【飲食店向け】広告やチラシで新規顧客を獲得後、リピート率をアップさせる方法とは!?

公開

飲食店は、リピート客が多ければ経営が安定し、販促にかかる費用や労力を減らせるため、リピート客の獲得は重要な課題です。

しかし、広告やチラシで新規顧客を獲得した後、再集客に苦労する店舗は少なくありません。

今回は新規顧客のリピート率を高める方法について説明します。

【目次】
1.広告やチラシで集客した顧客の特徴とは?
2.新規顧客のリピート率を高める4つの方法
3.広告やチラシで来店した新規顧客をリピーター化させる際の注意点
4.まとめ

 

広告やチラシで集客した顧客の特徴とは?

広告やチラシで獲得した新規顧客をリピートさせるためには、そうした顧客にはどのような特徴があるのかを整理しておくとよいでしょう。

 

広告やチラシに反応する顧客の大きな特徴として、プッシュ型のプロモーションに対する感度が高いという傾向が挙げられます。

 

そもそも広告やチラシは、見てもらいにくいものです。

「インターネットもテレビもあまり見ないので、広告に触れる機会が少ない」という人はいますし、郵便受けにチラシが入っていても、全く読まずに捨てる人もいます。

 

仮に見てもらえたとしても、広告やチラシは1日にいくつも目にするので、内容を覚えてもらうのはそう簡単ではありません。

 

それにもかかわらず来店してくれたということは、広告やチラシによるアピールが確実に届き、なおかつそれに反応しやすい人だと考えることができます。

 

新規顧客のリピート率を高める4つの方法

新規顧客をリピーター化させるには、いくつかのリピート施策を組み合わせて実施するのが効果的です。

以下に4つの方法を紹介します。

 

◆初回来店時にクーポンを渡す

新規顧客に、再来店時に使えるクーポンを渡すのは効果的な方法です。

新規顧客はそのお店に対して「また来たい」「どちらとも言えない」「もう来たくない」のいずれかの印象を抱きます。

 

「もう来たくない」という人は店が合わなかったということで、店舗側の努力によってリピーター化させるのは難しいでしょう。

しかし、好意的な印象を持った新規顧客にはクーポンが再来店の後押しとなり、リピート率をアップさせることができます。

 

◆会員登録に誘導する

初回来店時に、お店の「会員」になるように誘導するのも効果的です。

 

飲食店において、会員制度にはさまざまな形があります。

例えば、住所、氏名、年齢など細かいプロフィールを記録してカードを発行する方法であれば、顧客分析やサービスの絞り込みにもつながるというメリットがあります。

 

他にも、より手軽な匿名で使えるポイントカードを配布したり、酒類を提供する店であればボトルキープをさせたりすることでリピートを促す方法もあります。

 

◆新規顧客のアフターフォローをする

来店後のアフターフォローも大切です。

 

会員の詳しい情報が入手できれば、メールを送ったりダイレクトメールを送付したり、といったプロモーションができます。

特に初来店の1カ月後や半年後、あるいはセール時期や会員の誕生日など、節目のタイミングでフォローすれば再来店の確率が上がるでしょう。

 

また、近年ではSNSで来店への感謝を伝えたり、キャンペーン情報を発信したりするということもできます。

 

◆再広告を行う

さらに広告やチラシを継続的に組み合わせることも有効です。

 

新規顧客をリピーター化するためには、店の存在を記憶に定着させることが大切です。

そのためには、クーポンや会員制といった取り組みに加えて、プッシュ型の訴求を繰り返すことが大切です。

特に、チラシや広告を見て来店してくれた新規顧客には、同じような訴求をすれば再び目に触れる可能性があるので、リピート率アップにつながります。

 

広告やチラシで来店した新規顧客をリピーター化させる際の注意点

リピート率をアップさせる手段は、上記以外にもさまざまなものがあります。

例えば、値引きキャンペーンや割引クーポンの配布は、多くの店で用いられている方法です。

 

これらは確かに有効な集客方法ではありますが、値引きを多用しすぎると安値目当ての顧客ばかりが定着し、経営が安定しないというデメリットもあります。

集客では商品やサービスの価値を訴求することが大切です。

 

まとめ

広告やチラシを見て来店した新規顧客は、プッシュ型のアプローチへの感度が高いという特徴があります。

リピート率アップのためには、会員登録への誘導やアフターフォローといった施策に加えて、同じく広告やチラシなどを使って店舗の存在をアピールし続ける必要があります。

 
 

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEB製作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、 営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等500社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 ホームページ : https://besteffortmarketing.co.jp/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

■おすすめの関連コラム

  1. 印象に残るてがきチラシ作成の基本

    てがきチラシをより印象に残る物にする為の基本をご紹介します。テクニックも大切ですが、一流の職人さ...
  2. てがきチラシ活用法

    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなし...
  3. 人柄と親しみを感じるてがきチラシとは?

    てがきチラシを見てお店に来てくれるお客様の多くは「人柄が伝わってきた」「親しみを感じる」と“暖...
  4. お客様を引き寄せるてがきチラシとは?

    あなたは手紙をもらった事がありますか?感謝の手紙、ラブレターなど・・・その時にどんな感情が湧いて...
  5. チラシ折込ができるフリーペーパー2選 ~関西編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。また、以前に「チラシ折込ができ...
  6. チラシ折込ができるフリーペーパー5選 ~関東編~

    チラシの主な配布方法は「新聞折込」と「ポスティング」の2種類です。しかし、それ以外にもチラシを届...
  7. チラシを手配りポスティングする
    3つのメリットとは?

    チラシは集客効果の高い販促手法の一つですが、デザインと印刷にとても多くの時間と費用がかかります。...
  8. 手書きチラシのコツ

    チラシを配布するには、新聞折込、ポスティング、地域情報紙折込、タウン誌折込、DM(ダイレクトメー...
  9. お客様に思いが伝わるチラシ作成の秘訣

    皆さんは、チラシの集客にどのようなイメージをお持ちですか? 「効果がない」「作成費...
  10. チラシのデザインを考える時に使える4つのコツとは?

    チラシの反響はどうなんだろうなぁと思っていても、営業からは何も聞こえてこない。社内からも「まあ、...
  11. チラシ配布・ポスティングの反響(効果)を上げる6つのコツとは?

    「チラシを使った販促をしているが、売上にちっともつながらない・・・」そう悩んでいる方はいませんか...
  12. 折込チラシ・フライヤーにおすすめのサイズと紙質は?効果別の選び方で『見てもらえる』チラシに!

    折込チラシやフライヤーを作るとき、きちんと「サイズ」と「紙質」について考えていますか?安いからと...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • リピーター客の増加につながる
    ニュースレター活…
    リピーター客の重要性については皆さんご承知だと思いますが、「どうすれば増やすことができるのか」でお悩みではありませんか?
  • アクセスするイメージ
    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善…
    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないでしょうか?  SEO対策(検索エンジン最適化)というと専門家に依頼するイメージが強いかもしれませんが、個人でできる施策もいろいろあります。 今回は、その中でも特に重要な3つの施策をご紹介!ホームページのアクセスアップにお悩みの方はぜひご覧ください。
  • 3色の組み合わせパターンを活用!印象(イメージ)を決…
    チラシやHPなどをデザインする際、配色のパターンによって相手に与える印象は大きく変わります。 配色の作用を理解しておけば、デザイナーでなくても表現力が上がり、販促効果を高めることができるでしょう。 今回は色の組み合わせ、つまり「配色」によってどのような印象を与えるのかについて例を使いながらお伝えします。
  • 販売促進(販促活動)を促すための広告・販促・営業、3…
    そもそも「販売促進」とはなんでしょう。「広告」や「営業」と混同されやすい言葉です。これらはすべて「売る」ための活動。違うのはその役割です。具体的な話に入る前に、まずは「販売促進(販促)」の定義を整理します。
  • セールイメージ
    11月のイベント「ブラックフライデー」とは?消費の落…
    小売業界がセールを行うブラックフライデーは米国の一大イベントですが、日本でも2016年に本格的に導入され、徐々に成果を上げつつあります。 本記事では、ブラックフライデーの時期や由来、参加するメリットなどを紹介。 2018年の実績を振り返りながら、2019年に役立つ販促の方法を解説します。
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP