シニア世代(60代・70代・80代)にアプローチできる広告デザインのポイントとは?

公開

高齢化がすすむ日本においてシニア層(60代・70代・80代)は魅力的な市場です。
シニア層向けの広告デザインを作成する時には、まずシニア層に好まれるデザインにすることが大事になります。
シニア層が好みそうなデザインにしていくことで、より効果の出るターゲットにささるチラシを作成できるようになります。
そこで今回はシニア層を取り込むことの重要性とシニア向けのデザインポイントを4つ紹介します。ぜひ、広告作成する際にお役立てください。

【無料DL】ターゲット別(シニア・ママ向け)の広告デザイン作成のポイント

【目次】

  1. シニア層を取り込むことの重要性
  2. シニア層にアプローチできる広告デザイン4つのポイント
  3. 適切な情報量
  4. 読みやすいデザイン
  5. 色彩の設計
  6. 視線を誘導する
  7. まとめ

シニア層を取り込むことの重要性

日本は世界の中でも急速に高齢化が進んでいる国で、シニア層の割合が高くなっています。
また、2020年代、60代から70代となっている世代は、団塊の世代と呼ばれ時間的にも経済的にもゆとりがあるといわれています。
さらに、2030年代には、団塊ジュニア世代が60代に差し掛かり総人口の中で最も多い年代がシニア世代となります。
多くの企業や店舗にとって、シニア世代を取り込むことは今後のマーケティング戦略を考えるうえで重要な課題といえるでしょう。

時間にゆとりのあるシニア層は、折込やポスティングなどで届けられるチラシや新聞、ポスティング型のフリーペーパーや市の広報誌などの紙媒体に目を通します。
公益財団法人 新聞通信調査会の調査によると、60代以上の約8割が新聞を読んでいるというデータもあります。

引用元:公益財団法人 新聞通信調査会「第 13 回メディアに関する全国世論調査(2020年) 」

シニア層に向けてこれらの紙媒体への広告を実施していくメリットは以下の2つになります。

◆保存性が高い
折込やポスティングなどで届けられるチラシや新聞、ポスティング型のフリーペーパーや市の広報誌などの紙媒体の広告は、手元に置いておけるため、注意を引きやすく、繰り返し読んでもらえる可能性が高くなります。
興味の湧いた広告は、捨てられることなく保管され、時間のある時にじっくり中身を読み込んでもらえます。
また、今すぐに商品やサービスの問い合わせなどの行動が起きなくても、将来的に広告が読まれて、問い合わせをしてくる可能性もあります。

◆じっくりと読んでもらえる
折込やポスティングなどで届けられるチラシや新聞、ポスティング型のフリーペーパーや市の広報誌などの紙媒体は、テレビコマーシャルやWEB広告と異なり、手元に置いてじっくりと読んでもらえます。
ただし、一目見た段階で、選ばれなければ折込やポスティングなどで届けられるチラシや新聞、ポスティング型のフリーペーパーや市の広報誌などの紙媒体の広告は捨てられてしまいます。

シニア層を取り組むことは重要であり、販促として折込やポスティングなどで届けられるチラシや新聞、ポスティング型のフリーペーパーや市の広報誌などの紙媒体の広告を活用することは有効でしょう。
折込やポスティングなどで届けられるチラシや新聞、ポスティング型のフリーペーパーや市の広報誌などの紙媒体の広告を実施する場合は、広告自体がシニア層に選ばれなければなりません。
そのためには、シニア層にアプローチできる広告デザインが必要となるのです。

 

シニア層にアプローチできる広告デザイン4つのポイント

シニア層にアプローチできる広告デザインのポイントは以下の4点になります。
・適切な情報量
・読みやすいデザイン
・色彩の設計
・視線を誘導する

適切な情報量

シニア向けでは情報量が最重要になってくると考えます。
情報量が多いと敬遠されてしまいます。
一度に視覚に映る情報量を少なく調節し、どうしても伝えるべき情報が多くなってしまう場合は、画像や図形を効果的に活用し、チラシ場合は裏面を活用したりして、ゆったり文字を配置するのがおすすめです

また、広告に載せる情報の役割によって文字の大きさや太さにメリハリを付けることも必要です。
文字が同じ大きさだと単調で、広告で伝えたいところがわからず、伝わりにくくなります。

広告で伝えたい部分に優先順位を決め、文字の大きさに変化をつけて配置することで、伝えたいことが明確になり、効果的な広告が作れます。

情報量が多い広告と適切な情報量の広告を事例で見てみましょう。

① 情報量が多い広告

情報量(文字数)が多すぎると、最初に広告を目にした段階で、読むことを敬遠されがちです。
この事例では以下の点に問題があるでしょう。

・文字数が多すぎる
・色が多すぎる
・色の使い方に意味がない
・文字の大きさの強弱が少なく、一目で興味をそそられるポイントがない
・文字が小さすぎる
・強調して伝えたいセールスポイントが強調されていない
・同じ文字の繰り返しが多い(日本国内)

このように、情報や色などが多すぎると、シニア層に敬遠されてしまいます。

② 適切な情報量の広告

適切な情報量の広告は興味を引きやすく、シニア層に読み込まれる可能性が高くなります。
この事例では、以下の点が優れています。

・文字数が多すぎない
・色が4色
・強調したい部分に色を使用している
・文字の大きさに強弱があり、一目で興味をそそられる
・小さい文字がない
・強調して伝えたいセールスポイントが強調されている
・同じ文字の繰り返しがない
・シニア層の男性のイラストが共感と関心を生み出す

読みやすいデザイン

歳を重ねるにつれて誰もが、「老眼による見えにくさ」や「見えづらい」そして「わかりづらい」という症状を迎え、近くの細かい文字は読みづらく、近くから遠くへ・遠くから近くへ視線を変えるとピントをあわせるのは難しくなります。
また脳の情報処理の速度も衰えてきますので、簡潔明瞭シンプルに伝えることが大事になります。

文字の形であるフォントも広告の読みやすさに影響を与えます。
フォントによって与える印象やイメージが変わってきますので、シニア層が読みやすいフォントを選ぶことが重要です。

一般的にはシニア層向けの広告にはゴシック体が適しています。

ゴシック体は縦横の太さが均等で、装飾性がないため視認性が高く、文字が判別しやすい特徴があるからです。
ゴシック体で太いフォントを選択すると、文字が真っ先に目に入りより視認性が高いデザインになります。

装飾性が高いフォントを多用すると、全体的に読みづらく見づらい広告になる可能性が高まります。
シニア層向けの広告で装飾性の高いフォントを使う場合は、デザイン的に必要と思われる部分のみに限定した方が良いでしょう。
また、沢山のフォントを使うと、乱雑で見にくくなるので避けましょう。

シニア層にとって読みにくい広告と読みやすい広告を事例で見てみましょう。

① 読みにくい広告

一目でインパクトを与えたい文字が白抜きで、シニア層にとってはピントが合わせづらく読みにくい広告です。
読みにくさは以下の点が原因となっています。

・文字が全体的に細い
・行間が詰まりすぎ
・文字の装飾が多い

① 読みやすい広告

読みやすいデザインは、下記の5つを守ることで格段に読みやすくなります。

・文字の大きさは通常の1.5倍
・行間はゆとりをもつ
・長体平体はなるべく使用しない
・太めの書体を意識する(ゴシック体)
・文字の装飾は最低限にする

はっきりとした文字でゆとりがあり、読みやすい広告です。

 

色彩の設計

高齢になると視力とともに色覚も低下しやすくなるといわれています。
色覚の劣化へとつながるため、少し濁った色合いに見えてしまいます。
なるべく弱いコントラストを避け、はっきりとした色合いと、読ませたい文字は黒をベースに設計していくのが大事になってきます。

参考ですが、成人の好きな色の順位は、「青」「赤」「緑」となっており、女性は明るく淡い色を好み、男性は暗く濃い色を好むといわれています。
また、広告では、自社の業種や業態に合った色を選択することも重要です。たとえば業種によって以下の色がマッチするでしょう。

・士業や専門的なサービス
青などの抑え目の寒色系で信頼性や誠実なイメージを強調する。

・医療や介護サービス
緑やベージュなどのナチュラル系で安心感を演出する。

広告では、文字を強調する色の選択も重要となります。
赤や黄色は信号にも使われている警戒色ですので、強調したい文字に使うと効果を発揮します。
一方で、意味なく赤や黄色を使ってしまうと、何を伝えたいのか分かりにくい広告になってしまいますので注意が必要です。

目的もなく多くの色を使うことは、広告では逆効果です。
色は必要に応じて適所に使用するようにしましょう。

シニア層にとって見にくい色彩の広告と見やすい色彩の広告を事例で見てみましょう。

① 見にくい色彩の広告

水色に白抜き文字の色彩は、コントラストが弱く、視力や色覚が低下してきているシニア層にとって見にくくなります。
広告が見にくい原因は以下になります。

・水色と白はコントラストが弱い
・使用している色が多すぎる
・警戒色である赤と黄色の使い方があいまい
・黄色の文字は見えにくい

② 見やすい色彩の広告

コントラストを強くして、黒文字を使用することで、シニア層に見やすく、伝えたい内容が伝わる広告になっています。

事例の広告が見やすいのは以下の理由によります。

・濃いブルーと白はコントラストが強く白文字が見やすくなっている
・使用している色の数が最適
・強調に黄色とオレンジを使用
・しっかり伝えたい部分は黒文字ではっきり読みやすくしている

視線を誘導する

広告を見た時に視線が動くパターンは基本的に3つあるといわれています。

・左から右
・上から下
・左上から右下

この3つの視線の流れを意識して、文字の色やデザインを考えることで、楽に広告に目を通すことができるため、シニア層に伝わりやすい広告を作ることができます。

視線の誘導を意識した広告事例で視線の動きを体験してみましょう。

視線の誘導を意識した広告

左から右
・「ご承知ですか?」の吹き出しから、具体的な数値の入った自転車事故の発生データで視線がキャッチされます。さらに、シニア世代が自転車で転ぶイラストが現実感を高めます。
・だからこそ!の吹き出しから、黒字で自転車保険加入に必要性がアッピールされます。
・「サイクル地域保険」の特徴が左から右に3点並んでいます。

上から下
・最上部に視線をキャッチする情報が太字のゴシック体で記載されています。
・最上部でキャッチされた視線は、具体的な保険加入、サイクル地域保険の特徴と上から下へ自然に流れます。

左上から右下
・警戒色である黄色とオレンジが使用されている部分が、左上から右下へ視線を誘導します。
・強調されたカラーが使われている左上の吹き出しから「発生」の文字、料金のお得な情報へと自然に視線が移っていきます。

 

まとめ

広告デザインを作成する時にまずターゲットに好まれるデザインにすることが大事になります。
年齢・性別によって好むデザインは変わってきます。今回はシニア向けのポイントを4つ解説させて頂きました。
シニア向けは、何より読みやすくわかりやすい点を念頭にデザイン・レイアウトし、誤認を起こさない分かりやすい情報デザインが必要不可欠です。
今回解説したポイントを踏まえて広告デザインを作成していくと、よりターゲット層に刺さる広告が作成できると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

チラシのデザイン・印刷でお困りでしたら、地域新聞社のチラシデザイン・印刷サービスがおすすめです。
印刷代も含めたお得な価格で、貴社のチラシを実績豊富なプロのデザイナーがチラシデザインやキャッチコピーを制作いたします。

また、低価格で作成できる「デザインテンプレート」もご用意しておりますので、ぜひ貴社の集客にお役立てください。
チラシのデザインから商圏にぴったり合わせたエリアへの配布まで、チラシに関するお悩みがあればお気軽に地域新聞社にご相談下さい。

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 【プロデザイナーが解説!】添削から学ぶチラシ作成の基本

    The following two tabs change content below.この記事...
  2. 年末年始用セールチラシのデザインのポイントとは?

    年末年始が始まる前に、必ず用意しなければいけないのがセールチラシですよね。 セールチラシのデザ...
  3. 目に留まりやすい政治活動レポートとは?レイアウトや内容を解説

    「政治活動レポートを作成して、知名度アップや広報のために活用したい!」とお考えではありませんか?...
  4. プロのデザイナーが教える!目を引くチラシの作り方

    近年ではセールやイベントのお知らせでの集客はデジタル化され、ネット配信やSNSを使って拡散するこ...
  5. 効果的な政治活動・選挙のチラシ・ビラの配布方法とは?~選挙に関する地域住民の声から読み解く~

    政治活動・選挙では、いかに効果的に有権者に政策やマニュフェストを伝えるかが重要です。 有権者に...
  6. チラシデザインガイド~消費者の目に留まるデザインのコツ

    販促や集客のチラシを作成する際には、思わず目を引くようなレイアウトや、配色などいくつかの作成のポ...
  7. データ(GIS)を活用してターゲットに届けることでチラシの反響を上げるコツ

    地域での販促を目的に折込やポスティングでチラシ配布を検討中の方は多いでしょう。 チラシ配布は、...
  8. チラシ反響なしの方必見!他社と差別化できるチラシ作成のポイント

    折込やポスティングを検討中で、他社はどんな内容のチラシで反響を出しているのか興味がある方は多いで...
  9. チラシ・折込・ポスティングで広告・販売促進の効果を上げる!お客様のデータ分析方法とは?

    地域での広告・販売促進の効果を上げるための手段として、折込やポスティングを検討している店舗や企業...
  10. 3倍の効果がでる体験型広告とは?親しみやすいアプローチの成功事例をご紹介

    WEB広告だけではなく、折込チラシやポスティング、フリーペーパーや新聞などの紙媒体への掲載による...
  11. 子育てママ(30代・40代・50代)にアプローチできる広告デザインのポイントとは?

    ビジネスにおいて子育てママ(30代・40代・50代)をターゲットにした広告を実施する企業や店舗は...
  12. 折込チラシの配布枚数はどれくらい?業種別平均折込枚数を公開!

    集客や販促を考えていて、色々な販促手法がある中で、折込チラシの活用を考えたときに「妥当な配布部数...
  13. 【千葉】おすすめの地域密着型のポスティング会社5選

    地元客を集客するにはポスティングを使った地域密着型の販促が効果的だといわれています。 ポスティ...
  14. フォントによってイメージが変わる!初心者でもわかるフォントの選び方とは ?

    ポスターやチラシ、WEBサイトなどで、使うフォントによって印象が違ってくることはよく知られていま...
  15. スクール(学習塾・習い事)の効果的な集客のポイントと閑散期対策をご紹介

    スクール(学習塾・習い事)は消費者のニーズが高いため、地域に競合が多いケースがみられます。 そ...
  16. 折込チラシとは?料金相場・効果的なデザイン・サイズまでプロが解説

    折込チラシとは、効果が期待できる広告として、広く活用されている方法です。 専門の折込チラシサー...
  17. 生徒数アップ!学習塾の販促に効果的なチラシ作りと配布方法

    学習塾・スクールの新規生徒を獲得するための販促に効果的なチラシ作りと配布方法について解説します。...
  18. チラシ折込媒体 新聞折込・ポスティング・フリーペーパー折込徹底比較!チラシ配布方法も解説

    チラシポスティングをはじめとする紙を使った販促は、ローカル市場をターゲットとしている店舗や会社に...
  19. 折込チラシの効果的な配り方を分かりやすく解説
    ~適切な商圏とは?~

    折込チラシは地域に密着しているため効果が期待できるのではないかという想定のもと、集客や求人のため...
  20. 【飲食店向け】広告やチラシで新規顧客を獲得後、リピート率をアップさせる方法とは!?

    飲食店は、リピート客が多ければ経営が安定し、販促にかかる費用や労力を減らせるため、リピート客の獲...
  21. 印象に残るてがきチラシ作成の基本

    てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さ...
  22. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  23. 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖...
  24. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  25. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  26. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  27. お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費...
  28. 販促チラシはこうして作ると反響がある!集客できるチラシ販促のコツ

    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、...
  29. チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる6つのコツとは?

    「チラシを使った販促をしているが、売上にちっともつながらない・・・」そう悩んでいる方はいませんか...
  30. 折込チラシ・フライヤーにおすすめのサイズと紙質は?効果別の選び方で『見てもらえる』チラシに!

    折込チラシやフライヤーを作るとき、きちんと「サイズ」と「紙質」について考えていますか?安いからと...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • SEOイメージ
    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いと…
    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 今回はそれぞれの具体的な内容と、どちらをより重視すべきなのかについて説明します。 これからSEO対策を始めようと思っている人は、ぜひ参考にしてください!
  • 2021年6月の販促計画を立てるときのポイント
    6月の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、1か月程前から余裕を持って販促計画を立ていきましょう。
  • フォントによってイメージが変わる!初心者でもわかるフ…
    ポスターやチラシ、WEBサイトなどで、使うフォントによって印象が違ってくることはよく知られています。 フォント選びによって デザインが与える印象は大きく変わります。 一方で、フォントのもつ特性やイメージを学んだことがある方は少ないのではないでしょうか。 販促に関わる企業の広報担当者・販促担当者・店舗経営者が、フォントについて基礎知識を習得することで、フォントのもつ特性やイメージ、役割を理解して最適なものを選ぶことができます。 そこで今回は、フォント選びに役立つ和文フォントについての基礎知識をまとめました。 この記事を読むことで、消費者に伝えたいイメージと合ったフォントを選ぶことができるようになるでしょう。
  • 2018年7月の販促計画を立てるときのポイント
    7月は学校の夏休みが始まり、レジャー需要が高まる季節。また、総務省統計局の調査によると「家具・家事用品」への支出が年間で一番高くなるのが7月です。冷房器具や、涼しさを感じるインテリアへの模様替えの需要が高いといえるでしょう。 2018年は、西郷隆盛ブームや、週刊少年ジャンプ創刊50周年など、イベントが盛りだくさんです。梅雨明け後は外出する機会が増えるので、アクティブな消費者を狙った販促活動が重要になってきます。また、暑さで体調を崩す人が増えることで「冷涼」をテーマにした新商品がヒットする可能性も高まるので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。
  • 年末年始用セールチラシのデザインのポイントとは?
    年末年始が始まる前に、必ず用意しなければいけないのがセールチラシですよね。 セールチラシのデザインによって顧客の購買率が変動するため、「できるだけ効果のあるチラシを作りたい!」と考えている方も多いでしょう。 今回は、年末年始用セールチラシを作るコツや、デザインのポイントを「レイアウト」「配色」「キャッチコピー」「画像」の4つに分けて解説します。
PAGE TOP