手書きチラシのコツ

チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメール)、FAX、手渡し等、さまざまな方法があります。

 

同様に、作成方法もさまざまですが、おもに以下の3つの方法が考えられます。

 

1.パソコンのワープロソフト(代表的なのは、マイクロソフト・ワード)などを使用して作成する

 

2.プロのデザイナーに作成を依頼する

 

3.手書きで作成する

 

今回は3番目の、手書きでチラシを作成する際のコツについて解説します。

 

【目次】
1.効果的な手書きチラシを作成するには
2.基本的なレイアウト構成
3.まとめ

効果的な手書きチラシを作成するには

手書きチラシには、

 

・読んだ人の“欲しい”という欲求を喚起する

・読むことによって読者の記憶に残す

 

という2つの目的があります。

 

ワープロを使用すると、確かに文字の列がキレイに揃っているため読みやすいのですが、読み終わった後に記憶に残るかといえば、必ずしもそうでもありません。

 

ですから手書きの場合は、ワープロのようにキレイに並べるのでなく、むしろちょっと崩れているくらいが調度いいのです。

 

文字の大きさが多少バラバラでも、文字の角度が少しぐらい狂っていても気にする必要はありません。

 

また、プリントしてものと違い、手書きの文字は崩れや狂いがある分、読みにくくなるため、長文は避けるようにしましょう。

 

記憶に残すことが目的の1つですので、単純明快な短文で攻めたほうが効果的です。

 

基本的なレイアウト構成

1.キャッチコピー

2.リードコピー

3.本文

4.オファー

5.お問合せ先

 

1番目の“キャッチコピー”ですが、その役割は、読んだ人の関心を一瞬にしてつかむこと。ですからできる限り大きく、1番目立つ上部に配置しましょう。感覚としては、ちょっと大きすぎるかな”というぐらいがちょうどいいです。

 

2番目以降の要素については、商品PRの場合は、先で述べた“癖のある文字”で埋め尽くすと、商品についてマニアックな印象をあたえるので、読みやすさに力点をおいた手書き文字を心掛けましよう。

 

全体のバランスを見るためにも、本番の用紙に書く前に、必ず同サイズの紙を使ってラフスケッチを書いてみてくださいね。

(※紙の「サイズ」と「紙質」についてはこちらの記事をご参考ください。

 

チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方

 

 

手書きチラシで使用する色は、単色もしくは2色までに抑えましょう。

http://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/1148/

 

2色の場合は同じ色の濃淡を変化させるようにして、チラシ全体に深みをもたせます。

 

手書きチラシの目的は、あくまでも文字を“生かし”、記憶に残りやすくすること。

 

多くの色を使ったり、派手な色ばかり使用すると、注意が色のほうに向いてしまうので気をつけましょう。

 

まとめ

・手書きチラシの使命は、あえてバランスを崩すことで、顧客の記憶に残りやすくすること。そのため、必要以上に文字の大きさや角度を整える必要はありません。

 

・作成の際は、上からキャッチコピー→リードコピー→本文→オファー→お問合せ先の順に配置しましょう。特にキャッチコピーは、読んだ人の心をつかむ最重要部分。ちょっと大きすぎるかな?と思うくらいのサイズで書くのがベストです。

 

・手書きの文字を延々と読まされるのは苦痛。本文はなるべく整った文字で、できる限り1文を短く、単純明快に書きましょう。

 

・色は単色または2色まで。カラフルすぎると内容が頭に入ってきにくくなります。

 

参考までこちらの記事もお読みください。

 

▼チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?

 http://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/1404/

 

▼チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方

http://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/1148/

 

▼お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

http://hansokunodaigaku.com/koukoku_post/800/

 

 

 

ニュースレター作成のコツセミナー開催!
▼詳細はコチラからご覧ください。
http://hansokunodaigaku.com/seminar/

 

 

The following two tabs change content below.
金村勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。

続きを読む
セミナー開催情報
計画が売上を上げる!2018年の年間販促計画を作るワークショップ
日程:2017年12月14日(木)
時間:15時~17時
定員:15名
1年分の販促計画をしっかり立てて、2018年の売上アップを目指しませんか?年間9,000社の広告や販促をサポートする地域新聞社と、WEBマーケティング支援企業のベストエフォートマーケティングによる共同ワークショップセミナーです。参加者同士で意見を出し合いながら、共に来年の販促計画をつくりましょう。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
  • 5月の販促計画を立てる時のポイント
    ゴールデンウィークから始まる5月は、イベントやレジャーで使い過ぎた家計が気になる月です。また、新生活による環境の変化などで、心身共に疲れが出やすい頃でもあります。体をいたわるメニューや癒しをテーマにした商品などがヒットする可能性が高いので、遅くとも1か月前には販促計画を立てましょう。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
  • 販促カレンダー | 年間計画作成を簡単にするテンプレ…
    販促効果をアップされるには、計画的に準備をすすめることが大切。 常に1年先の販売計画を立てているほうがいいのはわかっていても、なにから手を付ければいいのかがわからない方のために、販促カレンダーのテンプレートをご用意しました。
  • 11月の販促計画を立てる時のポイント
    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、「七五三」「文化の日」などの行事も多いため、それらに合わせたキャンペーンやサービスを企画しましょう。また、11月が終わる頃には、冬のボーナスやお歳暮シーズンが到来、クリスマスや年末年始の準備も始まるので、早めの販促計画が重要になってきます。月間の販促計画作成に役立つポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。
  • 「PASONAの法則」
    売れる広告作成に使える…
    チラシの内容を考える際に、どのように進めればいいのか悩んだことはありませんか?広告作成にも様々な「型」があり、この基本的な型を覚えることが大切です。
  • 広告・集客効果がアップする心理術7選
    集客効果を高めるために、特に重要な7つの心理術を集めました。広告や販売促進の企画をする際に、これらをできるだけ盛り込んでみてください。
PAGE TOP