「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェキ!」で簡単に確認してみませんか。

 

GoogleやYahoo!などの検索サイトで「サービス名」を入力して検索をしている人は、そのサービスを「いま」「すごく欲しい」人です。

 

「冷蔵庫 回収」と調べている人は、きっと壊れた冷蔵庫が自宅にあったり、引っ越しのために不要になったりした人です。そんな人がピッタリ合うホームページを見つけられば、すぐに契約となる可能性はとても高いでしょう。

 

また、近所のお店やサービスを探している人は、「東船橋駅 整骨院」など、最寄駅や地域名を入れて検索します。

 

決まった地域・商圏内で商売をされているお店にとって、「近所の地域名」と「自社のサービス名」で検索されることは、近所に住む「今すぐ欲しい人」を獲得しるための重要な要素です。

 

今回は、自社のホームページが検索結果の上位に表示されているかをどうかチェックする方法をお伝えします。

 

 

【目次】
1.「地域名」×「サービス名」による検索に強くなる3つの必要性
2.検索順位を測る「SEOチェキ!」の使い方
3.まとめ

 

 

・「近所の地域名」x「サービス名」での検索を強くする3つの必要性

お店のある地名で検索してもらうことの必要性は、大きく分けて3つあります。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.近所の人ならば、リピーターになってくれやすい

2.すぐに買ってくれる人から問い合わせをもらえる

3.お客様が安心して商品・サービスを購入できる
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

1つ目は、「近所の人ならば、リピーターになってくれやすい」ということ。
例えば「駅名」や「市区町村名」で検索する人は、その近所にある特定のサービスを探していると考えられます。

 

美容室や飲食店などは遠方からでも通ってくれる人がいることもありますが、ほとんどの人は「近くでちょうどいいお店」だから来店します。また、遠くから人を呼ぶことに成功しても「通うのは大変」「一度行けば十分」といった理由で、通ってくれなくなってしまうことも多いでしょう。

 

もちろんサービスにもよりますが、商売の基本はリピーターを増やして経営を安定させること。生活圏内の情報を探している人を検索サイトの利用者から獲得し、リピーターを増やしましょう。

 

2つ目は「すぐに買ってくれる人から問い合わせをもらえる」ことです。特定の「サービス名」で調べている人は、それを「すぐにほしい」か、「すぐに知りたい」という理由で検索しています。

 

このような人が来店してくれれば、お店からの営業トークは必要ありません。初めての来店であれば、一つ一つの質問や要望に丁寧に答えて、安心してもらうことを目指すだけで十分です。

 

「新規のお客様」がホームページを見てくれること想定し、自社のホームページがその人に「安心感」を持ってもらえる内容になっているかどうか確認してみましょう。

 

お客様の声や取引実績、スタッフの顔が見える清潔な写真など、少しでも安心感を与えることのできる材料をしっかりと用意しましょう。

 

最後は「お客様が安心して商品・サービスを購入できる」ことです。検索画面の1ページ目にあるお店か、それとも2ページ目以降にあるお店かで、信用度が変わるといわれています。

 

例えば「千葉市」×「外壁塗装」で検索した場合、広告を除いた検索画面の一番上に表示される企業の方が、2ページ目や3ページ目まで行かないと見られない企業と比べて、なんとなく安心ですよね。

 

 

※検索画面の一番上に出ている状態

 

 

 

 

※2ページ名以降に行かなければ、情報を得られない状態

 

 

 

 

検索したらすぐに出てくることで、「しっかりしている会社」というイメージを持ってもらい、安心して購入してもらえる環境を整えることも、集客をする上でとても大切なことです。

 

自社の商圏内に引っ越してきた人なども取りこぼさないために、「近所の地域名」×「サービス名」での検索上位表示を狙いましょう。

 

・検索順位を測る「SEOチェキ!」の使い方

ここでは、「近所の地域名」×「サービス名」で検索上位に自社のホームページが表示されているかどうかをすぐに調べることができる無料ツールを紹介します。

 

「SEOチェキ!」 http://seocheki.net/

 

【SEOチェキ!の使い方】

 

1.まず自社のホームページURLを入力します

 

 

2.URLを入力して「チェック」を押すと、そのサイトの「title」「description」が表示されます。

※「title」「description」とは、そのサイトの検索画面で表示される文字の事です。

 

 

 

 

 

 

この「title」「description」に検索してもらいたい言葉を入れることが、検索上位に表示させるコツの一つです。

例えば、この「おゆみの工房」様の場合、「千葉市」と「外壁塗装」で検索上位に上げようとしています。

 

 

 

 

3.つぎに「狙いたいサービス名」と「地域名」を「検索順位チェック」に入力します。
※同時に検索できる数は、最大で3つまで。

 

 

 

 

「狙いたいサービス名」と「地域名」を入れてチェックを押すと、その言葉で検索した時のGoogleとYahoo!の検索順位が表示されます。

 

 

 

これをみると「千葉市」×「外壁塗装」だと両サイトで1番上に表示されることが分かります。地域名を広げて「千葉県」にしてもGoogleで5位、Yahoo!で7位となり、広い範囲での検索でも上位に表示されていることが分かります。

 

しかし、「屋根修理」では74位なので、もし「屋根修理」も狙うのであれば、サイト内の情報を考え直す必要があるでしょう。

・まとめ

SEOチェキ!は、とても簡単に自社ホームページの検索順位の状況を調べることができるツールです。

 

検索上位に表示させる対策を考えるためには、まず自社のホームページは「どの範囲の商圏の人に見てもらいたいか」と、「どの商品名で検索したら表示させたいか」を整理しましょう。

 

出張範囲が限られているのに「関東」で検索されるようにしても意味がありません。「千葉東駅」や「習志野市」など、特定の商圏範囲で上位に検索されるサイトを目指しましょう。

 

 

■事例紹介
事例としてご協力いただいた「おゆみの工房」様のホームページの検索順位状況は、地域新聞社のサイトでご紹介させていただいております。
おゆみの工房様検索上位状況はこちら

 

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。 7割以上がスマホユーザーということです...
  2. 4大SNS販促の有効な活用方法
    ~それぞれの特徴から考える~

    昨年の新語・流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれるなど、今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったS...
  3. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  4. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  5. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  6. リピーター獲得に強い、LINE@販促とは?

    コミュニケーションツールとして、すっかり定着したLINE。そのLINEに向けて店舗専用アカウント...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
中途採用を成功に導くノウハウ公開セミナー
日程:2018年7月26日(木)
時間:15時~17時
定員:30名
「中途採用って、意外と難しい」とお考えの採用担当者様向けのセミナーです。「なぜ貴社の中途採用はうまくいかないのか-中途採用成功のポイントを理解する-」をテーマに、中途採用を増やすための方法やノウハウをお伝えします。
  • 店舗集客のための
    紙メディアとインターネットの…
    「ネットだけで大丈夫」「紙メディアはコストがかかるからやめる」などとお考えではありませんか?
  • 無料でTV・雑誌・新聞などに取材される方法
    自社の商品・サービスが売れるために、その“認知度”をどのように上げるのか、常に頭を悩ませているという方々は多いのではないでしょうか。
  • かっこいい広告デザインを目指すな。
    「40-4…
    デザイナーに頼んだDMやチラシが、とてもかっこいい出来で「これならきっとお客様が大勢来てくれる!」と思ったことありませんか?今回の結論を先にいうと、かっこよさは、チラシやDMの反響には大きく影響しません。大切なのはデザインではなく、「ターゲット」と「商品価値」です。自分でチラシを作るときも、プロのデザイナーに依頼する時でも同じこと。今回は販促物を作るときに覚えておきたい「40-40-20の法則」をお教えします。
  • 中小企業のブランド戦略・パート2
    皆さんがお客さまや消費者の立場に立った時に、いくつも同じような会社やお店、商品・サービスがあって、その中から何かを選ばないといけない・・・・そんな経験はありませんか?値段もあまり変わらない場合は特に悩みますよね?反面、皆様が企業側として、お客さまや消費者に選ばれるようにするためにはどのような方向性で企業努力をすれば良いのかを書いてみます。
  • 2018年6月の販促計画を立てる時のポイント
    6月は梅雨入りを迎え、気候の寒暖差と多湿で体調を崩しやすい時季です。防カビや除湿、健康関連商品に関心が高まります。2018年の6月は、FIFAワールドカップロシア大会が開催され、サッカーがとても盛り上がります。サッカーやロシア関連のものを中心としたキャンペーンやサービスなどを計画してみませんか。
続きを読む
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP