ランディングページを作ってみよう | 販促の大学で広告・マーケティング・経営を学ぶ

ランディングページを作ってみよう

公開

最近ではWebやSNSを活用した集客法を取り入れる事業者が増えています。スマホからインターネットにアクセスする率は既にパソコンを上回っており、何かを探したり、情報収集したりするのに欠かせない存在となってきました。

 

将来的に見ても、WebやSNSを使った集客や販売の重要度はさらに増していくと思われます。

 

今回はWeb集客やWeb販売を始めるにあたって必要となるWebサイトの一つ『ランディングページ』についてお伝えします。

 

【目次】
1.Web集客を始める前に ~Web集客とは?~

2.ランディングページとは?

3.ランディングページを運用する

4.初心者でも簡単にランディングページを作れるWeb制作サービス

5.まとめ

Web集客を始める前に ~Web集客とは?~

Web集客というと、皆さんは何を連想しますか?インターネット上に広告を出す、FacebookやInstagram、YouTubeなどのSNSに広告を出す、などが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

広義では、Webを使った集客は全てWeb集客であり、これにはSNS集客も含まれます。

 

またWeb集客を分類すると、その方法が無料か有料かで大きく2つに分けられます。この違いはWeb広告(SNS広告も含む)を使うかどうかによります。

 

  無 料 有 料
方 法

・通常検索で上位を目指し自社サイトへのアクセスを増やす(SEO対策)

 

・SNSで発信を行いWebサイトへのアクセスを増やす

 

・リスティング広告
(GoogleやYahoo!での検索結果の上位に表示されるようにする)

 

・ディスプレイ広告
(ポータルサイトやアプリなどに表示される画像広告)

 

・SNS広告
(FacebookやInstagram、Twitter、YouTubeなどに出す広告)

 

 

その他の方法としては、メルマガやWebメディアの記事、SNSのインフルエンサーを利用する、などがあります。どのような方法であっても、最終的には自社サイトへのアクセスにつながるようにするのがWeb集客の一般的な流れです。

 

Web集客を行って自社サイトへのアクセスにつながったら、こちらの記事「目的別ホームページ活用のススメ」を参考に、ホームページを活用してみましょう。ここからは、その中の一つ『ランディングページ』に注目します。

 

ランディングページとは?

『ランディングページ』という言葉は、Web制作やWebマーケティングに携わる方以外にはあまり身近ではないかもしれません。

 

簡単に説明すると、1ページだけのWebサイトで、購入や申し込みをしてもらうために使われます。Web広告やSNSやメールのリンク先として使用されるのが一般的で、セミナーやキャンペーンの案内、商品販売などに活用されます。

 

こちらはgTOMO合同会社主催で運営している事業イベント『WebとSNS おきがる相談カフェ』のランディングページです。

 

 

ランディングページは一般的なホームページとはちがって、訪問者が他のページやWebサイトに移動しないように、基本的には1ページで全てを完結させています。

 

また、制作目的を達成するために何らかのアクションを促す「ボタン」が設置されているのが大きな特徴です。アクションを促すボタン(購入や申し込みのボタン)は1つだけではなく、ページ内の数か所にちりばめられるように設置されることが多いです。そしてこれらのボタンを選択すると、申し込みや問い合わせのフォームや決済画面に移動し、訪れたユーザーがこれらのアクションを終了させるという流れになっています。

 

そして

 ・初めてサイトに訪れた人の心をつかむためのアイキャッチ画像とキャッチコピーを載せる
 ・ターゲット層の悩みや課題にアプローチする
 ・顧客の声
 ・こだわりやストーリー

といった構成でコンテンツが続きます。

 

ランディングページを運用する

では、ランディングページをどのように運用するのが効果的なのでしょうか?

 

ランディングページはWeb広告やSNS、メールと一緒に使うことが多いため、それらとセットで効果測定をしながら、PDCAを回して運用します。PDCAとは、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善することです。

 

例えば、Web広告からランディングページへの誘導アクセス数は満足いくものであったとしても、最終的にランディングページで購入や申し込みがされていなかった場合はどうでしょうか?いくら広告の評価が高くても、これでは広告費のムダですよね。このような場合には、ランディングページの構成やキャッチコピー、アイキャッチ画像を変更するなどして、購入や申し込みが増える手段を探っていくことになります。

 

またターゲット層に確実にアプローチするために、同じ商品であってもターゲット層に合わせて別のランディングページに誘導する、という手段もあります。

 

例えば“健康に良いお茶”を販売したい場合、“メタボを気にする男性”と“美容に良いものを探している女性”では、好感度が得られやすい色合いやデザイン、キャッチコピーなどが違います。それぞれに合わせて別のランディングページを制作し、運用する、という方法です。

 

広告もランディングページも、定期的に効果測定をし、使えば使うほど結果が出るように作り変えていくことが大切です。作りっぱなしにしない仕組みやサポートも重要な要素です。

 

初心者でも簡単にランディングページを作れるWeb制作サービス

ランディングページがどのようなものか分かったところで、次は制作する方法について紹介します。

 

ランディングページはWebサイトの一つなので、Web制作会社へ依頼すれば専門的な知識をもとに制作してもらえます。ですが、ある程度パソコンが使える方であれば、Webに関する専門的な知識がなくても、自分でランディングページを制作できるサービスもあります。ここでは『ペライチ』というWeb制作サービスをご紹介します。

 

◆ペライチ https://peraichi.com/

 

 

 

『ペライチ』は、簡単な操作と短い時間で“1ページのWebサイト”を作成できるWebサービスです。無料で始められるため、気軽に利用する事業者が増えています。ランディングページを制作してみようと思う方は、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

インターネットで、ご自身の商品やサービスを販売できる時代になりました。

 

ランディングページはよくテレビのショッピング番組に例えられます。ショッピング番組では一つの商品に対して「こんなお悩みありませんか?」「これで解決します!」「お申し込みは今すぐ!」といった言葉が繰り返し放映され、番組を見ているとついつい買ってしまいたくなります。

 

ショッピング番組と同じことをWebサイトで実現するための仕組みが、ランディングページと言えます。ショッピング番組を制作して放映するためには多額のコストがかかります。しかしランディングページはあまりコストがかからないため、中小企業や個人事業主でも気軽に取り組むことができます。

 

「キャンペーンを行うので注目してもらいたい」「主力商品やサービスを売り込みたい」と思ったらランディングページを活用してみてください。また、より効果を上げるために、Web広告やSNS投稿、メールマガジンも合わせて活用してみるといいでしょう。

 

 
 

The following two tabs change content below.
長谷川和也
gTOMO合同会社 代表 1965年静岡県生まれ 千葉大学工学部卒 千葉県船橋市在住 コンピュータ業界に30年間従事し、直近の17年間は大手外資系IT企業でのコンサルティング営業を経験し、深い事業ノウハウを得る。 「人とまち」、「人とモノ」、「人とお店」をつなげるために、皆さまの集客の悩みを分析し、最適な集客の仕組みを最新ITでサポート。 スマートフォンアプリ制作、ブランディングサポート、Webサイト制作を中心にご提供しています。 地元の事業者様向けに積極的にお役立ちセミナーを行っています。詳しくは下記URLからご確認ください↓ https://g-tomo.jp/

■おすすめの関連コラム

  1. いますぐ始めよう!Googleマイビジネス

    さまざまなモノやコトを検索するのに便利な「Google」ですが、多くの人がお店を探す目的で利用し...
  2. Facebookでお得に広告を出そう②

    The following two tabs change content below.この記事...
  3. Facebookでお得に広告を出そう①

    皆さんはどのように集客をされていますか?チラシを作ったり、広告を掲載したりと、いろいろな方法を試...
  4. ユーザー視点に立とう!ユーザビリティーの高いWebサイトとは?

    Webサイトを作成する時の心得として、よく「ユーザー視点に立ったWebコンテンツを作成しましょう...
  5. ホームページをリニューアルする際に気を付けるべきこと

    ホームページをリニューアルしたいと考えている企業は少なくないでしょう。しかし、自社にWEB担当ス...
  6. 目的別ホームページ活用のススメ

    今や事業者にとってホームページは「あって当たり前」の時代です。皆さんはどんなホームページを持ちた...
  7. 外部対策に欠かせない被リンクで、クローラビリティーを上げていこう!

    SEO対策をしている人であれば、“被リンク”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 ...
  8. SEOイメージ

    SEO対策における“内部対策”と“外部対策”の違いとは何か

    SEO対策をしている人であれば、“内部対策”“外部対策”という言葉を聞いたことがあるでしょう。 ...
  9. SEOイメージ

    検索アルゴリズムのアップデートとは? アップデートに負けないSEOの根本的施策を紹介!

    “検索アルゴリズム”とはいったい何でしょうか? “検索アルゴリズム”が変更されると、SEO的に...
  10. コンテンツイメージ

    コンテンツマーケティングの3つのメリット・1つのデメリット

    “コンテンツマーケティング”という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 コンテンツマー...
  11. コンテンツ

    コンテンツSEOを学んで、究極のSEOを実践しよう!

    SEOと聞くと、htmlの構文や被リンクなど、さまざまな事柄を確認しなくてはならないと思っている...
  12. SEO

    特にSEO対策をすべきWEBサイト6例をご紹介

    特に検索エンジンに対するSEO対策をした方がいいWEBサイトの例の紹介。 「パソコン版とスマー...
  13. SNSで潜在顧客を発掘

    「インスタ映え」や「バズる」といった言葉の流行に象徴されるように、利用者が爆発的に増え、情報発信...
  14. 急げ!スマートフォン対応

    みなさんは1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか?メールもLINEもゲームも、そしてWe...
  15. Googleマップの表示順を上げるMEOって何?店舗ビジネスの強力な味方!

    近年、Googleで飲食店などを検索した際、検索結果にGoogleマップが表示されることをご存知...
  16. ホームページで集客できない?新規集客のためにはSEO対策が不可欠!

    ホームページを作ったのはいいけど、なんだか集客できていない気がする…。そんな方はいませんか?WE...
  17. 動画マーケティング

    動画マーケティング基本編(お客様の声、導入事例活用編)

    ここ数年、ビジネスの場で、動画の活用が脚光を浴びています。 ここでは、動画を活用したマーケティ...
  18. アクセスするイメージ

    アクセス数が増えないホームページを費用をかけずに改善するには?

    「ホームページのアクセス数が増えない」「PVが伸び悩んでいる」などとお悩みの方は多いのではないで...
  19. 「近所の地域名」と「サービス名」で検索1位を目指す重要性とは?

    自社のホームページが「近所の地域名」と「サービス名」で検索上位に上がっているどうか、「SEOチェ...
  20. 【WEBマーケティング】モバイルファースト(スマホ対応)の意味

    電車に乗れば、7人掛けの席で5人はスマホを見ています。7割以上がスマホユーザーということですね。...
  21. 各SNSの特徴と使い分けって?SNS販促の上手な活用方法とは?

    今や誰でも手軽に楽しめるツールとなったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。 ...
  22. 【WEBマーケティング】ホームページやブログの役割

    WEBマーケティングと聞いて、あなたはどのようなことをイメージしますか? • ホームページや...
  23. 今すぐできる!店舗型ビジネス向けのホームページによる集客法

    レストランや美容室などの店舗型ビジネスもWEB集客の時代! 店舗型ビジネスの経営者の中には「ホ...
  24. 動画コンテンツを活用した販売促進(動画マーケティング基本編)

    商品・サービスの販売促進活動において、動画の活用はとても効果があります。 まずは「なぜ動画なの...
  25. 今すぐ簡単に情報を届けられるツール!LINE公式アカウントで出来ることとは?~導入成功事例も合わせてご紹介~

    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、各店舗、様々な対策に追われていることかと思います。こういっ...

PAGE NAVI

続きを読む
記事を検索
ご提案無料 ウィズコロナ時代に合わせて販促の「見直し」してみませんか?まずはお問い合わせください。
  • 販売促進の方法とは?具体的なアイデア・事例をご紹介!
    販売促進の方法が思いつかず困ったときに使える、具体的なアイデア・事例を集めました。ここで紹介するのは新たな方法や革新的な手法ではありません。 むしろ「THE販促手法」ともいえるような代表的な手法ばかりです。 世の中にはさまざまな販促の手法がありますが、新しいから、ユニークだからといって必ず効果が出るわけではありません。 定番の手法こそが手軽かつ効果的だというケースはたくさんあるのです。 今回の記事は、新しいアイデアを探るためというよりも、これまでなんとなく聞いたことはあっても試していなかった手法を、再発見してもらうことを目指しています。 ご自身のお店や会社の商品・サービスをお客様に伝えるために、ここで紹介するメディアやツールをぜひご活用ください。
  • 2018年11月の販促計画を立てるときのポイント
    11月は秋の行楽シーズンもピークを迎え、レジャー需要が一段と高まる時季。過ごしやすい気候に加え、「七五三」「文化の日」などの行事も多いため、それらに合わせたキャンペーンやサービスを企画しましょう。また、11月が終わる頃には、冬のボーナスやお歳暮シーズンが到来、クリスマスや年末年始の準備も始まるので、早めの販促計画が重要になってきます。2018年の11月は、来年10月の消費税増税に向けた対策を各家庭が考え始め、ボーナスをどう使うかを真剣に考える季節。高額商品の宣伝を強化した方が良いでしょう。
  • 予算をたてるイメージ
    ログイン者専用テスト記事
    この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
  • SEOの基本~ユーザーに喜ばれるコンテンツの作り方と…
    今やマーケティングにおいてSEO対策として欠かせない、“ユーザーに喜ばれるコンテンツづくり”。 たくさんのユーザーが興味を持つコンテンツを多く掲載しているWebサイトが、SEOにおいても上位表示されることはほぼ間違いありません。 ユーザーに喜ばれるコンテンツを作成するためには、いったいどのような点に気をつければいいのでしょうか? ここでは、ユーザーが思わず読みたくなる記事の作成方法をお伝えします。
  • てがきチラシ活用法
    てがきチラシは新聞折込やポスティングなど新規客獲得の為に利用するイメージですが、今回はおもてなしツールとしてファン作りに利用している事例をご紹介します。
メルマガ登録者数1万以上 セミナー情報をいち早くお届け
CRMって何?クロスセル?気になるワードをチェック!販売促進に関する用語集
お役立ち資料 開くお役立ち資料 閉じる
PAGE TOP