SEOの基本~ユーザーに喜ばれるコンテンツの作り方とは?

公開

今やマーケティングにおいてSEO対策として欠かせない、“ユーザーに喜ばれるコンテンツづくり”。

たくさんのユーザーが興味を持つコンテンツを多く掲載しているWebサイトが、SEOにおいても上位表示されることはほぼ間違いありません。

ユーザーに喜ばれるコンテンツを作成するためには、いったいどのような点に気をつければいいのでしょうか?

ここでは、ユーザーが思わず読みたくなる記事の作成方法をお伝えします。

 

【目次】

1.ユーザーに読んでもらえる記事を執筆するには?

2.まとめ

ユーザーに読んでもらえる記事を執筆するには?

1.読みやすさを心がける

ブログなどの記事を執筆する際、気をつけてほしいのが“読みやすさ”。

短時間で読みやすい記事を書くことが理想ですが、内容が支離滅裂だったり、誤字脱字が多かったり、結局何が言いたいのか分からなかったりしたら、意味がありません。

ブログなどのコンテンツは内容を読者に伝えるために存在します。

自分自身が納得のいくまで何度も読み返して推敲し、誤字脱字等も修正して、できれば第三者に記事の内容を確認してもらい、OKをもらってからアップするようにしましょう。

そうすることで、読者からも“読みやすい”と好評価が得られやすくなります。

 

2.みんなが気になっている話題やテーマを取り扱う

誰も興味を持っていない事柄よりも、現在のトレンドなど話題性のある記事の方が読んでもらえる可能性が高くなります。

例えば企業のオウンドメディアの場合、業界内の最新の情報やデータ、最近のトレンド・流行などは多くの人が興味を持っています。

Googleのキーワードプランナーを利用すれば、今、どのようなキーワードがよく検索されているのかを知ることができます。

みんなの注目を集めている事柄を積極的に記事にしていきましょう。

 

3.記事のタイトルやWebサイトのテーマに合った記事を書く

当然のことながら、読者のほとんどは、まずタイトルに注目するはずです。

タイトルを見て「あ、面白そう」となったら、読者はクリックして記事を読み進めてくれます。

しかしその内容が期待通りでなかったら、途中で読むのをやめてしまう可能性が高いです。

Webサイトのテーマも同様。

「SEOに関することについて集めたWebサイト」のはずなのに、関係ないことばかり書かれていたら、そのサイトにまた足を運ぶ気はうせてしまいますよね。

せっかく読者が「読もう!」と興味を持ってくれたのですから、最後まで読んでもらえるよう工夫を凝らしましょう。

 

4.ターゲットを明確にする

残念ながら、どんなによい記事を作成しても、すべての読者に喜んでもらえることはほとんどありません。

たまに「私はすべての人に伝えたい」という方がいますが、「すべての人に伝わる=特色がない記事」という結果にもなりかねません。

そうならないためにも、まず大切なのは「誰に伝えたいのか」。読者ターゲットをしっかりと定めましょう。

 

例えば同じ「SEOを通じて、検索上位に表示される方法」というタイトルで記事を書いたとしても、読者ターゲットが上級者か、それともSEO対策の初心者かによって、記事の内容や書き方は大きく変わってきます。

 

上級者がターゲットの場合は、難しい専門用語をそのまま使ってもOK。

最新の情報をどんどん掲載して、興味を引いていきましょう。

 

対して、初心者がターゲットの場合は、専門用語の乱用は禁物。

専門用語を使用するときは、「〇〇はこういう意味です」といった説明を付け加えることで、相手はスムーズに読み進めることができます。

また具体例を挙げることで、よりイメージしやすくなります。

 

このように読者ターゲットによって、記事の内容や書き方も変わってきます。

まとめ

◆ユーザーに読んでもらえる記事を書くためには、まず読みやすい文章を心がける。

一回書いた文章をそのままアップするのではなく、何回も読み返し、できれば第三者にもチェックを依頼しましょう。

◆みんなが気になっているテーマや話題を取り扱うことで、より多くの人の興味を引くことができる。

◆記事のタイトルやWebサイトのテーマに沿った記事を作成することで、最後まで興味を持って読み進めてもらうことができる。

◆同じテーマでもターゲットによって記事の書き方や内容は変える必要がある。

誰にどう伝えたいのか、よく考えてから執筆しましょう。

 
 

The following two tabs change content below.
2007年7月10日設立。 本社:東京都港区。 ProFutureのマーケティングソリューションは「HRプロ」「経営プロ」「PRO-Qシリーズ」等のメディアを活用したリードジェネレーション中心のソリューション。HR領域の知見を最大限に生かした「HR SEO」や人事データを活用した「HR DSP」など広告主の価値を最大化するマーケティングソリューションを提供。 ProFutureマーケティングサイト(https://www.profuture.co.jp/mk/)では、マーケティング領域の有識者による特別インタビュー記事や調査レポートなどお役立ち情報を発信。

■おすすめの関連コラム

  1. Web広告とは? 自社の商品・サービスにぴったりの配信方法を選ぼう!

    かつて大きな効果を発揮する広告といえば、テレビ・新聞・雑誌などのマス広告でした。 しかしマス広...
  2. 広告屋さんに、
    デザインを依頼する際の7つのポイント

    チラシ制作、情報誌への広告掲載など、集客のために広告のデザインを依頼する場面は多くありますが、そ...
  3. 情報過多?情報薄?枠広告を考える

    皆様は地域情報紙やフリーペーパーなどに広告を掲載したことはありますか? それらは、媒体ごとに広...
  4. 求人広告作成時のポイントについて

    パートやアルバイトの求人で悩みを抱えている店舗経営者様、採用担当者様は多いのではないでしょうか。...
  5. 選ばれるお店になる!
    店舗への集客方法と売上アップのポイント

    何にも宣伝をしなくても、たまたま(?)人が集まってくるお店は確かに存在します。 で...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 代表的な販売促進方法とは?具体的なアイデア・事例をご…
    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介するのは新たな方法や革新的な手法ではありません。 むしろ「THE販促手法」ともいえるような代表的な手法ばかりです。 世の中にはさまざまな販促の手法がありますが、新しいから、ユニークだからといって必ず効果が出るわけではありません。 定番の手法こそが手軽かつ効果的だというケースはたくさんあるのです。 今回の記事は、新しいアイデアを探るためというよりも、これまでなんとなく聞いたことはあっても試していなかった手法を、再発見してもらうことを目指しています。 ご自身のお店や会社の商品・サービスをお客様に伝えるために、ここで紹介するメディアやツールをぜひご活用ください。
  • チラシ、パンフレット、WEB・・・広告漫画はどう使う…
    広告漫画にはどのようなメリットがあり、どう利用すればより効果を発揮することができるのか。元広告営業マンで、現在は広告漫画を中心に漫画の企画・制作を行っている漫画家が、事例を交えて広告漫画の魅力をお伝えするシリーズ。今回はその具体的な利用方法の一例をご紹介します。
  • 2017年8月の販促計画を立てる時のポイント
    8月には夏休みがあり、家族で行動するイベントが多い月。俗にニッパチといわれ、消費が落ち込む時期というイメージが強い月ですが、実は月の家計消費額は年間第5位。食費については第2位であり、家族で集まって食事をとる機会が多いため、消費額も上がっていると考えられます。家族で楽しめるイベントを企画して集客をしてみてはいかがでしょうか。イベントの準備には時間がかかるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 急げ!スマートフォン対応
    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWeb検索もスマートフォンを使うことが増えていませんか?ちなみに筆者の先週1週間のスマートフォン利用のレポート(iPhone:スクリーンタイムのレポートより)によれば、読書と調べもので15時間30分、SNSで4時間35分でした。すでにみなさんも実感している通り、統計の上でもスマートフォンから情報を得る人が増えています。スマートフォンの保有率は既にパソコンを超えています。これからはスマートフォンを中心にした集客・情報発信に、いかに早くシフトできるかが勝負です。今回はスマートフォンを味方につけた集客力、情報発信力をアップさせる方法についてお伝えします。
  • 2021年11月の販促計画を立てるときのポイント
    11月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立てていきましょう。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP