印象に残るてがきチラシ作成の基本

公開

てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さんやアスリートは基本を何よりも大切にしています。

 

【目次】
1.キャッチコピー
2.出口はわかりやすく
3.まとめ

□キャッチコピー

あれもこれと詰め込んだ結果、キャッチコピーが小さくなってしまっているチラシをよく見かけます。「目立つ」を重視するのなら、キャッチコピーのスペースは大きくとりましょう。キャッチコピーは一番自信のあるサービスを伝えることが基本です。

 

1.実績→500人の成功実績、10000食突破!  
2.料金・期間→競合より料金を安く提供できるサービス、限定・先着〇〇様  
3.キャンペーン→特典内容で一番インパクトがあるもの(旅行券プレゼントなど)
4.サービス→どんな悩みを解決できるのかをシンプルに伝えるキャッチ
5.想い→どんな人に来て欲しいのか。大切にしている想いを伝える。発信型キャッチ

 

ターゲット、コンセプトを決めてからキャッチコピーを作成しないと、統一感、ストーリーがないチラシになります。個人事業主さんは人柄やあたたかみがある想いをキャッチにする事で差別化ができます。

□出口はわかりやすく

 ここでいう出口とは、チラシを見たお客様にどんな行動を促したいのかをハッキリさせることです。

 

1.電話→電話予約が目的であれば番号は大きく載せ、「●●を見たとお電話ください」のように、誘導のための一文を入れます。

 

2.ネット→ネット予約可なら、検索しやすいように検索用のキーワードを明記したり、QRコードを活用したりする。QRコードは無料で作成できるサイトがあります。

 

3. 来店→営業時間・定休日・地図は大きく。目印・駐車場の有無・わかりづらい場所の場合は「お電話ください」。詳細がわかるHP・マップサイトへの案内をする。

 

4.クーポン→新規or既存向けか、有効期限(先着、限定など)。クーポンの内容がお客様にとって魅力が弱いとそれだけで判断される場合もあります。

 

5.SNS→会員や、メルマガへの登録の誘導はそのサイトに行くとどんなメリットがあるのかわかりやすく伝えます。

 

出口を丁寧に作る事で、温かみや人柄が伝わります。誰が見てもわかるという心遣い一つ一つが大切です。

□まとめ

必ずしも「印象に残す」=「変わった事をする」ではありません。

 

基本を徹底的に磨きあげると印象に残る物が出来上がります。私にはお気に入りのチェーン店のラーメン屋さんがあります。味はどこの店舗も一緒かもしれません。そこに私が行く理由はいつ行ってもトイレ、コップ、テーブルにある物がピカピカなことです。毎回、感動します。

 

基本も極めるとあなたにしかない強みになります。







 
 

The following two tabs change content below.
想いを形にする広告屋さん hand to hand キャプテン/てがき販促プロデューサー 東京ビジュアルアーツ(夜間部)卒業後、大手教材会社で訪問販売、株式会社地域新聞社で販促アドバイザーに従事。その後、八千代市、習志野市でダイエットサロンを経営。2017年1月に広告とサロン経営で得たのスキルを活かし、個人事業主やセラピストのブランディングを手掛ける。「てがき」でお店のオリジナルティを引き出す、てがきチラシ・開運名刺を中心とした集客をサポート。 ホームページ:https://handtohand.shopinfo.jp/ Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100004347615000

■おすすめの関連コラム

  1. 地元客を集客するならチラシポスティングが効果的~地域密着型フリーペーパー活用法~

    チラシポスティングをはじめとする紙を使った販促は、ローカル市場をターゲットとしている店舗や会社に...
  2. 折込チラシの効果的な配り方を分かりやすく解説
    ~適切な商圏とは?~

    折込チラシは地域に密着しているため効果が期待できるのではないかという想定のもと、集客や求人のため...
  3. 【飲食店向け】広告やチラシで新規顧客を獲得後、リピート率をアップさせる方法とは!?

    飲食店は、リピート客が多ければ経営が安定し、販促にかかる費用や労力を減らせるため、リピート客の獲...
  4. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  5. 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖...
  6. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  7. チラシ折込ができるフリーペーパー2選 ~関西編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。また、以前に「チラシ折込ができ...
  8. チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届...
  9. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  10. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  11. お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費...
  12. チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?

    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、...
  13. チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる6つのコツとは?

    「チラシを使った販促をしているが、売上にちっともつながらない・・・」そう悩んでいる方はいませんか...
  14. 折込チラシ・フライヤーにおすすめのサイズと紙質は?効果別の選び方で『見てもらえる』チラシに!

    折込チラシやフライヤーを作るとき、きちんと「サイズ」と「紙質」について考えていますか?安いからと...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • デザインセンスとはどんなもの?センスを磨いて仕事に活…
    パワーポイントで作られた資料がとても見やすかったり、人が作った物の問題点を的確に指摘して、さらにステキなものにブラッシュアップできたり、皆さんの周りにもそんなデザイン的感性に優れた人はいませんか?そして「あの人は他の人とは違ってセンスが良いから」「自分には絵心がないから無理」などと思っていませんか?実はそんなことはないんです。もしデザインセンスを身につけることができれば、仕事にも役立つ強い味方になります。
  • 広告表現の基本「PASONA(パソナ)の法則」を使っ…
    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な「型」があり、この基本的な型を覚えることが大切です。
  • 2019年10月の販促計画を立てる時のポイント
    朝晩や日々の寒暖差、日暮れの早さで季節の移り変わりを感じる10月。日中は爽やかで過ごしやすいこの時期、運動会などのスポーツイベントや、遠足、修学旅行といった学校行事も多く行われます。また、今年は消費税が増税され、買い物の方法を変えるなど、あらためてライフスタイルにあったお金の使い方を考えたり、生活を見直したりする時期にもなります。10月の販促計画作成に役立つポイントをまとめました。ぜひ本記事をご参考にしていただければと思います。
  • 2017年5月の販促計画を立てる時のポイント
    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新生活による環境の変化などで、心身共に疲れが出やすい頃でもあります。体をいたわるメニューや癒しをテーマにした商品などがヒットする可能性が高いので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
  • ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサ…
    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう」と言われると思います。これは、商品を開発するときに「お客様視点に立ちましょう」と言われるのと同じことです。ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成するには、どのような点に気をつければいいのでしょうか?そもそも“ユーザー視点に立つ”とはどういうことなのでしょうか?ここでは、Webコンテンツにおけるユーザー視点について説明します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP