紹介マーケティングを活用して売上を上げる

集客、見込み顧客獲得のためのマーケティング手法はいろいろありますが、その中でも一番強力で効果的な方法は“紹介マーケティング”ではないでしょうか。

 

しかし紹介マーケティングといわれても、ぴんと来ない人もいると思います。

今回は知っておいて損はない!紹介マーケティングについてご説明します。

 

【目次】

1.紹介マーケティングとは何か?

2.紹介マーケティングの効果とは?

3.紹介マーケティングの実践方法

4.紹介マーケティングの更なる効果とは?

5.まとめ

 

紹介マーケティングとは何か?

 

ビジネスパートナー、既存のお客様、友人、家族など、周囲の人からの紹介や推薦を得るためのマーケティング戦略が紹介マーケティングです。

 

この手法を有効に実践することで、自分自身で営業しなくても、そのサービス・商品を体験したお客様、もしくは噂を聞いた人たちが、新たなお客様を連れてきてくれるようになります。

 

紹介マーケティングの効果とは?

 

紹介マーケティングのベースは「信頼関係」です。

 

新規のお客様様獲得→お客様がサービス・商品を購入・満足→お客様が周囲に紹介してくれる、というサイクルが継続的に繰り返されることで、ほぼ自動的に常に新規のお客様を獲得することができます。

 

また、サービス・商品に満足したお客様は、更なる追加注文、もしくは新たに別のサービス・商品を購入してくれる効果もあります。

 

紹介マーケティングの実践方法

 

いくつか手法はありますが、ポイントは3つです。

 

 

①良いサービス・商品を提供・販売する

 

まず一番にすべきことは、良いサービス・商品を提供・販売することです。そもそもサービス・商品が良いものでなければ、利用した人は周囲に紹介したいとは思いませんよね。

 

サービス・商品を満足のいくものにするためには、日々改善・改良を重ねることが重要です。

 

 

②積極的に“お客様の声”を集めて紹介する

 

実際に利用した人が良いサービス・商品だと思っていても、それを口に出さないと紹介発生しません。

まずは積極的にお客様の声を集めて、それをホームページやチラシ、パンフレットなどに掲載してみてください。

 

厳密には紹介とはいえませんが、実際に利用した人がその素晴らしさを語ることによって、それを読んだ人たちがサービス・商品を信頼し、注文してくれます。

 

 

③行動要請する。はっきりと紹介をお願いする

 

最後に、思い切ってお客様に、「紹介をしてください!」とお願いしてみてください。

 

はっきりと行動要請をすることで、お客様が動いてくれる可能性は高まります。

 

紹介マーケティングは能動的に実践することによって、より効果的に売上を伸ばすことができます。

 

紹介マーケティングの更なる効果とは?

 

紹介者(サービス・商品を利用・購入したお客様)を介して紹介された人は、既にサービス・商品の良さを知っています。そのサービス・商品は良いという前提で検討するので、何も知識がない状態よりも購入までの決断スピードは早くなります。

 

また、商談を重ねて利用・購入をするサービス・商品の場合は、紹介者がいない場合よりも少ない商談回数で決まることが多いです。

 

つまり紹介マーケティングを積極的に行えば、お客様獲得コスト、受注までのコストを大幅に削減でき、非常に効率よく、受注率・成約率を上げることができるのです。

 

是非、紹介マーケティングを戦略的に活用してみてください。

 

まとめ

 

・紹介マーケティングとは、ビジネスパートナー、既存のお客様、友人、家族など、周囲の人からの紹介や推薦を得るためのマーケティング戦略。自分自身が営業しなくても、周囲の人たちが新たなお客様をどんどん連れてきてくれるので、効率よく受注率・成約率を上げることができる。

 

・紹介マーケティングを増やすには、「良いサービス・商品を提供・販売する」「積極的に“お客様の声”を集めて紹介する」「行動要請する。はっきりと紹介をお願いする」ことが大事。

 

・紹介マーケティングは、サイクルができあがれば自動的に集客や見込み顧客獲得ができるだけでなく、最初から信頼関係が築かれているので決断までのスピードが速く、お客様獲得コストや受注までのコストの削減にもつながる。

 

 
 

■おすすめの関連コラム

  1. ○○マーケティングって、つまり何?

    世の中には「マーケティング」に○○を付けて、とても難しい言葉で表現していることがたくさんあります...
  2. 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティングに活かそう!

    有名なマーケティング分析手法に4C分析や4P分析というものがあります。どちらも自社のサービスや製...

PAGE NAVI

The following two tabs change content below.
金村 勇秀
株式会社ベストエフォートマーケティング 代表取締役。 東京理科大学大学院卒業後、外資系企業にてマーケティング職、国内・海外営業職に従事。2011年4月に株式会社ベストエフォートマーケティング代表取締役就任。 “WEBを起点としてビジネスを発展させる”をキーワードに、WEBサイト制作、WEBマーケティング、営業コストを抑えて売り上げを上げていく効率的なマーケティング手法、営業手法などを提案。海外のグローバル企業、上場企業、中小企業、ベンチャー企業等200社以上の企業の営業マーケティング支援実績。 2018年2月美容室2店舗を運営する株式会社HARU 代表取締役および船橋店責任者に就任。ホームページ:https://besteffortmarketing.co.jp/ 株式会社HARUホームページ:https://bh-haru.com/ 株式会社HARU船橋店ホームページ:https://bh-haru.com/funabashi/ Facebook : https://www.facebook.com/yushukanemura

続きを読む
  • 4C分析と4P分析を自社商品・サービスのマーケティン…
    有名なマーケティング分析手法に4C分析や4P分析というものがあります。どちらも自社のサービスや製品を販売に結び付けるための分析手法です。「知っている」という方も多いかもしれませんが、実際に自分でやろうとすると、どのような順番で考えればいいのか迷ってしまうことも。そこで、自社製品のメリットを4C分析や4P分析でまとめるための表を作りました。お客様の視点に立って自社商品の強みを振り返るために、ぜひご活用ください。
  • 【業界研究】飲食業界のトレンド情報
    〜2018…
    ビジネスで適切な判断を下し続けるには、業界のトレンドをつかむことが重要です。今回は飲食業界の現状と今後の見通しについて、地域新聞社のマーケティング部と、同社2018年4月入社の新卒社員が共同で調査しました。おすすめの販促方法もご紹介しますので、飲食業界の方も、それ以外の業界の方も、ぜひご一読ください。
  • 中小企業のためのブランド戦略とは
    「ブランドって何?」と問われたときに、明確に答えられる人はどれだけいるのでしょうか。「ブランド」という言葉は誰でも聞いたことがあるはずですが、私は言葉だけが一人歩きしてしまっているように感じています。このサイトをご覧の皆様がブランドに関する正しい知識を持ち、ビジネスの発展に役立てていただけるよう、解説をさせていただきます。
  • お客様を夢中にさせる接客術とは
    消費者がさまざまな方法で商品を購入できるようになった現代。商品の魅力だけでお客様に選ばれるのは、難しい時代になりました。そこでカギとなるのが、商品を販売する「人」のチカラです。ただ販売をするだけではなく、お客様の心を動かし、ファンになっていただけるような接客サービスができれば、継続的なリピート購入が期待できます。
  • お店のポジショニングを確かめて、売上競争を勝ち抜こう
    ポジショニングとは、店のサービスがお客様に「どういう時に使えるものと思われているか」ということ。それが売れる内容なのかどうかを確認することが、周辺の店舗やサービスとの競争で優位に立つために重要な要素です。毎月とは言いませんが、年に2~4回は、自社のポジショニング戦略を行い、サービスの改善につなげてみてはいかがでしょうか。
続きを読む
チラシのお届け方法をお探しの方へ
集客や販促方法でお悩みの方へ 販促に関する無料相談実施中! 地域情報に詳しい担当が、御社にご訪問して集客課題を伺います!詳しくはこちら
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP