チラシ配布の反響を上げる3つのコツとは?

チラシはデザインやキャッチが大切。でも、それだけ考えて安心していませんか?チラシを制作した後過程=「お客様への届け方」は意外と軽く見がち。

 

せっかく作ったチラシの反響をさらに上げるために、3つの大切なポイントをお伝えします。

【目次】
1.チラシを配布する範囲
2.チラシを配布する手段
3.「目標設定」と、地道な「記録」「改善」の繰り返し

 

チラシを配布する範囲

まず最初に考えることは、チラシを届ける範囲。

 

この時に重要なのは、お店の商圏です。

 

ポイントは、お客様リストの中で店舗から近い順に上位6割の人の住んでいる範囲。10名のお客様がいるとしたら、近い順に6人が来ている範囲から選びましょう。

 

予算が十分にあり、上位6割が住むエリアを超えるほどのチラシを配れたとしても、あまりおすすめはできません。チラシが余るのなら、6割の人の商圏に2回、3回と配る方が効果的です。

 

その理由は、獲得した新規のお客様が「リピーター化」する確率が関係しています。

 

業種にもよりますが、店舗商売の場合には、多くの人が「近所だから」ということを理由に、そのお店のリピーターになります。

 

どんなに美味しくても、車で1時間かかる飲食店に毎月行く人は少ないですよね。

 

チラシを配る範囲を決めるときの基本は、「リピーター化する確率が高い新規」を狙うことです。

 

「うちは、電車で1時間かけてきてくれるお客様もいるんだ!」と胸を張りたい気持ちはわかりますが、そんな素敵なお客様は、年間で見て全体の売上にどのくらい貢献していますか?

 

「最大商圏人口17%となる第1次商圏で、全売上の85~95%を占めるといえる」と言われています。

 

全体の売上に大きな影響を与えるのは、やっぱり近所のお客様。

 

しかし、店舗周辺の人口を把握するのは難しいです。まずは顧客リストを基に、自社のリピーターになりやすい=お店に通いやすい商圏にチラシを配りましょう。

 

チラシを配布する手段

チラシをポストへお届けする方法は、大きく分けて3つ。

 

1.新聞への折込(読売・朝日・毎日など)

2.地域メディアへの折込

3.ポスティング

 

それぞれにメリット、デメリットはありますが、大切なのはチラシの目的に合わせて使いわけることです。比較するポイントは「配布率」「信用UP」「目に留まる確率」「エリアを細かく選べるか」「コストの安さ」の5つです。

 

306

 

1.新聞への折込

社会的信用が高いメディアだからこそ、そこに折り込まれるだけで「怪しい会社ではない」と信用してもらえます。名前の知られていないお店やサービスの認知度を高めるのに向いています。しかし年々新聞の購読率が下がっていて、首都圏でおおむね6割程度(※「出典」オリコメイトHP http://www.orikomate.jp/ より)。届けたい範囲の10軒中4軒にはチラシが届かないということになります。エリアも細かくは選べないので、広い範囲の告知に使うのがいいでしょう。

 

2.地域メディアへの折込

新聞同様、チラシ単独でポスティングするよりは信用UPにつながります。チラシを見てもらえる確率も新聞と同様で、挟み込むので、ポスティングよりは下がります。しかし、配布率によっては他のすべてのメディアよりも密に届く場合もあります。配布率が80%以上の地域メディアも存在するので、信用を付与しながら、近くに住む多くの人に配りたい場合には向いています。その他の項目については、メディアごとに特徴があります。安くて、配布エリアを細かく選べて、配布率の高い地域メディアを見つけたら、折込を検討してみてもいいでしょう。

 

3.ポスティング

チラシ単体で届くので、チラシを見てもらえる確率は他のどのメディアよりも高いです。しかし、だれでも投函できる分、お店やサービス名が有名ではない場合に警戒されてしまうこともあります。また折込よりもコストは高くなります。配布率は高く、ほぼ町名区分の細かさでエリアを決められるので、お店に合わせた商圏にしっかりチラシを届けたいときに効果を発揮します。

 

お店のサービス・商品の認知度やキャンペーン内容によって、チラシを届ける手段を使い分けましょう。また、お店の周辺に条件のいい地域メディアがあるかどうかを探してみるのもおすすめです。

(参考記事:チラシを手配りポスティングする3つのメリットとは?

「目標設定」と、地道な「記録」「改善」の繰り返し

これが一番大切です。

 

何人のお客様が来たら、チラシ配布の費用を回収できるのかを計算しましょう。チラシ作成と配布で10万円かかったなら、10万円の売上アップは最低ライン。できれば「粗利で回収できるには何人来ればいいのか」を考える必要があります。

 

そしてトライ&エラーで配布方法やチラシ内容を改善していくためにも、効果を「記録」しましょう。

 

記録する内容は、

・チラシ内容 (「○○キャンペーン」などのタイトル)

・クーポン内容

・配布日

・配布部数

・配布範囲

・配布手段

・配布費用

・反響人数の目標

・反響人数の結果

・目標達成率

・反響率(反響人数÷配布部数)

・メモ(客層が変わった場合など)

 

※サンプル

306

このほかにも「新規顧客がどれだけリピーターになって年間売上に貢献したか」を測ること、投資対効果(ROI)を測ることも大切です。

 

しかしいきなりすべてやらなくても、まずは目標と結果の記録を付けるだけで、どのタイミングでどの配布方法を選べばいいかが見えてきます。

 

まずはできる範囲の記録を地道に続けることにより、改善につなげてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

せっかく費用をかけて作ったチラシです。

 

チラシを作った後も、

 

1.チラシを配布する範囲

2.チラシを配布する手段

3.「目標設定」と、地道な「記録」「改善」の繰り返し

 

これら3つをしっかりと考えて、効果を最大限に高めましょう。

 

参考:岡 聡『船井流・「数理マーケティング」の極意』同文舘出版

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. 印象に残るてがきチラシ作成の基本

    てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さ...
  2. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  3. 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖...
  4. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  5. チラシ折込ができるフリーペーパー2選 ~関西編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。また、以前に「チラシ折込ができ...
  6. チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届...
  7. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  8. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  9. お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費...
  10. チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?

    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、...
  11. チラシ効果向上に大切な「サイズ」と「紙質」の選び方

    ちょっとの工夫で差別化し、今まで以上に見てもらえるチラシを作ってみませんか。...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
川上辰夫
株式会社地域新聞社マーケティング部 「販促の大学」の企画責任者。 2011年に入社し、広告の営業として千葉県柏市内を担当。 2015年に発足した広告効果プロジェクトを通して、社内の広告力提案向上のための社員向け勉強会を企画。そのプロジェクトでの経験を生かし、「販促の大学」の立ち上げを行った。

続きを読む
セミナー開催情報
働き方改革関連法の対策セミナー
日程:2018年8月28日(火)
時間:15時~17時
定員:30名
ついに「働き方改革関連法」が6月末に成立しました。対策を怠ると、自社にどのような不利益がまっているかご存知でしょうか。「社員の流出」「未払い残業代請求の増加」「残業時間を超えた場合の罰則」など、1~2年後に迫った法律の施行までに対策をしていないと、会社の存亡に関わる可能性もあります。そこで今回は、働き方改革関連法案の対策と、いまから準備すべきことを、人事評価のプロの視点で株式会社あしたチームよりご説明いたします。
  • 広告デザイナーに聞いた!効果の出る広告制作のポイント…
    広告は、デザインの工夫次第で効果が大きく変わります。そこで今回はプロの広告デザイナーに、効果の良かった広告をもとに、現場で気を付けているポイントを聞いてみました。
  • 繁盛店の販促に迫る、商売繁盛の極意 vol.1
    現在様々な販促を行っているが、その中でも長きにわたって定期的に利用してきたのが、週刊発行のポスティング型フリーペーパー「ちいき新聞」だ。必ず毎月1週目に広告を掲載し、「今月のおススメメニュー」「今月のパスタ」「今月のレディースデー」「今月のイベント(毎月第3金曜日を“ロスの日”としてイベントを開催)」などを地域の方々に発信している。1週目にこだわるのは、1か月分のお知らせをまとめてできるということと同時に、「ちいき新聞」をロス・アンジェルスの情報を待ち望む地域の方々とのコミュニケーションツールとして活用しているからだ。
  • 事例でわかる てがきチラシ作成のポイント
    実際の事例を見ながらてがきチラシ作成の注意点やポイントをご説明します。目的や場面によってバリエーション豊かに使い分ける事ができます。
  • 「価格の安さを強調する時」にすぐに使えるキャッチコピ…
    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサービスのアピールを考えることが苦手な方必見!
  • 「欲望や感覚を刺激する時」にすぐに使える
    キ…
    広告を考える際、キャッチコピーが、なかなか思いつかなくて困ったことはありませんか?大事な商品やサービスのアピールを考えることが苦手な方必見!場面や状況に合わせて使えるキャッチコピーのテンプレートをご用意しました。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お問い合わせ 閉じる
PAGE TOP