲しい情報」の上位。その反面、広告効果に差が出やすい業種でもあります。どんなクーポンをつけたら、どんなことを伝えたら、上手に集客することができるのでしょうか。『ちいき新聞』のクーポン特集で得られたクーポン回収データを分析した結果、わかったことをご紹介いたします。
  • 「品質を訴える」キャッチコピー
    すぐに使え…
    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサービスのアピールを考えることが苦手な方必見!場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレートをご用意しました。
  • 2017年3月の販促計画を立てる時のポイント
    3月は学年末、年度末の節目の時期。学生は新学期の準備、社会人も異動に伴う転勤など、新生活の準備で忙しくなる人が多くなります。 また、総務省統計局の調査によると、家計の消費額が年間で一番高くなるのが3月です。消費需要が最も高い時期なので、遅くとも1か月前に販促計画を立てましょう。 月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 2020年!インバウンド対策で訪日外国人が来店しやす…
    近年はインバウンド(外国人の訪日旅行)による外国人観光客数が右肩上がりですが、2020年はさらなる増加が見込まれています。この機会を生かすために、店舗では訪日外国人客が来店しやすいよう対策をしておきたいところです。本記事では、集客を促進するための四つの取り組みについて紹介します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP