商圏

スーパーや飲食店などの施設(店舗)に集客できる地域的な範囲のこと。

商圏はその施設(店舗)からの距離だけでなく、河川等の地理的な条件や渋滞等の交通事情を加味した所要時間などで設定される。

また施設(店舗)の業態や取扱商品、競合店の有無なども商圏を設定する際の要素となる。
これらの条件や状況により、商圏は拡大したり縮小したりする。
一般的に、施設(店舗)を中心とした地域的な広がりと来店頻度を考慮し、一次商圏、二次商圏、三次商圏が設定される。

例えば、新規オープンのエステ店でチラシをポスティングする場合、
・週2~3日(毎日でも)来店できる範囲(一次商圏)
・週1回程度来店できる範囲(二次商圏)
・月1回程度来店できる範囲(三次商圏)
のように、それぞれの施設(店舗)が集客したいと考える範囲が商圏になる。

続きを読む
記事を検索
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • エビングハウスの忘却曲線
    ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが発表した、記憶から忘却までの時間の経過を表したグラフのこと。 エビングハウスは、意味や関連の無い3つのアルファベットの羅列を被験者にたくさん覚えさせて、その記憶が時間の経過ととも […]
  • ノベルティ
    企業が自社商品やサービスの宣伝を目的として、無料配布する記念品のこと。 企業名や商品名が入った実用品が多く、携帯ストラップやカレンダー、生活用品など、その種類は多様である。ノベルティの配布は販売促進の一環として行われ、消 […]
  • ブランディング
    ブランディングとは、商品・サービスの特徴やコンセプトを顧客や消費者に「価値あるもの」として認知させ、市場でのポジションを確立するためのマーケティング活動のこと。 「●●といえば、この商品」「この商品は●●を叶えてくれるも […]
  • パレートの法則
    イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した法則。ある事象のばらつきが2割と8割に分布している状態を指す。「80:20の法則」「2:8の法則」とも呼ばれる。「2-6-2の法則」「働きアリの法則」も同じ意味合いをもつ […]
  • AIDA
    ユーザーの購買行動プロセスを説明するモデルの一つで、Attention(注意)Interest(興味)Desire(欲求)Action(行動)の頭文字をとったもの。1920年代にアメリカのE・Kストロングが提唱したモデル […]
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
PAGE TOP